昨日← 06/02/21 (火) →翌日

政界素通り、迷走ライブドア特捜便何処へ行く?の図
【トピック】

【私的めもらんだむ】
○0時半
また2通ウィルスメールが舞い込む。狙い撃ちされている感じ。瀬戸際で食い止めてはいるが・・・こんちくしょう!である。
悪意のメール18日2通、19日1通、そして21日現在2通。

○8時半
ボヤキこそ本音、かも知れない。でも、そんなボヤキなんか聞きたくもない、という向きのためにココに押し込んだ。

○11時
何か書こうとして忘れた。なんかヤバイなぁ・・・嫌なことだけ忘れられれば幸せってもんだけど。でも、毎日が幸せ気分で笑っていたら、特に思い出し笑いなんかしてたら・・・やっぱりヤバイんじゃないか。♪〜いいじゃないの幸せならば〜♪って、自分がだよな。それに遮断した社会性が付加しちゃうと・・・やっぱりヤバイ。

そうそう思い出した。さっき車に撥ねられそうになったんだっけ。車の陰からまた車ってやつ、ここ何度かあった。そのたびにバカヤロー!って怒鳴ってる。道路は車だけのためにあるんじゃない、とは云っても、車だけのためなんだよね。ダンプなんて大意張りだもん、時々立ち塞がって止めたくなる。これもかなりヤバイな。

メールのシステムがずっとダウンしたままだ。なのに障害情報には載らない。田舎はいつもこうだ。忘れられて無視されて当然のように、都会優先になってる。田舎をバカにするなってんだ。農産物停止しちゃうぞ。旺盛な都会の食欲にせっせと食糧供給したあげく、都会から送られてくるのはゴミばかり。山の中、畑にもごっそり廃棄物捨てに来る。喰うだけ喰って、田舎に排泄してるようなものだ。尻拭いは自分でしろってんだ。その最たるもんが巨大ゴミ原発だ。現場作業員の簡易アラームは鳴りっ放し、息子を大学にやりたいばかりに頑張って人の倍以上働いたあるオヤジさんの場合、皮膚から血を滲ませて死んだ。息子は大学に進んだけれど通夜の席で「オヤジをこんなにさせてまで俺は大学なんていきたくなかった!」と号泣した。そんな話が地元には山とある。風邪が治りにくい。1年中風邪ひいてる。歯茎から血が止まらない。シーツが血で真っ赤になる。しかし地元の新聞には一切載ることはない。奇形が産まれる・・・それを特定の病院が未熟児出産として処理してる、といった噂。海外の病院のパソコンはインターネットで日本の病院も結ばれている。そこに表示された日本の病院の奇形児出産データの異常に海外の医師も首を傾げている。我らが先進国ニッポンの暗部は彼らのほうが熟知しているというわけだ。

○15時
「ゴルゴ13」の山下財宝の話はドラマ「けものみち」へと進展、その大物フィクサーの話に落ち着いているが、昨日買って来た週刊誌には奇しくも辻政信のほかそのフィクサーの記事まで載っていた。もうここまでくればそのフィクサーが誰かはおおよそ察しが付くと思うが、一応「けものみち」のイニシャルからKMとしておく。

昭和47年、河本敏夫元通産大臣率いる三光汽船が、ジャパンラインの株を買い占めるという事件が起きた。追い詰められたジャパンラインはKMに仲裁を依頼する。これを受けたKMは野村證券会長の瀬川美能氏とそごう社長の水島氏に協力を求め、翌4月に無事調停が成立する。その後、ジャパンラインは謝礼として現金2億円と黄金の茶釜、東山魁夷の絵画をKMに贈る。そしてKMは協力してくれた水島氏と瀬川氏にそれぞれ20カラットと5カラットのダイヤモンドを贈ったという話だ。水島氏に贈られた時価1億円相当のダイヤは国税局の査察を受け、贈与税を回避するために物納とされた。後にこのダイヤモンドは都内の宝石店が落札したものの買い手がつかず、現在海外に売りに出されているのだそうだ。



新じねん」TOP