昨日← 06/02/25 (土) →翌日

安晋会を接点とする日本ベンチャー協議会とUDI経営者連合会
UDI政治連盟の代表・杉山敏隆氏の権限がどの範囲まで及ぶか?相関図を見れば一目瞭然だ。UDI政治連盟が「党派を越えて支援する」規約ゆえに、民主党の岩國哲人を選んだように、それを統括する「UDI経営者連合会」は同じく杉山敏隆理事長を筆頭に、財界が政界を呑み込む構図を形成する。さらには会員にダイナシティがあるように、ダークゾーンも呑み込むブラックホールの様相すら示している。許容量の無尽蔵な柔軟性のある組織はそれ自体が生々しい怪物であり、利権を噛み砕きながら呑み込む巨大な胃袋なのだ。要注意である。
【参照】
UDI経営者連合会
岩國哲人-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安倍晋三-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
図解−官房長官・安倍晋三を輩出した岸家、その系譜
ストレイ・ドッグ「安晋会」会長は杉山氏とは別人だった

「UDI経営者連合会」顧問・岩國哲人はメリルリンチ元会長という点で上の図式は国際色を帯び、杉山敏隆氏の支配力をさらに強固なものにしていく予兆を含んでいる。そしてこれは私も間違えたのだが、ストレイ・ドッグの山岡氏が指摘するように「安晋会」の杉山敏隆氏は代表であって、会長ではなかった点。会長は「世界最大級の金融・保険企業であるAIGグループの日本トップである吉村文吾氏」、これでメリルリンチ元会長・岩國哲人氏と相まって「UDI経営者連合会」の国際的な地位はさらに強固になる。そして何よりウラ世界の資金が流入する「ダイナシティ」が「UDI経営者連合会」の会員であるということの意味は大きい。現在ダイナシティの社長は中山豊氏、彼は確か中山諭氏の実弟でなかったかと記憶している。一連のライブドア事件では元社長ホリエモンがウラ社会に怯えていたとの報道があったが、確かに闇社会と関わっていたライブドアが結果的に彼らに一部損を与えてしまったこともあろう。しかし、それ以上に多大な利益をウラ社会及びそれら一連の舎弟企業群にもたらしたことも事実なのだ。そして、そのことの影響のほうが大きいことは近い将来、日本を実質支配しているのが彼らウラ社会であることを知って愕然とすることで認知するだろう。いや、真実を追究することをしない平和な一般国民は最後の最後までそれを知らぬまま死んで行くに違いない。自分の子供たちが成人し一流企業に入社して、家族知人が集い祝福を与えるその背景とは、ウラ社会が見事オモテ社会に変貌したことでもあるのだ。本当に取り返しのつかないこととはそういうことなのではなかったか?だから今、我々は何より真実を見極めようとする必要があるのだと・・・

【トピック】
「逆境に入ると、いい風が吹く」首相、情勢一変で語る
2006年02月24日20時06分

 「何かピンチになると、逆境に入ると、なんかいい風が吹いてくるんですねえ」。小泉首相は24日、福田赳夫元首相の次男・故横手征夫さんを偲(しの)ぶ会に出席。耐震偽装問題などの「4点セット」で野党側から追及されていたが、民主党の「送金メール騒動」で情勢が一変したことを念頭に、こう語った。

 首相は「『あんた小泉は運がいいな』。そう言われるが実は運じゃなくて、私には福がついている。福田家のご縁が、ピンチに陥ると福の神が支えてくれる」と余裕の弁。ポスト小泉の1人にあがる福田康夫元官房長官についても「官房長官として懸命に私を支えて頂いた」と持ち上げた。

○ホントの逆境を味わったことのない人間が云うとこういう「いい風」云々の腑抜けた言葉になる。自分の足元見ろ!ってんだ。無慈悲で冷酷な指導者のせいで国民は瀕死の経済苦に喘いでるんじゃねえか。その上にドッカと腰おろして世迷言云ってんじゃねえぞ!アンタの運がいいのは「福」が付いてるんじゃなくって「悪運」が張り付いているだけだ。権力の魔物が憑依してるんだよ。


【私的めもらんだむ】
○16時半
仕事も一段落付いたところなので、今朝コンビニで買ってきたプレイボーイ3/7号の記事を抜粋したい。題して「格差の逆襲!新貧民層の暴徒化が始まる!!」

小泉首相はキッパリ云ってのけた「統計データからは、日本社会に言われるほどの格差は確認されない。格差が出るのは悪いことだと思っていない」・・・一握りの勝ち組と大多数の負け組が二分された、俺たちの実感はそれとは正反対だ。

20歳そこそこの若造が、親に買ってもらった高級外車に乗っているのを見るとムカツク。そいつらと俺とじゃ、いったい一生で使えるカネの差はいくらなんだって思うよ。---ガソリンスタンド店員32歳

俺が格差を実感したのは経済的な理由で大学受験を受けられなかったとき。その受検組のひとりが会社を始めたとかで、働かないかと声をかけられた。でも、その態度があんまりエラそうだったんで、仲間でボコボコにしてやりました。今はそういう格差が小学から始まってる感じだね」---工員24歳

これからの人生なんて考えない。歳とる前に野垂れ死にするか、犯罪やって刑務所暮らしか。刑務所って待遇いいんだよね。3食付きだし。---カラオケ店員24歳

厚生労働省の調査データでは生活保護を受けている人一ヶ月平均値、平成7年度88万2229人、平成16年度142万3388人、わずか10年で1.6倍になった。貯蓄ゼロ所帯平成7年7.9%、平成16年度22.9%、5所帯に1世帯がスッカラカンのカーラカラ、貯蓄は一銭も無い。夢も希望も無い若者を大量に生み出す、それが小泉構造改革の正体だとしたら、これでも「格差は悪くない」と云えるのか、小泉サン。



新じねん」TOP