当ファイルは、【→阿修羅発言 ←『放射性セシウムの症状を端的にまとめてみました。』(201306302022)】と同じ内容です。(201306302022)
【→阿修羅発言 ←『ヨウ素131、セシウム137の被ばくのため、児童の甲状腺検査、心電図検査を親はすべき』(201307031150)】
【→阿修羅発言 ←『「正常な赤ちゃんは2%しか生まれません」 ベラルーシの病院 (とある原発の溶融貫通(メルトスルー))』(201307072351)】
【→阿修羅発言 ←『九州も、深刻なホットスポットだった』(201307120235)】


調査の場所

ベラルーシ共和国=住民の死亡率が出生率を2倍以上上回る
http://www2m.biglobe.ne.jp/%257EZenTech/world/map/Belarus/index.htm

ベラルーシ共和国の放射能汚染図
http://www.kakehashi.or.jp/?page_id=430

出典

Peace Philosophy Centre
http://peacephilosophy.blogspot.jp/2011/09/non-cancer-illnesses-and-conditions-in.html

バンダジェフスキー教授 (
http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/211.html


心臓病がタントツ!   図2.8 ベラルーシの死因構成、2008年[訳注:外部要因とは事故・犯罪死など]





悪性腫瘍は増える!   図2.10 ベラルーシ共和国 住民10万人あたりの悪性腫瘍発生率






甲状腺がんも増える!   図2.11 ベラルーシにおける甲状腺がん新規発生数の推移






 甲状腺が最も蓄積する!

【→阿修羅発言 ←『千葉の国立大学病院では甲状腺疾患の患者が激増し、手術は200人以上待たされている (原発問題)』(201307082114)】
【→阿修羅発言 ←『<ヘレン・カルディコット>子どもの甲状腺異常等について、サイトの見解を教えてください。(日本保健物理学会)』(201307171105)】
【→阿修羅発言 ←『甲状腺被ばく基準超2000人以上に(nhk)』(201307191914)】





 1=心筋、2=脳、3=肝臓、4=甲状腺、5=腎臓、6=脾臓、7=骨格筋、8=小腸

 図2.12 1997年及び1998年に行われたゴメリ地方住民の死体解剖時の放射測定データによる成人(青)と子ども(赤)の臓器別セシウム137含有量




1) セシウム137の影響が最も激しく現れるのは、成長中の生体の心臓血管系である!!

2) 腎臓の破壊は、セシウム137の主要影響の1つである
 進行すると⇒2-3年のうちに放射性腎臓障害は慢性腎不全や脳卒中、心臓病などを併発するようになる。

3) 肝臓の場合
 進行すると⇒類脂肪物質が生成され、それが脂肪肝や肝硬変などの深刻な病理的進展をもたらす。

4) 放射性セシウムは、不妊症の主たる要因となる。

5) 放射線汚染地域に住む児童に白内障が増加した。(生体内の放射性核種セシウム137の量と直接関係性がある)

生体に放射性セシウムが取り込まれた場合、心臓血管系、神経系、内分泌系、免疫系、生殖系、消化器系、尿排泄系、肝臓系における組織的・機能的変異によって規定される代謝障害という形で表れる。


目次に戻る

free counters