最新のサナンダ(イエス・キリスト)のメッセージ
http://www12.plala.or.jp/gflservice/Sananda151029EarthUnderChange.html
の中で、イランのケッシュ博士のプラズマ・リアクター
http://oriharu.net/jKesheFoundation.htm
について言及がありますね。このメッセージの中で『おめでとう。』と述べているのは、明らかに、ここ数週間という最近で、世界のどこかでケッシュ博士のプラズマ・リアクターによってフリーエネルギーなり重力発生なりを成し遂げたグループなり個人(あるいはケッシュ博士自身かも知れませんが)がいるのだろうと思います。最近のメッセージでは、ケッシュ博士のプラズマ祭りの様相を呈していますね。

サルーサ(シリウス大母船団長)も10/16にケッシュ博士のプラズマ・リアクターについて述べていますから、これは真実だと考えて良いと思いますよ。
http://www.treeofthegoldenlight.com/Mike%20Quinsey/channeled%20messages/October2015/salusa_10-16-15.htm
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1056.html

 以上の記事は2015/10/30(金) 00:41:43のもの(一部変更)ですが、その後、ケッシュ博士のフリーエネルギー装置製作ノウハウブックという記事が出たのでKeshe Foundationのblueprintのページに行ってzipファイルをダウンロードして解凍したら、なんと、作り方まで書いてある具体的なものでした。それで「KesheFoundation」という名前のフォルダーの中にblueprintという名前のフォルダーを作って解凍済みのファイルを入れておくことにしました。KesheFoundationt(のホームページ)が消える事はないだろうとは思いますけどね。一応、念のため。(201511012131)



先日、イランのケッシュ(ケッシイ)博士がそのUSBファイルを公開した事が、あるチャネリング・メッセージの中で知らされました。私としては、ケッシュ(ケッシイ)博士の動きは米イランの軍事的な動きとダブって見える所があり、ブログ等で意見を述べたりしていました。次にKeshe-Supporter's Network Japanに載せたものをここにも転載します。
oriharu 2:51 am on December 15, 2013 Permalink | Reply

私もこのフリエネ情報が本当なら良いと思うのですが、偽情報である可能性があると思っているので、以下に述べてみます。「嘘に真剣に付き合わされたらたまらない」と思う念からであり、決して真実を隠すとかその種の意図はありません。

これは別のブログ
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/09/post_2742.html?cid=56665486
でも述べた内容です。

米軍の無人偵察攻撃機プレデターがイランの情報電波操作による強制着陸により無傷で捕獲されてしまい、米軍のメンツが潰れたかと思いきや、今度は米軍製の三角UFO「TR3B」を繰り出してイランを爆撃したそうです。
http://quasimoto.exblog.jp/i12/3/
http://blog.livedoor.jp/youdie0318-777/archives/1352201.html
http://blog.livedoor.jp/isam21/archives/cat_50094860.html
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1617726.html
すると、今度はイランの科学者がイラン製のUFOについて世界各国を相手に「真実を受け取って下さい(=イランが一番知っているぞ)」と始めました。Keshe Foundationですね。
http://www.keshefoundation.org/
タイミング的にこのようなシリーズとなって見えます。
何が本当なのか?どこまでが本当なのか?というところでしょう。

 「どうも変だなぁ」と思いつつも、ファイルが公開されたならばと思い、ダウンロードしに行ったのですが、この御時世に超低ビットレードのダウンロードでした。しかも、ダウンロードの途中で「このファイルはダウンロード出来ませんでした」となってしまいます。ダウンロードの再開ボタンを押してもほとんどの場合、再開してくれないので、再び始めからダウンロードする羽目に陥ります。それでもめげずに鬼のようにダウンロードしていたら、どうやら日本時間の昼間の時間帯だとダウンロードがうまく行くようで、ファイルの最後までダウンロードできたことが1回だけありました。つまり、ダウンロードできたのです。
 また、チャネリング・メッセージが公開された2014.03.17(月)〜2014.03.20(木)【3/20に関しては日本時間で述べています】の「たった4日間」しかダウンロードできる期間・時間がなかったわけです。何故かは分かりません。一体、ケッシュ(ケッシイ)氏はサナンダ(地球の救世主ジーザス)やアシュター(金星の救世主)とは、どのような関係を結んでいるのか何なのか、よく分かりませんが?!【人々にジーザスはUFOを操縦しているのだと教えてあげて下さい。(201403270108)】 でも、ここらへんの不明瞭さが、なんとなくちょっといかがわしい?し、「ダウンロードできた!」と喜ぶような時代とは、おさらばしないといけないので、このファイルは元々は拡散OKどころか、上記のチャネリング・メッセージにあるように拡散希望とのことなので当ドメイン(oriharu.net)からもファイルを公開しようと思います。そうすれば、ダウンロードに煩わされる事はないでしょうし、余計なことを抜きにして内容・真相・真実を多くの人々が把握・追及・研究できるようになるでしょうから、当ドメインの「KesheFoundation」という名前のフォルダーの中に、ダウンロードした「KF_org data.rar」ファイルと、それを展開した各種ファイル(文書、動画)を共に同時に入れておきます。エクスプローラで確認したところ、全部で3.31GBとなっています。転送を困難にする2バイトコード文字がフォルダーやファイル名の一部として時々使われていたので、これらも全部削除し、英数字の1バイトコード文字だけに変えておきました。中には、JPGファイル名の一部として使われていたので、もしかしたら、そのJPGファイルが呼び出されるhtmlファイルなどで「表示がされない!」ということがあり得ます。もし、元のままデータが欲しい!という方は「KF_org data.rar」ファイル一つだけをダウンロードしてそのrarファイルを解凍してもらうと「元のまま」のデーターが展開されますので。
 つまり、あなたは当ドメインの「KesheFoundation」という名前のフォルダーの中にある「KF_org data.rar」ファイルまたは「org data」フォルダーのどちらかをダウンロードすればいいことになります。(201403230033)


新しく出たチャネリング・メッセージの中に私を示しているような気がした部分がありました。

『ケッシュ氏の発明のコピーと保存についてのあなた自身の努力のように、この人達の大多数は安全であり、関係する全ての人達は保護されています。』(201403231845)


目次に戻る

free counters