最近、ロシア政権を批判するポリトコフスカヤ氏や、暗殺を指令どおり実行せずに逃げたリトビネンコ氏が、「ロシアのプーチン大統領がこれから訪欧しようとしている直前の時期」だというのに、立て続けに殺害されました(→阿修羅発言 (200612052259)食わせ情報?)が、これらに関する真相と思われる2つの重要な阿修羅発言が出ましたので、内容をこちらにも載せて表示して置きます。

(→阿修羅発言 英露政府が両国間の犯罪人引き渡し協定成立に向けて交渉を進めており、ネオコンに近い者がリトビネンコを殺害してプーチンに罪をかぶせて協定はオシャカになった説があります。(200612020153))

(→阿修羅発言 バルト3国ラトビアの首都リガで北大西洋条約機構(NATO)の首脳会議が開かれたが、報道とは違って、その真意は現在の米露冷戦が復活している現状下、ロシアにトロイの木馬を送り込む事を画策しているそうです)

参考:(→阿修羅発言 (200612030059))

 窮鼠猫を噛むほど追いつめられたロシアが「2015.03.12」にアメリカに核を向けるような原因を作っているのは、アメリカ(の顔をしたイスラエル?)じゃないか!!!(→阿修羅発言 (200612030056)) かつてアフガニスタンでもCIAと共に友人として命を張って戦ったビン・ラディンをCIAが簡単にポイ捨てして911の原因を作ったのもあなた方でしょ? しかも嫌らしい事に911アタックを「あえて成功させてしまう事で反撃の口実とし、再びビン・ラディンを利用した」のでしょ? もしそうなら発想が全部「勝ちたい」だけでしょうに。武力と意識が一体になり、無敵な気分になっているから、そこからしか発想しなくなり視野狭窄に陥り、結果として傲慢になるのだろう。軍産複合体よ、ヤメテクレ!!!(200612030041)
私はビン・ラディンとそっくりな外人の夢を911の前日に見ておりますので、911は彼が自ら起こしたものだと、その夢を根拠に捉えております。私個人としては「やはり」911前日の夢に出てきたのはビン・ラディンであろうという思いを持ちます。外見的にも「そっくり」だと言えます。すなわち、面長の顔で中近東系の外人さんでしたから。故に、911アタックは、アメリカ側が「あえて見逃して成功させた」ものだと考えております。ただ、細かい事を言えば、夢の人物は東京の地下鉄テロを言ってたし、指揮命令系統が彼の背後にあるのかどうかは当然、知りません。ただ、彼は夢では喜んでいたのです。私に夢で知らせてきた理由として最もありそうなのは、私がイスラムに親近感を持っているからであるのでしょう。だとしたら、背後にイルミナティとかの組織は、私としては考え難く、飽くまで彼の発想が911の日に遂げられるからと前日に喜んでおり、成功が確実だと思い、私に「も」夢で伝えてきたのだろうと捉えております。(200612070244))

(→阿修羅発言 (200612201321))
阿修羅発言阿修羅発言 (200612221111))


 MI6がプーチン大統領を暗殺しようとしている情報を含め、いくつか重要な内容を目にしました(→太田龍の時事寸評)。無断転載厳禁なので、その3つの文章表題を下記に。

・ブッシュ、チェイニー、ネオコン米政権は、ロシア抹殺のための戦争を開始した。コーカサスのテロはその前線。そしてそれは第三次世界大戦へ発展する、と。
 (リンドン・ラルーシュ、九月六日講演)
・ロスチャイルド=英国=MI6は、二年以内にプーチンロシア大統領暗殺を計画するか?
・イルミナティ悪魔主義世界権力の道具手先として利用される、チェチェンのイスラム原理主義集団。

















































目次(生まれる想い)に戻る

?jRussia
free counters