ボランティアの意味として、形の上での意味と、内実としての意味があると思います。

・形の上での意味
 現在の金銭的・物理的報酬(と言えるもの)を放棄していること。

・内実としての意味
 「ボランティアとは名ばかり」という言い方ができる点からすると、この表現が当たらない内実であることも重要だと思います。例えば、

 ・ボランティアとは社会貢献活動であって、「特定個人への利益や不利益」を意図する志向性を中心テーマとして持っていたら、それはボランティアではないと思えます。
 ・将来の金銭的・物理的利益(と言えるもの)を意図していたら、金銭的報酬の時間がずれただけの話だと思うので、これもボランティアではないと思えます。(200510201854)





free counters