二次的重力場を作り出すための方法と装置


United States Patent Office 3,626,605 Patented Dec. 14, 1971


3,626,605

二次的重力場を作り出すための方法と装置
Henry Wm. Wallace, Ardmore, Pa.
(803 Cherry Lane, Laurel, Miss. 39440)
Filed Nov. 4, 1968, Ser. No. 773,051
Int. Cl. G09b 23/06

U.S. Cl. 35-19                                          10 の主張

公開の要約

 運動する物体の動的相互作用による、時間が相違した非電磁気的な力場を発生、及び、そのような場を有用な仕事の為にエネルギーへと変換するするための装置と方法。


 そのような時間差のある力場を発生する方法の中には、原子核スピンが場の方向に沿って連続して並んだような材質の、静止したメンバーを使うことと、その静的なメンバーに対する相対的運動を現わし得る、同様に核スピンを持つ一つのメンバーを使う事;一つのメンバーが他方に対して回転による相対運動を開始し、その回転運動は、他方のメンバーと同一の平面上にある軸と、それに垂直な平面上の軸に関して始まるだろう;それによって一つのメンバーの、他のメンバーの平面に対する垂直な平面上の軸を中心にした回転運動は、二重の相互作用を及ぼすのだが、それは一つのメンバーがその慣性空間と共に示す角運動量の能力【回転する能力】と、他方のメンバーが示す角運動量の能力であり、その重力的な結びつきを通して動的相互作用の場が立ち上がり、その動的な相互作用の場は更に、その非電磁気的な性質と、質量との近似性と、相対的運動への依存性によって特徴付けられる;他のメンバーの平面上にある軸を中心に回転する一つのメンバーの回転がさらに及ぼすものは、他のメンバーの中の動的相互作用場の振動であり、それ【他のメンバー】は順に二次的な時間差のある重力場を周囲空間に立ち上げる。

 この発明は、運動する物体群の相対運動により、時間差のある力場の発生方法とその装置に関するものである:その力場はそれ自身を、一つの誘導された二次的な重力という形で示す。そのようなものとして、この発明は、本人による1968.11.04に登録された一つの応用「一つの動的力場を発生するための装置とその方法」と題した第773,116 号の継続的な一部を成すものである。

 今回の発明の経験で、一定の物質で構成された物体が互いに相対的な運動状況に置かれることによって、そこには従来観察されたことのない一つのエネルギー場が発生される。その場は、電磁気的な性質ではなく;相対運動を行なう物質間の重力的な結びつきに関して理論的な予言はあった。

 その最初の証拠が示すものは、この非電磁気的な場が整数の半分の値のスピンによって特徴付けられる原子核を持つような元素によって構成された物体の相対運動の結果として発生するということであり、原子核のそのスピンは、その核の角運動量の合計に関わっている。その核子は基本元素の原子核を構成する、すなわち、中性子と陽子である。今回の発明の目的の為に、整数の半分の値のスピンによって特徴付けられる物質の相対運動により発生される場は「運動質量【kinemassic:発明者の造語】」場という名称で参照される。

 相対運動が様々なレベル、すなわち、分離した単体の相対運動がそれらの構成要素と同様にあり、亜原子的レベルでは核の中の核子同士でもそうである。その運動質量場について考えると、それはそのような相対運動の結果であり、2つの運動する物体や、それら自身の元素粒子の運動の意味も含んだ動的な関数である。その発生された運動質量場の値は、相対運動を経験している物体の動的な相互作用の結果であり、その分離した物体及び元素粒子の両方の動的な相互作用に依る事で発生した場の、代数学上の合計値である。

 単に静止した物体を含んだ閉じたシステムに対しては、その運動質量力は、それらの中の亜原子的な粒子の動的な相互作用に相当し、それがゼロである理由は、それぞれの粒子のスピンの向きのランダムな配分にある。スピン成分の分極を、その大多数について一つの選んだ方向に整列させると、元素粒子のスピン軸に沿った方向に揃っている一つの場が発生する。今回の発明は、物質の原子核スピンの方向を分極させる【揃える】ための装置に含まれる部分を成し、一方、そのようにして発生した運動質量場に関して、交流場または振動場を誘導する追加的な手段が用意される。

 従って、今回の発明の当初の目的は、物体の相対運動という動的な相互作用によって、場の浸透するような物体の中に発生する、時間的にずれた運動質量場の発生手段の準備に関わるもの、及び、場が浸透可能なその物体に関しての、発生手段と言ってるところの相対的な回転に関わるものである。

 その運動質量場の物理学的な法則の中に理論的な根拠があり、それは一般相対性理論によって実証されている。一般相対性理論によれば、静的な重力場だけでなく、相対的に運動する物体と重力的【慣性の原因】に結びつきのある動的な成分もある3つの存在がある。

 この理論は2つの回転する物体はお互いに力を出すだろうと提案している。従来、その理論的な予言は決して実験によって具体化されたことは無かった;しかしながら、1896年頃に、より速く回転する、より大きな物体の近くに置かれた静止した物体に対する、遠心力の予言された影響を発見しようという努力の中で実験が企てられた。これら初期の実験結果から結論は出ず、そして、この種の研究の本質に関する他の小さな事については知られ、ずっと追求されてきた。

 それが従って、相対運動をする物体群による重力的な結びつきによる計測可能な時間差のある力場を発生する為の有効な一つの技術を明らかにするという今回の発明の他の目的である。

 今回の発明についてさらに言えば、一つの第一のメンバーが、それに近接して配置された一つの静止したメンバーに関して相対的な回転運動が出来るような手段が準備されている;その第一のメンバーの一つの実現体の構造は、静止したメンバーというものの平面に対して垂直な軸を中心に回転運動と仮定してそれが出来るようになっている。静止したメンバーの平面に対して垂直な軸に関するメンバーというものの回転の効果としては、本発明者により共に出願中の前述したアプリケーションの本質に関係するような、一つの運動質量場を形成する。静的なメンバーと言われるものと同一平面にある軸に関してのメンバーと言われるものの回転は、メンバー群の場と言われるものの中に、動的な相互作用場の振動として現われる。メンバー群の場は、その周囲空間に時間的にずれた2次的な重力的な場を次々に誘導する。

 従って、本発明の他の具体的な目的は、相対的に運動する物体の動的相互作用に基づく、一つの非電磁気的な力場を発生する方法に関係し、そしてそのような力場を利用して2次的に重力的な場を更に発生させる事である。

 前述の目的そして斬新な性格は本発明を特徴づけるものであり、本発明の他の目的と同様に、添付されたその主張の中に、その特殊性と共に指摘され、本明細書の一部を成す。この発明のより良い理解の為に、その長所と具体的な目的をその使用する時点で結びつけ、添付の図解には参照が入れられ、本発明の主な実現体を図解及び記述すべきである。

 その図解に関して:

 図1は本発明の原理に則して作られた装置の全体図であり、それは一つの時間的にずれた運動質量力場の効果を実証するような機構である。

 図2は、図1の時間的にずれた運動質量場の回路【磁気回路】を含んだ装置の部分を分離した図である。

 図3、3A、3B、4、そして5には、集合体としての図1と2の中の発生器及び検出器の構造の詳細を示す。

 図6は、図1と2の装置に特徴的な、作動中の計測値の変動を表わし、時間的にずれるという運動質量場の発生の本質を実証している。

 図7、7A、そして7Bは、二次的な重力的な場の発生のために使用される運動質量場の時間的にずれるという本質を実証するための本発明の色々な装置の断面図である。

 この装置の詳細な説明、そして本発明を学ぶ段階に入る前に、もし、本発明の確たる特徴的定義を与えれば考察をする時の理解の補助となるだろう。その多くの部分で電磁場理論との共通点を持つ。

 一つの最初の特徴は、その運動質量場が本質的にベクトルであるということである。その場のベクトルの方向は幾何学の関数であり、そこに物質粒子間の相対運動が起こる。

 二番目に重要な運動質量場の性質は、場の中にある物質の本質に対する場の強度に関するものである。この性質は磁界の理論における透磁率の概念に則した運動質量的透磁率として考えられる。その場の強度は明らかに、その場の回路にあるメンバーに含まれている物質原子核群のスピンの濃度の関数である。ところが、電磁気学における透磁率は不対電子の濃度の関数なのであり、その運動質量場の透磁率は原子核のスピンの濃度、の関数であり、そしてそれらは整数の半分の計測値を持つ。この後者の性質の結果として、その場が方向付けられたり、望んだ通りの形状でその、より濃密な部分へと限定的に集中させたりするであろう。例えば、その大きな値の場が密度の濃い物質の開始端と終了端が隣り合っているような閉じたループ状のシステムの中では、質量群の間に相対運動が生じるだろう。

 運動質量場の更なる性質は、お互いに相対運動をしている2つの物体間の場の強度に関係する。このように、その結果としての場の強度は、相対運動をしている物体間の近接の関数であり、そのような2つの物体間に生じる相対運動が近接して隣り合っている時は、その2つの物体が空間的に離されて相対運動をしている時よりも強い場の発生をもたらす。

 上記で触れたように、運動質量場の発生に関して考察する物質はスピン核の物質の使用に関係している。スピン核の物質によって、という意味は事実上、外部角運動量を示す一つの核のことを示す。これは、不対核子の軌道運動の結果と同様、【それ自体の】本質的なスピンを含む。

 その動的相互作用の場は重力的な結びつきから発生しているということが、その質量及び2つの相対運動をする物体の近接【距離】の両方の関数であり、この時、その生じた力場は一つの原子核の中で最大になることが予想され、それは、その核子が相対的に高い密度と、その核子が本質的及び軌道的な角運動量を所有するという事実の結果としてのものである。そのような力場は、自然界の全てに見られる、核を拘束する力の重要な部分として事実上、数える事が出来るだろう。

 確固とした物質、すなわち、整数の半分のスピン値によって性格付けられたものの角運動量の外部成分は、核子群の動的な相互作用の結果による一つの力に伴われるであろう。

 これを、外部角運動量ベクトルと共に並んだ、一つの場の双極子モーメントとしてそれ自身を表わすというある程度巨視的な立場から、運動質量場と呼んでいるのである。これらのモーメントは隣接した原子核のスピン場の双極子モーメントという隣り合う、またはある程度隣り合う同士が相互作用する時には充分な大きさである。

 後者の特徴は、スピン核の部分が充分に含まれる物質の中に、隣接したスピン核の場の双極子モーメントの相互作用が、原子核と同様の構造を立ち上がらせるような電磁場理論とのさらなる類似が現われてくる。

 運動質量場と電磁場理論との間に確かな類似性があるものの、想起すべきなのは、運動質量力は電磁力に反応をせず、または影響を受けたりしないという点である。この後者の状況は、それぞれの核スピンを包み込む原子の構造の中で運動する電子群によって形成された電磁場の取り巻きを突き抜け、そして【更に】外側に広がっている運動質量場の能力を更に実証する。

 電磁場の理論のように、分極していない一つの試料に関しては、核の角モーメントの外部成分が、その物質がそれ自身の運動質量場の余力を示さないかのような、独自にランダムな方向を向いた運動質量場に従っている。【以後は、機械翻訳となります→】しかしながら、必要な基準をそのような力場に確立すると、その結果、好みの方向での隣接している核の回転コンポーネントの分裂は、回転の方向に正常な運動質量フィールド素地面で表されるかもしれない力場をもたらしながら、作用する。

 回転核の素材が外部の運動質量力を示すという事実はこれらの力が顕微鏡ベースで自分たちを示して、その結果、検出可能であるべきであることを示す。電磁気現象を扱うときバーネット効果をデモンストレーションするのにそれと同様の方法でアレンジされると。

 バーネット効果では、その縦軸の周りで高速で回転すると、長い鉄のcylynderはそれの値が角張っているスピードに比例しているのがわかった磁化の可測コンポーネントを開発するのがわかった。 エフェクトは不対電子の質量特性のため原子の中で回転の電子回路システムへの感動している回転の影響のせいにされた。

 ホイールなどの回転するメンバが回転核で構成されるのがわかったという以上の原則によると、組み立てられる装置では、素材は運動質量力場を示す。 慣性のスペースがある回転核の角運動量の相互作用は傾向があるように回転した有形物のそれぞれの核の回転核の軸に回転するメンバの軸で並列に新しい方向を与えさせる。 これは回転核の素材の核分裂をもたらす。 十分な分裂で、まとめられた双極子モーメントのかなりのフィールドは、回転核の双極子モーメントがすぐ回転するメンバに隣接して置かれる固定ボディーの面している表面の中に含まれている状態で二次動的相互作用を形成するためにホイールリム・フランジの表面から発する。

 適当な回転核の素材で構成される静止したbody.は空間的なシリーズが回転するメンバに関連しているとき、運動質量フィールドのまわりくどいことの帳票は作成される; それのフラックスは主として界磁電流に制限される。

 手段が現在定期的にそれに加えて即座の近接で置かれる固定ボディーの面している表面に関してホイールの回転の方向を逆にするために提供されるならば、結果の時変運動質量フィールドは、すぐに囲みながら、スペースで付随の時変二次重力区域を作り出すか、または引き起こす。 フィールドが運動質量であることが波立たせさせた通常ある時変がすなわち、フェーズ関連の二次起伏している付随の重力区域を運動質量フィールドに誘導したならば。 この点で、誘発された二次重力区域は電磁誘導理論への類似の方法で作り出される。

 適切に起伏している運動質量フィールドを構成することによって、結果の二次重力区域は囲った場所を、本質的には抑制されるか、またはすべて中に閉じ込められるかもしれない。 多数の特定の幾何学図形は提案されるかもしれないが、必要条件は装置を作り出す運動質量フィールドを囲むことによって、現在の発明の好みの具体化に確立される。それの静止したメンバの回転のメンバと少なくとも部分を含んでいる。包囲の中で。その物質的な部分は運動質量浸透率に関して規則に従う。

 運動質量は地球と他の宇宙ボディーによってそのように構成されて、そこに引き起こされた二次重力場に関して両方の、囲った場所を保護して、周囲の重力場に関して引き起こされるいつをさばくか。外部的に、保護されたスペースは存在しています。外部的に、保護された空間は存在している。 起伏している運動質量フィールド(同封の二次起伏している重力区域をもたらす)は周囲重力区域によって寄付される起伏している運動質量野原によって囲まれるスペースの中で素地面の数量を減少させるのにおいて有効である。その結果、この構造と地球か他の宇宙ボディーの間でローカルな重力の磁束密度へのそれらの相対的寄与率に依存していると作用する重力の互いの力を減少させる。

 自然が不均一場磁束密度に反対するのは、よく知られている。 地球で寄付される正常なローカルな磁束密度と運動質量が占領されて、起伏で囲まれるスペースの中の他の宇宙ボディーが構造が誘発された二次起伏している重力のfieidの強制的に同封のフラックスによって加えられた透過形をさばくならば、この増加する磁束密度は自然への反対であるだろう。 誘発された二次起伏している重力区域は運動質量フィールド透過形構造の中で力の宇宙の、または、第一の重力区域素地面の起伏している変分を理解させるだろうが、この波動が折曲状であるならば、例えば、互いの重力のピーク減少のRMSか0.707値が適用されるだろうに。

 誘発された二次フィールド空間の中に大規模サーキットを置くことによって、起伏している運動質量フィールドの相対的な大きさを増加させるためのミーンズは作用する。 運動質量の増加における運動質量界磁回路結果がさばく起伏にリンクして、同じ意味における大規模サーキットは第一の重力区域しゃへいを有効に激化させる。 電磁場理論で部分的な類似を見つけることができる。そこでは、ショートしている二次角が鉄の飽和をエンハンスするのが知られている。

 誘発された二次フィールド・スペースに位置する大規模サーキットは回転核のcharacterisricを持っている素材から成る必要はない; むしろ、この大規模サーキットには高質量密度があるのは、より重要である。 この大規模サーキットの一層の望ましい特性はそれが起伏に関する質量流量のための能力に場構造を運動質量させるということである。 水星には、性質の必要な組合せがある、そして、他の材料は使用されるかもしれないが、水銀はこれまでのところ知られていた状態で最も効果的である。

 上で示されるように、起伏している運動質量フィールドによって同封されるスペースの中で二次起伏している重力区域を作り出すという有効な結果は運動質量フィールド透過形構造の見かけの重さが相対的な減少である。そのような起伏している運動質量フィールドのないその見かけの重さに関して。 この現象に関する説明はcausdとして方向のフィールド力のベクトル逆平行の世代によって容易にローカルな重力区域力のベクトルに発想されるかもしれない。 しゃへいが保護されたスペースの中で重力区域素地面の密度を周囲素地面密度の同等物に減少させることができるくらい効果的であると、使用船腹における、重力区域素地面パターンのどんなネットのlccalひずみも透水性材料かスペースが運動質量フィールド構成で囲んだ運動質量フィールドのそばにないだろう。地方の素地面パターンのひずみがなければ、2つのボディーが、互いに引き付けて、事実上、無重力になるのをやめます。もう片方に関する1。

 結果において同様であるが、現在の発明における無重力の状態に作用するためのテクニックは無重力のそのような状態を獲得するための従来の装置と異なっている。 一般に、後者は、有効に重力の「バランスをとること」にボディーに影響しながら、半径のaccclerationの力を利用する。

 起伏している運動質量力場の相対的な大きさと関連構造を特徴付ける運動質量浸透率は運動質量フィールド透過形構造の有効なしゃへいを決定するのにおいてともに有力である。 しゃへいが囲った場所の中で第一の重力区域素地面密度を減少させるほど効果的であるならば、周囲、減少している磁束密度のローカルな重力区域素地面パターンのひずみのもの以下に、運動質量フィールド・ボディーの初期荷重のその力、すなわち、運動質量フィールド透過形構造の有効な重さを超える逆平行フィールド力のベクトル振幅における結果は発生している起伏している運動質量フィールドを欠席するだろうか? この条件は有効に否定的重さの特性に運動質量場構造を寄付するだろう。 結果、2個のボディーとして、それは、運動質量フィールド・ボディーと地球か他の宇宙ボディーであり、他の力によって作用されない場合ローカルな第一の重力区域素地面に沿ってお互いを切り離す経験相対的運動がそうするだろう。

 そのような起伏している運動質量フィールドを作り出して、支えるのに必要であるハードウェアはフィールド世代の期間、「非フィールドは通電した」という重りを保有し続けるコンポーネントから一部成る。 したがって、構造の中の周囲重力区域素地面パターンは同時に、減少して増加の両方密度のゾーンを経験するだろう。 それは周囲重力区域力のベクトルへのその反対における逆平行フィールド力のベクトルの大きさを決定するすべてのゾーンの平均した密度である。 起伏している運動質量フィールドによって同封される保護されたスペースの中に位置したボディーはボディー地球に関して正比例でそれらの体重をそれに共通の周囲重力区域素地面とボディー地球の減少に落とすだろう。

 上の結果として、ボディーの間の互いのアトラクションの減少における結果が起伏している運動質量力場によって作用するしゃへいで上映したしゃへいはequivlalenceの本質に違反しない。 したがって、2は等しい加速度がある地球から遠くで保護されたスペースの中に位置した大衆がこのスペースの中で転ぶ異なることのボディーを解放する。 また、お互いに向かったそれらの自由落下加速が作用するが、盾となる様々な度に応じて、保護されたスペースの中に位置した2個以上のボディーの互いの重力の力は影響を受けなくなるだろう。

 現在現在さらに現在の発明で作用している力、から参照が運動質量であることをもたらす実体化理論を定義したならば、前述のドローイング表現への司令官は上で概説された定義化の特性を具体化する装置に利かせた。

 以上のディスカッションから、現在の発明で作用している運動質量フィールド力を検出する目的と、そのような力を実質的な仕事を果たすためのエネルギーに変えるのに、いくつかの基本的な装置要素が必要であることは感謝されるだろう。 まず最初に、装置が大衆がお互いに相対的運動に置かれるのを可能にするのに必要である; どの相対的運動が2つの互いに直交した方向に起こるかもしれないか? 電界強度を最大にするために装置は相対的運動で粒子の間の高速度を作り出すことができるべきであること。 その上、装置が構成されるべきであるので、相対的運動にはある粒子の近接は最大にされる。 装置の界磁回路部分に半分の不可欠の回転核を包括する比較的濃い素材を使用するという必要性は既に強調された。 発明のインプリメンテーションについて表現するドローイングに関する説明で以下で詳細によりすばらしいこれらと他の特徴について議論する。

 抽選を考える際に、参照は最初に、図で見せられるコンポーネントの一般配置図にされるでしょう。 1と2。 図で見られるように。 1、設備は現場打ちコンクリート、示されない既成コンクリートくい打ち、または他の適当な構造的に堅い素材に寄りかかる水平な構造要素11を含む静止したベースでマウントされる。 それは最初に明らかにされるべきであることで、それは留ベースである。それにもかかわらず、その現在形におけるどんな批判的な要素も主題発明における重要な機能を果たさないが。 したがって、設備と恐らくよりかなり水平な部分をマウントするための安定したサポート・メンバがそれについて装置を作り出す運動質量力場への適切な運動質量力場を局所化する傾向があるくらいの素材のものであって、静止したベースは作用する。 以下のその他の詳細でこの後者の特徴について議論する。 また、水平な構造要素11の表面均質性は設備の部品の境界合せを容易にする。 現在の発明の実施具体化への減少では、目立つのではなく、素材を吸収するショックのレイヤは静止したベースと床の間で挿入された。

 水平な構造要素11の据付けたが示されているのは、一般に、装置がそれの下側の部分が下側の大規模メンバ12と呼ばれる10として示した運動質量力場の作り出すことである。 下側の大規模メンバ12は前記のように二次重力区域を経験するスペースに置かれるとして大規模サーキットで紛らわしく関連することになっていない。 後者の自然と特定のアイデンティティは、大規模サーキットが図の説明に関して、より完全に説明されると言及した。 図7.

 上側の大規模メンバ13は、respctとの映された関係でメンバ12に置かれて、2空気ギャップtherebetweenを提供するためにいくらか切り離される。 ジェネレータ14と探知器15との関係における界磁回路メンバが前述のふたりのそれぞれのひとりと共にギャップを置きながら、下側の、そして、上側の大規模メンバ12と13は機能する。 ジェネレータ14、探知器15、および大規模メンバ12と13の空間関係は運動質量力場シリーズ・サーキットを形成するようにものである。

 界磁回路の物質的な部材のすべてが半分の不可欠の回転素材から成る。 例えば、ジェネレータ14の主要な部分、探知器15、および上下の大規模メンバ13と12はスズとニッケルの図形と同様に両方の同位元素が3半分の陽子回転、10%の亜鉛、および1%のリードを提供する真鍮の合金の含有の89%の特定の銅について形成される。 亜鉛はふんだんな4.11%である1個の回転核の同位元素を所有している、そして、また、同様にリードはふんだんな22.6%である1個の回転核の同位元素を含んでいる。 装置サイズの見積りを獲得するために、上側の大規模メンバ13には56センチメートルの全長と43キログラムの固まりがある。

 断然、不可欠な状態で半分の基準を満たすようなメンバが固まりの成分がそれらの部品のための非回転核の素材のフィールドと使用で関連しているそれらの装置の部品のために核の素材をフィールドを禁止するのが必要であるところに回転させるのが見られるだろう。 従って、水平な構造要素11などのすべてのサポートか構造部材が鉄鋼から成る。 これらの構造部材の鉄と炭素核は、回転がない核として分類されて、その結果、高い相対的なリラクタンス形を運動質量フィールドに表す。 サポート16は、上側の大規模メンバ13のサスペンションを収容するために提供される。 サポート16は水平なサポート要素11として鉄鋼で同じようにできている。 運動質量フィールドへの鉄鋼の高い相対的なリラクタンス形は大規模メンバ12と13、ジェネレータ14、および探知器15のフィールド・シリーズ・サーキットの創成済みのフィールド・フラックスの損失を最小にする。 電界強度の損失は下側の、そして、上側の大規模メンバ12と13と、構造的なサポート・メンバ11と16の間の接触点でhigt-リラクタンス形分離ブリッジを使うことによって最小にされるfurterである。 一般に、装置の中の分流器の損失は最小質量接触のテクニックを使うことによって、最小にされる; 分離ブリッジか構造的な接続における低いフィールド浸透率素材の使用; そして、バルクを避けて、コンポーネントを作り出しながら、非フィールドの近接を一かたまりにする。

 多くの技術が、カーボロイ【炭化タングステン超硬合金】円錐と球体のスペーサを含む分離ブリッジ・ユニットを最適化するために見いだされた。 明確に図の表現された以上のように。 3と4と5、結局利用された構造的な接続ユニットは止めねじの中にマウントされて、硬化鋼圧盤に位置を保つ硬式60o鉄鋼円錐から成った。 圧盤に対する円錐の接触直径は、およそ0.007インチを測定して、弾性限度の中でロードされた。 調整は噛み合わせていて、糸を通されたホールの中で止めねじを回すことによってされる。

 図 2はかなり図の帳票で提示される; しかしながら、図の構成は、それが図のジェネレータ14に対応する回転可能なメンバから成ると強調する。 1 一般に1組の図の下側の、そして、上側の大規模メンバ12と13に対応するU字形状メンバの間で「サンドイッチにされる」。 1. ジェネレータ14のホイールは回転のためにドローイングの面にはある軸の周りでマウントされる。 また、ジェネレータ・アセンブリは回転のために軸垂線に関してドローイングの面にマウントされるとして見られる; しかしながら、代わりに、ジェネレータ・アセンブリは、ドローイングの面で回転するために適応するかもしれない。 メンバ14がU字形状メンバ12と13に関して急速に回転するとき、回転するメンバによって定義される面とドローイングの面の中で正常な運動質量フィールドは作り出される。 そういうものとして、それは図のドローイングで表されるかもしれない。 aを取るとしての2、一般にフィールド・シリーズ・サーキット・メンバへのrespctがある逆時計回りー方向。

 もう一度、図について言及すること。 1、ジェネレータ・ユニット14のサポートがサポート・アセンブリ17を通して提供されて、また、鉄鋼成分について作られるのがわかる。 サポート・アセンブリ17は大かっこアセンブリ18を通して順番に水平な構造要素11に固定される。

 探知器15はジェネレータ・アセンブリ14への同様の構成のものである。例外が探知器アセンブリが限定的な回転のために紙の面に正常な軸の周りで仕掛けられるということであり。 限定的な回転の能力は図の明確により認識できる19をマウントするナイフの刃で作用する。 3Aと3B。 図の具体化の操作のディスカッションから容易により明らかになるので。 続く1、ナイフの刃取付台はそのナイフ-dge軸に関して探知器アセンブリの遅い正弦波振動を可能にする。

 1組の光を放っていて軽い感知素子の20aと20bは図でそれぞれ見せられる。 1 ジェネレータと探知器アセンブリ14と15との作用している関係で。 そして、光を作り出すことの機能、-、検出、メンバの20aと20bはそれぞれジェネレータと探知器ホイールの回転の速度を測定することになっている。 この目的のために、縁の表面の他のあらゆる四分円弧が塗装された黒である。 従って、ホイールの縁が向けられる光は「非-塗装」四分円弧によって従来のデザインのレートを感じているサーキットで関連している光-センシング・セルの中に反射するだろう。 レートを測定しているサーキットが現在の発明のどんな一部も形成しないので、実際のドローイングでは、それは表現されていない、そして、一層の説明の主題でない。

 圧縮空気か窒素が、ジェネレータと探知器ホイールを動かすのに使用される。 この点で、compressdガスは21bがジェネレータと探知器アセンブリの両方のホイール21の縁に切ったタービン・バケツに対して向けられる、そして、図では、そのようなバケツは容易により認識できる。 3、4、および5。 圧縮ガスは大気供給線の28aと28bを通してジェネレータと探知器アセンブリに供給される。

 着物。 3、4、および5はジェネレータの詳細と図の探知器アセンブリを寄贈する。 1と2。 特に、これらの数字は自由に回転可能なホイール21と、ベアリング・フレーム22と、1組の磁極片23との関係を明らかにする。 ベアリング・フレーム22は、発生しているフィールドの可能性を転じさせないで3つの発電機部分を空間的に適応させて、歳差の力の瞬間の圧力に対してこのオリエンテーションを維持するためには構造用鋼、および機能のものである。

 磁極片23の協力的な表面に関するジェネレータ・ホイール21の位置決めはジェネレータ・ホイールがマウントされるベアリング・フレームを通して作用する。 この点で図に関して言及された高リラクタンス形分離ブリッジ。 1と2は止めねじ24としてどれが硬化鋼圧盤25で協力するためにadjustablyに置かれるかこの場所に示される。 止めねじ24は、磁極片23のインタフェースの表面23aに関してジェネレータ・ホイール21のセンタリングを容易にするために磁極片23でマウントされて、ベアリング・フレーム22にセメント付けされた鉄鋼圧盤25に関してadjustablyに置かれる。

 現在の発明のインプリメンテーションでは、ホイールがゆっくり回転したとき、ジェネレータ・ホイールリム・フランジと固定磁極片23の間で形成された空隙は軽い摩擦関係に調整された; そういうものとして、この分離は、結果として起こるフープ張力による2万8000毎分回転数のホイールきりもみ速度のための0.001センチメートルになるように計算された。 図のドローイングで。 3 磁極片23とジェネレータ・ホイールリム・フランジの間の間隔保持は、事実上、そのような間隔保持が存在するのを示すために大いに誇張された。

 現在の発明のインプリメンテーションで利用されるジェネレータ・ホイール21は8.60センチメートルの直径と1.88センチメートルの軸の縁の次元を持っている。 密接に磁極片23の表面23aに隣接したそれらのフィールドの発散地域である縁のフランジの表面21aは各29.6平方センチメートルである。 ホイールの縁の部分には、無視している縁のタービン・スロット21bが55.7立方センチメートルのボリュームにある。

 ジェネレータ・ホイール21と関連取付台シャフト26は取り組んでいる高速ベアリング27の同封の二重セットによってベアリング・フレーム22でマウントされる。

 シャフト・メンバ30は回転可能にジェネレータ・アセンブリを仕掛けるためのメンバ31が副軸に尊敬する適当なベアリングを運ぶ。 図のサポート・アセンブリ17。 1は図に部分的に表される。 3、および上で述べたように取付台が下側の、そして、上側の大規模メンバ12と13に関してジェネレータ・アセンブリ14を位置決めするために意味する提供。

 から参照は今、図にされる。 図の探知器15の一部を明らかにする3Aと3B。 1 図のナイフの刃取付台19を含んでいること。 1. 32が示される調整している手段は円盤状メンバ33によって探知器アセンブリ15のベアリング・フレーム22aに接続した。 ディスク33の下側の部分に付けられていて、図の探知器アセンブリの終わりの画面で表現される。 3B、示された1秒は調整しているメンバ34であるか?(そのメンバは探知器アセンブリのもう一方の端でマウントされた同等なメンバ32と34と組み合わせて下側の、そして、上側の大規模メンバ12と13によって提供されるthaギャップの中で対称的に探知器アセンブリを並べるための手段を提供する)。 これは、ナイフの刃アセンブリがナイフの刃軸が探知器アセンブリの幾何学軸があるコインシデンスであるように仕掛けられるのをさらに意味する。 同時に、探知器アセンブリの質量中心は、ナイフの刃軸に関してまっすぐになるmormentを大規模センターの非対称性による組立に提供しながら、その結果、探知器アセンブリの幾何学上中心の下に位置する。 調整は、32がサポート・アセンブリ17に位置を保つとして示されるのを意味する。その結果、探知器アセンブリのどちらの端のときにもマウントされるナイフの刃と組み合わせて。上下の大規模メンバの終わりのポールの中に対称的に探知器アセンブリ15を位置決めするための有効なフォア・ポイント・サスペンションを提供する。

 着物で。 1、2、および探知器アセンブリ15が3つの異なった位置に示される3。 従う対象のシステムの操作のディスカッションから明らかになるので、したがって、探知器アセンブリの位置を変える設備がその影響を及ぼしている機能をデモンストレーションするのに必要である。 従って、ベアリング・フレーム22aはフレーム22aをシャフト35に接続する座面によるディスク33に関して回転可能にマウントされる。後者がディスク33の表面に付けられて。

 現在これまでのところ明らかにされた発明の具体化の操作に関する説明に続いて、ジェネレータ・ホイールはレートで10以上〜20に回転させられるとき、現在の装置の動作理論によると、1,000毎分回転数、ホイール構造の中の回転核の有効な分裂が徐々に起こるのが感謝されるだろう。 この分裂は徐々に磁極片23と縁21を切り離しながらインタフェースの向こう側にそれらのフィールド双極子モーメントを拡張するために成長し続けるドメインのような構造をもたらす。 その結果、運動質量の周りのフィールド素地面が強制する重力の注入管inecreasesの二次動的相互作用が組立を作り出して、半分の不可欠の回転核の核分裂を合計して、かつて増加するようになる。

そのように対象の装置の中に作り出された非electromgnetic力は装置のシリーズ界磁回路を定義する高い運動質量浸透率素材を通して主として向けられる。 高値が回転可能な状態で疾走するという事実はエネルギーの有効な影響がもう片方で1で作り出したジェネレータとアセンブリがaシリーズ支援かシリーズの反対している関係で置かれながらできて、定量を容易にする探知器の両方をwbeelsする。

 探知器図で示されるようにそのナイフの刃の上に慎重にバランスをとっていると。 3Aと3B、11の振動周期が後援する展示品。 ホイールが通電されるとき、圧縮ガス衝突の反応のため、堅くなっている操作はホイール・バケツ21bに対して引き起こされる。ジェットノズルが装置ベースに関してフィックスされるので。 これは振動周期からおよそ6秒の減少をもたらす。 示されない軽いイメージは、ナイフの刃19の映された表面に対して向けられて、較正された壁スクリーンに反映される。 測定値はとても作用している装置で取られた。その測定値は回転しているジェネレータと探知器ホイールのポールで並べられた関係のために反射光ビームの振動性の極端を確立した。 そのようなセットの1つの測定値の結果は図に記録される。 6. そこに、より大きい円がそれの平均を表している間、xとドットは逸脱の極端を表す。 平均は、ジェネレータと探知器ホイールのポールで相対しているオリエンテーションから得られる同様の空行と比較されるために空行を証明するのに順番に使用された。 その結果、およそ13アークの均衡からの置換えは何分も示される。

 空行のシフトを最大にするために、ジェネレータと探知器ポールの界磁回路の極関係は並べられたポールに反対されるポールに並べられたポールの関係から30分か40分毎に逆にされた。

 26アークの平均したヌル・シフトは分間図で示される。 6. 上側の大規模メンバが長さで2つの空隙を1センチメートルそれぞれ作成するために上げられたとき、事実上、記録された結果において、ジェネレータと探知器の間の相互作用は責任があったのがあらわにサポートされた。 予想どおりに、界磁回路の連続の分裂は装置がポールの反転のときに空行にシフトを登録しないことをもたらした。

 から参照は今、時間的の二次重力区域を作り出すための現在の発明の原則によると、組み立てられる装置を明らかにする図7にされる。この装置は図の装置の単なる変更である。 どの点で1個の探知器の組立15が取り除かれて補っている手段である1と2は、軸垂線に関して機械的に紙の面にジェネレータ・アセンブリ14の回転を実行するために提供される。 シャフト30のものでドローイングとコインシデンスの面に正常な軸の周りでジェネレータ・アセンブリ14を回転させるようにドライブ・プーリ38を適合させる補助電動機36の自然にはこれらの補助的手段がある。 シャフト30は従来の駆動ベルト42を通してモーターと滑車アセンブリ36-38によって動かされる滑車40を運ぶ。 ジェネレータ・アセンブリ14のホイール21は、上で概説された方法で運転されて、すなわち、圧縮空気の源によって見せられない。

 ほんとうは、メンバ44が着物のシリーズの大規模サーキットの同等物であるように部分的に区分された帳票で図7で表現される支持アセンブリ。 シールドを装置を作り出す運動質量フィールドに形成するために逆にされるか、または裏返しになられる1と2。支持アセンブリの一部として含まれているのは、大規模サーキットで形成された不連続におけるジェネレータ・アセンブリ14を位置決めするために提供されるメンバ44Aである。 運動質量フィールドは図の装置の中に作り出された。 ホイール21の賦活での7はそのジェネレータに関するおおうファッションで指示される。一般に、シェルが制限される。 等電位線に沿ったシェルの横断面の厚さは、構造の中で均質場を確実にするために等しくなければならない。 ホイール21のきりもみ速度は今異ならされるか、またはジェネレータ・アセンブリ14がシャフト30によって定義される軸の周りで回転するのがされるならば、時間的の二次重力区域が環状スペース46で引き起こされる。

 二次重力区域は起伏している運動質量フィールドがシリーズの大規模サーキットに閉じ込められている折曲状方法で起伏する。 濃い大規模サーキット44の運動質量フィールドが浸透率を通して制限されたので、誘発された起伏している二次重力区域が同様に主として両方のフィールドの素地面としての46が連結しなければならない包囲に制限されるとジェネレータ14の周りのおおうシェルの中に、いうことになる。 類似の電磁場理論によると、運動質量フィールド素地面と二次重力区域素地面はそのような方法でそれを連結する。運動質量野原が交替されるのでループを連結するこれらが、適切な位相関係における交互のベクトル方向で腐食して、増す。

 空洞のリング・メンバ48は、環状スペース46の中に置かれて、サポートされて、その結果、一連のファイン・スチール・ワイヤースポーク50が望ましくは運動質量フィールドの等電位のポイントに沿って逆さのコアのリングと外側の部分にハウジング44を固定した。 中では、48が空洞のリングであることが図に表現される水銀などの濃厚流体を含んだ。 7 一般にメンバ52として。 代わりに、リング流体組合せはただ一つの固体の量の帳票を取るかもしれない。 後者の事象では、大規模サーキットは交互の二次重力区域の影響を受けて大規模サーキットの質量流量か回転を許可するためにジェネレータ・ホイール21の軸に共通の軸に関してその回転を容易にするベアリングの上に支えられるだろう。 環状シェル44に関する設計留意点で第一の重力区域に関して作用するしゃへいは環状スペース46の中で周囲の重力のシールド効果に比例して大規模加速に関する慣性パラメータを減らす。 減少している慣性がそこにある状態で、誘発された二次重力区域の各半周期の大規模サーキット48-52のかなりの回転流置換えであり、その結果、さらに注入管を強化していると、すなわち、第一の重力区域、運動質量フィールド、および二次重力区域は有効磁場力の間で作用した。

 図7の装置が通電されるのでホイール21がそれが逆さのコアの中でハウジング44を取り囲んだので一般に、言及される全体の界磁回路の中で一様に配付された運動質量フィールドを作成しながらその軸の周りで回転するように考慮する。ジェネレータ・アセンブリ14がシャフト30を通り抜けながら軸の周りで回転するために通電されるとき、一様に配付された交互の運動質量フィールドは界磁回路の中で設置される。

 起伏している運動質量分野の存在は同時に周囲の重力場によるフラックスを保護するか、または追い出す傾向がある間に有効に誘発された二次重力場を制限する逆さのハウジングの中に盾となる効果を生みます。 ホイールのきりもみ速度とそれらのそれぞれの軸の周りのジェネレータアセンブリが増加されているのに従って、より高い周波数の、より強い起伏している運動質量力の分野は結果として生じます。 きりもみ速度は、図7の装置の中のすなわち、そんなに当然の第一の重力の素地面密度に同等な卑劣な重力の素地面密度が存在するように地球と他の宇宙ボディーに変えられるかもしれません。 この状態は地球などの他の大衆に関して無重力の状態かアトラクションのゼロ重力を確立します。重力場勾配のその特定の値のために。

 ホイールのきりもみ速度とジェネレータアセンブリがさらに増加するならば、「外でのお辞儀」が結果として生じるか、または、より少ないローカルな素地面密度をもたらすために図7の装置の即座の近接の中で重力の素地面を広まらせて、地方の重力場に沿って装置の推進をもたらすthuxが地方の重力場力のベクトルへの正反対の指示に基づく力に立ち並んでいます。

 第一の重力場、二次重力場、および運動質量分野の相互作用の自然のために、二次重力場力は、より少ない重力場勾配に入るとき装置に作用し続けるでしょう; しかしながら、したがって、減少している大きさを処理しても、その結果、図7の装置に関するローカルな重力の素地面密度はもはや有効に減少しないでしょう。 上で説明されるエンジンによって動かされる乗り物を進ませるのに必要であるエネルギーは、より少ない重力場強度の領域に向かうような乗り物によって獲得される重力場位置エネルギーを通して説明されます。 このエンジンへのエネルギー入力はトルクと回転の値の商品としてホイールとジェネレータアセンブリの両方の回転軸の周りと、そして、運動質量野原を交替して、その結果、二次重力のコンポーネントを発生させるのに原因となる後者の軸の特に周りに現れるでしょう。

 図の具体化に関する説明で上に言及されたように。 1、2、ホイール21、およびジェネレータ・アセンブリ14は、互いに直交した方向で回転可能になるように仕掛けられる。 そのような直交回転が絶対必要でないとさらに言及された。それであって、相対的運動がホイール21と固定磁極片23の間で確立されるのが必要になるだけである。 その結果、関連大規模サーキットの運動質量フィールド・フラックスで波動に作用しながら、ジェネレータ・アセンブリが回転するのがされる。 図 7Aと7Bは図の装置の変分を明らかにする。 7 同時にある利点利用不可を前述の構造に供給している間に上で概説された基本的なリクワイアメントを満たす。

 この点で図。 7Aと7Bは、その結果、図の具体化における現在の前進の力を排除しながら、どの点で同等なホイール構造21のスピン軸とジェネレータ・アセンブリ14が同心である具体化を明らかにする。 7 2つの互いに直交した軸に関するそれぞれのメンバの回転のため。 前進の力の欠如は、精密許容差がホイール構造21、磁極片23、および大規模サーキット44の協力表面の間で確立されるのを許可する。

 図の具体化。 また、7Aと7Bは図のものより好まれることになっている。 前者のジェネレータ・アセンブリのデザインが単一のモーター36によって独自に回転可能なメンバ21と23の賦活を許可するので、7は遠くにジェネレータ・アセンブリのものを超えて示されるようにスピードでホイール21の回転に作用するように特異的に連動した。それに加えて逆方向で。

 また、図の具体化で示される。 後者が蒼鉛の組み立てられたpreferredlyであり7Aと7Bは大規模サーキットの中のフラックスのオリエンテーションである。 同等なポールのオリエンテーションにおける各反転による大規模サーキット逆の中のフラックスの方向がジェネレータ・アセンブリ14の回転に23支払われるべきものをつなぎあわせるのが理解されるべきである。

 以上の説明文から、比較的動体の動的相互作用による時間的運動質量力を作り出すための装置が提供されたのは、明らかであるだろう。 時間的運動質量力はその明らかにされたアプリケーションでその二次重力を作り出すfunctiohと関連して説明されたが、これらの力の他の等しく基本的なアプリケーションが熟考されるのは、容易に明らかであるべきである。

 したがって、有効な推進テクニックを提供することに加えて、現在の発明の原則はそのようなダイエットが有益であるハウジングの医学の患者のために重力のしゃへいの局部を作り出す目的に利用されるかもしれない。 さらに、原則は実験室使用、例のような「g」値のupoh宇宙飛行士の持続している減少のエフェクトの分析と専門の生産技術のために適合させられるかもしれない。

 法令に関する条項に従って、知られている発明の最も良い作法が例証されて、説明された間、変更が追加された主張で詳しく説明されるように発明のスピリットから出発しないで説明される装置で行われるかもしれなくて、いくつかの場合、発明のある機能が他の機能の対応する使用なしで利点に使用されるのは当業者に明らかになるだろう。

 現在発明について説明したので、Letters Patentを固定する同じくらい新しい状態で要求された、それがどれであるかに、必要なことは以下の通りである。

1. 動体の相対的運動から生じる時間的運動質量力場を確立するための装置、それのジェネレータの組立の独立している部分が相対的な回転運動がおよそ少なくとも単一の軸であると仮定するためにマウントされる包括は前述のジェネレータ・アセンブリの中で場所を見つけられた; 不連続な構成の濃い素材の大規模サーキット、前述のジェネレータ・アセンブリを位置決めするための手段は中で大規模サーキット不連続を言って、前述のジェネレータ組立部分の独立関係詞回転運動を起こすために起伏している運動質量力場がどうして前述の大規模サーキットの中に確立されるかを意味する;

2. 前述の大規模サーキットと前述の比較的感動的な部分が回転核の素材から成るのでさらに特徴付けられる主張1に従った装置。

3. どの点で前述の大規模サーキットは最初にによってさらに特徴付けられる、そして、互いに関して映された関係で置かれて、二重ギャップを形成するためにいくらか取って代わられる2番目のU字形状メンバはtherebetweenされる。受ける前述の大規模サーキット不連続で適合させられると対応する前述のギャップの1つ主張1に従った装置はジェネレータ・アセンブリと探知器アセンブリを受けるために適合させられるもう片方の前述のギャップを示した。

4. どの点で前述の大規模サーキットが、より遠くにある1が中で一般に筒状の中央の部分を持っている環状構成のシェルで特徴付けた見つけられる主張に従って組み立てられる装置は大規模サーキット不連続を示した。

5. どの点で前述のジェネレータ・アセンブリが不連続がさらに包括する前述の大規模サーキットの中にマウントされた回転可能なメンバ(フレーム)が前述のフレームで前述の回転可能なメンバをマウントするために意味する主張2に従って組み立てられる装置、磁極片は前述の回転可能なメンバのどちらかの側の前述のフレームでマウントされた; しかし中に一般に円形の表面を提示すると近接が閉じる各磁極片は最初の軸に関して前述の回転可能なメンバ、作用のための手段の表面から前述の回転可能なメンバの回転を区切った、そして、回転成層流体のための手段は副軸向きのある垂線に関してフレームを前述の最初の軸に示した;

6. 主張4に従って組み立てられて、濃い大規模リングによってさらに特徴付けられる装置は前述のシェル構造物の壁の中で前述の大規模リングと前述のシェル構造物の間の小面積接触を設置する取付台手段によってマウントされた。

7. 主張6に従ってどの点で前述の濃い大規模リングが、より遠くにある組み立てられた装置は空洞のシェル・ハウジングで適当な密度の液体金属を含んだ。

8. どの点で前述の濃い大規模リングが回転軸にその軸として前述のシェルの表面を定義させる主張6に従った装置。

9. 同輩横断面があって、運動質量フィールドへの領域標準が力に立ち並んでいるので主張3に従ってどの点で前述のシェルがさらに特徴付けられる組み立てられた装置。

10. 以下のステップを含む時間的運動質量力場を作り出す方法

フィールド・シリーズ関係で最初のメンバを並置すると、半分の不可欠の回転値と同様に構成される2番目のメンバの素材は回転核で包括された。相対的な回転運動がおよそ少なくとも単一の軸であると仮定するために適合させられる前述の最初のメンバの部分;
少なくとも起伏している運動質量力場がそこに確立される単一の軸に関して前述の最初のメンバの独立している回転を開始する;
そして、したがって、2番目の前述のメンバを構成して、閉じ込めるかは、それに加えて時間的の二次重力場が周囲の空間で引き起こされる運動質量力場を波立たせながら、言った。

引用文献がない。

HARLAND S. SKOGQUIST, 主任審査官


                                                フリエネ目次に戻る
?jhenry1
free counters