このアニメは、「当事者からの情報提供」が元になっている。だから私は注目しました。単なる都市伝説のような噂とは訳が違う。情報の確度・質が高いのだ。だから、真に受けるべきである。

 では、このような現実を無くす為にはどうしたらいいか? まず、少女達が「家出」をしなければよいのである。親から独立したいのは分かるし、親にいじめられる人もいると思う。だが、家出をしたりしたら、上のような現実に出くわす少女が出てくるのだ。親とは違うのだ。そんなに親からのイジメがひどいなら、友達の家に居候いそうろうさせてもらえばいいじゃないか。

絶対に家出をしない

ということが君たちの守るべき行動である。

 家出少女がいなくなったとしても、道を歩いててワゴン車に拉致されて富士樹海までレイプされながら連れて行かれてポイ捨てされるOLとか、そういう事は防げないのか? これに対して出来る事と言えば、次の3点があると思う。

1.事件が起こる前の対策

・少女に、上のような現実を知り、または知らせて、「絶対に家出はしない/させない」ようにすること
・国民全員を「準警察官」にする。つまり、自動車免許証の取得時や更新の時に、自分の住んでいる地域でたまたま犯罪現場を目撃した時には、それを通報する義務を国民は負うのである。人として、そうでなければならない。その義務を負わなければならない。こうして、ヤクザ者の敵を国民全員となさしめるのである。こうすれば、ほんの数人の目の前でワゴン車に拉致されたとしても、逮捕の確率が高くなると思う。

2.事件が起こった後の対策

 現在、テレビ朝日で毎週月曜日に20:00-21:00にやっている「TVのチカラ」という番組でもやっているように、透視能力者に協力を依頼し、彼らからの情報を重視するように、単に頭を切り替えるだけで良いと思う。

 上記2つの点を実行できれば、上のアニメのような悲惨な事態に遭遇しにくくなる。(200407192053)


(→阿修羅発言)(200408181914)
(→阿修羅発言)(200503260136)
(→阿修羅発言)(200705291144)
【→阿修羅発言 (200706071837)】
【→オルタナティブ通信 ←「高級ステーキ用人間の肉」(200707082313)】
【→阿修羅発言 ←『中国人は人間関係を金銭関係に変えてしまった。女性の誘拐売買の問題は、改革開放以降に出現した道徳上の問題が大きい。』(200711222241)】
【→阿修羅発言 ←『日本の人身売買 驚愕の実態』(200907271418)】
【→阿修羅発言 ←『【米大使館サイトより報告抜粋:他人事ではない】奴隷は日本にもいますよ【ブログ「good2nd」】』(200911101656)】
【→阿修羅発言 ←『強制失踪について知っておきたいこと  アムネスティ・インターナショナル』(201309041516)】


 精神的に追いつめられているならば、とりあえず「厳選した音楽(視聴のページ)」はどうですか?(200804201653)





































目次(生まれる想い)に戻る

free counters