ブッシュ白状「イラク戦争はイスラエルにとって良いものだ」、ユダヤ人団体ハラハラ
http://www.asyura2.com/0510/war76/msg/989.html
投稿者 バルセロナよりを込めて 日時 2005 年 12 月 20 日 05:44:36: SO0fHq1bYvRzo

ブッシュ白状「イラク戦争はイスラエルにとって良いものだ」、ユダヤ人団体ハラハラ


12月16日付のニューヨークの週刊誌(ネット版)Forwardは、月曜日(おそらく先週の月曜日、12月12日)にブッシュが「イラク戦争はイスラエルにとって良いものだ」と述べたこと、および、米国内の親イスラエルユダヤ人団体とイスラエルの一部で、このブッシュの発言について、米国内に広がる「イラク戦争はイスラエルのためだったのか」「イスラエルのために米国兵士が死ぬのか」という疑念に火をつけかねないとして懸念を表明していることを報道しています。

ブッシュは「もしあなた方がイスラエルの支援者なら、私はあなた方に、他の国々が民主的になるように手助けをするように求める。」「イスラエルの末ながい存続は中東地域の民主化の拡大にかかっている。」と発言しました。

もちろんこの「民主化」とは、イラク人を殺しまくり拷問しまくり、劣化ウランをばらまき白リンで焼き殺し、自作自演「テロリスト」でイラクの民衆を吹き飛ばし、国際資本が石油資源を略奪するための憲法を押し付ける、ついでに米国の貧しい立場の若者を異国の地で殺し不具にし、ついでにその数を大幅にごまかして実体を隠す、というものです。

これに対して、イスラエルの軍の高官たちや一部の米国の親イスラエル・ユダヤ人団体から、「全部の民主主義が良いというわけではない。」「もし毎日米国兵が死んでいることの理由がイスラエルだとしたら、イスラエルは米国世論の中で危うい立場になってしまうだろう。」「米国のユダヤ人は米国人がイスラエルのために死ぬことを望んではいない。」「中東の民主化は欧州にとっても米国にとっても良いものであるはずなのに、なぜイスラエルだけを取り上げるのか。」などなど、このブッシュの発言に対する懸念が表明されています。

ある親イスラエル・ユダヤ人団体に言わせると、このブッシュの発言は「エルサレムとユダヤ人グループが米国を不人気な戦争に追いやった、という主張に対して、火に油をそそぐ結果になる」ということです。

まあ、これで9・11の真相が解明されたら(つまり「WTCビル解体工事を誰が注文したのか」が明らかになれば)エライことになるでしょうね。


以下にこのForwardの記事を貼り付けておきます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
http://www.forward.com/main/printer-friendly.php?id=7020

Bush Says Iraq War Is Good for Israel

By FORWARD STAFF
December 16, 2005

In sharp contrast to the growing consensus of Jerusalem's security and political establishment, President Bush argued this week that Israel's safety depends on democratization of the Arab world.

"If you're a supporter of Israel, I would strongly urge you to help other countries become democracies," President Bush declared Monday, in a major address defending American policy in Iraq and his wider vision for the region. "Israel's long-term survival depends upon the spread of democracy in the Middle East."

Israeli security officials argued the opposite view at this month's American-Israeli strategic dialogue, warning that regime change and democratization threatened to destabilize the Middle East. Israel sees its security tied to regimes such as Egypt and Jordan, and fears that democratization could turn those countries against Israel.

"I am skeptical when it comes to the supposition that democracy is a panacea. Not all democracies are good," said General Shlomo Brom, former chief of the Israeli army's strategic planning division. "What about a democracy in Egypt — let's say — which is governed by the Muslim Brotherhood? Would Egypt then have better relations with Israel than under Mubarak's regime?"

As the American-Israeli debate quietly heats up, the Bush administration's approach is creating fault lines within the Jewish community. On Tuesday, the Republican Jewish Coalition took out a full-page advertisement attacking the Reform synagogue movement over its recent call for the United States to develop an exit strategy for the war in Iraq.

Neither the Republican Jewish Coalition ad nor the Reform statement mentioned Israel. But some pro-Israel activists and Israeli observers criticized Bush's comments, saying they could end up fueling claims that Jerusalem and Jewish groups pushed the United States into an unpopular war.

"American Jews don't want American soldiers to be dying for Israel," said Martin Raffel,
associate executive director of the Jewish Council of Public Affairs, a public-policy coordinating umbrella group consisting of 13 national organizations and 123 local community-relations councils.

"Would Israel benefit from democracy in the Middle East? Yes. But so would Europe, and America and the whole international community," Raffel said. "So why would the president select supporters of Israel? Supporters of Western civilization would want to see democratization in the Middle East, along with Israel."

Israeli experts voiced similar concerns.

"It could put Israel in a very awkward situation with the American public, if Israel would be the excuse for losing more American soldiers every day," said Danny Rothschild, a retired major general who once served as the Israeli army's top administrator in the West Bank.

In a speech on Wednesday, Bush criticized anti-war opponents who would suggest that America went to war for Israel. At the same, he and other Republicans defending his foreign policy by linking it to Israel's security needs.

Senator John Warner of Virginia, the Republican chairman of the Senate Armed Services Committee, recently argued in an interview with MSNBC that a premature American pullout would "put Israel in a very tenuous and vulnerable position." And a GOP activist, Bruce Blakeman, told the Forward that Israel's security has always played a key role in the president's thinking on Iraq.

"The president realized not only that Saddam Hussein was a danger to America, but that Saddam Hussein had designs on attacking Israel," said Blakeman, whose brother Brad is a former Bush aide. "There was a concern that an attack on Israel would turn into a regional war, with Syria and Iran joining in on Iraq's side."

While some Israelis and Jewish communal leaders worried about Bush's remarks, Blakeman told the Forward that "concern for the well-being of Israel is not confined to the Jewish community."

"The vast majority of Americans realize that Israel is a strong democracy in a region where there has been no democracy and an ally that shares our values," Blakeman said.

But several Israeli experts insisted that any pro-war argument — even a valid one — linked to Israel's security could end up undermining American public support for the American-Israeli relationship. And while most Israeli experts contacted by the Forward predicted that an American withdrawal would unleash a wave of terrorism directed at American allies in the region, several still challenged the premise that the United States should remain in Iraq.

"I maintain that the U.S. presence there actually causes harm to some of our interests," said Brom, who is currently a guest scholar at the federally funded United States Institute of Peace in Washington. "Take Iran. America's presence in Iraq does not allow an appropriate dealing with the Iranian problem. It also erodes, over time, the powerful image of the United States. That's not good for Israel, as an ally of the U.S."

Still, Malcolm Hoenlein, executive vice-chairman of the Conference of Presidents of Major American Jewish Organizations, said few dispute that a premature pullout would create instability, threatening several U.S. allies, including Israel, and several Arab states. "That is not to say that we went to war because of Israel or we stayed at war because of Israel," Hoenlein said, "but one of the consequences of making the wrong step of leaving Iraq prematurely would be Israel.... I don't think that there is any division in the Jewish community that I know of on that."

A very public dispute did erupt this week between Jewish groups over Iraq, with the Union for Reform Judaism and the Republican Jewish Coalition exchanging rhetorical blows. At issue was the Reform union's resolution last month calling for a strategy to end America's presence in Iraq.

On Tuesday, the Republican group published a full-page ad in The New York Times, addressing the Union for Reform Judaism and stating: "Freedom is worth fighting for." The ad was signed by several prominent Jewish Republican elected officials, former ambassadors, senior military officers, rabbis and former senior officials with Jewish groups. The Republican ad argues that it is "misleading and wrong" for the Reform movement to suggest that "American Jews oppose the president on Iraq."

By Tuesday evening, the director of the Religious Action Center of Reform Judaism, Rabbi David Saperstein, had sent a scathing open letter to the executive director of the Republican Jewish Coalition, Matt Brooks. The Reform union's president, Rabbi Eric Yoffie, and its chairman of the board, Robert Heller, sent a letter to Bush.

"Respectfully but firmly, Mr. President, we want our leaders to tell us the truth, the whole of it, and we therefore call on your administration to adopt a policy of transparency," Yoffie and Heller wrote. "With regard to troop withdrawal, we call not only for a clear exit strategy but also for specific goals for troop withdrawal to commence after the completion of parliamentary elections scheduled for later this week and then to be continued in a way that maintains stability in Iraq and empowers Iraqi forces to provide for their national security."

With reporting by Ori Nir in Washington, Guy Leshem in Tel Aviv, and Ami Eden and E.J. Kessler in New York.

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争76掲示板

フォローアップ:

シャロンの最近の動きの背後に控えるビルダーバーグ
http://www.asyura2.com/0510/war76/msg/364.html
投稿者 木村二 日時 2005 年 11 月 22 日 17:43:13: CjMHiEP28ibKM

シャロンの最近の動きの背後に控えるビルダーバーグ

以下、旧稿の再録である。
----------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aku605.html
http://asyura.com/0304/war34/msg/742.html
『亜空間通信』605号(2003/05/27)
【911報告公表拒否の米政権を上院外交委員長が叱責し欧米枢密顧問官が追い打ち警告】
[中略]
Bilderbergとは、知る人ぞ知る「奥の院」である。ビルダーバーグは、分かりやすく言うと、イラク「戦争」の尻ぬぐいとか、極右シャロンを金銭的に締め上げろとか、NOTOから独立、すなわちアメリカを排除した欧州軍の設立までを、ブッシュ政権に強要しているのである。ビルダーバーグに関しては、以下の説明が分かりやすい。
[中略]
http://www.idaten.to/room/00008.html
ビルダーバーグ・グループ――見えざる権力の館

ヨーロッパと北アメリカのパワーエリートから選ばれた会員を有するビルダーバーグ会員が、“新世界秩序”を打ち立てる陰謀を企てていると疑う人は多い。
[中略]
 このグループが取ってきた手段は、今までのところ、間接的な政治的手段による世界経済のコントロールだということがわかっている。
 西ヨーロッパのいくつかの民主的君主制の憲法は、王族が、政治のプロセスにおいて積極的な役割を務めるのを禁止している。しかし、ビルダーバーグの会議は、まさにこの公開討論と発言の場を王族に提供しているのである。
「ヨーロッパが協力し合っているこの前代未聞の時代は、単なる民族国家の外交の産物以上のものである。古いコンセプトを超えて、“大西洋共同体”の統合と協力を育ててきた重要な組織の一つが、ビルダーバーグ・グループである。
[後略]
----------------------------------------------------------

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争76掲示板


フォローアップ:

ヨーロッパ合衆国
http://www.asyura2.com/0510/war76/msg/373.html
投稿者 オリハル 日時 2005 年 11 月 22 日 23:41:55: 3eVpHzO3Pti46

(回答先: シャロンの最近の動きの背後に控えるビルダーバーグ 投稿者 木村二 日時 2005 年 11 月 22 日 17:43:13)

 未来がある程度的中しているガルフブリーズ6にメッセージを送る霊的存在サファイアによると、

1.ヨーロッパが統合して中央権力を手にすると、債権の回収を早める。
2.そのためにアメリカは財産と権利を奪われることになる。
(サファイアは「自由の最後の砦であるアメリカは、“彼ら”の手に落ちてしまうのだ」と述べます。先日のブッシュ氏の「自由の連発演説」と何か関係在り?)
3.米国経済が破綻すると、大都市は混乱と暴動に支配される。
4.これを理由に「国家警察機構」が表舞台に登場してくる。
5.ただ、アメリカの未来像も、他の国と比べればまだましなほう。欧州の大部分と中東は国対国、民族対民族、宗教対宗教の戦争で目茶目茶になる。
6.こうして反キリスト登場の舞台が整う。

ということだそうです。

学研「ガルフブリーズ6 運命の予言」P118〜120より

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争76掲示板


フォローアップ:

怪女カトリーナの一撃。哀れ天を仰いで地団駄踏む大王陣営。中東への戦争遂行能力は削がれ、第三次世界大戦は遠のいた。
http://www.asyura2.com/0505/dispute21/msg/844.html
投稿者 お願い、ピンク色の細ひも越中にして! 日時 2005 年 9 月 04 日 11:39:54: RbYPer3wAcqfo

〈この投稿は9月2日午前9時ごろ,名前登録版に投稿したものをアップデートしました〉

今回ハリケーン・カトリナの被災者の方々には心からお悔やみを申し上げます(今後死者は数万人にふくれあがると思われます。疫病の広がりも非常に心配です)。(私たちも何かお手伝いしたいですね)


さてホワイトハウスは、このハリケーン被災者への救助,本気なのかと疑わせる面がある.被災などどこ吹く風、ライス国務長官はニューヨークでフェラガモの靴を数千ドルのルンルンショッピングとブロードウェイ観劇。

大統領はといえば、8月28日に、被災州の軍から、大統領宛に、緊急支援の要請の手紙を出している.これに対して、大統領はなお4日間,自宅牧場でバケーション.やっとホワイトハウスに戻り、指揮をとり始めるのが9月1日.その時、大統領専用機は、被災地を空から軽く視察している。しかし翌日9月2日、彼はゴルフを楽しんだというのだ。BBC系報道メディアを主要な発表の場とする、おそらく世界でも最も優秀なジャーナリストと考えられるグレッグ・パラストがそれを自分のサイトで9月2日付けで報告している。

http://www.gregpalast.com/

BUSH STRAFES NEW ORLEANS
WHERE IS OUR HUEY LONG?
by Greg Palast
Friday Sep 2, 2005
”The National Public Radio news anchor was so excited I thought she'd piss on herself: the President of the United States had flown his plane down to 1700 feet to get a better look at the flood damage! And there was a photo of our Commander-in-Chief taken looking out the window. He looked very serious and concerned.

That was yesterday. Today he played golf. No kidding. ”


緊急事態管理庁(FEMA)長官は、米時9月1日(木)まで、ニューオリンズ会議場に1万5千人の避難者が悲惨極まる絶望的な状態で救援を待っていたことをCNNのテレビ報道を見るまで知らなかったと発言して、ニューヨークタイムズ紙から「米国の恥」として批判されている。

http://www.nytimes.com/2005/09/03/opinion/03dowd.html?incamp=article_popular

救援に来たという国境警備隊たちは、ニューオリンズ市内に届いている救援物資の市内への搬入を阻止しているという。
http://neworleans.indymedia.org/news/2005/09/3941.php

国土安全保全省は、救世軍が救援物資を届けることを拒否しているため被災地に入れないという。
http://www.post-gazette.com/pg/05246/565143.stm
http://www.redcross.org/faq/0,1096,0_682_4524,00.html#4524


現在(米時9月3日),被災地の状況は依然壊滅的の模様だ。

この記者は21年報道で世界を巡って来たが、米時9月3日入りしたニューオリンズのような破壊的な状況は、初めてであるという。写真のようにニューオリンズ国際空港も避難所になっている。
http://www.msnbc.msn.com/id/9175928

連邦政府,州政府,緊急管理庁(FEMA)、国防総省、全てうまく機能していない。彼らは何をどうしたらいいのか、まったく分からない状況だ(というか実際は放置か)。この無策・無能ぶりをして、あの大国アメリカかと思いたくなるほどだ。当局は、避難民を各種の建物に誘導するだけ、その後の手当は何もなされていないという。比較的最近作られた緊急事態管理庁はやはり,災害のような緊急時に対応するために作られたのではもともとない、市民を監視抑圧する機関だったのではないか、と疑問がでている(それほど策がない)。避難民は、米の全国メディアで伝えられている以上に、実は絶望的な状態にあるようだ(地元放送局)。地面へのし尿の垂れ流し,互いの暴力沙汰、もはや人間の尊厳を維持することは不可能な状態となっているようだ.
被災者は自分たちはもう動物に等しいと悲嘆に暮れている。

http://breakfornews.proboards44.com/index.cgi?board=general&action=display&thread=1125701388

以下、被災の5枚の写真をクリックして拡大して見ていただきたい。
http://www.ogrish.com/archives/hurricane_katrina_victim_pictures_and_info_Sep_02_2005.html

率直に言って、にわかに信じがたいが、助けの手が来ないので、死肉を食いはじめた人々もいるとの人権擁護運動家の報告も出て来ている。食べ物がない極限状態を想起させる。
http://worldnetdaily.com/news/article.asp?ARTICLE_ID=46119

このラジオ番組ホストのように、この世の終わりと思う人もいるだろう。
http://www.worldnetdaily.com/news/article.asp?ARTICLE_ID=46090

以下の写真を見ると、「冠水」などというレベルではなく、都市丸ごとの「水没」以外のなにものでもない。
http://www3.nationalgeographic.com/ngm/0410/feature5/index.html?fs=www7.nationalgeographic.com

最悪の緊急事態のとき、軍施設の空きスペースに避難民を招き入れるREX-84 planと呼ばれるお決まりの対策があるのに、連邦政府など当局はどうしてそのプランを執行しないのか、との疑問を呈している他州の緊急事態の専門家もいる。

http://www.infowars.com/articles/new_orleans/roberts_something_is_not_right.htm

ニューオリンズ市は人口50万人(24番目の都市),黒人が70%,教師の給料額は全米で48番目。人口の40%が文盲,中学を卒業できるのは50%。監獄収監者の90%は、監獄内で死亡。金持ちは被災の前に逃げ、残ったのは最貧困層黒人で、大半は市が低所得者用に立てた建物に住む人々のようだ。
http://propagandamatrix.com/Pages/Sept05/030905notes.htm
http://tiadaily.com/php-bin/news/showArticle.php?id=1026

監獄に収監されていた人々は、当局の判断で、解放したもようで、テレビで強奪し、銃を振り回すのは、たいてい受刑者だという。店内強奪シンーでは、水や食料を奪わず、ナイキシューズ、プラズマテレビだったりする。


44の軍隊が市内入りし、その仕事は、とりあえず警察国家化すること、と兵士。

”Their mission, simply, is to turn New Orleans into a police state ― to "regain the city," 1st Sgt. John Jewell said.”

http://www.latimes.com/news/nationworld/nation/la-na-troops3sep03,1,3550798.story?coll=la-headlines-nation&ctrack=1&cset=true

被害総額は$100B(1000億ドル)と見られている。
カタール政府は100億円超の義援金を提供することを表明した。
http://news.yahoo.com/s/afp/20050903/wl_mideast_afp/usweatherqatar_050903180659

当局はニューオリンズは緊急時に人間がどう反応するかを観察する巨大実験施設と見なしているのではないかと訝しい気持ちすら起きる。

当局の奥の院の連中がコントロールルームで冷酷にテレビモニターで、ワイングラスでも傾けながらヒヒヒと観察でもしているのではないか.一種の社会エンジニアリングなのか。そんな、嫌な感じすらさせる。(副大統領の姿が見えない)

それにしてもやれゴルフだお買い物だ、というのは。これが世界唯一のスーパーパワーの指導者のありさまなのだ(もちろん、彼らは実はお人形だが)。

【1】ハリケーンにより何がもたらされたのか

さて、今回のハリケーンが世界情勢に与えるインパクトはきわめて甚大なものがある。


今、ネオコン・グローバリストの首領たちが地団駄踏んで悔しがっているだろう。ここが最大のポイントだ。

彼らは、イラクの次はイランへの戦争開始をやる気満々で準備していた。

ところが、今回のハリケーンにより、米国指導部は、イラク−イランへの戦争遂行能力とその意志がを大幅に挫かれ、国民が著しい厭戦気分に傾斜することになるからだ。

まず、戦争遂行の基礎となる、ガソリンが大幅に失われた.被災地のメキシコ湾岸エリアでの石油生産は、米国石油需要の45%を担当しているが、その20ある精製所のほとんど(正確には95%)が破壊され機能できなくなった。この破壊ぶりを以下の写真でみていただきたい。

(不謹慎の誹りをまぬかれないが、日本の真珠湾奇襲の時,艦船を破壊したが、艦船修理ドックや、石油貯蔵タンクを破壊しなかった.これにより、米国は短時間の間に体制を整え直した.もし2度目の攻撃で、上記を破壊しておけば、太平洋戦線の再構築は、非常に時間がかかった。いかに、日本の司令塔が愚かだったかを意味している。燃料がいかに大切かをいいたいだけ。)


http://www.dldewey.com/gasprice.htm

天然ガスは、石油と平行して同じ場所で作られる。そしてニューオリンズは、石油と天然ガスの生産のアメリカにおける要衝・最大のセンターなのだ。

これら石油精製所の復旧には、相当な時間がかかる。ここがポイントだ。(精製所の破壊のされ方を写真で見て欲しい、壊滅的だ)

それだけじゃない。ニューオリンズ港は米国に輸入される、木材、コーヒー、スチール,ゴムその他,各種の貿易品の最大の水揚げ港(米国第4位の港)。米国穀物輸出の4分の3はここから積み荷される。この港が破壊されており、この復旧にも数ヶ月かかる可能性がある。トラック便など流通が止まっている。

エネルギー高騰,物資高騰.これでは、米国経済に厳しい不況が起きかねない。

http://www.startribune.com/stories/535/5590058.html

エネルギー高騰すれば、食品も、居住費も高騰するだろう。

実際、米国内のガソリン値段は、ただちに急騰しており、年末に向かい1ガロン7ドル以上の水準になる可能性が指摘されている(これまでは、2ドルから3ドルの間だった。地域によっては1ドル台だった。)

http://www.dldewey.com/gasprice.htm

〜 Oil prices per barrel could reach $80.00 a barrel by October 2005 and $100.00 a barrel by
December, 2005. Gasoline could reach $7-$8 dollars a gallon. 〜

〜 20 oils rigs have been destroyed or are missing in the affected region according to the Coast Guard. 〜

「ガソリン価格、10月までにバレル80ドル、12月までに100ドルへ上がる可能性あり.つまり、12月までに1ガロン7−8ドルに上がる可能性あり。被災地における石油精製施設が20基損壊された。」

いや実は、現時点でアトランタでは既に1ガロン6ドルになっている。
http://www.worldnetdaily.com/news/article.asp?ARTICLE_ID=46083


このガソリン急騰(500%まで行きうる勢い)の与える米国経済へのインパクトは甚大なものがある.米国経済の破綻に向かう可能性も出て来た.これも大きなポイントだ(ただし、石油企業はこの機会に乗じて最大の利潤を狙うので、精製施設の再開を遅らせたりするのが常套パターンだ。アイキによれば、実は石油精製所の破壊はたいしたことないのだとする情報もあるにはある。被災のクリーンアップの仕事を早速ハリバートン系企業が一括受注した.政権に近い企業群の株価は急騰している。)

石油だけではない.中近東への戦争のための兵隊の人的パワーも失われた。被災地復興に兵士を投入せざる得ないからだ。既に政府は復興のため大慌てて3万人の兵士投入を決めたばかりだ。被災州の州兵は、もともとイラクに派遣されており、今回の被災をイラク国内から眺めている状態だ.したがって、復旧のための人手が異常に不足している。ヘリコプターなども大半、イラクにあり、被災者救助に使えない状態のため、本来なら助かるはずの人命を大きく失っている。

大統領は、復旧に何年もかかると声明を出したが、実際には、10年ほどかかってもおかしくない絶望的破壊状態だ。ブッシュ政権は、残りを、この復旧活動をプライオリティーのトップとしてエネルギーを注がねばならなくなったのだ。

ただでさえ、ブッシュ政権への支持率は落ちていた。これはイラク問題の処置に国民が不満を膨らませているためだ.追い打ちをかけているのが、実はシーハン問題だ.イラクに派遣されて戦死した若き青年の母、シーハンさんが、ブッシュの家の牧場の入り口に立ち、大統領に会って話がしたい、戦争をやめるよう訴えたいと座り込みをしているのだ。これが、全米メディアで大きく取り上げられ、共感が広がっており、ジェーン・フォンだ、ジョーン・バエズら女性の著名人もこの座り込みに加わりはじめ、全米の注目をいやが上にも高めている。この母のたった一人の勇気ある座り込み,が実は意外に大きく世論形成にインパクトを与えている.ブッシュ大統領は、逃げ回って、彼女に会おうとしないことが、政府指導部の後ろ暗さ、正当性への自信の無さを、象徴的に浮き彫りにしている.。母は強しなのだ。政権へのボディーブローとなってブッシュを追い込んでいる。支持率はジリジリと後退している。つまり、人々の、イラクからの撤退注文への意志が強まっていた。

そこにこの史上最悪のハリケーンだ。アメリカ国民は、もう中近東で戦争どころじゃない!われわれ国内の立て直し、復旧,正常化で精一杯だ、こんな厭戦気分が追い打ちをかけて醸成されることになる。これは大きい.指導部の戦争遂行に対する正当性を支持する力が決定的に失われることになる。復旧活動に全力を注がない姿が見えれば、あるいは失敗すれば、ブッシュ政権への支持率は、戻れない地点にまで落ち、政権を投げ出さざるを得ないほどになりかねない。実際,救助の不手際・遅さに、国民は相当ないらだちとなり,批判のボルテージが熱を帯びつつある。

(ただし、米国支配層は、アジェンダ21に見える通り(有色人種)人口削減策をとっている(白人、特にその指導者はなんだかだいっても、有色人種が大嫌いなんです).被災エリアは黒人州なので、この機に乗じて人名救助には積極的に労力を使わず、石油精製所の修復にに人的リソースを傾ける可能性がある)。


戦争遂行のためのガソリンはない、兵隊は確保できない、民衆からの支持はない.経済は破綻。無い無い尽くしとなる。

指導部を乗っ取っているさすがのネオコン(シオニスト)も、手も足も出なくなった。天を仰ぎ見て、地団駄踏んで悔しがっている顔が目に浮かぶ。お手上げだ。


これで、イランへの戦争は、少なくとも、数年間遅らされたことになる。


これが与える世界情勢への意味は非常に大きい。

というのは、もしイランへの戦端が切って落とされていたら、実は第三次世界大戦に展開していた可能性が非常に高いからだ。副大統領が、第2の911が起きたら、有無をいわさず、イランにミサイルを撃ち込む、しかも核をぶち込むこと辞さずというプランを立てていたことが、保守の言論チャンピオン,パット・ブキャナン主催のアメリカン・コンサーバティブ誌8月1日号がすっぱ抜いた。政界のご意見番,裏地事情に通じ過ぎているブキャナンは元来共和党側で、元大統領候補、そして、保守陣営を代表して新保守(ネオコン・シオニスト)狩りをしている人間だ(ネオコン共和党から追い出された格好だ).また、彼によれば、政界関係者の間では、次のイラン戦争は既定の路線であり、一種の合意ができているという。


一方、ロシアと中国の連合体制は風雲急を告げていた。ネオコンシオ二ストによる、一極支配許すまじで、両国トップは共同記者会見を開き、共同して米国指導部に対抗する意志を表明している。実際,先日、両国軍の大掛かりな共同軍事演習が、米国指導部に対しての顕示的に行われたばかり。彼らの牽制する力が膨張している。

中国指導部は先日、イラン指導部に人を送り、もし、米国が、イラン攻撃を仕掛けたら、中国はイラン側に立ち、直ちに、米国に応戦する、との言質を与えていた。

http://www.mehrnews.ir/en/NewsDetail.aspx?NewsID=219677

これはあまりにインパクトが強いことなのだ。ネオコンシオニストへの真っ向勝負の挑戦状以外の何物でもないからだ。


さしものネオコン側は、これには息を飲んで気を引き締めただろう。

米国がイランにミサイルでも打ち込むやいなや、イランは、イスラエルに長距離ミサイルを、中国ロシアは米国攻撃を、つまり、日本の米国軍への攻撃で応じる可能性が高い。イスラエルは、直ちに、イラン・モスクワに核ミサイル・長距離弾を見舞う。こうなれば、世界大戦となり、核兵器により相互破壊が展開されることになる。

つまり、米国のイラン戦争への遂行能力が激減したため、ロシア中国対ネオコンシオニストグローバリストのパワーバランスに、劇的な変更が起きたことになる.相対的には後者が力を失ったのだ。イラン戦争を端緒とした第三次世界大戦は当面遠のいた。
米国内で、もう一つの911が引き起こされると見られていたが、これも挫かれた可能性が高い.これを引き起こしても、ハリケーン被害の大きさから相対的に注目度が弱い、これを起こして、戒厳令体制に持って行こうにも、兵士が、復旧活動で取られていてむずかしい。

【2】世の中に、天候をコントロールする技術というものが存在するのか。

さて、ここまで来て、やっと、では、このハリケーンは自然が引き起こしたものか、人工的なものか、と言う阿修羅的課題に入っていこう。その前提は、そんな技術世の中のあるのか、ということだ。

1.天候をコントロールし、地震を引き起こし、火山を爆発させることが出来るような技術が世の中に存在するのか.米国国防長官は1997年,テロ会議の記者会見で、これが存在し、いつ使われてもおかしくない、と言明している。


http://www.thememoryhole.org/mil/cohen-ecoweapons.htm

”Others are engaging even in an eco- type of terrorism whereby they can alter the climate, set off earthquakes, volcanoes remotely through the use of electromagnetic waves.”

「またエコタイプのてロリズムに取り組んでいる連中もいまして、彼らは電磁波の使用により、遠隔的に気候を変えたり、地震や火山を引き起こしたりできるわけです。」

(この他に、特定の人種だけを破壊する病原攻撃に取り組むテロ方法もあると指摘)

彼のこの発言以降、天災が起きたとき、それが自然のものか、人工的操作によるものか、常に両面から考察することが正式に許されることとなった。米国政府自身が、常にこの両面から考察していることが、正規に発表されたからだ。この手の議論はもはや一部の陰謀理論家たちの独占的体制から手が離れた。もう陰謀オタク的議論ではありえない、白日の下に晒された、リアルな議論の次元に達した。

2.専門家筋によると、電磁波によるこの技術を持つのは、数カ国といわれる.米国・ロシア・フランス(・中国)。この技術は、ユーゴスラビアの生んだ天才科学者ニコラテスラ(若くして米国に渡り市民となる)に由来するが、ロシアが最も技術が進んでいるといわれている。このあたりは、斯界の権威,トム・ベアデン博士(アメリカ人で核工学専門、元米国大尉)が自身のサイトで詳しく解説している。この技術はマインドコントロールにも使われるのだという。

http://www.cheniere.org/


2000年11月28日の北米の気象状況を見て欲しい.気象パターンが極めて自然となっていると博士は分析。
http://www.flashradar.freeservers.com/FLASH20229.html

2000年11月16日、やはり、正六角形の雲が非常に長時間留まっている。
http://www.cyberspaceorbit.com/radar/utahex.html

そしてこの以下のサイトの空の写真を見て欲しい.2005年カリフォルニアのある日の空を撮影しているが、彼によれば、この不自然な雲の形は、エンジニアリングで作られたものであるという。
http://www.cheniere.org/index2.html

以下の博士の著書の中に、詳しく、この技術の発展の歴史をテスラから起こして説明され、かつ、世界で起きている奇妙な現象について、ほとんど、ロシアによりこの技術が使われた結果である、と詳説。米に比し、ロシアは圧倒的にこの技術に優れているようだ。ソ連はフルシチョフの指導を筆頭に1960年代以降開発を加速化し、1976年以降、米国をこの技術で年がら年中痛みつけている、という。アメリカの気候は76年以降変わってしまったのはそのせいだ、という(知人にカリフォルニア州サンノゼに30年以上住んでいる人がいて彼女がいうには、昔、この辺はすごく暑かったんだけど、今はずいぶん寒くなった、という。)

http://www.cheniere.org/books/analysis/history.htm

3.NASA(航空宇宙局)も気象コントロール装置の研究に資金をつぎ込んでいるという報道がこれ。
http://www.wired.com/news/technology/0,1282,63362,00.html

4.気象コントロール技術研究の恐ろしさの点からそれを制限する法律案を2001年10月2日に提出した下院議員がいる。米国政界で最も民衆よりの政治家であるデニス・クシニッチ議員(Dennis J.Kucinich)だ。ブッシュ大統領やイスタブリッシュメント最も嫌っている政治家の一人。政府サイトからその法案を確認されたい(結局、否決された)。

http://thomas.loc.gov/cgi-bin/query/r?c107:chemtrails

第7節第2項(B)

(B) Such terms include exotic weapons systems such as--
(i) electronic, psychotronic, or information weapons;
(ii) chemtrails;
(iii) high altitude ultra low frequency weapons systems;
(iv) plasma, electromagnetic, sonic, or ultrasonic weapons;
(v) laser weapons systems;
(vi) strategic, theater, tactical, or extraterrestrial weapons; and
(vii) chemical, biological, environmental, climate, or tectonic weapons.

上記のように、法案は政府が例えば電磁兵器やケミ雲、気候兵器を使うことも禁止しようとしている。この議員が、これらの武器の存在を認めていることが、確認できる。

5.また、2005年ハチソン(女性)上院議員(Mrs. HUTCHISON,テキサス州選共和党員)は、気候をコントロールする技術を進めるための法律案を上院小委員会にこの3月提出しており、委員会で現在討議がすすんでいる。

法案名:Weather Modification Research and Technology Transfer Authorization Act of 2005 (Introduced in Senate)

「天候調整リサーチ&技術移転許可法」

http://thomas.loc.gov/cgi-bin/bdquery/z?d109:SN00517:@@@X

この法案の3節第4項に「天候調整」の定義が見える。
SEC. 3. DEFINITIONS.

(4) WEATHER MODIFICATION- The term `weather modification' means changing or controlling, or attempting to change or control, by artificial methods the natural development of atmospheric cloud forms or precipitation forms which occur in the troposphere.


天候調節=人工的な方法で大気における雲の形成および対流圏にて発生する降雨降雪の自然な展開を変化させるないしコントロールすること。

各省庁および、特定の州の代表者から構成されるプロジェクトである。


6.数年前になるが、プラウダ紙上の記事で、ウクライナの指導的国会議員(科学省過何かのトップでもあったと記憶する)が、ロシアが、電磁波による気象コントロールとマインドコントロールをやっており、それはウクライナも対象下になっている、それを直ちにやめて欲しいという批判のための論文を発表したという記事を読んで驚いたことがある。
------------
つまり、気象コントロールする技術というのは、SFではなく、法律で規制しなければならないほどに、既に非常にリアルなものでありということを確認しておきたい。もはや、陰謀論の域完全に出ており、公然と議論をすべき次元の問題となっている。基本的な認識として必要なのは、ロシアが米国に対しこの技術で伝統的に優位に立ち、かつロシアが米国に攻撃を加え続けているらしいということだ。この視点が、非常に重要になる。

上記1997年時の国防長官はこの兵器が、米国に対して使われ攻撃されることを恐れていると表明している。上記の事情から、どうもこれは米国当局として本当に恐れているようなのだ。現在国防総省の科学者チームによって、カトリーナが自然か人国的か分析がなされていると推察される。そして、既に容易に検討結果に達していると推測される。

【3】今回のカトリーナは、自然物か、人工の産物か

ではでは今回のハリケーンはどうだったのか.自然物か人工物か。

昨日は気象学の専門家スコット・スティーブンスが、アレックス・ジョーンズの番組のゲストだったが、彼によると、今回の雲形成パターンを見るとき、明らかに自然界の者ではなく、エンジニアリングされたものである、と「断言」している。

Scott Stevens came onto Jones show and said NO DOUBT that this hurricane was engineered. He has cloud pattern evidence to prove it.

スティーブンス自身のホームページで写真付きで詳しく立証している。一枚一枚詳しく見ていただきたいが、要するに、雲の形成のされかたが、あまりに不自然で人工的痕跡がはっきり見て取れるといいたいわけだ。
http://www.weatherwars.info/Katrina.htm


これはまったく聞き捨てにならない分析だ。一人であっても専門家がラジオとインターネットを通じて断言しているというのは、非常に重い、とはいえよう。しかし、われわれとしては、気象学者10人ぐらいの分析を集める必要がある。

スティーブンスはこう書いている。
This path has resulted in maximum damage to the energy infrastructure, transportation infrastructure and to the psyche of those that are susceptible to further storms this year and in the years to follow. Oh New Orleans!
「このハリケーンの通過は、エネルギーインフラ,交通インフラを最大限破壊し、今年そして数年先に渡りこれからさらに迎えるであろう嵐に対する人々のサイキにも最大限破壊を与えた。」


一介の民間気象学者が既に人工技術に夜、と断言的に結論を出している.膨大な科学スタッフとデータを抱える国防総省が同様の結論に達していないということは想像しにくい。大統領に報告が行っていると考えていいだろう。



【4】カトリーナを作ったのは誰か


では、もし仮にこの技術ないし兵器が何者かによって、使われたとしたら、それはどの勢力によるものであろうか。


ネオコンは自国石油精製所を破壊され、戦争遂行能力を著しく失った。したがって、彼らは被害者の立場と考える方が妥当かと思われる。


上記の分析と消去法から、プーチンロシアを中心とした、反グローバリスト・ネオコン・シオニストの勢力ということになるだろう。

ロシア人女性が、ロシア人のためにロシア語で書いているニューズレターを英語で帆人訳して発信しているサイトがある。


http://www.whatdoesitmean.com/


この女性は、自分がロシア軍事情報筋に近いことを明らかにし、そこからの情報提供を行っている.アメリカサイドでは取りにくい情報が多く盛られている点で価値がある。しかし、一定の範囲で、これは、ロシア側の情報操作・情報かく乱の作業ではないか、との警戒心も私自身は解いていない。一つ不審なのは、彼女は、8月、石油価格が3ヶ月いないに500%上がるとご覧のようにサイトで常時確信的発信していること.根拠が今ひとつ不明だった。また、これだけ裏事情・軍事事情に精通しながら,今回のハリケーンについて、これが技術的にもたらされた可能性の検討について、全く言及しない点米国の国防長官自らが、こうした技術が存在していることを、97年に声明していることを知らないとは言わせない.知っているはず.それなのに、この点を言及しない.これは非常に不自然といえる。この人物は、8月米国に、反ネオコン側による軍事クーデターがあり、戒厳令が敷かれると主張する一方で、アメリカに8月,平気で講演旅行に来ているのである。戒厳令が全米で敷かれたら容易に出国できないことはあたりまえだろう。それなのにわざわざ米国入りするという矛盾。これも、ロシア側に疑いを持たせる一つのファクターとなっている。ロシア側が米国の湾岸石油施設を破壊する情報を得ていたなら、石油価格の500%値上がり説は準備できただろう。


もしやはり、反グローバリスト勢力の仕業だとするなら、彼らとしてはネオコン・グローバリスト側に一泡食わせてやった、というところだろう。ネオコンサイドからみれば、一発やられたぜ、ッタク。今回は一本取られちまったな、一敗地にまみれたぜ、クククッ、といったところだろう。

米国の力が大きく削がれたことだけは間違いがない。復旧費用に数兆ドルかかり、1ガロン7ドルなら米国経済は文字通り水没する。1ガロンたったの12セントで全て自国調達しているベネズエラ・チャベス政権(真に貧民の英雄)は、ネオコンよ天罰くだったかと笑いが止まらないだろう(正しく生きている者は天から守られるので一切恐れはいらない)。問題はこの経済破綻が引き起こす世界的影響だ。これについては、今のところ視界不良だ。

あらためて、カトリーナは
「グローバリスト(2R国際金融勢力)」 対 「反グローバリスト(ロシア−中国−イラン)」の戦争の一形態という様相を呈している。後者が、今回、前者に一泡食わせたということになるだろうか。


中近東(イラク・イラン・シリア)・将来の中国などへの戦争の動きを制するカウンター攻撃ということか。今後、こんな風にお見舞いしたっていいんだぜ、という苛烈な示威行為か。

EUは早速、イランに対し、軍事攻撃も辞さないという米国の態度と同調していたものが、9月3日付け報道では、このオプションを放棄し、核を巡る外交交渉を再開すると決定した。気象攻撃が効果が出たものなのか。

http://propagandamatrix.com/Pages/Sept05/030905Iran.htm

中国政府は将来、米国との戦争になることは避けられない、と見ていることは国際政治上の常識だ。中国の狂ったような軍備増強の速度見れば火を見るよりあきらかだろう.中国政府製の靖国への反発デモは、日本が米国システム下にさらにり中国と敵対しつつあるようにみえることと関係があるだろう。

ブッシュ大統領は各国からの救援を受け入れている.大国は全て、米国に救援を申し出ているだろう。いまのところ、ロシア・中国の救援を受け入れた様子はない.イラク戦争に反対した独仏のうち、ドイツの救援を受諾したが、フランス政府のそれは、拒否に会っている。これが意味することは何か。

【5】米指導部がカトリーナを人工物だと口が裂けてもいえない理由は何か


ネオコン・グローバリスト・シオニスト指導部が苦しいもう一点は、万が一にも、今回のハリケーンが、特殊技術によって人為的に引き起こされたと発表することが出来ない点だ(仮に、国防総省などの分析結果がそうだとしてもの話だが)。

なぜか。これを発表すると、その技術の原理の説明が世界から要求されることになる。

このテスラ技術は、実は、フリーエネルギー(無限に無料で中空からエネルギーを作り出せる)を作り出す技術基盤であり、この技術原理を明らかにすれば、石油で儲けている超巨大財閥勢力が、利益を失うこと、つまり、力を失うことになるからだ。彼らは、だから、イヤー,自然の威力ってコワいものですねえ、でお茶を濁さざるを得ない訳だ(内心,ジグチョー、とハラワタ煮えくり返っていてもである)。テスラの真の意図は、環境を破壊せず、地球の全ての人に、エネルギーを無料で提供することにあった。

言いたいけど言えない。ほぞを噛んでいる可能性がある。

ただ、ブッシュ大統領自身が昨日の記者会見で気象兵器が使用されたことを口をすべらしたかのように捉える向きがある。
“It’s as if the entire Gulf Coast were obliterated by the worst kind of weapon you can imagine,”

この世で考えられる限りの最悪の破壊能力を持つ兵器で破壊されたかの様相を呈している、という言い方を確かにしている。

しかし、この英語の言い回しでは、彼が必ずしも、電磁波による気象兵器を示唆したとまではいえない。誰が見ても、激しい破壊を帯びた最悪の戦場(War zone)に見えるとは言えるからだ。


【6】ニコラ・テスラ系気象コントロール技術にわれわれはどう接したらいいのか

この技術は軍事などに悪用されると、それこそ、地球が破滅する。悪用する科学者,政治勢力から、この技術は、取り戻されなければならない。一番恐れるのは、今回一敗地にまみれた勢力が、この技術をキャッチアップし、対抗的に、これを兵器として使い始めることなのだ。テスラ技術による、天候・地震・火山爆発をめぐる、戦争が始まることなのである。

【7】犯人は反グローバリスト勢力と言い切れるか。

ただ、これがロシア側ではなく、これこそが実はもう一つの911だった、と考える余地も少ない可能性で残しておかなければならないだろう。支配層の持つ特有の異常なサディズム(小泉が共有している)・破壊願望・ハルマゲドン願望というのは、われわれの理解を超えた心情構造をしているからだ。アメリカを破壊するならどんなことでもやる、というメンタリティーを持つなら、これがもう一つの911だった、と考える余地は出てくる。ただ、これだと、指導エリートが、中近東へ戦闘をすすめる力を自ら放棄したことになり、ここの説明が難しくなる。もし仮に、このハリケーンが技術的に起こされたものなら、9対1ぐらいの割合で、やはりロシアを中心とした、いくつかの大国の合同プロジェクトと考えるのが筋といえようか。

また、ネオコン・グローバリスト、反グローバリスト、またそれ以外のあらゆる人間勢力以外の干渉だった可能性もあるのかについての論考を100%排除すべきではないことも申し添えておきたい。

【8】結語:カトリーナがもたらしたプラス面が仮にあるとすれば

カトリーナの雲の形成パターンが自然のものか否か.この点につき、多くの気象学者の分析を集計することは決定的に重要だ。


ハリケーンが真の自然災害であったとしても、このハリケーンが、尊い人命を奪う一方で、当面の米国のムスリム圏への戦争展開遂行能力を削ぎ、核使用による第三次世界大戦への道を阻んだ可能性が高いことだけは、まちがいないと思料するものである。ただ、このような気象兵器が会って、既にそのレベルで両陣営が戦争をしているのなら、これはもう勘弁して欲しいと思う。日本は,両者の動きを止揚しながら、平和の道を創造し、高度技術を全人類が裨益するよう、平和利用への道を導く必要がある。


競争を原理とする社会は必ず崩壊に向かう。
協力と補い合いの原理(そして感謝の原理)だけが社会と人々に生命を吹き込む。

今回の総選挙で扱っているのは郵政単独イシューでは実はない。競争原理・相克の原理を骨格とする新自由主義経済政策(市場原理主義・自由化・民営化・規制緩和)その一般則自体そのものが完全に葬り去られねばならないのだ。大王陣営の持ち込む根本原理そのものが超克されなければならない。地球を保全するか、それとも最終的に廃墟とするか。郵政どうこうに矮小化された問題設定に、だまされるな。

狂気の小泉は,日本を亡国・社会破壊・人間破壊に向かわせる。


この男を選挙で絶対落とさなければならない。

第三次世界大戦の道は絶対にふさがなければならない。

咲かなければ香らない。

カトリーナの被災者の方々とともに、皆で命を吹き返したいですね。

*付記
1最後になるが、報道では被災者の黒人たちが商店から強奪するシーンが繰り返し報道されている。また、彼らにより強姦・殺人などが伝えられる。これを世界中の人々がテレビを通じてみればどういう印象を与えるか.これは、黒人=野獣(けだもの)=犯罪者。こういうことだ。このようなセンセーショナリズムは、問題の本質を隠しかつ、有色人種蔑視の観念を植え付けるに十分である。黒人被災者であれば,手に物をもてば「略奪」した(looting),白人被災者は「見つけた」(finding)と報道されている。写真を見て比べて欲しい。どちらもやっていることは同じなのに。
http://www.whatreallyhappened.com/new_orleans_looting.html

2.ベネズエラのチャベス大統領がが核心を突いたブッシュ政権批判を行っている。つまり、このエリアは、ハリケーン銀座だ。だから、強度のハリケーンが起きた時を想定して、避難プランを立てておく時間は十分あった、それなのに、それをせず、実際大型ハリケーンが起きたら、政府が市民にいうことが、ただ、逃げろ、では話にならんだろう、それが冠たる世界のアメリカか、信じられない、と皮肉たっぷりだ。まさにその通りだ。現地陸軍は、ハリケーン防護システム(堤防)補強がこの地域で必要であるとし、予算を要求していたが、ブッシュ大統領は、この6月それを大幅に拒否していた.そして、兵隊をイラクに送り過ぎており、災害救助に備えていない.これら3点を見ても、人災という面、政府の手落ちという面はある。それが、いつの間にか、忘れ去られ、黒人などは結局野獣だ、殺しても構わんとまで人々の感情が高められるおそれがある(実際州知事は、強奪者はその場で殺していいと軍に指示を出している)。問題がすり替えられる可能性がある。この機会に乗じて巨大な儲けを上げている連中の方が余程の悪党なのだ。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 議論21掲示板


フォローアップ:

ブッシュの牧場で抗議していた戦死米兵の母親が逮捕(Republic Broadcasting Network)
http://www.asyura2.com/0505/war73/msg/241.html
投稿者 さすれば 日時 2005 年 8 月 10 日 15:44:29: reQxnNwQ2shuM

ブッシュの牧場で抗議していた戦死米兵の母親が逮捕

木曜日(11日)にライスとラムズがクローフォードの牧場を訪れるため、そこでキャンプして抗議していたイラク戦死兵の母親シンディ・シーハンに対し、国家の安全を脅かすとして逮捕通告が----

http://www.rbnlive.com/index.html

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争73掲示板


フォローアップ:

戦死米兵の母、ブッシュ大統領私邸近くで抗議(CNN)
http://www.asyura2.com/0505/war73/msg/149.html
投稿者 あややの夏 日時 2005 年 8 月 07 日 21:03:35: GkI4VuUIXLRAw

(回答先: 戦死者の母親が回答または逮捕を求めブッシュの牧場にテント泊 投稿者 木村二 日時 2005 年 8 月 07 日 19:58:56)

http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200508070011.html

テキサス州クロフォード――イラク・バグダッドのサドルシティーで死亡した米兵の母が6日、ブッシュ米大統領が滞在中の当地の私邸近くで、約50人の支援者と共に抗議デモを行った。なぜイラクで戦争しているのか、大統領本人から説明が得られるまで抗議を続けるつもりという。


カリフォルニア在住のシンディ・シーハンさん(48)は支援者約50人と共に、赤・白・青の星条旗色に「弾劾ツアー」と描かれたバスでクロフォードを訪れ、大統領私邸の牧場に向かって約80メートルにわたり行進。牧場入り口まで8キロ前後の地点で、地元の警察当局に足止めされた。


参加者たちは「平和は国的だ」と書かれた横断幕を手に、「Wが息子を殺した!」(Wはブッシュ大統領のミドルネームのイニシャル)と口々に唱えた。シーハンさんの息子ケイシーさん(24)は陸軍技師で、昨年4月にサドルシティーで死亡した。


シーハンさんは報道陣に「どうして息子を殺したのか、息子はなんのために死んだのか、大統領に尋ねたい。大統領は先週、息子が崇高な使命のために死んだと演説したが、その崇高な使命というのはいったい何なのか、お聞きしたい」と話した。大統領は4日、戦死米兵を追悼すると共にイラク戦争遂行の必要性を訴え、米兵たちは崇高な使命のために命を捧げていると演説していた。


ブッシュ大統領が私邸から出てくることはなかったが、ハドリー大統領補佐官(国家安全保障担当)とヘイギン副首席補佐官がシーハンさんと面会し、45分にわたって訴えを聞いた。


シーハンさんによると、両補佐官は「イラクに駐留している理由は、サダム・フセインが大量破壊兵器をもっていると思ったからで、サダムがいなくなって世界は前よりずっとましな場所になったと説明した。(米軍のイラク駐留によって)世界を前よりも安全な場所にしているのだと話していた。2人ともとても礼儀正しく、いい人たちだった。私は、イラクは米国にとって脅威ではないし、みんな無駄死にしていると言った。ジョージ・ブッシュと話すまでは、ここを動かないと伝えた」という。


シーハンさんによると、ヘイギン補佐官が「(大統領は)本当にみなさんのことを気にかけている」と言ったので、シーハンさんは「だったらどうしてここにきて話しをしないの」と聞き返したという。

http://www.cnn.co.jp/usa/images/CNN200508070010.jpg
イラクで戦死した息子の遺影を手に、大統領に説明を求めるシーハンさん(中央)=6日、テキサス州クロフォードで

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争73掲示板


フォローアップ:

次の要注意日は今年7月22日だ!(数秘術より:英の電子版「The Truth Seeker」)
http://www.asyura2.com/0505/war72/msg/304.html
投稿者 Sun Shine 日時 2005 年 7 月 17 日 21:56:08: edtzBi/ieTlqA

カバラの数秘術(?)からすると次の要注意日は今年7月22日だそうです。
イギリスの電子版「Truth Seeker」からの記事の引用です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のロンドン爆破事件は、実は1988年12月21日にスコットランド、ロッカビー市上空で起きたパンナム航空機103便爆破事故から16年16ヶ月16日目の出来事だが、「777」は「666」と共に非常に重要なオカルト的数字とされている。

なぜ”彼ら”は、重要な国際的な”イベント”にこれらの数字を使用するのだろうか。次の2点が、その理由として考えられる。


1.大衆に気づかれることなく、彼らだけの”暗号”として、使用しているから。第二次大戦時にラジオを使用して、同様のことが行われたことを思い出すべし。

2.異教徒のリーダーは数字を使用しなければ、重要な物事は成功しないと考えているから。
特に重要な数字は、6, 11, 13 及びこれらの数字の倍数である22, 33, 44, 55, 66, 77 と26, 39などである。また同じ数字が3個続く111, 222, 333 などは更に神聖な数字とされている。

なぜこういうことにこだわるかというと、重要な世界の出来事は、実行者がしかるべく理由によって、正確に日を選んで実行しているからだ。

そして私の計算では、次に何かが起こると予測される日は、今年の7月22日(金)である。私は何かを予言しようとか、何かが起きて欲しいとか思ってこういうことを言っているのではない。何も起きないことを願っている者だということは、ここでお断りしておきたい。

それでは、なぜ7月22日が要注意日かというと、次のような計算からだ。

*7月 22日 2005 年のそれぞれの数を足すと、(7+2+2+2+0+0+5) = 18 または 3x6 または6+6+6である。 666 は大変強いオカルトの数となる(獣の印)

*7月 22日 は、7月7日のロンドン爆破事件から360時間後であり、これは 3x6 または 18 または 6+6+6とも見ることができる

*7月 22 日は、4月2日(イタリア時間)のヨハネ・パウロ2世の死から111日目である。また彼の死がバチカンから告知された21時37 分(イタリア時間)は、21 X 37 = 777となる。この777 は、たぶん最も重要な意味を持つあるオカルトの数である。

*今年5月27日(金)に、世界で最も有名なロンドンの大時計が13分間、停止した(10:07pm または22:07pm)。こういうことは過去に2,3回起こっただけだ (アメリカ人読者へ:イギリスでは、日・月・年の順で書く。 22/07/2005という具合に).

*7月 22 日は、2000年9月10日(世界統一の公式的な誕生日と広く認識されている日)から1776日目である。

*1776というのは、多くの人にとって、アダム・ヴァイスハウプトが1776年5月1日に、Order of Perfectibilists (後のイルミナティー)を設立した1776年5月1日の1776としてなじみ深い数字だと思うが、これと世界統一支配(ニュー・ワールド・オーダー)の数字がぴったりと重なる。

*新しく建設される予定のWTCの高さは、1776フィートに設計されている(1776 はまた1110 + 666 である)

更にもっと多くの意味ある一致があるが、興味のある人は、下記のサイトへ。
www.threeworldwars.com/jul22.htm


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://www.thetruthseeker.co.uk/article.asp?ID=3349
Where Will You be on July 22, 2005?

By Michael B. Haupt ・www.threeworldwars.com July 15, 2005

The independent media is abuzz with the significance of the 777 'signature' on the date of the recent London explosions (7+7+2+0+0+5=777). Have you also picked up on the significance that this event happened 16 Years, 6 Months, and 16 Days since the bombing of Pan Am Flight 103 which took place on 21 December 1988 over Lockerbie, Scotland?

666 and 777 are very strong occult signatures, and there are many more 'coincidences' surrounding the London attacks ・far too many to comment on here, particularly since this article looks ahead at other possible 'terrorist' attacks.

An important question to ask is "Why do perpetrators (whoever they may be) choose to stamp their 'signatures' all over major world events?"

For 2 reasons:

1. They want to hide the truth from the masses, while communicating their success to the elite all over the world, without being caught out. Remember how public radio broadcasts were used to transmit secret messages to resistance members in World War 2? Exactly the same method works now.

2. Pagan leadership believes that a good plan may fail unless it is carried out 'by the numbers'. The most venerated occult numbers are: 6, 11, 13, and multiples thereof, especially 22, 33, 44, 55, 66, 77 and 26, 39, etc. A triplication of numbers is also considered sacred (possibly even more sacred) to the occultist: 111, 222, 333, etc.

The method has been effectively used throughout history:
- Ending of WW1 at 11:00 on 11/11/1918;
- The 9/11 atrocities (also stamped with repeated 11's);
- The Madrid Train Bombings (911 days after 9/11);
- And the recent London Bombings (stamped with 777 and many more numerological 'coincidences'.

The evidence FOR such 'signatures' on major world events is overwhelming, and far too lengthy to cover in this short article. Nevertheless, there is a natural skepticism to accepting what is blatantly obvious. The reason is because we have all been brought up on a diet of the Accidental View of History ・in other words, events happen just because they do. On the other side of the coin is the Conspiratorial View of History, which argues, very convincingly, that major world events are planned according to a specific timeline, and for very specific reasons.

What's Up With July 22, 2005?

Following the same reasoning and logic of the 'signatures' discussed above, it appears possible that Friday, July 22 may be another date on which an event might be staged.

But before I continue, please note that I am NOT predicting any specific event, nor am I spreading unnecessary fear and panic. I am purely pointing out a number of coincidences surrounding 22 July for you to consider and either discard as the rantings of a lunatic, or to take precautionary measures. I hope and pray nothing happens on the day.

The main reason I am mentioning this is because of a direct command:

'But if the watchman see the sword come, and blow not the trumpet, and the people be not warned; if the sword come, and take any person from among them, he is taken away in his iniquity; but his blood will I require at the watchman's hand.' - Ezekiel 33:6.

So by pointing out some of the interesting patterns, I am purely 'blowing the trumpet'.

Here goes:

- The individual numbers of the date added together for July 22 2005 (7+2+2+2+0+0+5) = 18 or 3x6 or 6+6+6. 666 is a very strong occult number, and many will recognize it as the apparent Sign of the Beast.

- July 22 is 360 hours after the London Bombings on July 7th (another disguised form of 3x6 or 18 or 6+6+6).

- July 22 is 111 days after the death of Pope John Paul II on April 2nd. The Pope's death was announced with smoke billowing from the Vatican at 21:37 (Italian Time). 21 multiplied by 37 = 777. 777 is perhaps the most significant occult number.

- On Friday 27 May, 2005, Big Ben, one of the world's most famous clocks in London, stopped for 13 minutes, something which has only happened a few times in history. The time at which it stopped? 10:07pm, or 22:07. (Explanation for US readers: dates in England are written with the day first e.g. 22/07/2005). If this stoppage was planned, what an excellent way to send a covert message to those who know what to look for.

- July 22 is 1776 days after September 10, 2000, which is widely accepted as the official birth of the New World Order.

- Many will recognize the 1776 date, as this is the year in which Adam Weishaupt formed the Order of Perfectibilists on May 1, 1776 (still celebrated today throughout the world as May Day), which later became known as the Illuminati, a secret society whose name means 摘nlightened Ones・ which of course many will be familiar with. It seems fitting that a group such as the Illuminati would see great significance in celebrating the birth of their New World Order by posthumously acknowledging the man who started it all.

- Still not convinced? The newly approved design for the replacement of the WTC stands 1776 feet tall. (1776 is also equal to 1110 plus 666.)

There are MANY more coincidences surrounding July 22, and I have prepared a far more detailed report if this interests you, where you can also post your own thoughts and reactions too. www.threeworldwars.com/jul22.htm

For the skeptics, I realize that each of these coincidences mean nothing on their own, but with such an abundance of coincidences (12 and counting), it sounds rather convincing to me.

As for me, I'm going to make sure I'm nowhere near a major city on that day - better to be safe than sorry! And I'm going to make sure I know what to do in case something does happen.


Michael Haupt is a WW3 Researcher. Get access to his free, no-nonsense, widely acclaimed newsletter, which tracks the coming planned World War Three: www.threeworldwars.com

References:

Big Ben Stops
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/london/4589527.stm

New WTC Stands 1776 feet Tall
http://infowars.net/Pages/Jul05/020705Obelisk.html

July 7, 2005, forms a "777", THE most powerful number to powerful occult groups
http://cuttingedge.org/news/n2054.cfm

9/11's Obvious Occult Signatures
http://cuttingedge.org/news/n1756.cfm

Further Reading:

Background Reading on Occult Numerology:
www.threeworldwars.com/blog/index.php/weblog/C17/

A Detailed Report of Occult Signatures Throughout History:
www.threeworldwars.com/occult.htm

A Discussion of Conspiratorial vs. Accidental History
www.threeworldwars.com/intro.htm

Article Describing the Birth of the New World Order on Sep 10, 2000
www.threeworldwars.com/nwo-timeline2.htm#00

How to Prepare for the Coming Tough Times
www.threeworldwars.com/prepare

Printer friendly version Email this article to a friend

Last updated 16/07/2005



 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争72掲示板


フォローアップ:

およそ9千人の米軍兵士が死亡? 生存者の方々から情報を求める全国的呼びかけ [アラブの声ML]
http://www.asyura2.com/0505/war71/msg/969.html
投稿者 white 日時 2005 年 7 月 09 日 09:26:16: QYBiAyr6jr5Ac

□およそ9千人の米軍兵士が死亡? 生存者の方々から情報を求める全国的呼びかけ [アラブの声ML]

 http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/message/690

およそ9千人の米軍兵士が死亡? 生存者の方々から情報を求める全国的呼びかけ

ピース・シーカー(平和の探求者)著

「死」の概念を定義しなおすことで、ブッシュ政権は、米軍の死者数を劇的に少なく申告していたのだろうが? 下記の記事は、そうであったことを示しており、名前を挙げて、数えることで死亡した軍人に敬意を払うという全国的キャンペーンを呼びかけている。

記事によれば:「...現在ごく内密に回覧されている国防総省のリストでは、およそ9千人[米軍兵士]が死んでいる。これは「公式」死亡者数の1,831人をはるかに上回る。どうしてこんなことになるのだろう? それは、基本的に「ドイツの病院で、あるいは、ドイツの病院に向かう途中で亡くなった米軍兵士は計上されてこなかった、ためだ。」

言い換えれば、「死亡」は定義しなおされていたのだ。

あなたが今すぐできること:

1. ブッシュの戦争で亡くなった軍人を直接(あるいは人から聞いて)知っている場合は、http://www.tbrnews.org/Archives/list.htmで、その人の名を"公式"国防総省のアルファベット順死者リストで調べてください。もしそうした人々の名前が掲載されていなければ、tbrnews@h...にお知らせください。地元の国会議員、地元の新聞、或いは他の関係する団体にもお知らせください。

(tbrnews.orgのアルファベット順リストは定期的に更新されています。現在のものは、6月早々迄に報告頂いたものを掲載しています。)

2. このウエブ・ページを亡くなった軍人を知っているかも知れない方に転送してください。

3. このウエブ・ページを退役軍人のグループ、他の組織、信頼できるジャーナリストや、まともな議員の方々に転送してください。


虐殺者ブッシュの勘定書:公式には、2005年5月1日から21日間のイラクでの米軍兵士死者数は80人、今日までの米軍死者の公式総計は1831人(そして増加中)

(以下の文章は http://www.tbrnews.org/Archives/a1682.htm からのものである。)

ドイツの病院で、あるいは、ドイツの病院に向かう途中で亡くなった米軍兵士は、これまで数えられていなかった。2005年1月1日の時点で、その数は6,210人にのぼる。イラクにおける死者の現在の過小報告は正確ではない。国防総省は意図的に数値を少なくしている。多くの海外ニュース・ウェブ・サイトを検討すると、実際の死者は、最近の少なく表示されているものよりずっと多いことが分かる。イラク人民間人死傷者はこれまで決して報告されていないが、2005年1月1日現在の国際赤十字、赤新月及び国連の数値は10万人をわずかに下回る。

ブライアン・ハリング、国内情報レポーター

注:イラクにおける膨大な死者の数を、国防省は意図的に報告していないと信じるべきれっきとした理由がある。公式に報告されている数よりもずっと多くの死体がドーヴァー空軍基地に送られていることを示す米軍航空輸送部の送り状の写しを我々は入手している。知識に基づいた噂によれば、実際の死者数は7,000人を超えるという。公式に15,000人以上の重傷者が認められていることからすれば、格段に多いこの死亡者数の方が、現行の公式発表の1400+人より、はるかに現実的だ。我々の調査が完成明らかな死亡者数の変造に加えて、最少5,500人のアメリカ軍人が多くはアイルランドへ、しかしより多くはカナダや他のヨーロッパ諸国に脱走しており、その誰も執念深いアメリカ当局に協力したいなど考えてもいない。(大量脱走の報道詳細については2月18日のTBRニュースを参照のこと。)これはつまり、イラクに派遣された158,000人の米軍兵士のうち、26,000人は、脱走したか、殺されたか、重傷を負っていることを意味している。現在ごく内密に回覧されている国防総省のリストでは、およそ9千人が死亡し、16,000人以上が重傷を負っている*(下記注参照のこと。この数値は今や24,000人を超えている。編集者?そして更に、自殺、麻薬の常習使用や販売に対しての強制入院、イラク人民間人や同僚兵士殺害、強姦、軍法会議等々で膨大な人数がいる。

公式の国防総省の死傷者リストの写しを私は持っている。私はこれをアルファベット順に並べ、亡くなった日として報告されている日をつけている。TBRはこのリストを掲載するので、これは広く退役軍人グループや他の関連サイトに周知されるが、亡くなられたご家族の方のお名前をそこで見つけられない場合は、地元国会議員、地方紙、私ども、そして他の関係した人々に、早急にお知らせ下さい。

偽ってイラクの現場で実際に殺された兵士だけ報告して、政府は途方もない嘘で切り抜けてきている。死にかけている者、或いは致命傷を負った者は、イラクから陸軍病院への移送途上として計上され、日々の更新には反映されない。バグダッド空港からの輸送機が離陸する時に亡くなった人もアメリカ陸軍病院で亡くなった人も、リストには載らない。こうした人々の家族は確実に、息子、夫、兄弟或いは恋人が亡くなったという知らせを受け、その遺体或いは、残されたその一部(停電が絶えないイラクでは、冷蔵状況は非常に悪い)は、祖国のドーヴァー空軍基地へと送られる。ブッシュ大統領が、納棺され、国旗に覆われた個人を撮影してはならないと、個人的に命令したことを理解しておくことが必要だ。ブッシュ大統領は、これは親類遺族を慰めるためだと主張しているが、その実、到着する死体の膨大な数を秘密にしておく為のものだ。いかなる民間人あるいは軍関係者でも、それを撮影したものは、即座に収監され起訴される。

...
このリスト行動は終了している点ご了承請う。万一、実際に例えば、名100人以上違えば、それは嘘をついているという有力な徴候だろう。6月16日現在、TBRは32人のリストに掲載されていな新たな名前を受け取っている。

*負傷者についての最新情報:「150床を有する病院、ドイツのランドシュトゥール地域医療センターは、開戦以来、イラクとアフガニスタンから、すでに2万4千人以上の軍人負傷者を収容している」ナイト・リッダー・ニュースペーパー、2005年6月6日(注:国防総省は、いかなる負傷者のリストも公表することを拒否している。編集部)

「公式」アルファベット順のリストの リンク:http://www.tbrnews.org/Archives/list.htm
(リストは定期的に更新されている。)

原文はhttp://iraqtunnel.com/php/index.php?act=ST&f=2&t=2028
--------
憲法が改悪されれば我々も同じ経験が可能になります。属国にふさわしい名誉。


911事件、半ば自分達が仕掛けたのではないかと疑っているものとして、ダウニング・ストリート・メモ暴露で米英が苦しい時に「都合良く」77事件が起きたのを訝しく思うものです。
あらゆる公式報道は不思議なくらいアルカイダ一辺倒。
オサマ・ビン・ラディン、ザルカウイと、実態の見えない人物や組織をでっちあげて、永久戦争計画を進めているだけにしか思えません。
そう思っていると、ブレア背後にたつ大統領の表情まで、不自然に見えてきました。
******
goose さんの労訳とコメントです。
*****
【短報】
*イラク高等教育省、それぞれシーア派とスンナ派の大学新設法案作成 「イラク通信」 【教育界まで派閥主義促進政策  Mission Accomplished 】

【カンパのお願い】 郵便振替口座名称:アラブの声  口座番号:00810-1-131224
アラブの声ML 齊藤力二朗
http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/  


 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争71掲示板


フォローアップ:

自衛隊員に起きた悲劇(目安箱)ーほんとかな?
http://www.asyura2.com/0505/bd40/msg/109.html
投稿者 ああ、やっぱり 日時 2005 年 6 月 20 日 22:24:14: 5/1orr4gevN/c

自衛隊員に起きた悲劇
(平成17年06月20日)
差出人:  不明
http://www.rondan.co.jp/html/mail/index.html


 最近気になる話を聞いたのでメールします。

イラクのサマワに派遣され帰って来た自衛隊員の中に頭痛や吐き気がおさまらずに苦しんでいる人がかなり居るばかりでなく帰国後に奥さんにできた赤ちゃんの手の指が2本しかなくカニのハサミのようになっているそうです。

明らかにアメリカ軍人に起こった事 (劣化ウラン弾による被爆) が日本の自衛隊員にも起きたと考えるのが当然だと思われます。 でも政府はこの事実にフタをしようと決めているようです。

現在マスコミは今起きている真実を国民に伝えると言う彼等の本来の役割を完全に放棄しています、衝撃的なこのニュースがもし発表されたら 『サマワは安全だ』 と大嘘を言っていた小泉内閣が簡単にぶっ飛ぶはずですし、米国に追従していく恐ろしさがハッキリしました。

集団的自衛権などとんでもない事です。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ40掲示板


フォローアップ:

新911ビデオ・フリーダウンロード
http://www.asyura2.com/0505/war71/msg/350.html
投稿者 Berlin 日時 2005 年 6 月 19 日 03:52:21: QU.acolGxXTCA

ジミー・ウォルタ率いるNYグループが新しい 911ビデオを制作。
フリーダウンロードできます。2時間ぐらいの長いビデオです。なかなか良く出来ています。
特に、WTの建築素材や骨組みなどの詳しい説明が興味深いです。

http://www.reopen911.org/ (英語ページ)

http://www.reopen911.jp/ (日本語ページ・翻訳機械をつかったらしく変な日本語ページになってます。英語からの方がわかりやすいかも。)


関連記事ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヨーロッパで9・11討論会ツアー(仏『レゾーヴォルテール』より)
http://www.asyura2.com/0505/war70/msg/1039.html
投稿者 さすれば 日時 2005 年 6 月 05 日

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争71掲示板


フォローアップ:

元ブッシュ政権高官が「WTC崩壊は計画的な解体、内部の犯行」と!
http://www.asyura2.com/0505/war71/msg/349.html
投稿者 バルセロナよりを込めて 日時 2005 年 6 月 19 日 03:46:53: SO0fHq1bYvRzo

元ブッシュ政権高官が「WTC崩壊は計画的な解体、内部の犯行」と!


6月18日付のレベリオン誌は『元ブッシュ政権の高官が、ツゥイン・タワーの崩壊はおそらくコントロールを受けた解体であり「内部犯行」だ、と語る』という見出しの記事を掲げました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Un ex miembro del equipo de Bush dice que el colapso de las torres gemelas fue probablemente una demolición controlada y un “trabajo interior”
http://www.rebelion.org/noticia.php?id=16683
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事は2005年6月12日付で電網雑誌The Arctic Beaconに載せられたもので、そのスペイン語訳です。

語ったのは最初のブッシュ政権で労働省のchief economistを務めたMorgan Reynoldsで、下に英文の原文記事を貼り付けておきますが、最初の内容紹介の部分だけを訳してみます。

『よく知られた元労働省チーフ・エコノミストが現在、9・11の公式な話に疑問を持ち、疑わしい事実と証拠の隠蔽が政府の汚らわしい動きと犯罪への係わり合いの可能性を指し示している、と主張する。』

この具体的な内容は、申し訳ありませんが、次の英文記事でお読みください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www.arcticbeacon.com/articles/article/1518131/27302.htm

Former Bush Team Member Says WTC Collapse Likely A Controlled Demolition And 'Inside Job'

Highly recognized former chief economist in Labor Department now doubts official 9/11 story, claiming suspicious facts and evidence cover-up indicate government foul play and possible criminal implications.

June 12, 2005

By Greg Szymanski

A former chief economist in the Labor Department during President Bush's first term now believes the official story about the collapse of the WTC is 'bogus,' saying it is more likely that a controlled demolition destroyed the Twin Towers and adjacent Building No. 7.

"If demolition destroyed three steel skyscrapers at the World Trade Center on 9/11, then the case for an 'inside job' and a government attack on America would be compelling," said Morgan Reynolds, Ph.D, a former member of the Bush team who also served as director of the Criminal Justice Center at the National Center for Policy Analysis headquartered in Dallas, TX.

Reynolds, now a professor emeritus at Texas A&M University, also believes it's 'next to impossible' that 19 Arab Terrorists alone outfoxed the mighty U.S. military, adding the scientific conclusions about the WTC collapse may hold the key to the entire mysterious plot behind 9/11.

"It is hard to exaggerate the importance of a scientific debate over the cause(s) of the collapse of the twin towers and building 7," said Reynolds about his comments that first appeared June 9 on the web. "If the official wisdom on the collapses is wrong, as I believe it is, then policy based on such erroneous engineering analysis is not likely to be correct either. The government's collapse theory is highly vulnerable on its own terms. Only professional demolition appears to account for the full range of facts associated with the collapse of the three buildings.

"More importantly, momentous political and social consequences would follow if impartial observers concluded that professionals imploded the WTC. Meanwhile, the job of scientists, engineers and impartial researchers everywhere is to get the scientific and engineering analysis of 9/11 right."

However, Reynolds said "getting it right in today's security state' remains challenging because he claims explosives and structural experts have been intimidated in their analyses of the collapses of 9/11.

From the beginning, the Bush administration claimed that burning jet fuel caused the collapse of the towers. Although many independent investigators have disagreed, they have been hard pressed to disprove the government theory since most of the evidence was removed by FEMA prior to independent investigation.

Critics claim the Bush administration has tried to cover-up the evidence and the recent 9/11 Commission has failed to address the major evidence contradicting the official version of 9/11.

Some facts demonstrating the flaws in the government jet fuel theory include:

-- Photos showing people walking around in the hole in the North Tower where 10,000 gallons of jet fuel supposedly was burning..

--When the South Tower was hit, most of the North Tower's flames had already vanished, burning for only 16 minutes, making it relatively easy to contain and control without a total collapse.

--The fire did not grow over time, probably because it quickly ran out of fuel and was suffocating, indicating without added explosive devices the firs could have been easily controlled.

--FDNY fire fighters still remain under a tight government gag order to not discuss the explosions they heard, felt and saw. FAA personnel are also under a similar 9/11 gag order.

--Even the flawed 9/11 Commission Report acknowledges that "none of the [fire] chiefs present believed that a total collapse of either tower was possible."


-- Fire had never before caused steel-frame buildings to collapse except for the three buildings on 9/11, nor has fire collapsed any steel high rise since 9/11.

-- The fires, especially in the South Tower and WTC-7, were relatively small.

-- WTC-7 was unharmed by an airplane and had only minor fires on the seventh and twelfth floors of this 47-story steel building yet it collapsed in less than 10 seconds.

-- WTC-5 and WTC-6 had raging fires but did not collapse despite much thinner steel beams.

-- In a PBS documentary, Larry Silverstein, the WTC leaseholder, told the fire department commander on 9/11 about WTC-7 that. "may be the smartest thing to do is pull it," slang for demolish it.

-- It's difficult if not impossible for hydrocarbon fires like those fed by jet fuel (kerosene) to raise the temperature of steel close to melting.

Despite the numerous holes in the government story, the Bush administration has brushed aside or basically ignored any and all critics. Mainstream experts, speaking for the administration, offer a theory essentially arguing that an airplane impact weakened each structure and an intense fire thermally weakened structural components, causing buckling failures while allowing the upper floors to pancake onto the floors below.

One who supports the official account is Thomas Eager, professor of materials engineering and engineering systems at MIT. He argues that the collapse occurred by the extreme heat from the fires, causing the loss of loading-bearing capacity on the structural frame.

Eagar points out the steel in the towers could have collapsed only if heated to the point where it "lost 80 percent of its strength," or around 1,300 degrees Fahrenheit. Critics claim his theory is flawed since the fires did not appear to be intense and widespread enough to reach such high temperatures.

Other experts supporting the official story claim the impact of the airplanes, not the heat, weakened the entire structural system of the towers, but critics contend the beams on floors 94-98 did not appear severely weakened, much less the entire structural system.

Further complicating the matter, hard evidence to fully substantiate either theory since evidence is lacking due to FEMA's quick removal of the structural steel before it could be analyzed. Even though the criminal code requires that crime scene evidence be kept for forensic analysis, FEMA had it destroyed or shipped overseas before a serious investigation could take place.

And even more doubt is cast over why FEMA acted so swiftly since coincidentally officials had arrived the day before the 9/11 attacks at New York's Pier 29 to conduct a war game exercise, named "Tripod II."

Besides FEMA's quick removal of the debris, authorities considered the steel quite valuable as New York City officials had every debris truck tracked on GPS and even fired one truck driver who took an unauthorized lunch break.

In a detailed analysis just released supporting the controlled demolition theory, Reynolds presents a compelling case.


"First, no steel-framed skyscraper, even engulfed in flames hour after hour, had ever collapsed before. Suddenly, three stunning collapses occur within a few city blocks on the same day, two allegedly hit by aircraft, the third not," said Reynolds. "These extraordinary collapses after short-duration minor fires made it all the more important to preserve the evidence, mostly steel girders, to study what had happened.

"On fire intensity, consider this benchmark: A 1991 FEMA report on Philadelphia's Meridian Plaza fire said that the fire was so energetic that 'beams and girders sagged and twisted, but despite this extraordinary exposure, the columns continued to support their loads without obvious damage.' Such an intense fire with consequent sagging and twisting steel beams bears no resemblance to what we observed at the WTC."


After considering both sides of the 9/11 debate and after thoroughly sifting through all the available material, Reynolds concludes the government story regarding all four plane crashes on 9/11 remains highly suspect.

"In fact, the government has failed to produce significant wreckage from any of the four alleged airliners that fateful day. The familiar photo of the Flight 93 crash site in Pennsylvania shows no fuselage, engine or anything recognizable as a plane, just a smoking hole in the ground," said Reynolds. "Photographers reportedly were not allowed near the hole. Neither the FBI nor the National Transportation Safety Board have investigated or produced any report on the alleged airliner crashes."

【引用終り】

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争71掲示板


フォローアップ:

中韓の根拠のない歴史カードなどは無効だと知らしめることこそが、日本の将来的な国益となります。アジアの真実
http://www.asyura2.com/0505/asia1/msg/537.html
投稿者 TORA 日時 2005 年 5 月 26 日 11:43:10: CP1Vgnax47n1s

2005年05月23日・靖国問題 
http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/22845405.html

〜首相が靖国神社へ参拝する理由〜 皆さんお久しぶりでございます。本日より更新再開します。休止中にたくさんの応援のコメントを頂き、大変励みになりました。ありがとうございます。毎日必ず更新というわけにはいきませんが、これからも引き続きよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

中華圏離脱した先人の教訓に学べ:産経・正論
http://www.sankei.co.jp/news/seiron.htm


《一代限りのブツ切り文化》 
 小泉首相は衆院予算委員会で靖国参拝の意志を貫くことを示し、中国や韓国の批判に対して「(戦没者に対する)どのような追悼の仕方がいいかは他の国が干渉すべきではない」と強い不快感を示した。靖国参拝はすべきだが中・韓とも仲良くしたいという“矛盾”のはざまで悩んでいた小泉首相がついに「参拝」の側に舵を切った。これはまことに正しい選択だと賛同したい。

 そもそも中・韓の要求は、中・韓と同じ歴史認識を日本も持てといっているに等しい。首相が「参拝をやめました」といえば、次は教科書の「どこそこを直せ」というだろう。そこを直せば「尖閣諸島は中国領だ」といい、「ガス田も中国のものだ」と言い出すに決まっている。中華圏の歴史は易姓革命の歴史である。新しくできた政権は前政権の業績を全否定する。

 古くは秦の始皇帝の焚書坑儒、新しくは韓国における全斗煥、盧泰愚両大統領の死刑判決(のちに恩赦)をみれば、易姓革命は現代にもれっきとして生きている。朴正煕大統領は近代韓国の基礎を築いた立派な大統領だったと思うが、いま韓国では朴政権に連なる人間狩りをやっている。

 極端にいえば、中華圏は一代限りのブツ切り文化だ。こういう中・韓からみれば、靖国参拝は戦争賛美と映るかもしれない。そう映ったとしても隣国の祭祀にまで注文をつけるのは出すぎとか内政干渉というのである。

《1200年も安泰の要因は》

 中華圏からみれば、日本は「東夷」(野蛮人)である。黙っていれば朝鮮半島のように、中華圏に巻き込まれかねないと悟った日本は七世紀、中華圏からの離脱を図る。こういう判断をしたのは聖徳太子で、日本国の建国(六六八年)以来、中華圏との正式国交を絶つ。このおかげで、一八七一年に日清修好条規を結ぶまで、千二百年にわたって安泰を保ってきた。

 この間、漢字に音訓をつけ、ひらがなを作って文字体系を確立した。政治、文化、伝統を積み上げて今のわれわれがある。七世紀の聖徳太子(しかも彼は政治家である)の評価が変わることなく、最近までお札に刷られていたのは中華圏では考えられないことだろう。ブツ切りの政治・文化ではなく、日本は「連続性」によって栄え、子孫は大きな恩恵を受けてきた。祖先に感謝するのは当たり前だ。その一体感があったからこそ、一気に国民国家を形成できたのである。

 千二百年の泰平はペリーの黒船によって破られ、日本は再び大陸と関わりを持つようになる。以来、日清戦争、日露戦争、辛亥革命、五・四運動、満州事変と続いて大東亜戦争が終わる一九四五年までの七十四年間はまさに泥沼にはまり込んだような時代だった。福沢諭吉は一八八五年、時事新報に「脱亜論」を発表し、「中・韓と付き合えば身の破滅だ」と叫んだのである。

 一九四五年から日中国交樹立(共同声明)までの二十七年間は、再び大陸とのトラブルなしで過ごせた。しかしこのあと現在までの三十二年間は日清戦争前夜、「脱亜論」当時の様相さながらだ。

 小泉首相が靖国参拝を表明した同じ場で、福田康夫前官房長官は中国との関係を「異常な状態」とし、「大局的な判断を示すことが必要ではないか」と述べた。これは「靖国参拝をやめろ」というのと同義だ。

《対中外交重視の愚犯すな》

 民主党の将来の党首候補といわれる前原誠司氏は「総理になったら靖国参拝はしない」と言明している。その理由は「政治カードとして使われるからだ」という。この態度は問題の解決ではなく、「先延ばし」に過ぎない。

 竹内行夫前外務次官は前任のインドネシア大使のとき、大使室に「すべての道は北京に通ず」という書を飾っていたという。歴史に無知としかいいようがない。福田、前原、竹内氏らに共通するのは、外交の前提として「中国と付き合わねばならない」と考えるからだ。

 その手段として、ASEANと日中韓の三国を加えた「東アジア共同体構想」が浮上しているが、これなどは日本を中華圏に引きずり込む策謀だ。聖徳太子と福沢諭吉を教訓にすれば、解決策は一つしかない。

 日、米、豪、ニュージーランド、インドの五カ国を中核とし、これにASEANを加えた「アジア太平洋共同体」、あるいは「海洋国家連合」を組織することだ。中華圏とは近所付き合いはするが、距離を保った方がいい。(ややま たろう)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用ここまで

 

 この論説には、靖国についての考え方が全体的に出ています。靖国参拝というのは、論説中にも有り、また小泉首相始め多くの政治家が答弁してきたように、中韓が主張するような戦争賛美の意味合いなど全くなく、中韓が政治カードとして執拗に使っているだけではありますが、この靖国問題というのは屋山氏が主張する通りの性質を持っており、この意見には全面的に賛成します。

 上記文中にも出ていますが、中韓が歴史カードとして使うから「靖国参拝は止めろ」という声は多いです。政治家に限らず、マスコミに出る政治評論家などにもです。確かに、首相が靖国参拝を止めたとして、日本が経済的等の直接的損失を被る事はないでしょう。逆に、一時的には経済的問題等で多少の譲歩を中国から引き出せるかもしれません。それなら止めた方が良いと言うのは考えが浅すぎます。

 まず一つに、靖国神社への参拝とは、先にこのBlogでも述べたように、日本人の「こころ」の問題に深く関わっています。それを中韓の根拠のない思想から来る政治的要求に屈し、安易に要求を呑むようでは、日本の心とプライドを中韓の前に捨てることと同意です。

 また、中韓は靖国参拝とうのはただの政治カードとして使っているだけですから、首相が参拝を止めても、今度は教科書では歴史を反省していない、尖閣諸島占拠は軍国主義の現れなどと、次の根拠のない歴史カードを繰り返し使ってくるだけでしょう。靖国神社に参拝すれば全てが解決するということは全くありません。逆に日本が中国の主張を認めたと認識され、日本の政治レベルを数段下げる結果ともなります。私もこのBlogで何度も主張してきたことですが、今の日本に必要なのは、徹底して捏造された反日教育を続け、根拠のない歴史カードを日本につきつけてくる中韓に対し、断固とした態度をとれるようになること。最近になってそれが少しずつできるようになってはきましたが、この靖国問題でも、日本は断固として日本の主張を通すべきです。それによって、中韓の根拠のない歴史カードなどは無効だと知らしめることこそが、日本の将来的な国益となります。安易な考えで譲歩をすると将来的に致命傷になりかねません。


 また、この屋山氏は中韓から離れるべきと説いていますが、これはこれでおもしろい考え方だと思います。
 現在の中国に対する考え方として主流を占めているのは、「中国は日本に対して横暴すぎるが、巨大市場を持つ中国に対して、日本経済のことを考えればなんとかして中国と友好状態は堅持せざるを得ない」というのが一般的ですが、歴史を振り返って見ると、聖徳太子が「日のいずる国の太子が、日の没する国の太子に手紙を送ります・・・」という手紙を送った後、日本は大陸の干渉をあまり受けることなく、国際的に安泰な期間が長く続きました。そして、福沢諭吉が1885年に脱亜論を展開した後も日本が中国と朝鮮に深く関係し続けてしまった結果、日本は泥沼の様相を呈してしまいました。
 だからといって同じ構図が現代でも通用するとはここでは断言しませんが、歴史に学ぶというのも一つの考え方ではありますね。
 
 中国や朝鮮などから距離を置くことを主張した聖徳太子と福沢諭吉が二人とも最近のお札の肖像画になっているというのも面白いですね。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > アジア1掲示板


フォローアップ:

ブッシュ:プロパガンダは私の仕事! [暗いニュースリンク]
http://www.asyura2.com/0505/war70/msg/861.html
投稿者 white 日時 2005 年 5 月 30 日 19:57:06: QYBiAyr6jr5Ac

□ブッシュ:プロパガンダは私の仕事! [暗いニュースリンク]

 http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2005/05/post_a2a5.html

ブッシュ:プロパガンダは私の仕事!

2005年5月24日にニューヨークで行われた社会保険改革キャンペーン遊説で、合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュは聴衆に向かって堂々と以下のように言ってのけた(source:White House):
http://www.whitehouse.gov/news/releases/2005/05/20050524-3.html

「退職しても心配することはありません---これを言うのは3回目だな(笑い)たぶん、もう3回は同じことを言うでしょう。まあ、私の職業では、真実を見えなくするために、同じことを何度も何度も繰り返し言い続ける必要があるんですよ。プロパガンダに注目させる感じでね。」(賞賛の拍手)

If you've retired, you don't have anything to worry about -- third time I've said that. (Laughter.) I'll probably say it three more times. See, in my line of work you got to keep repeating things over and over and over again for the truth to sink in, to kind of catapult the propaganda. (Applause.)

合衆国大統領のメチャクチャな発言に、なぜか賞賛の拍手を惜しまない聴衆。アメリカ国民の思考力は完全に麻痺してしまった!・・・と思うのは早合点である。税金を使った公共イベントにも関わらず、最近のブッシュ大統領の遊説イベントには、大統領支持者以外は入場できない仕組みになっている。

皮肉なことに、ブッシュが社会保険民営化キャンペーンで全米各地を遊説して同じ言葉を繰り返せば繰り返すほど、大統領のアイデアに反対する国民の数は増加している。
(注:社会保険の『民営化(privatization)』という言葉が、エンロン社破綻の際に社員全員の積み立て年金が台無しになった事件など、暗いイメージを連想させることから、ブッシュ陣営は、社会保険の『個人勘定化(personal accounts)』という言葉を使っている)

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争70掲示板


フォローアップ:

「心とドル」 米国の総力を挙げた対イスラム大攻勢 【後篇】 [アラブの声ML]
http://www.asyura2.com/0505/war70/msg/664.html
投稿者 white 日時 2005 年 5 月 25 日 09:16:55: QYBiAyr6jr5Ac

□「心とドル」 米国の総力を挙げた対イスラム大攻勢 【後篇】 [アラブの声ML]

 http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/message/602

「心とドル」 米国の総力を挙げた対イスラム大攻勢 【後篇】

【9/11から政府海外援助の首位機関の支出は三倍となり、半分以上はイスラム世界に向けられている】

(8/10ページ)

CIAだけが心をとらえるための新作戦を進めているわけではない。9/11以来、通常予算の増加によって、文化交流への支出は9/11以来40パーセント以上増え、130億ドル近くなったが、今後さらに増える予定だ。政府の新たなアラビア語放送サービス、ラジオ・サワとアルフッラATVは、評論家達からの非難が集中するなか、ある程度成功している。ラジオ・サワはポピュラー音楽の合間に頻繁にニュースを流すスタイルで、今や中東で最も人気の高い局の一つになっている。予想は様々だが、昨年のACNielsenの調査では放送開始から僅か半年のアルフラは、半ダースほどの主要アラブ諸国において衛星アンテナを備えた視聴者の間で、20パーセントから33パーセントにまで至っていることが分かった。アルフッラをヨーロッパで暮らすアラビア語話者も聴けるようにし、イランへのペルシャ語放送を進め、他の主要言語による番組を増やす新たな計画がある。

アメリカの新思想戦争の突撃専用部隊の多くは、CIAあるいは国務省からではなく、あまり目立たないアメリカ国際開発庁USAIDからやってくる。9/11から三年の間に、政府海外援助の首位機関の支出はほぼ三倍、210億ドルとなり、しかもその半分以上は今やイスラム世界に向けられている。これまであったような典型的な農業や教育支援に加えて、この種プログラムは旧ソ連邦の変化に拍車をかけ、政治家の教育や独立メディアに資金援助した。こうした助成金はますますイスラム教の集団に向けられるようになっている。

「マペット外交」
国務省、USAID或いは他の組織から得た記録から、9/11以来、最少24ヶ国にわたってアメリカの納税者によって資金供給されている一連の驚くべきイスラム事業が明らかになっいる。そのうち9ヶ国では、アメリカの援助金は、エジプト、パキスタンおよびトルクメニスタンの歴史的なモスクを含むイスラム教聖地の復興を支援している。キルギスタンでは、大使館の資金援助が主要スーフイ寺院の復興を助けた。ウズベキスタンでは、中には11世紀まで遡るものもある20冊のコーランのようなイスラム古美術写本を保存するために資金が使われている。バングラデシでは、USAIDは開発問題について、モスクの指導者を教育している。マダガスカルでは、大使館はモスク間のスポーツ大会の後援までしている。他に資金援助を受けているものに、少なくとも半ダースの国家で、翻訳書からラジオ、TVに至るまで、あらゆる種類のイスラム教のメディアがある。熱狂的な支持者達がマペット外交と呼んでいるもののように、はっきりとしたイスラム教の主題がないものも助成対象になることが多い。セサミ・ストリートのアラビア語版は、エジプトのTVでもっとも人気のある番組の一つになったが、リテラシーや衛生学に関する科目と並んで?番組は宗教的寛容の価値に焦点をあてている。この番組の主要スポンサーの中にはUSAIDがあり、年内に始まる汎アラブ衛星版にも助成している。

人口2.4億という世界最大のイスラム教国インドネシアほどその努力が注がれている国はない。この国は穏健なイスラム教の稜堡でありながら、それにもかかわらずいくつか急進的なイスラム集団を生み出しており、例えばアルカイダの分派で、20人が亡くなった2002年のバリ爆破事件の張本人であるジェマー・イスラミヤがある。USAIDはこの国の30以上のイスラム教団体に対する資金援助を背後からしている。計画には以下のようなものが含まれる。メディア制作、イスラム教説教師用ワークショップ、地方アカデミーからイスラム教大学に至る学校のカリキュラム改革。イスラム教と寛容にまつわるあるトーク番組は40都市のラジオ局に中継され、百以上の新聞に週刊コラム記事を送っている。助成金リストにあるものの中には、リベラルなイスラム教は民主主義や人権と両立することを示すような学術研究団体を育成しているイスラム教のシンクタンクがある。

(9/10ページ)

助成金は原理的には秘密ではないが、ある職員の言葉を借りれば「目立たないやり方で行われている」。アメリカ資金とのつながりが公然となることは、不安定な地域において事業の終末を意味し、そこで働く人々を危険な立場に追いやりさえする。事実、安全はUSAIDで働く人々にとって非常に重大な要素であるため、この機関は今はほとんど現地雇用に依存するようになっている。かつては何百人ものアメリカ人職員がいたパキスタンでは、今はわずか20人ほどしかいない。

USAIDが自分の功績であることを認めようとした場合ですら、反米感情のおかげでうまく行かないことがある。国務省の文化交流にかかわるパネルでのカイロ出張の間に、出張者達は日本がオペラ・ハウスを建ててくれたことをエジプト人がどれほど感謝しているかを何度も聞かされた。エジプトが二番目に多くのアメリカ援助資金を受け取っており、年間およそ20億ドルにも昇ること、そしてアメリカがカイロの上水道、下水道、及び電気設備に資金援助したことをエジプト人は殆ど知らずにいるように見えた。アメリカの資金は西暦642年に建てられたエジプト最古のモスクを水害から救ってもいるが、エジプトの役人達はUSAIDの赤白青の標識を建物の外側に飾りたがらなかった。いらだった幹部職員は自分達独自で文化交流部隊を作ることに決めた。あらゆるUSAID事業に情報専門家を同行させるようになろう。

聖戦戦士の将来世代を懸念している人々にとっては、伝統的なイスラム教の学校であるマドラサに何をすべきかは重大な関心事だ。9/11委員会は、昨年その最終報告書で、マドラサのうちでも最悪の施設に対し「暴力的な過激主義の孵卵器」というレッテルを貼った。世界銀行の調査によればマドラサの学生は、パキスタンだけでも500,000人近い。問題を解決すべく、アメリカの担当者達は様々な戦術を駆使している。中でも恐らく最も驚くべき計画はウガンダでのもので、これは大人数のイスラム教マイノリティーを対象にしている。昨年、大使館は三つのイスラム教小学校建設に資金援助をしていると発表した。「我々はマドラサ事業をやっているのですよ」とあるテロリズム・アナリストは気の利いた皮肉を言った。近くのアフリカの角地域で、アメリカ軍は心をひきつけることを狙ったモデル事業を運営しているが、これはなににもまして、マドラサと直接競合している。軍隊の将校達は過激派たちがどこで宗教学校を始めようとしているかという計画についての情報を収集している、と海兵隊少将のサミュエル・ヘランドはU.S. Newsに語った。「彼らはそこで、その地域を狙って、新しい公立の学校や地方のインフラを作るのです。」

シジフォス
至る所でアメリカの役人達は第三者を通して、こっそりと活動し、マドラサの教師達に、算数、理科、公民科、そして保健をカリキュラムに加えるよう教育している。最も野心的な計画はパキスタンにおけるものだ。この国では事に非常に敏感で、アメリカの資金援助と結びつけられるだけで、両親達が子ども達を学校に通わせなくしてしまうとUSAIDスタッフは言う。この役所は、私的財団やパキスタン文部省を通して「モデル・マドラサ」計画と呼ぶ、最終的には何千もの学校を対象とすることになるものを推進している。こうした関与に線引きをするのは困難だ。1月に、当地のアメリカ大使館は、パキスタンの最も反抗的な地域にある多数のマドラサや他の学校にインターネット・アクセスを提供するための100万ドルの契約を突然中止させた。理由は、一人の過激派分子の逮捕がある学校と関係していると誤解されたためだった。

(10/10ページ)

アメリカの納税者からの金は、イスラム教ラジオ、イスラム教TV、イスラム教の学校、モスク、記念碑へと流れ込んでいる。この戦略は物議を醸しやすいと考える幹部がいて不思議はない。USAIDのスタッフは、あらゆるグループを支援し、助成金が非宗教的な活動に向けられている限り、宗教的組織への資金援助も許されると主張する。「私たちは我々の事業を「国教条項」に従って進めています」とUSAIDのスポークスマン、ジェフリー・グリエコは、米国憲法修正第一条の教会と国家の分離に触れて語っている。しかしながら法律専門家の中には、アメリカの裁判所が税金は宗教を支援するために用いられてはいないことを見いだすとしても、アメリカがイスラム教への関与を深めていることが合法的なのかどうか疑問視する向きもある。「我々が、これをするのは恐らく憲法違反でしょう」とアメリカン大学憲法学教授ハーマン・シュワルツは言う。1991年、シュワルツとアメリカ市民自由連合は、海外にある20のカトリック教とユダヤ教の学校へのUSAIDの資金援助を止めさせる訴訟に勝利した。「けれども、それも大昔の話のようです。今だったら、そうした訴訟を皆が支持するかどうか分かりません。」シュワルツ氏はそう言い添えた。

時代は確かに変わったのだ。我が国の高官達は、イデオロギー上アメリカ最大の敵は高度に政治化した過激なイスラム教の姿で、ワシントンとその同盟者達はもはや傍観している余裕はないと確信しているかに見える。政権がいよいよ思想戦争遂行に肩入れを始めたというさらなる証は、先月大統領が長らくコミュニケーション顧問を勤めたカレン・ヒューズを、国務省の文化交流担当新次官として指名することで明らかになった。海外経験こそ無いものの、ヒューズのコミュニケーション能力は実証済みで、重要なトップとの直接のパイプも持っている。ホワイト・ハウスは、国家安全保障会議に、新たな職務、戦略的コミュニケーションと世界アウトリーチに関する国家安全顧問代理を発表する予定で、その職務は官僚主義を実行に駆り立てる役目である。

注力の結果、既に成果は生まれつつあるように思われる。アメリカ軍が率いた津波被害救援活動の後で先月行われたインドネシア人の投票では、アメリカを嫌う割合は、忌まわしい83パーセントから54パーセントへと大きく後退した。ビン・ラデンに対する支持は、それとは対照的に半分以下に減少した。とはいえ、これからの道はたやすいと考えるのは愚かしいことだ。情報戦のベテラン達は現在投入されている資金はまだ不十分だと言い、新たな会計検査院の調査でアメリカの文化交流戦略にまつわる一連の問題に脚光が当てられている。国務省のヒューズの前任者、国務次官補代理パトリシア・ハリソンは、時に、けわしい坂道で巨礫を永遠に上に持ち上げ続ける憂き目にあわされたギリシャの王シジフスの様に、その巨礫を再び下に転げ落とさねばならないかのように感じることがあるとU.S. Newsに語った。ハリソンは言
う。「ワシントンが学ぶべきことは冷戦時代にあります。世界の問題は我々にとって重要で、アメリカは常時関与し続ける必要があるのです。決して勝利宣言はありえません」彼女はそう警告する。「これが歴史の終わりだと宣言して、帰国するということはしません。我々の任務は、巨礫を上へ上へと持ち上げ、投資を続け、関与を継続することなのです。」

協力:アーミル・ラティフ、ケヴィン・ホワイトロー及びジュリアン・E・バーンズ
http://www.usnews.com/usnews/news/articles/050425/25roots.htm

アラブの声ML 齊藤力二朗
http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/


 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争70掲示板


フォローアップ:

ファルージャから届いた話 イラク情勢ニュース
http://www.asyura2.com/0502/war67/msg/101.html
投稿者 木田貴常 日時 2005 年 2 月 10 日 18:52:17: RlhpPT16qKgB2


 URUK NEWS イラク情勢ニュース> 占領への抵抗 2005 

ファルージャから届いた話
Stories from Fallujah
http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/2005Stories_from_Fallujah.html

Dahr Jamail's Iraq Dispatches
ダール・ジャマイルのイラク速報
2005年2月8日
http://dahrjamailiraq.com
 ここに紹介するのは、ファルージャの瓦礫(がれき)の中から、何年間も出現しつづけるであろう話である。何世代もではないだろうが・・・。

 その医師は、匿名という条件のもとで、アンマン(ヨルダンの首都/訳註)にあるホテルの一室で私と同席した。彼はここで難民となっている。イギリスの支配下にあったファルージャで目にしたことについて、彼は話をした。そこは今、もし彼がイラクに帰ったなら、米軍による恐怖に支配されている。

 「記憶を呼び覚ますために、二度の包囲攻撃の期間、ファルージャで起こったことについての話を始めました。アメリカ軍は私の家に三度も襲って来たのです」と彼は言った。早口で話されたので、私はついていくのにやっとだった。彼はファルージャ市内で働いていた医師として、自分が見たことから話をし、私に話したすべての証拠となるビデオと写真を持っていた。

 「私は12月末に、イギリスの医療・人道支援の車列と一緒にファルージャに入り、1月末まで滞在しました」と彼は説明した。「しかし、私は住民と一緒に働き、彼らが必要としているものを確認するために、前にもファルージャにいたことがあるので、12月の初めからそこにいたわけです」。

 彼が何を目にしたのか、そして12月に最初にファルージャに入ったのはいつなのかを尋ねると、彼はツナミ(津波)が市を襲ったようだったと答えた。

 「ファルージャの周囲には難民キャンプが配置され、人々はそこでテント生活や古い車のなかでの生活を送っています」−−彼は説明した。「パレスチナ難民のことが思い出されました。寒さのために咳(せき)をするこどもたちを見かけましたが、そこには医薬品はありません。ほとんどの者が何も持たずに家を離れて、お金もないし、人道援助だけでどうやって生活できるでしょうか?」

 ファルージャの北側にある難民キャンプの一つでは、7個のテントに1200人の学生が住んでいた、と彼は言った。

 今回の包囲攻撃によって引き起こされた災厄は、1回目の包囲攻撃よりもずいぶんヒドイ」と彼は言い、例として一つの話をしようと言った。

 「話は16歳になる少女についてのものです」−−彼はこう言って最近ビデオに収録した証言の一つについて話した。「彼女は自宅で殺害された家族の死体と一緒に、三日間を過ごしました。兵士が入ってきたとき、父親、母親、12歳の弟、2人の妹と一緒に家の中にいたのです。その兵士が入ってくるや、何も言わずに、母親と父親を射殺するのを彼女は目撃しました」。

 少女は弟と一緒になんとか冷蔵庫の背後に隠れて、最悪の戦争犯罪を目撃することになった。

 「彼らは2人の妹を殴りつけ、その後、頭を撃ちました」−−と彼は話した。このあと、彼女の弟は怒って、叫びながら兵士の方へ走りだしたために、兵士たちは弟を射殺した。

 「彼女は兵士が去ったあとも隠れて、妹たちと一緒に家にとどまりました。2人の妹は、血を流していたけれど、生きていたからです。彼女は恐くて助けを呼ぶことができませんでした。兵士たちが戻ってきて自分も殺されるのを恐れたのです。彼女は水も食料もないまま、三日間、家の中にいました。たまたま米軍の狙撃兵が彼女を見つけて、病院に連れていきました」−−医師は彼女の全証言を収録したフィルムがあると付け加えた。

 彼はさらに、包囲攻撃のあいだ自宅にいたある母親から聞いた別の話をした。−−「包囲攻撃の5日目、彼女の家は爆撃され、屋根が息子の上に落ちて、彼の足を切断したのです」−−彼は足を切る仕草を手でしながら話した。「何時間ものあいだ、彼女は外に出ることができませんでした。なぜなら、通りに出る者は誰であれ射殺されるだろうと彼らは宣告されていたのです。それで彼女にできたことは、息子の足をくるんで、目の前で死んでいく息子を見つめることだけでした」。

 医師は一休みして深く息をしてから、また話を続けた。−−「私に言えることは、ファルージャは津波に襲われたみたいだということです。包囲攻撃のあとには、大勢の家族がいなくなって、すべてを失っていました。被災のほどは、あなたの想像を超えていました。米軍が私たち住民を市内に戻したとき、住民は毛布を探し求めるのに必死になりました」。

 「私の同僚の一人であるサレハ・アルサウィは、彼ら米兵について、ひじょうに腹を立てながら話をしていました。彼らが包囲攻撃の最初に病院を襲ったとき、彼はその主要病院にいたのです。彼らは医師たちが患者の治療をしているとき、手術室に入ってきました。彼は麻酔医だったので、手術室にいたのです。彼らは軍靴のまま入ってきて、医者たちを殴りつけて連れ出し、手術台の上の患者を死に至らしめたのです」。

 この話は、既に、アラブ・メディアでは報道されている。

 医師は私に、包囲攻撃の第1週に起こった、ハイ・ナザレ医院への爆撃のことを話した。

 「この医療施設には、私たちが持っていた外国からの援助物資と医療機器のすべてを収納していました。彼らがここを爆撃しないよう、私たちは彼らに通知していたので、米軍の全指揮官がこのことを知っていました。しかし、ここは爆撃された医療施設の一つとなり、しかも包囲攻撃の第1週に、彼らはここを2度も爆撃したのです」。

 そして彼はつづけた−−「もちろん、彼らは全部の救急車と医者を標的にしました。このことは誰もが知っています」。

 彼と何人かの医者たちは、以下のできごとに関して米軍を訴えようとしており、そのために証拠となる証言をテープに収めている−−彼は私に話した。

 私はバグダッドにいる幾人かの避難民からも、同じような話を聞いている・・・包囲攻撃がまだ続行中だった11月末のことだが。

 「包囲攻撃の第2週には、彼ら(米兵)は市内に入ってきて、全家族は自宅から去らなければならず、白旗をかかげて、通りの交差点まで来るように、とアナウンスしました。米軍は住民に家を去るまで72時間の猶予(ゆうよ)を与え、その後は、敵とみなされるだろう、と」。

 「7歳を年長とする子どもたちと親類も含めて12人のある家族の証言を、ビデオを添えて文書化しました。−−彼ら(この家族)はさっきのアナウンスを聞いたので、持てるだけの食料とお金を持って、そして白い旗を手にして、家を出ました。彼らが一族の集まっている交差点に来たとき、誰かが英語で「今だ!」と叫ぶのが聞こえ、そして射撃があちこちで始まったのです」。

 証言をした若い男性によると、この家族は、指示されたとおりに、全員が白い旗を手にしていた。それでも彼は、母親と父親が狙撃兵に撃たれるのを目にした。母親は頭を、父親は胸を撃たれた。彼の2人の甥(おい)も撃たれ、それから彼の兄弟も首を撃たれた。男は、地面から起きあがって助けを求めて叫んだとき、彼のすぐそばに弾丸が飛んできた、と証言した。

 「何時間かが過ぎて、彼が腕をあげて助けを求めると、彼ら(米兵)は腕を撃ちました」と医師は話を続けた。「それで、しばらくして今度は手をあげると、彼らは手を撃ったのです」。

 その家族のなかの6歳になる男の子は、両親の死体のそばに立って泣いていたが、彼もまたその後に撃たれた。

 「起きあがると、誰であれ撃たれました」と医師は続け、さらに負傷した生存者を射撃している写真のほかにも、彼は死者の写真も持っていると話した。

 「暗くなってきて、私に話をしたこの男性といっしょにいた数人が何とかその場から這(は)いだすことができました。彼の子どもと、義理の姉妹、妹です。彼らは建物まで這って、そこに8日間いました。1杯の水を持っていたのは、子どもにやりました。彼らは料理用のオイルを傷口に塗り、ナツメヤシと根菜類を見つけて食べました」。

 彼はここで話をやめた。濡れた外の通りを車が走り、水がタイヤの下で音をたてるのを機器ながら、彼の目は室内を見回していた。

 彼は1月末にファルージャを離れたというので、私は最近のファルージャはどんな様子だったか尋ねてみた。

 「今では、おそらく住民の25%が戻ったでしょう。しかし、市内にはまだ医者がいません。今のファルージャでは、あらゆるアメリカ人に対する憎悪がひどいのですが、あなたは彼らを非難してはいけません。検問所での屈辱が、住民をいっそう怒らせる一方なのです」と彼は言った。

 「振り返るだけでも、アメリカ兵とイラク人兵士の両方から警告され、撃たれる−−それを私はその場で目撃しました。・・・ある男性がそのようにして、イラク兵は彼に屈辱を味あわせようとしたとき、その男は近くの兵士の銃を奪って、2人のイラク兵を殺しました。もちろん、その後で彼も射殺されました」。

 医師はこう話した−−彼ら(米兵およびイラク兵)は時には住民を何時間も列に並ばせ、米軍はその状況をプロパガンダ用の映画に編集したりする。

 「私はそれがメディアで放映されているのを見たことがあります。またファルージャの北側の検問所では、1月2日、米軍がファルージャに戻る家族に200ドルを支給していました。そうして彼らは、列をなしている市民をフィルムに収めるのです・・・実際には、そのとき、ファルージャに戻る家族は誰もいなかったのに」と彼は言った。私の同僚が1月にファルージャで見たことを話してくれたが、私はその話を思い出した。そこでは、CNNのクルーが米軍に付き添われてやって来て、小道具がわりに動員された道路清掃人と、子どもたちにキャンディーを配っている兵士が撮影されたのだった。

 「あなたは憎悪が生みだされていることを理解しなければなりません・・・それは私自身を含めて、イラク国民がアメリカ政府とアメリカ国民を区別することをいっそう難しくさせているのです」と医師は私に告げた。

 彼の話は、他にも数え切れないほどある。

 「私の従兄弟(いとこ)はファルージャの貧しい男です」と彼は言った。「彼は妻と5人の娘と一緒に暮らしていて、自宅から歩いて仕事場に行き来していました。2003年の7月、アメリカ兵が彼の家に侵入してきて、彼ら全員をたたき起こしました。彼らは家族を一室に集め、家族の目の前で従兄弟を処刑しました。あとは、彼らはそのままにして去りました」。

 彼は一呼吸おいて、両手をふりあげ、そして質問した。「さあ、この家族はアメリカ人にどんな感情をいだいているだろうか?」


 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争67掲示板


フォローアップ:

「嘘は大きければ大きいほど良い」バルセロナよりを込めてさんの投稿へのレス
http://www.asyura2.com/0502/war66/msg/467.html
投稿者 戦争屋は嫌いだ 日時 2005 年 1 月 22 日 08:01:04:d/vusjnSYDx0.

だいぶ下にいってしまったのでスレッドを改めさせていただきました。

------------------------------------------------------------------

この田原なる記者のメンタリティはそのままインテリ層も非インテリ層も含め、日本人の中核的メンタリティといえるでしょう。安っぽいカビが生えたような帝国主義思想というか、要は「俺の物は俺の物、お前の物も俺の物。文句があるならかかってこい。腕力なら負けねえからな。」でしかない、くだらんガキ大将の論理(「ドラえもんのジャイアン」の論理ということでジャイアニズムとでも呼びましょうか)の下で何百万人もの人命が失われようとしているのに、「ネオコンも苦労してきた」んだから大したもんなんだ。少しは認めてもいいんじゃないかてなもんです。こんな低級な文章を書く人間が一人前のジャーナリスト面をしているのですから、へそが茶を沸かしますね。苟もジャーナリストであれば罪のない人々の命が危険に晒されていることに対して、純粋に怒りと同情がわき上がってこなければそれこそウソです。

第一ネオコンが苦労してきたは、絶対にウソです。ネオコンの存在というのは断言してもいいですが、主体ではなく客体です。企業に勤めた人だったらある程度は感覚が分かると思いますが、経営者が自分の無理を通したい時は大抵、「長期経営戦略」とか「5カ年経営計画」なんてものをでっち上げて格好をつけるのです。(場合によっては社長が専務を切りたい、なんて時も「経営計画で専務の担当分野は将来性がないことがはっきりしたので投資をストップする」なんて使われ方もあります。)でも経営者は忙しいし、ちゃんとした文章が書けるような頭のない(その代わり権力欲と物欲を追求するエネルギーは人一倍である)人間が多いので、それを社外の経営コンサルタントにやらせるのです。社外の「権威」の作文の方が社内を説得し易いからです。

ネオコンは権力の主流(軍産複合体・石油・エネルギー資本を統括する金融資本だと見ればほぼ間違いないでしょう。ただ日本などと違って英米の場合はかなり限定された個人に権力が集中している可能性が強い)から委託されて、シナリオを書いただけでしょう。だいたいが思想・哲学などといえる代物でないのは上述の通りです。変な辻褄合わせと数字合わせに長けた小利口な秀才(鬼婆ライスなど全くこれだが、こういう我利我利亡者が権力の補佐をやっているのは今に始まったことではなく、マクナマラなどもこのタイプの典型であった。)ばかりで哲学などと呼べる内容のものが出てくるはずがない。むろん生活の保障以上の金銭的・世俗的な栄達が約束された上での作業であったことは言うまでもありません。相手は桁外れの億万長者なのですから。まあ活動資金ということでスイス銀行に100万ドル単位で振り込まれていたに違いないのです。

歩けばいいのに車に乗るから、原油を収奪する必要があるし、食べなければちょっとは痩せられるのに、馬鹿みたいに牛肉を食らうからますます醜く太ってアホになっていくアメリカ人。連中がさらに肥え太って、2億5千万総心臓病・糖尿病・狂牛病への道をまっしぐらに進むために中東を侵略して大量殺人を挙行することに、最低限の良心の痛みというか、馬鹿馬鹿しさを感じるだけの感性と知能があるかどうか、それだけのことです。

「彼らが強いのでなく、我々が弱いのだ」というのも一見正論ですが、はっきり言って組織されていない市民が何十兆という財力と国家権力を背景にした連中に適うはずがないのです。そこでゲバ棒か何かを持って立ち向かうというのも悲壮感にあふれていて結構ですが、所詮はドンキホーテです。私も含めて一般の市民にそんな勇気を要求されたって、土台無理な話なのです。口では反戦、反戦と随分景気のいいこと言ったって、その当人が米国債を売っているなんている笑い話だってあります。はっきり言ってイラクの民衆に同情は惜しみませんが、だからといって一つしかない命を投げ出す覚悟がないとはいうに及ばず、危ない目にあうのも勘弁して欲しいというのが実感です。それが普通の人間だと思います。それを責める資格など誰にもないと思います。できることはイラクの大衆のために本当に使われそうなチャリティに貧者の一灯を捧げるくらいのことですが、やはり何と言っても一番大切なことは、後生の人々のためにも少しでも真相を暴いて世の人々に知らせ、記録に残すこと。これに尽きると思います。だからこそ阿修羅は価値があるのだと思います。

 次へ  前へ

戦争66掲示板へ


フォローアップ:

[掲示板LOGの目次]に戻る

free counters