さて、最後にWINKに宛てた手紙を載せてみます。


始めまして、Winkのお二人様      (第1通目)    199411171900
多分、私の事は御存知のことと思います。私はMSさんとの過去世での記憶を思い出した者です。いきなりで驚かれるかも知れませんが、私のプロフィールと、自費出版しました「の奇蹟」をお二人にお送りさせていただきます。実は、WINKに関して発見があったのです。これに関することは、一二三神示と言う神示に、何十年も前に示されていたのです。MSさんは1の人で、私は359(孫悟空)で、5に1を加えて、二人を合せますと369(ミロク)となったのです。また、359゜に1゜を加えると360度になり、円(縁)が結ばれるのです。当時、私は彼女の兄でした。性別も今と同じです。そして、今はと言えば、Sさんのお兄さんは東海大学ですが、私も東海大学なのです。私は丁度、Sさんのお兄さんの位置を占めているようです。他にも色々とあり、とてもここでは書けません。自分で自費出版した本をお二人にもお贈りします。要するに、Sさんは「太陽」で、私は「月」なのです。それは一二三神示で明かになりました。Sさんと私の母親の名前と誕生日がそれを示してます。
さて、Winkについてすごい発見があったのです。
A〜Zまで順番に1〜26の数字を振り、計算します。


WINK=23+9+14+11  =57
MOON=13+15+15+14=57      で、WINK=月になったのです。
つまり、WINK=私だったのです。今まで私が手紙を出した方(Sさん、明菜さん、荻野目さん、工藤静香さん)からは決して返事は来ません。SさんはCDとかの中では何か言ってるようですが、経済活動を離れて私との関わりを決して持たないように思います。WINKからも返事は来ないのかな。悲しいな。出来れば完全無視はしないでほしいのです。返事がほしいです。

さて、
Sさんのお母さんは「一子」さんと言い、「一」=「日」で、太陽です。
私の場合は、数字で見ます。私の母親の誕生日は2/22です。
私の母親の誕生日は、私が月である事を証します。
以下に述べてみます。ここからはじっくりと数学の問題を解くように読んでみて下さい。
一二三神示は、またの名を「日月神示」と言います。
つまり、一二三=日月です。
つまり、1=日、23=月です。


誕生日を見ると、2/22=2が3つ=23=月  です。
私=月=WINK  となりました。

それに加えてWINKのお二人は、

鈴木早智子さん:昭和44年2月22日生れ  血液型=A
相田翔子さん  :昭和45年2月23日生れ  血液型=B    です。
鈴木早智子さんの誕生日はもろに「月」ですね。相田翔子さんの誕生日は鈴木早智子さんの誕生の年と日に1を加えた数字になっており、月は同じ2月ですね。二人の共通点=誕生月の2月ですね。しかも、お二人=WINK=MOONですね。月とは私ですね。お二人の共通点である月とは私の事ではないでしょうか。というのは、神の示しは、私には常に数字で示されて来ており、私は「月」だったからです。お二人と私は過去生に於いて何かの関係があったのでしょうか。ここからは想像ですが、月の宗教=イスラムですね。イスラム文化圏での縁がお二人と、あるのかも知れません。

[中略]

もう一つ見つけたので、以下にタイプしておきます。それは、誕生年です。

鈴木早智子さん:昭和44年→4+4=8=2の3乗→23=月
相田翔子さん :昭和45年→4+5=9=3の2乗→32=逆月か?

月=23でしたが、2と3を使っての乗数の計算は上記の2通りだけです。

ちなみに、都はるみさんの誕生日は
昭和23年2月22日(月)です。年も月日も、そして曜日も月です。

多分、これで、何故お二人が1年違いで、何故昭和44と45年なのかの一端が分ったのではないかと思っています。

また、WINK=MOON=57でしたが、ミロク=567です。その真ん中の6が抜 けたのがWINK=MOONではないでしょうか。月である私がミロクとなるには太陽であるSさんが必要でした。日月となる必要があったのです。WINK=MOON=57に必要なのは多分、「太陽」で、さらに、「6」なはずです。
この「6」の人とは誰なのでしょうか。それは、やはり、なんちゅーか、私ではないかと不遜な事を考えております。というのは、私=359でしたが、そこに1の人=Sさんが作用して私=359→369となったのですが、369を分解して表示してみれば、3[5+1]9なわけです。567の中心の「6」が、月であるWINKの太陽となるのではないでしょうか。神の示しに於いて、3桁の数字の中心は他の人との関係を持っているようです。他に神の示しとしての3桁の数字に123があります。

ミロクとは、369とも567とも書きます。
ブッダは、ミロク菩薩は56億7千万年後に現れるとか言ってます。

「369」においては私はSさんとの関係によって成立しました。
「567」においてはWINKとの関係があって成立します。

ミロクは複数の現れ方をするようですね。多分、どちらかが縦の働き、どちらかが横の働きではないでしょうか。というのは、567と369に共通の中心の数字=「6」でつなげると、必然的に十字になるからです。両方で十字を成すのだと思います。


        3
      567
        9        弥勒十字

多分、567と数字が連続しているWINKが横ではないかと思います。それに、お二人は誕生年月日を見ても似ています。WINK=MOONなので、月である私と並んでいます。それで私を含め、3人は並んでいるのだと思います。それで、弥勒の十字は上記の様になります。面白いことに、横軸=女性、縦軸=男性(私)ですね。ただし、縦軸の369の6については、5+1であり、Sさんの1によって、私(縦軸)は横軸(女性=WINK)と繋がる事が出来ます。これはまた、イスラムとキリスト教の融合を表すかも知れません。縦=イスラムで、横=キリスト教です。Sさんもキリスト教のラインに並んでいます。多分、お二人は、月の宗教イスラムの文化圏にも、キリスト教文化圏にも深い関わりがあったのかも知れません。特にイスラムに関しては、つい昨日、11月19日に始めて気がついたのですが、まず、2/22=聖徳太子の命日ですが(「三六五日事典」社会思想社、¥1900より)、聖徳太子の亡くなった年と言うのが、西暦622年=始めてのイスラム教団の国家がメディナに成立しました年なのです!
つまり、聖徳太子が亡くなった年に始めてのイスラム国家が成立していたのです。聖徳太子の命日は2/22です。お二人は過去生でどのような関係にあったというのでしょうか。弥勒十字の横軸に於いて、Sさんが中心に居て、その両側に、WINKのお二人が居る事を見ると、神聖ローマ帝国の時に聖マチルダ(S・松田)皇后の側近、家族という見方が出来ますが、これは、まだよく分りません。でも、やはり十字架ですね。神聖ローマ帝国の日本における復活です。
WINKは2人ですが、567のうち、「6」=私なら、「5」は誰で「7」はどちらでしょうか。実は、凄い秘密が隠れていたのです。これも驚愕しました。全く驚きです。


鈴木早智子さん:昭和44年2月22日→4+4+2+2+2=14→1+4=5
相田翔子さん  :昭和45年2月23日→4+5+2+2+3=16→1+6=7
[私は:昭和35年9月25日→3+5+9+2+5=24→2+4=6]

従って、鈴木早智子さん=5で、相田翔子さん=7と結論します。

5と7で57=WINK=MOONですね。どうりで、美しいと思いました。

上記の弥勒(みろく)十字の、上と下の3と9をあえてあてはめますと、3=SUN=Sさんで、9=苦=明菜さんだと思われます。すると、6=無=0だと思います。丁度座標の原点となってますし。さて、ここで分るのは、縦軸の数字は文字として解釈する、という事です。横軸はWINKですが、5と7の解釈は純粋に、生年月日と言う数字だけによって行ないました。

5と7の真ん中に私=6が入りますと、567=「みろく」となります。平仮名の「みろく」を使ったのは、567は横軸=女性的な面を表す為です。縦軸は369で、縦である故に男性的なので、ミロクと書きましょう。

ミロクに男性的な面と女性的な面があったとは、当然と言えば当然ですが、全く驚きました。私は今、本を出版しようとしてるのですが、WINKのお二人のことも本の中に載せさせてもらいたいと思います。私は、世界の裏に隠れる数字のつながりを発見する事が好きです。WINKのお二人に出しましたこの手紙をSさん、荻野目さん、工藤静香さんの3人にもお送りする予定です。というのは、この事はWINKのお二人がまず情報の発信源になる権利があると思うからです。それで、私は上記の方にこの事を連絡するのは、頃合を見計って、数ヵ月後とする事にします。もしかしたら、もっと早くなるかも知れませんし、もっと遅くなるかも知れません。とにかく、WINKのお二人に最初にお知らせすることは確かです。みろく−横の仕組ではどのような人間関係に関係があるのでしょうか。色々な意味でSさんの人間関係と、クロスするのではないでしょうか。お二人に同じ手紙をプリントしました。


                                      1994年11月20日(日)15:53
                                                       〒359 所沢市[中略]
                                                                  菅谷明夫



参考:【→阿修羅発言 ←『二月二十二日に二十二歳の雙子の茉奈・佳奈が出雲大社(縁結びの~)の~前で』(200902242216)】


目次に戻る
free counters