27
 アガルタの宮使い
 釜石の山 中程よりきたりて
 笛の音にて其方 呼ぶ

 この言葉 縦糸とせよ

 十字の形に組んだ足
 未だ覚めやらぬ街々の四隅に
 うずくまる 者々

 この言葉 横糸とせよ

 さて スパスシフィカは浮上の用意 既に終わり
 満天の空の下 大なる十字の下に小なる十字の回転を
 始めようとしている

 蟹星の満つる時 其方達この衣を着け
 この言葉を剣と薔薇に変える術を学ぶであろう

 常に伝え続けている様に、この事々を行うのは
 其方達である

 炎の力 光の力
 闇に紛れて走る者共を 銀の月の粉で捜せ

 幸いなるかな 在りて在る御方はその月にて
 見守っておいでである


 1986-5-28

戻る