以下は、チラシの表面に印刷した文章です。

宇宙人(異星人)は地球に来ている/表面

 現在、地球には数千、数万機の宇宙船(空飛ぶ円盤)が訪れている、にも拘わらずほ とんどの人々はその事実に気付いていないばかりかその事実を、「荒唐無稽な事」とし て否定したり、非難し真実に対し自ら目を覆い、自己の殻に閉じこもっているのが現状 である。

異星人来訪の目的

1.地球人類の意識向上について忠告

 人類は科学の発達に依り、宇宙時代を迎えたにも拘らず、精神的・霊的意識の発達が極めて遅いために戦争という破壊行為・人種差別・残虐行為等が平然として起っている。この様な状態は人類進化の本来の姿から見れは極めてアンバランスであり、且つ異常である。従ってこの状態で文明が進むならば終局的に”人類滅亡”という危険な事態をまねく可能性が濃厚であることを異星人達は憂い、今こそ人類一人びとりが自己の意識向上拡大(人類は皆兄弟であること、他の星から異星人が来ていること、意識的意識等)のために誠心誠意努力しなければならない時であることを忠告している。

2.自然の変化と地球変貌こついて警告

 この銀河系宇宙は宇宙放射線の強い領域に向って移動しているという。(最近ソ連の惑星間ロケットが宇宙放射線の増大を確認)そのためこの太陽系にもその影響が現われつつある。特に地球は衛星1個のため不安定であり、その影響も大きく受け、天変地異の如き大災害が必ず起きるという。さらに人工的震動、つまり核爆発如きは地核変動の時期を早めたり、増大させる原因になることを異星人達は自然の変化(地震・火山爆発・異常気象・海流変化等)と核実験等を常時観測しながら地球の人々に警告している。

3.原子核破壊について忠警告

 異星人達は地球の科学者が原子核破壊という誤った知識を身に付け、核破壊エネルギーを戦争という破壊行為に用いていることを深く注目し、人類が核エネルギーをもて遊んでいると、地球は木端微塵に破壊し自滅してしまう恐れがあることを人々に警告するためである。異星人はさらに”原子破壊は宇宙の破壊と同様で、自然の秩序を乱すものであり、その目的が平和的利用であっても決して好ましくない。人類は原子核破壊エネルギーの本質を正しく理解し唯ちに核破壊を中止すべきである”と忠告している。

”異星人の忠警告に耳を傾けようではないか。地球のため、人類のために”

 それではなぜ彼らが表立った行動をしないかというと、地球の進化は、地球人自身で行うべきだからである。だから我々地球人が真理に目ざめる必要が地球の将来のためにあるのである。
 現在のような状況下にあっても、多くの地球人が望んでいないときに彼らは一方的に伝えることはできないのである。地球文明にとって他惑星文明との交流は、広い視野をもたらすだろう。
 そして現在の状況をつくり出した唯物主義から解放され、より生命的な暖かい発展の道を見出し、宇宙的な文明が始まるだろう。

以下は、上記のチラシの裏面に印刷した文章です。この裏面の文章は、高校を卒業したばかりの自分として、単語の使い方や「が」や「は」の使い分けとか、文章が潜在意識に与える印象などを全て考え尽くす校正を加えた文章です。この、裏面の文章の校正には確か20日かかりました。(200201182342) このチラシは約15,000枚×2回=30,000枚を配布しました。防衛庁近辺で(感じとしては)1,000枚程度、国会議事堂周辺で(感じとしては)1,000枚程度、残りのほとんど全部は東京都小平市内(私が小平市に住んでいた為)の数万戸の家庭のポストに投函しました。その中には、たま出版編集社長の韮澤氏の御自宅(当時は萩山に住んでいらっしゃいました)も含まれておりました。まだ残っておりますので、御希望の方はメールなどで言っていただけば、無料で郵送可能です。(200201262317)/裏面

 する兄弟たち。人間は人間に生まれ変わります。肉体は衣服の様に幾度も着替えられます。なすべき最重要事は意識的意識で生きることです。自然はうまくできてるもので、ごく自然であれば自然でないものが自分の中からなくなっていくのです。「自然」が私連を導いてくれるのです。意識的意識は「内なる自然」の知覚です。これは4感及び肉性的触覚を越える知覚です。意識的意識の知覚によって内なる自然すなわち神に到達することで全ての肉体的精神的病の原因が除去されていきますし、今まで我々が探し求めていた充実感、全ての解答や目的、宇宙と人間という意味を知るはずです。全ての意味を包括する意識的意識を体験するには「果して自分はここに存在しているのか」と、実存を「求め」て下さい。周囲にある全てをまるで自分自身であるかのように感じ続けてみて下さい。深い実感を感じることが大事なのです。知覚範囲が広がり、いわゆる超能力も自然に発達してきます。幼い頃のフィーリングが戻って来、毎日が楽しくなり、見慣れたものが新鮮に見えたり、今まで単に物質だと思っていたもの全てが意識を持つことに気づいたり等の経験をなさるでしょう。そして複雑な世界(観念)を離れて単純明快な世界(実感)に生きるでしょう。そして段々と思い込みの世界を離れ実存の世界に分け入っていくでしよう。すると今まであなたの肉体細胞群に蓄積されていた緊張(ストレス)が発散されて筋肉がピクピクと動きます。そして緊張がほぐれていき大脳は段々ストレスから解放され自然治癒力が増大して肉体は浄化され実感が得易くなっていきます。そして魂は肉体的な源(ストレス)から来る想念群から解放されて利己的な考えが起らなくなり純粋になっていきます。なぜなら利己的な、感情と想念の源はストレスだからです。この解放感は空中にふわふわ浮いた様なリラックス感覚として体験されます。やがて全ての想念から解放されるときには深い谷底へ落ちていく様な、吸い込まれていく様な感覚を体験し、最後まで行くと「自分」という個別的限定感は消え、全ての思いは消威し、無限の彼方へ広がる意識の海を感じるでしょう。これを何回も体験していくといつか最後に「自我の死」がやってきます。この難関を乗り越えると過去の生まれ変わりの記憶を思い出すはずです。そして、時間という幻から解放され、永遠に生きる自分を見出すそうです。その様にして自己の存在の秘密を知ったとき、人生という不思議な夢から覚め、我々は宇宙の中に住む人となるでしょう。他惑星人から地球人を通じて与えられた知識を含んでいる本や、有益な本を御紹介しておきます。

「宇宙哲学」 たま出版 ¥750
「生命の科学」 文久書林 ¥700
「テレパシー」 文久書林 ¥550
「存在の詞」 めるくま−る社 ¥1,600
「超次元」 二見書房 ¥620
 この会の活動方針は宇宙の兄弟達(異星人)の来訪目的を人々に知らせると共に、彼らからもたらされた宇宙真理及び自分自身の理解を深め、自己の意識向上を図る事を目的としています。

〒486 知県春日井市********* 「宇宙友の会」















































目次に戻る
?jchiras

free counters