人類の集合意識の中で起きていることと、物理的世界の中で起きていないこと

●The Council via Ron Head, July 5th, 2019
https://sananda.website/the-council-via-ron-head-july-5th-2019/
"What we wish to point out to you is that you are sitting in an environment of vast change. This has never, in fact, happened on this scale where you are. It will be some time yet before the extent of what we are speaking of can be fully understood, but it is happening. It is happening now. This gives you an unprecedented opportunity."
『私たちがあなた方に指摘したいのは、あなた方が大きく変化する環境の中に座っているということです。これは、実際問題、このような規模であなたがいるところで起きたことがありません。私たちが話していることの範囲が完全に理解できるようになるにはまだしばらく時間がかかりますが、それは起こっています。今起こっています。これはあなた方に前例のない機会を与えます。』

●Breaking the Ceilings and Releasing a Divine Sealing
https://eraoflight.com/2019/07/06/breaking-the-ceilings-and-releasing-a-divine-sealing/
"This week I heard the Lord say “I AM BREAKING THE CEILINGS AND RELEASING A DIVINE SEALING!!!”"
『今週、私は主が「私は天井を壊し、神の封印を解き放ちます!」と言われるのを聞きました。』

"I heard the Lord say “What I have been speaking over My people for years is now manifesting SUDDENLY!!!”
The word ‘CULMINATION’ surrounded me strongly that this is the divine moment of CULMINATION of things the Lord has been speaking and promising for years are NOW SUDDENLY all coming together at once."
『「わたしが何年もの間わたしの人々について語ってきたことが今や突然現れているのです!」と主が言われるのを聞いた。
これは主が一年の間語り約束されてきたものの集大成の神聖な瞬間であり、すべてが今や突然一緒になって来たといって「集大成」という言葉が強く私を取り囲みました。』

●The Federation of Light via Blossom Goodchild, July 22, 2019
https://sananda.website/the-federation-of-light-via-blossom-goodchild-july-22-2019/
"Now there are more than enough of you to be able to anchor the LIGHT FORCE that is required when the lid is blown. (Off.)"
『ふたが吹き飛ばされたときに必要とされる光の力の固定をすることができる十分以上なあなた方がいます。』

●Saint Germain and OWS via James McConnell, July 7th, 2019
https://sananda.website/saint-germain-and-ows-via-james-mcconnell-july-7th-2019/
"You have been working toward this culmination of all things coming together at once. "
『一度にすべてが一緒になるこの集大成に向かってあなた方は取り組んできました。』

●Mother Divine via Karen Vivenzio, July 3d, 2019
https://sananda.website/mother-divine-via-karen-vivenzio-july-3d-2019/
"For never before has humanity been on the brink of such a tremendous turning point."
『これまでにないほど、人類はそのような途方もないターニングポイントの瀬戸際にあります。』

●The Arcturians: Perceptions of the Fifth Dimension
https://eraoflight.com/2019/07/11/the-arcturians-perceptions-of-the-fifth-dimension/
"The reason why the truth about Gaia has not been openly shared is, again, because the “power over others” humans only care about their own physical self."
『ガイアについての真実が公然と共有されていない理由は、またしても、「他者に対する力」ある人間が自分の物理的な自己についてしか考えないためです。』

 7月7日(日)の午前中、横になって自己愛を注いでいたら、力を入れずに握った形だった右手が痙攣しながら徐々に開きました。完全に不随意です。同時に私の内面で何かが解放された事を感じた。午後には「特定のマインド状況」が自分のハートに恐怖を引き起こすと分かりました。「特定のマインド状況」とは論理的に厳格なマインドの意味です。このような厳格なマインドが気づかれずに潜在意識の中に沈んだままになっている人も多いのではないでしょうか?

●Sanat Kumara: Inspiration
https://eraoflight.com/2019/07/12/sanat-kumara-inspiration/ ← この種の「行き過ぎ」は厳密なマインドが生み出す状況です。
●Brenda’s Blog via Brenda Hoffman, July 5th, 2019
https://sananda.website/brendas-blog-via-brenda-hoffman-july-5th-2019/
"We are speaking of allowing others to be without judgment."
『私たちは他人が判断しないでいるのを許容することについて話しています。』

科学的な視点

●Yeshua: What’s Happening In Your Now
https://eraoflight.com/2019/07/10/yeshua-whats-happening-in-your-now/
"The spiritual perspective needs to be incorporated into the scientific perspective if it is to become a holistic perspective."
『それが全体論的観点になることであるならば、精神的観点は科学的観点に組み込まれる必要があります。』

 科学的視点について私は秘密にして来ました。(^^;【⇒●Commander Ashian; This is the Final Purge; You are but a Hair’s Breath Away "Less is nearly always better than more information.(少ないことは多くの情報よりもほぼ常に優れています。)"】 しかし、イエス様が仰るのであれば仕方がありません。以前、「魔法の輪」を発明した時に電子のスピンが1/2というトポロジー的視点を述べましたら、次の年だったと思いましたが、その視点からノーベル物理学賞が発表されたと思いました。結構な関連性があると思った。見ていただくことは嬉しいのですが…。と渋っていても仕方がないので科学的視点を述べます。

 私のクォークの「イメージ」はキーリーのイメージを持っています。でも、その階層は無限に続くのではなく、352階層までだと思っています。その根拠が次に並べるメッセージです。

●Mahatma Logo via Natalie Glasson, April 27th, 2018
http://sananda.website/mahatma-logo-via-natalie-glasson-april-27th-2018/
"Greetings and cosmic blessings extend through my being from all that is the Creator; I am Mahatma, the logos and overseer of the Cosmic Level. I am a consciousness and expression of the Creator which exists in 352 levels of the Creator’s Universe."
『こんにちは。宇宙の祝福は、創造主であるすべてから私の存在を通って広がっています。 私はマハトマ、宇宙レベルのロゴであり監督者です。 私は、創造主の宇宙の352のレベルに存在する創造主の意識と表現です。』
●The Celestial White Beings via Natalie Glasson, September 28th, 2018
https://sananda.website/the-celestial-white-beings-via-natalie-glasson-september-28th-2018/
"Greetings, we are the Celestial White Beings, labelled so because of our pure white celestial light. We reside within the Multi- Universal and Cosmic Levels of the Creator which means that we receive the intentions of the Creator in their purest form before they are distributed through the 352 dimensions of the Creator’s Universe."
『こんにちは。私達は天の白の存在で、私達の純粋な白い光の故にそのように名付けられました。 私たちは創造主の多次元宇宙レベルと宇宙レベルの中に居住しています。つまり、創造主の宇宙の352の次元を通して創造主の意図が分配される前に、我々が最も純粋な形で受け取ります。』
●Lord Melchizedek: Accessing What You Need Now
https://eraoflight.com/2018/09/03/lord-melchizedek-accessing-what-you-need-now/
"The Inner Planes are the spiritual planes of the Universe of the Creator, there are 352 levels of energy and existence which embodies all that is the Creator, allowing the full experience of the Creator."
『内面は創造主の宇宙の精神的平面であり、創造主であるすべてを体現する352レベルのエネルギーがあり、創造主の全ての経験を可能にするものです。』

 例えば3Dの物質世界の基礎である陽子の場合、3つのクォークで構成されますが、クォークの世界になると、もうそこは物質世界ではありません。何故なら、クォークという物質は見つからないからです。多分、その3つのクォークは「愛」と「知恵」と「力」だと思います。バプテスマのヨハネ氏によると、これは「愛」「知恵」「自由」とも言われるようです。

●Message from John the Baptist: How Can The World Be Saved?
https://eraoflight.com/2019/07/11/message-from-john-the-baptist-how-can-the-world-be-saved/
"Because the truth has three siblings: wisdom, freedom and love."
『なぜなら、真理には3人の兄弟がいるからです:知恵、自由、そして愛。』

 個々のクォークもまた3つ組クォークから成り、そのようにして352階層から成るのだろうと考えています。つまり、それがアセンションなのでしょう。これで「なぜ円盤は半透明になり得るのか」という疑問が解決します。
アダムスキーが撮影した次の円盤は背後の樹木がフランジを透過して見えています。
・あるいは、何年か前にロシアに墜落する寸前の巨大隕石をUFOが貫通する事によって助けてくれました。この「貫通する」という能力は物質のままだったら不可能なミッションだったでしょう。しかし、宇宙船全体をアセンションしたままで周囲のバリアだけを物質と相互作用するようにしておけば、隕石を破壊できるのでしょう。

 円盤はアセンションしていたのですね。そういえば、アダムスキーが土星に連れて行ってもらった時の話だと、本来なら瞬時に土星まで行けるところを、アダムスキーが母船に乗っていたので、彼の周波数に合わせて確か私の記憶では9時間かけて行ったそうでしたね。つまり、ある程度は物質のままで空間を移動したから必要だった時間なのでしょう。母船全体が非物質化してしまったらアダムスキーは戻れなかったということなのでしょう。死者は物質体を脱ぎ捨てた場所で次のクォーク物質体で生きているのでしょう。だから聖書には「墓から死者が復活する」と書かれてあるのでしょう。一二三神示にある「原爆でもびくともしない身体」というのは次の階層の身体なのでしょう。電磁気学も物質世界のものとは違う働きをするようです。

●Master Kuthumi: A Different Type of Kundalini
https://eraoflight.com/2019/01/05/master-kuthumi-a-different-type-of-kundalini/
"I say that because it is the magnetics and the energetic components of that Earth Star that are more in resonance with the higher dimensional fields. Not only fifth dimension but sixth and seventh dimensions too."
『地球の磁気とエネルギーの成分が高次元の場とより共鳴しているからだと私は言います。5次元だけではなく、6次元と7次元もそうです。』

←Up●←Up● 高次元には高次元の電磁気学がありそうです。つまり、宙に浮かぶのは、円盤だけではないわけです。

 これらの絵がちょっとだけ不正確なのは、半透明になっていないところですね。(201907112247)




■ノストラダムス予言 1-53
Las qu'on verra grand peupletourmente,
Et la Loy Saincte en totale ruyne,
Par autres loix toute la Chrestiente,
Quand d'or, d'argent trouve nouvelle mine.

たま出版「ノストラダムス大予言原典 諸世紀」の日本語訳は以下の通りです。
【何故か、3行目と4行目の日本語訳文が入れ替わっていましたので、入れ替えて「ときには」⇒「ときに」に変更しました。】

ああ なんと多くの人々に苦痛を与えることだろう
そしてすべての廃墟の中に聖なる法が
他の法によって 全キリスト教は心をわずらわすことになるだろう
金銀の新しい鉱山が発見されるときに

今、金銀の新しい鉱山のような暗号資産が活況です。あなたはどう思いますか?(201907062210)



●The Angels via Ann Albers, June 29th, 2019
https://sananda.website/the-angels-via-ann-albers-june-29th-2019/
"In that space, forgiveness is no longer even an issue."
『その空間では、許しはもはや問題ではありません。』

●Archangel Michael: The Memory Seed Atoms Within Your Soul
https://eraoflight.com/2019/07/01/archangel-michael-the-memory-seed-atoms-within-your-soul/
"You must have a deep sense of self-worth before you can truly love and respect others,"
『真に人を愛し尊重するためには、深い自己価値肯定感が必要です。』 (201907032147)




●Mary Magdalene: The Impossible Explored
https://eraoflight.com/2019/06/25/mary-magdalene-the-impossible-explored/
"That which was deemed and perceived as impossible before is now being explored as a viable reality and construct."
『以前は不可能と見なされ認識されていたものが、今や、実行可能な現実および構成として探求されています。』

●Vivamus via Kerstin Sisilla, June 24th, 2019
https://sananda.website/vivamus-via-kerstin-sisilla-june-24th-2019/
"It is you humans that have made this possible."
『これを可能にしたのはあなた方人間です。』
"Understand that the day and the moment is here now when Gaia’s freedom has arrived."
『ガイアの自由が到来した日と瞬間が今ここにあることを理解してください。』

●Seth via Beatrice Madsen, June 23, 2019
https://sananda.website/seth-via-beatrice-madsen-june-23-2019/
"Of course, some of you can go on a side track and get inverted egos and use your feelings in an incorrect way, manipulative way, but in the end it will lead you to the right way."
『もちろん、あなた方の中にはマイナーな道に入って倒錯したエゴになって自分の感性を間違った方法、操作する方法を使うこともできますが、最後になってそれは正しい方向にあなた方を導くでしょう。』

●The Arcturian Council via Daniel Scranton, June 26th, 2019
https://sananda.website/the-arcturian-council-via-daniel-scranton-june-26th-2019/
"It is a theory based on scientific experiments that says: once the hundredth monkey knows how to do something, they all do."
『科学的な実験に基づく理論が言うところでは、百匹目の猿が何かをする方法を一旦知ると、彼らすべてがそれを行います。』

・自己愛は自分を認める事

●Yeshua: Lightworkers and Loneliness
https://eraoflight.com/2019/06/26/yeshua-lightworkers-and-loneliness/
"Second: not accepting that you are different

The second thing is that you are different, and because of this, you think this is somehow wrong. This is often what you have learned: “being different is wrong, therefore you have to fit in and become a good member of society” - so you try to be like everybody else. You try to become a member of phase two. You try to become lonely! And, sadly enough, many lightworkers succeed.

You don’t accept yourself as you are, and this is the real cause of the feeling of loneliness - not accepting yourself. This is the reason for the paradox that many lightworkers experience in their lives: they do not feel lonely when there are alone in nature, but do feel lonely when they are amongst other people - so they desperately try to connect with others and to behave like them. By trying to connect to other people, they take on the loneliness of others."
『第二:あなたが違うということを受け入れていない

第二は、あなたは違うということです、そしてその故、これはどのようにか間違っていると考えます。しばしばあなたが学んだこととして:「違うことは間違っている、それゆえあなたは適合して、社会の良いメンバーにならなければならない」 - それであなたは他のみんなのようになろうとします。あなたはフェーズ2のメンバーになろうとします。あなたは孤独になろうとします! そして、残念ながら、多くのライトワーカーが【註:そのことに】成功しています。

あなたは自分自身をあるがままのあなたとして受け入れていません、そしてこれが孤独感の本当の原因です - あなた自身を受け入れていません。これは多くのライトワーカーが自分たちの生活の中で経験するパラドックスの理由です。彼らは自然の中に一人でいるときに孤独を感じることはありませんが、他の人の中にいるときには孤独を感じます。 - それで、彼らは他人と絶望的に繋がろうとして彼らのように振る舞います。 他の人とつながろうと試みることによって、彼らは他人の孤独を帯びます。』(201906272117)



・Great!
●Quan Yin: The Greatest Gift of All
https://eraoflight.com/2019/06/24/quan-yin-the-greatest-gift-of-all/

●Archangel Gabriel via Shanta Gabriel, June 23d, 2019
https://sananda.website/archangel-gabriel-via-shanta-gabriel-june-23d-2019/
"Loving yourself【True Self】 includes being able to see the tricks of ego【False Self】 and the aspects of your personality that could be improved. After you see clearly, bless these parts of yourself. This blessing energy will allow the love of God to flow through you. Your fears will drop away, and you will operate from a loving heart in every moment."
『【真の自分への】自己愛は、【偽の自分】自我のトリックと性格改善の側面を見ることができることを含みます。【真偽が】はっきり分かったら、自分のこれらの部分を祝福してください。この祝福のエネルギーは、神の愛があなたを通して流れるようにするでしょう。あなたの恐れは消え去り、あなたはあらゆる瞬間に愛の心から行動するでしょう。』

●The Arcturian Council via Daniel Scranton, June 24th, 2019
https://sananda.website/the-arcturian-council-via-daniel-scranton-june-24th-2019/
"We see and feel more self-awareness within the average human than we have ever witnessed previously on Earth."
『私たちはこれまでに地球上で目撃したことがない程度に、平均的な人間の中でより多くの自己認識を見て感じます。』

・イエスが自己愛のテクニックを教えてくれました。

●Yeshua: Being Stuck
https://eraoflight.com/2019/06/24/yeshua-being-stuck/
"Imagine that you now see this male energy in yourself in the form of a sword you are holding in your right hand. And in your left hand you hold a magnificent cup or chalice that stands for the receptive and healing female energy. Both are instruments that you can use to be supportive to yourself. Sometimes it is necessary in a situation where patterns keep repeating themselves, and when no renewing flow is present, to wield the sword, to speak out clearly, and to not keep being carried along by patterns with which you no longer feel comfortable. At other times, when you have to deal with deep emotions of fear or sadness, it is necessary to be very supportive and nurturing to yourself, to be open and receptive to your emotions. You can see the chalice before you as if made from glass of a healing color, in which the emotions you are most struggling with can be placed and are welcome."
『あなたが今、あなたが右手に握っている剣の形で自分自身の中にこの男性のエネルギーを見ていると想像してください。そしてあなたの左手には、受容的で癒しの女性エネルギーを表す壮大な杯や聖杯があります。どちらも自分を支えるために使える器具です。時々パターンが繰り返され続ける状況で、そして変化の流れが存在しない時、刀を振るいます、すなわち、あなたがもはや気分が悪くなるようなパターンによって運ばれ続けないことが必要であるとはっきりと話すのです。 あなたが恐れや悲しみの深い感情に対処しなければならないとき、他の時には、それはあなた自身に対して非常に支持的で保育的で、あなたの感情にオープンで受容的であることが必要です。まるで癒しの色のガラスでできているかのように、あなたはあなたの前に聖杯を見ることができます。そこには、あなたが最も苦しんでいる感情が歓迎され落ち着くことができます。』(201906252138)



●The Angels via Ann Albers, June 22nd, 2019
https://sananda.website/the-angels-via-ann-albers-june-22nd-2019/
"In truth, forgiveness has nothing to do with the individuals who hurt you."
『実のところ、許しはあなたを傷つける個人とは何の関係もありません。』
"Remember this a thousand times a day if you must: You are worthy of love. Imprint it on your consciousness. Dive deep inside of yourself and tell all the wounded parts of self, “I love you. You are worthy of love.” Then, free yourself from the past, through the courageous act of forgiveness."
『もしあなたがそうしなければならないならば、これを一日に千回思い出してください:あなたは愛にふさわしい。それをあなたの意識に刻み込んでください。自分の奥深くに潜り込んで、傷ついた自己のすべての部分に話してください。「愛しています。あなたは愛に値します。」そして、勇気ある許しの行為を通して、過去からあなた自身を解放してください。』

●Om Mani Padme Om via Angel Skog, June 22, 2019
https://sananda.website/om-mani-padme-om-via-angel-skog-june-22-2019/
"A great shift took place yesterday with the opening of the light portal."
『昨日【当ファイルを登録したのは日本時間の201906220549でした。】、光の入り口が開いて大きな変化が起こりました。』

●Judas Iscariot via Ann Dahlberg, June 20th, 2019
https://sananda.website/judas-iscariot-via-ann-dahlberg-june-20th-2019/
"There are many of you who think that you are waiting and waiting, but nobody is waiting when the energy is moving everywhere."
『多くのあなた方は待っており、そして待っていると思っていますが、エネルギーが至る所で動いているとき誰も待ってなどいません。』【参照

"It is towards this that you are en route. It is also there that you unavoidably will end up, as it is so said and written. What God has decided nobody can change. The words of God are steady and still - an eternal law that is unchangeable and unshakeable."
『これはあなたが道の途中であるということです。 それが言われ、書かれているように、あなたがやむを得ず終わるということもそこにあります。 だれも変えることはできません。 神の言葉は堅実であり平然としています - 変更不能で揺れることの無いそれは永遠の律法です。』

 え?「やむを得ず終わる」?((((;゚Д゚)))) なんとシリウスな! シリウス以外のなにものでもない! 私はできるだけ回避したいですけどね。故に、公開2日後に私は「死のイメージ」を使うのを止める事にしました。『物理的にここにいるのだとしても、私たちはもはやその現実に単にいません。』だけにしておこう。(201906232212)
【上記で私は変な事を言いましたが、単純にSeriousとSiriusを掛けてみたかっただけでした。変な誤解を招く可能性がありましたら申し訳ございませんでした(なんとシリアスな私)。シリウス艦隊の皆様には大変に感謝しております。地球の天気や地震や火山活動などを詳細にモニターしていて下さり、安心していられます。(201906291844)】



(Transl-Escorted=グーグル翻訳可能)【日本語の箇所(英語のチャネリングメッセージを日本語にした箇所)は他言語に正確に翻訳ができない場合があります。】

 私は「怨み」という人間の精神状態を「超克する」ために何が必要なのか、ずっと研究して来ました。それで今回の発言も「怨みについて」というファイルに付け足そうと最初は思っていましたが、全く自分でも予想もつかない展開が起きましたので、別ファイル(=当ファイル)にしました。最初の切っ掛けは聖母マリア様が私に表現するように頼んだ時でした。これがなかったら私は数年間は黙ったままでいた可能性があります。当ファイルは細かい記述を心掛けました。

 怨みを解決する為の道は、1993年のARIONの0930預言で、その解答は与えられていました。それは「時間を経る事で軟化して行く」という現象のことです(原則1)。

 1998年にNIFTY-SERVEのフォーラムFARIONが無くなった(だと思いましたが)ので離れました。その後Ronna Hermanさんのアーキエンジェル・マイケルのメッセージを2002.09〜現在まで勉強している間、2009年〜2011年頃、私の妹がGOZU TENNOH(牛頭天皇)(= COW HEAD EMPEROR)のチャネラーになったのでそのメッセージも読んでいました。2013年までは2つの高次元存在のメッセージだけを読んでいました。2013年から私は世界中のチャネリング・メッセージを読み始めました。

Self Love チャネリング・メッセージを読んで勉強している内、段々と分かって来たのは、高次元の人々は3Dの我々がよくやっているような自己否定をしないのだ、ということです。それどころか、地球人に足りないのは自己愛なのだということです。そして自分で実践するうちに気づいたのです。肉体は外=3Dへ向かって感覚器官が開いています。一方、静けさは瞑想をしていると感じられます。感覚器官の3D世界に集中するとき自分を忘れていることになり、(自分に対して)否定的な力となります。平安の力=内に向かうのはますます自分になってゆく事であり、自分に対して肯定的な力となります。特に、最近は銀河系の中心の太陽アルシオーネからの光が地球に流れ込み始めたので、平安の質が変化しています。これが可能になったのは、アシュターの過去世で、まさにアルシオーネからの光を地球に引き込むためにピラミッドを建造して下さったお陰です。

●Goddess of Creation: Self Love is a Column of Light
https://eraoflight.com/2019/06/16/goddess-of-creation-self-love-is-a-column-of-light/
"When you are in the flow of self-love you can release judgment, criticism, not being good enough, emptiness, sadness, depression and so many more emotions. The focus of Goddess Light is about bringing love into your life and that love is the foundation;"
『あなたが自己愛の流れの中にいるとき、あなたは判断、批判、十分ではないこと、空虚、悲しみ、憂鬱そしてもっと多くの感情を解放することができます。 女神の光の焦点はあなたの生活に愛をもたらすことであり、その愛が基盤なのです。』

・自己愛の一例

 地球の人達は、基本的に奴隷のようにものを考え、行動します。外的社会と同じ発想と行動で繋がっていないと不安になります。基準が外にあるからです。しかし、自己愛の基準は、内にある自然な「快の感覚」です。
 皆さんはいつも自分を責めたりしていませんか? それは大変な苦痛です。何故なら、自分ではない何かに自分を合わせようとしているからです。もうそれは止めましょう。自分に向かって進んで行きましょう。外の誰かに対してよりも、いつでも第一に自分自身に愛を注ぎましょう。無条件の愛とは自分の為に使うものです。単に「私自身に愛の力を集中する」イメージを視覚化するだけでも効果があります。そのようにしていると「自己愛を持とうとすると、他人や社会からの要求が壁のように立ちはだかっている」という点に気付きます。その種の色々な要求は無視して自分に愛を注ぐことだけを優先して下さい。今まであなたはあらゆる側面から自分を責めていませんでしたか? しかし、今後は周囲からの要求を、あらゆる技巧を凝らして無視し、拒否し、とにかく全力で自分に愛を注いで下さい。他者から疑問を持たれるかどうかは基準ではありません。他人の意見を忘れて、自分自身を愛するのです。

 自己愛とは言っても、私は別にエゴイストを量産しようとか、そういう発想はありません。関連で言っておきたいと思ったのが人体の不思議です。人の神経は首から下と首から上では左右が逆になっています。右手は左脳、左手は右脳と繋がっています。これが3Dからアセンションしようとする時の今の状況を説明するかのようです。3D世界は首から下に対応します。高次元は頭部に対応します【⇒Godhead】。3D世界を急に無にすることはできませんので、3D世界での行動はいつも通りです。しかし自己愛を中心にしていれば色々な発見があるでしょう。今後は3Dのニーズに対応するのも自分のためです。何か一つ行動する度に自分を誉めるのも良いでしょう。自分の一つ一つのことを誉めてくれる人は自分以外にありませんよ。やがて仕事が楽しくなって来た時に上司から嫌味「仕事中に無駄な事を言うな」と言われたとします。それは自分の潜在意識のバリアーを解消し、もっと自分に近づくための機会となります。つまり「自分を愛し、肯定する」という方向と「仕事に関係ない事を話せない」という対立が発生することになったとき、「もっと自分を愛する為に私は何ができるか」と考える事が出来ます。例えば、今まで飲むことの無かった缶ジュースを自分自身に与えるために買いに行くことができます。また、危ない企業の特徴の一つは「その場で新しい規則が出現する」というのがあるでしょうから、「自分の為に」仕事を変える機会を得られます。あなたが会社を辞める時も「家族の食費が」と話す代わりに「仕事が自分にとって面白くないから辞めます」と自己愛の発想で話す機会が得られました。そのように自己愛の道を導くのは規則や圧力ではありません。自分の調和=快=光との同調です。これが自然の姿です。誰にも確認したり規則を尋ねる必要はありません。段々楽しくなって行くという事実が人を導くものです。

●Brenda’s Blog via Brenda Hoffman, May 31st, 2019
https://sananda.website/brendas-blog-via-brenda-hoffman-may-31st-2019/
"Allow that to be without concerns that your rewards limit the possibilities for others’ joy or that you have overreached your current station in life.
Ignore everyone and everything except that which gives you joy. One step at a time - ignoring social mores, the needs of others, and your fears of being TOO much."
『あなたが利益を得ている間、他人の喜びの可能性を制限すること、またはあなたが人生の今の位置が行き過ぎであることを心配することなくそれを許しなさい。
あなたに喜びを与えること以外は、すべての人を無視してください。 一度に1つのステップ - 社会的な慣習、他人が必要としていること、そしてあなたが行き過ぎであることに対する多くの懸念【3D】を無視して下さい。』

 ハートやマインドの問題が何か発生する度に、それを使って自己愛を深める事が出来ます。例えば、ほんのちょっとしたことで罪悪感が発生してしまう人の場合は、外的【3D】な何かの為に行動してきた人かも知れません。でも、それは真実ではありません。外的な事柄に対して自分を結びつけたり責任を感じたりしないように自己愛を集中しましょう。目的は外的な事柄ではなくて、自分自身です。罪悪感を発生させるような3Dとの結合を切断しましょう。つまり外へ向かわず自分を自由にするために切り離し、安らぎましょう。何か問題が発生したら、それは3Dから切り離して高次元化する(自分になって行く)チャンスです!

●Aphrodite, June, 2019
https://sananda.website/aphrodite-june-2019/
"There is no-one you should love more than yourself."
『あなたが自分よりも愛すべき人など誰もいません。』

 また、自分のために「今を味わう」ことに焦点を当てると良いでしょう。

●Whole Brain Thinking
https://eraoflight.com/2019/06/20/whole-brain-thinking/
"Quality of life can be enhanced enormously with more right-brain attention."
『生活の質は、より右脳に注意を払うことで非常に高めることができます。』

 当初、当ファイルは「jurami.htm」に加筆する予定のアーティクルでした。しかし、タイプしている内に、とても大きな展開になったので独立したファイルにしました。高次元の人々は、この「大きな展開」を数日前から予言していました。その点については強調文字にして後半でそのメッセージをご紹介します。「怨み」というのは、人間全体のテーマだと思います。もし、これが解決できるとしたら、大変に意義深いという点に気づいていますか?

・死の原理(原則2)

 3D地球人として肉体の中で自覚する意識は、上記で述べましたように感覚器官によって知覚する外界(3D)に執着したり影響を受けてエゴと呼ばれる自分が形成されます。ただ、大変に否定的な経験の記憶は転生してもなお記憶として残っています。神の力(光)に自分を預けるだけで素直に純粋に周波数を上げて行くことが誰でも可能ならば、大きな問題は無いでしょう。しかし、3D現実はそうではなく、何十年間も嫌がらせをされたりするようなことで絶えず3Dから引っ張られるような自分になってしまっているのが常でしょう。恨みを持つのが悪いなどとは言っていませんよ。恨みを持つのがが問題となるのは、「自分の幸せ」を妨害するからです。エゴ(ネガティブに向かう自分)を持たない人などいないと思います。人はそれぞれの3Dの自分(ネガティブにもポジティブにも向かう自分)として生活しています。上記で述べましたように感覚器官によって外界(3D)に引っ張られることで想念がネガティブな方向に向かいます。しかし、例えば瞑想によって3Dへの執着や関心から一時的にでも解き放たれると幸せ(ポジティブ)の方向になります。

●Lord Melchizedek via Natalie Glasson, June 7th, 2019
https://sananda.website/lord-melchizedek-via-natalie-glasson-june-7th-2019/
"While every aspect of your being is a manifestation of the Creator and is in truth pure and sacred, the ego at a physical Earth level has the tendency to take control in a negative way and this is simply because the mind and the soul are disconnected to some extent and are not working as one."
『あなたの存在のあらゆる側面は創造主の表れであり、実際には純粋で神聖なものですが、地球の物理的レベルでのエゴは否定的な方法でコントロールする傾向があり、そしてこれは、マインドと魂が一定程度までは一体として働かず単に分断されているからです。』

 人は嫌いな人間に対しては絶えず破壊的な感情を向け続けるものでしょう。自分の為にマインドは感覚器官で知覚する世界(3D)で経験している対象を破壊したいからです。良い点があるとすれば、現代では「相手を殺さなければ自分が殺される」という状況ではないという点でしょう。この方向は自分が幸せに向かう方向にはなり難いものです。どうしても「ネガティブで破壊的な力」を使うことになるからです。私は3Dに引っ張られないために"死のイメージ"を使います。人間が死ぬと当然のことですが、昨日までやっていた作業はそこで完全に止まります。3Dでの何もかもが途中のまま止まることになります。ネガティブな方向に力を使わないようにするためには3D世界に向かわないで、まるで死んでしまったように外界を放置する事が良いでしょう。今まで3Dの対象を否定することに時間と努力を注いできたかも知れませんが、今後は自己愛に集中しましょう。単に「神の愛が私に集中する」というイメージを持つだけでも違って来ます。そのように自己愛に向かって行くとポジティブな方向に力を使うことになります。これは先ず第一に自分の為になります。今までのネガティブな(怨みを持つ等の)問題は特に解決しなくてもOKです。というのは、冒頭で述べたように、ARIONが預言という形で示してくれた原則1で示されているからです。「怨みを持つ事は時間とともに、溶けて行く(場合がある)」からです。そういう気持ちの問題は一切関わらずに放置して(=ネガティブからの離陸)、自己愛のテクニックを発見したり磨いたりしましょう(=ポジティブの開始)。

・人は自分の事しか断定できない原理

 それから、我々が断定できる情報の範囲というものがありますね。自分のことだったら断定的に判断できます。しかし他者の事は大まかな傾向や気分のようなところまでなら簡単に推し測れますが、しかし個々の具体的事実関係を知ることはほとんど無理です。故に、誰かを否定するのも、時として間違っている可能性が出て来ます。故に確かさという点でも、自己愛に集中するのが良いでしょう。想念がネガティブになってしまった時はチャンスです。そのネガティブな癖にあなたは気付いたのですから、自己愛でポジティブになれるチャンスです。

 自分の為には、許す必要などないと私は確信します。善は善であり、悪は悪だからです。キリスト教に関して私がどうしても疑問や限界を感じるのは、許す事を強いる(?)点です。このキリスト教の方針は善人の側に非常に大きな心理的な負担を負わせると私としては思います。私は善のことを悪だとしたくはないし、逆も逆だから。故に、私のような人は前述の「死の原理」をイメージして(イメージしやすいから)「許すわけでも攻撃するわけでもなく」3Dを放置して自己愛のテクニックを磨く事です。3D対象に向かって否定を再び始めたらすぐに気づいて自分に向かいましょう。これが高次元化であり、アセンションに繋がって行く事は明らかです。

 もし、あなたが誰かに対して「HATE」を持っていたなら、問題は否定的な力を使う点にあります。否定的な力は自分自身にとって良くありません。考え方は自由意志によるものなので何も変える必要はないと考えます。ただ、あなたはその人のことで頭が占領されています。ちょっと油断するといつのまにか否定的な力が湧いてきてしまいます。実は、あなたに向かって怒る人は、あなたの高潔な判断と彼自身を比較して、あなたのほうが「上」であることについて怒っているのです。または、彼のほうが「下」であることについて怒っているのです。

●Goddess of Creation: Self Love is a Column of Light
https://eraoflight.com/2019/06/16/goddess-of-creation-self-love-is-a-column-of-light/
"You begin to understand that people’s response to you and people’s reactions to you is less about you and more so about them."
『あなたは、あなたに対する人々の応答や行動は、あなたについてではなく、彼らについてのものであることを理解し始めます。』
"Therefore, if they are angry at you, acting out at you, or responding in a particular way it’s not about you and what you have done it’s that you are the light."
『ですから、彼らがあなたに腹を立てて、あなたに向かって行動を起こしており、または、特定の方法で対応している場合、それはあなたのことではありません。あなたは光であるということをしたのです。』

 ここで私が言うべきなのは、「あなたは世界で一番大切な人を忘れていませんか?」です。あなたは自分を忘れていませんか? そのHATEの目的はあなた自身と愛を肯定する為です。では、その第一目的をたった今、満たしましょう。論理を思いつかない時は「自分の全身に愛が充填される」というイメージを思い描くだけでもOKです。ネガティブ方向の「願い」のためには、せっかくカルマの法則というものがあるのですから、カルマの法則に預けられれば良いのです。しかし、そのようなことは人間には実行できません。人間に不可能な領域は自明だと思います。そのような領域を扱うことができる存在が天使です。天使は人間にとって難しい領域の中で色々なことを可能にする提案をしてくれます。

例 ⇒ ●The Angels via Ann Albers, June 15th, 2019
https://sananda.website/the-angels-via-ann-albers-june-15th-2019/

・カルマの法則は5D以上には存在しないそうです。

●Brenda’s Blog via Brenda Hoffman, September 15th, 2017
http://sananda.website/brendas-blog-via-brenda-hoffman-september-15th-2017/
"There is no 3D karma remaining for those of you of 5D and beyond. You new vital roles have nothing to do with past 3D lives."
『5D以上のあなた方には3Dカルマは残っていません。あなたの新しい重要な役割は過去の3D生活とは関係がありません。』

・善悪は5D以上には存在しないとのことです。

●The Arcturians: You Are The Creator Of Your Perceptions
https://eraoflight.com/2019/06/17/the-arcturians-you-are-the-creator-of-your-perceptions/
"You do not have this inner light because you are “good.” You have this inner light because you are an “alive.” The polarities of good and bad mean nothing in the fifth dimension, as they do not exist at that frequency."
『あなたは「良い」ためにこの内側の光を持っていません。あなたは「生きている」ためにこの内側の光を持っています。善と悪の極性は5Dでは、その周波数には存在しないので何も意味しません。』

 その他の全ての時間は自己愛に集中しましょう。「"否定する仕事"は終わった」というイメージを私は持ち易いと感じます。否定の世界からうまく離陸できる感じがします。
 ネガティブなパワーは法則が提供してくれるのだから、法則を司っていない自分は感謝して安心して自己愛に専念できます。高次元の人々のメッセージは「無条件の愛」一辺倒で、地球人の実態に合っていないと思えるところがありました。しかし、私は地球人なので、「許さなくていい」と述べる事が出来ます。ふと気づいたら悪人のことで頭が占められており、自分のことを完全に忘れていたら、自己愛に戻りましょう。自分を忘れないようにするためには、「自分の為に」悪人をHATEすればいい。次に「自分の為に」最良のことは自己愛だと気づきましょう。3Dを変える必要はなく、まるで自分が死んだかのようにイメージすると全てを現状のままに放置すると3Dから切り離し易いと思います。社会的圧力や慣習などの想念に対する無意識の3D圧力を切り離すためには大天使ミカエルが「青の剣」を用意して下さっています。それで、イメージの中でそれを使って切り離すことが基本です。人間には扱い難い領域なので、彼らはそれを準備して下さっています。

●Sananda, Ashtar and OWS via James McConnell, June 9th, 2019
https://sananda.website/sananda-ashtar-and-ows-via-james-mcconnell-june-9th-2019/
"That is where you, each and every one of you, come in as the Warriors of Light to carry Michael’s sword and together to help to sever all those ties and binds that still hold many to this three-dimensional illusion, to this three-dimensional matrix, if you will."
『それは、あなたがいるところであり、あなた方一人一人が、ミカエルの剣を運ぶために光の戦士としてやって来て、そしてこの三次元のマトリックス幻想を抱いている多くの為にこれらの結びつきと束縛を断つのを助けるために集まります。 もしあなたがそうするのならば。』
・ミカエルの剣は「青」です。 ⇒ ●One Who Serves via James McConnell, February 26th, 2017
http://sananda.website/one-who-serves-via-james-mcconnell-february-26th-2017/

Free Mind 自己愛が進んで社会(3D)から自由になって来ると、今まで恐怖と絡みついていた3D規則などがほとんど「無意味に感じる」という状況に変化して来ます。その時に"何故、今まで私はこんな規則を恐れていたのだろう?"という実感を得られる時があるでしょう。これが私の最初の変化です。
 逆に、自己愛になかなか集中できず、嫌いな人の欠点ばかり注意が行ってしまう人の場合は、その人の欠点の無意味さをリアルに思い描くことで離れやすくなると思います。離れられる瞬間を作ることが出来たら自己愛に全面的に切り替えて集中しましょう。
 マトリックスの中で苦しみながらも安住してきた我々には受け身でいることで安心するという精神構造が残ったままです。その「構造」は、被害者という立場や社会からの承認を得る事で安心する精神構造です。この種の「構造」が中心に残っていると、いつも何かを被ることが分かっているにも関わらず、受け身でいることに安住します。あなたはいつもGuruに従い、法則に従い、各種Matrixに従っているだけで幸せです。これは裏を返せば、グルに逆らうことや法則に逆らう事や各種Matrixから外れた行動をすることは恐怖だということです。我々は「徹底的に受け身になるように教育されて来た」ように見えます。我々が従っているものは幻想です。
 宇宙はエネルギー(愛)で動いており、エネルギー以外には何もないと、色々なチャネリング・メッセージで言われてきました。これらの幻想(権威、圧力)よりも優先すべきことがあるのです。それは「あなた」です。だからグルを敬愛するよりもあなた自身を敬愛する事を優先しましょう。(頭の中の)法則に従って生きるよりも、あなたを愛しましょう。各種Matrixに従う演技よりも、自分を愛して素直に行動しましょう。そのように自己愛を優先する事で、あなたは「誰かに操作される夢遊病者」から「自分の望む環境を創造する者」になるでしょう。

●Sananda via John Smallman, June 17th, 2019
https://sananda.website/sananda-via-john-smallman-june-17th-2019/
"Truly you are infinitely and divinely blessed in every moment of your eternal existence, and that is becoming increasingly apparent as your awakening process intensifies, and the dream that you have been living and experiencing for so long gently and inevitably fades away."
『あなた方の永遠の存在のすべての瞬間において、本当にあなた方は無限にそして神聖に祝福されており、そして、それはあなたの目覚めのプロセスが激しくなるにつれてますます明らかになっていて、そして、あなたがそれほど長く生き体験してきた夢が穏やかにそして必然的に消散します。』

ARION Psalm10 (Channeled around 1985 in Japanese language)
『この惑星上に 再び我らの光が充満する様に
衣食住の夢が 終わりを告げる様に
闘い抜くのだ』
"As our light fills up again on this planet
As the dreams of food, clothing and shelter tell the end
We will fight out"

・例外のない規則という「幻想」に取り付かれないようにしたいものです。宇宙は愛のために動くと信じられるのだから。

●Sananda via Ann Dahlberg, June 17th, 2019
https://sananda.website/sananda-via-ann-dahlberg-june-17th-2019/
"Where you yourself judge, you are at this level - it is often a rule without exceptions."
『あなたが自分自身を判断する場合、あなたはこのレベルにいます - それはしばしば例外のない規則です。』

・宇宙は使うもの

 色々なメッセージを読んでいると「宇宙は体験して楽しむためのもの」という認識が見られます。人間は想念を使って好きな外界を展開してそれを体験する存在のようです。このような世界に入る為には、物事の判断についてまで操作されたままであっては実現できません。自己愛を優先しようとした時に、今まで信じていた法則に違反するのではないかと受動的に怖れる瞬間があるかもしれません。そのような時には「エネルギー(愛)が物質でさえも形成している」という科学的な真理を想起しましょう。宇宙は愛を抱えてあなたを待っています。真実は今までとは反対で、受動的なのは宇宙のほうでした。あなたへの絶対至上命令はSelf-Loveです。

●The Creators via Daniel Scranton, May 8th, 2019
https://sananda.website/the-creators-via-daniel-scranton-may-8th-2019/
"And you can choose whatever you want, because it is all about experience, not about getting it right, not about being perfect. But having an experience of yourself in as many different ways as you possibly can."
『そして、あなたは何であれ欲しいものを選ぶことが出来ます。なぜなら、それは全て経験に関するものであり、正しくすることではなく、完璧であることではありません。 しかし、できる限り多くの方法であなた自身の経験を持つことです。』

●Goddess of Creation, Yeshua and Buddha: Wesak Love
https://eraoflight.com/2019/06/07/goddess-of-creation-yeshua-and-buddha-wesak-love/
"The people that seek to pull you down and feed off that negative energy will have nothing to feed upon when there is only love. This is our message."
『あなたを引き下げようとし、その否定的なエネルギーを食い物にしようとする人々は、愛だけがあるときには何も食べ物にならないでしょう。これが私たちのメッセージです。』

●The Arcturian Group via Daniel Scranton, June 16, 2019
https://sananda.website/the-arcturian-group-via-daniel-scranton-june-16-2019/
"Empowerment does not mean that you disregard all common sense or refuse to take the human footsteps that may be important in some particular circumstance but rather it means that you allow your intuition and inner “knowing” to lead the way rather than putting your trust in the concepts and beliefs of persons and the three dimensional collective."
『エンパワメントとは、すべての常識を無視したり、特定の状況下で重要になるかもしれない人間の足跡を辿ることを拒否することを意味するのではなく、むしろ個人や3D社会の概念や信念に頼らずに、あなたの直感と内なる「知」で道を拓くことを意味します。 』

●Brenda’s Blog via Brenda Hoffman, May 4th, 2019
https://sananda.website/brendas-blog-via-brenda-hoffman-may-4th-2019/
"As you move further into 5D, you will have difficulties remembering your 3D anger and fear. It might even seem as if you are losing your memory. Instead, you are shifting your memory. Those pieces that once produced outrage and anger will slip from your mind only to be replaced with memories of joy and laughter."
『あなたが5Dにさらに進むにつれて、あなたはあなたの3Dの怒りと恐れを思い出すのが困難になるでしょう。あなたはあなたの記憶を失っているかのようにさえ思えるかもしれません。 代わりに、あなたはあなたの記憶を変えています。 かつて暴虐と怒りを生み出した部分はあなたのマインドから滑り落ち、喜びと笑いの記憶に置き換えられるだけです。』

●Sananda via Adele Arini, 10 May 2019
https://sananda.website/sananda-via-adele-arini-10-may-2019/
"2) To understand and trust, that once you have begun this sacred journey of I AM integration, there is no turning back."
『2)一旦、あなたが我在りの統合というこの神聖な旅を始めると、元に戻ることはできません。』

 つまり、あなたは「いつのまにかHATEの対象を忘れている」ようになるかも知れません。どんなアクロバットな展開があなたのマインドや記憶や感情の中に起きて来るか想像もつきません。そのような神の力に期待して、HATEの対象は脇に置き記憶も考え方も変える必要もなく、許す必要もありません。そういう自分が想像もつかない変化の中に入って行く可能性は高いのです。例えば「HATEの対象は今、完全に意味を失った」という状況に至るかも知れません。

●The Arcturian Group via Daniel Scranton, June 16, 2019
https://sananda.website/the-arcturian-group-via-daniel-scranton-june-16-2019/
"You are in charge of you. In your quiet time state your intentions (In the presence of my Higher Self and my guides, I choose…) but never make intentions for a particular person or experience to be your concept of how it should be. Rather let your intentions be for the highest good of self and all involved."
『あなたはあなたの責任です。 あなたの静かな時間にあなたの意図を述べなさい(私のハイヤーセルフと私のガイドの前で、私は選びます…)しかし、それがどのようにあるべきかのあなたの概念になるように決して意図しないでください。 そうではなく、あなたの意図が自己の最高の利益と関係するすべてのためであるようにしましょう。』
"Human beings in and of themselves do not have love to give. Only in the degree that a person allows God’s love to flow through them can he/she love."
『人間は、それ自体では与える愛を持っていません。 人が神の愛を彼らの中に流すことを可能にする範囲内でのみ彼/彼女は愛することができます。』
"In difficult situations where you are simply unable to love some person or persons who have deeply hurt you, don’t try. Don’t struggle and attempt to personally feel love in the belief (three dimensional concept) that in and of yourself you have love and forgiveness to give. Simply stand back from the situation, let go, and allow God to love through you."
『あなたを深く傷つけた誰かまたは人々を愛することが単にできない困難な状況では、試みないでください。個人的にあなたが愛と赦しを与えるという信念(三次元の概念)の上で愛を感じようと努力したり試みたりしないでください。単にその状況の背後に立って、手放し、神があなたを通して愛するように受容してください。』

・当ファイルの公開について

●The Collective of Guides via Caroline Oceana Ryan, June 7, 2019【当ファイルの発想=201906100559の直前に出たので、このメッセージは予言です
https://sananda.website/the-collective-of-guides-via-caroline-oceana-ryan-june-7-2019/
"Yet it is the most astounding, most new-birth-oriented, and most miraculous one you knew of.
You have chosen this path, and it thanks you, as the Earth and all Her beings thank you.
You have come here with great purpose, and you shall not be held back from its completion."
『それでも、それはあなたが知っていた中で最も驚くべき、最も新しい、そして最も奇跡的なものです。
あなたはこの筋道を選びました、そしてそれについてはありがとう、地球と彼女のすべての存在があなたに感謝します。
あなたは大きな目的をもってここに来た、そしてあなたはその完成を妨げられてはならない。

 上の"The Collective of Guides"からのメッセージの中で"あなたはこの筋道を選びました"と述べられました。それで、分かり易くするために今回の発見(後述)に至った個人的な経緯を述べます。以下は普遍的な真理として述べるものではなく、飽く迄も個人的な発想の変遷を述べるものです。また、実際にはこのメッセージの3日後に私は道を選んだのです。つまり、私の選択は3日前に予言されていました。
=====================個人的な思考の経緯====================
 私は「善は善であり、悪は悪である」という筋を曲げなければならないならば、アセンションを放棄することも仕方ないという選択をしました。全く迷いがありません。しかし、決定した後、探しました。悪人を許さないままアセンションする道筋はあるのだろうか?と。特定の3D対象に対して私が怒りや怨む気持ちを持ったりしているとどうも波動が下がると感じる。しかし、「自分は悪人がするような振る舞いをすることがなく、根本的に違っている」と思うと光が活発になりました。そこにあったのは「悪の拒絶」でした。「善は善であり、悪は悪である」と思う自分のままでアセンションの方向に向かって行けると直感しました。私は「誰かを許さない」のではありません。悪は悪のままなので私はその定義を変更できないと考えています。変更できないので、許せません。しかし、自分にとっての問題は否定する行為そのものです。従って、否定を止め「死の原理(イメージしやすいので)」を想起して悪を放置しカルマの法則に任せたら次にSelf-Loveに集中するという方向を選べば良いのだと分かりました。メッセージの中で予め読んでいたので「私の目的はこれだ!」と思いました。
 このようにすれば悪を許すなどというとんでもないことをしなくても、善人達は心の中をネジ曲げないで先に進める。「善は善、悪は悪」を変えなくていいから。一方、悪人にとっては「それが悪だった」と自分の行為を認めればいいだけだ。実に簡単だ。善人たちは無理をせず、悪人達は簡単な承認をすればいい。勿論、3Dで悪人に分類された人の中には「家族が生きて行くことも出来ない状況」だったのであえて食べ物を盗んだという事情があったりするでしょう。そのような人は勿論、善人だ。そして「盗んだことそのことについては謝るが」と本人は言うでしょう。既に彼はそれが悪だったと承認している。中にはここでさらに攻撃を始める人がいるが、それは悪意以外の何物でもない。悪とされる人が自らの行為については裏事情も含めて全てを知っています。故に、それを認める事は非常に簡単なのです。しかし、被害者は何故被害者になったのか全く意味が分からないまま放置される人もいるでしょう。その意味の不明さの故に「許す」ことは非常に難しいものです。
=====================個人的な思考の経緯====================

●The Arcturian Group via Marilyn Raffaele, April 23d, 2017
http://sananda.website/the-arcturian-group-via-marilyn-raffaele-april-23d-2017/

"Real forgiveness is not possible for human beings living fully in third dimensional consciousness. When one has been hurt, punished unfairly, or made to suffer from the actions of others, the thoughts of revenge that rise within a sense of separation are a normal reactions. The energies necessary for real forgiveness simply are not there.
However as individuals gradually move beyond the false beliefs of duality and separation (evolution) and into a conscious realization of Oneness, the door to forgiveness begins to open allowing the already present energies of unconditional love and forgiveness to flow through, not from , because only God can love."
『完全な三次元意識で生きる人間にとっては、本当の赦しは不可能です。誰かが傷ついたり、不公平に罰せられたり、他の人の行動に苦しむ時、分離の感覚の中で起きる復讐の思いは正常な反応です。本当の許しに必要なエネルギーは単にそこにはありません。
しかし、個人が徐々に二元性と分離(進化)の偽りの信念を超えてONEの実現へと移行するにつれて、許しへの扉が開き始め、すでに存在している無条件の愛と許しのエネルギーが流れます。何故なら、神だけが愛することができるからです。』


 マインドの側面が放置されてしまったキリスト教は善悪の筋を曲げてしまうという負担を善人の側に背負わせる。本来、悪人が「悪は悪だ」と承認するだけでいいという非常に軽い判定をすることでその件は終わることが出来る。これが本来の姿だと思う。しかし、キリスト教の問題は善人の側に「悪を善にしなさい」という無理を「強いる」場合が多いのではないかと想像できます。キリスト教はマインドの論旨が真逆になると思う。このような点が放置されていたためにイスラムが起こったのかもしれないと気づいた。というのは、イスラムはマインドとしての「善は善、悪は悪」という論旨を3D世界においても徹底的に実行しようとするから。これがイスラムが起こった背景に潜在しているのではないかと思った。つまり、善人(被害者)に「悪を許しなさい」という無理をさせなければイスラムは起こらなかったのではないか?
 善人の側に「要求する」のはある意味間違っていると思った。善は善、悪は悪のままで善人はアセンションできる。要求は、悪人に向けるべきである。悪人が行なう仕事は「簡単な承認」をするだけである。自然はうまく出来ている。この種の承認は比較的簡単な事ばかりだ。
 私はアセンションできなかったとしても「善は善、悪は悪」という筋を曲げない道を選んだ。そして、色々な道を想定していたら「善悪を曲げなくても光が減ることは無い道」を見つけた。「WhoではなくWhat」という自分の性格が幸いしました。そして、このような理解が得られました。私がこの方針を決めた時にメッセージが出ました。

●A Master from the Crystal Kingdom via Carina, June 8th, 2019
https://sananda.website/a-master-from-the-crystal-kingdom-via-carina-june-8th-2019/
"Out of love to all of you we have allowed you to do the frequency shift in the fashion that you yourself have wished, and you have for this reason periodically felt abandoned and alone in this shift. In our wildest imagination we could not believe that those of you who have chosen to go back one more time would have the courage and power to do so, but you have shown us that you certainly do not take journey as a given and chose the easiest way, but choose to go back and experience the contrast between the earlier darkness and the new light at yet one more level."
『あなた方全員への愛から、私達はあなた自身が望んだ方法で周波数シフトをすることをあなたに許しました、そしてあなたはこの理由のために、このシフトの中で定期的に放棄され一人であるように感じました。 私たちの最も突飛な想像力で、私たちは一度戻ることを選んだあなた方がそうするための勇気と力を持つことを信じることができませんでしたが、あなたは与えられたものとしての最も簡単な旅を選ばなかったことを我々に確かに示しました、そのかわり戻ることを選び、初期の暗さと一段上のレベルの新しい光のコントラストを経験することを選択します。』

 私がインターネットで調べてみたら、イスラムに入信する人の勢いがキリスト教よりも大きいそうです。今はまだイスラム人口のほうが少ないそうですが、将来は肩を並べそうだということです。「許すこと/許さないこと」は人間関係の次元の話であり、それは絶対的な必要性は存在しないことが大天使ミカエルが教えてくれたことです。私がアセンションに向かう時に「我々が相手を許さなければならないという法則は存在しない。怨みを持つことはいつか溶けて行くだろう」という方針を採ったのは、自分の性格がそうだからであり、かつ、両宗教の人口比も参考にしたからです。「相手を許さずに恨む人のほうが圧倒的に多いだろう」と思えたからです。また、被害者の側に「あなたは加害者を許すようにするべきだ」という二重の責め苦を与えないことはとても大切だと思うからです。自分の生得的な感性から考えても、善と悪の筋を無視するのは変だと感じます。一つ述べておきたいのは、日本人は「怨み」と言うと、誰か特定個人に対するもののようにイメージする人が多いですが、私の性格としては「誰」よりも「何をどのように」であると理解しています。つまり、長期的には「何をどのように」であり、短期的な視点では「誰」を考えます。

 キリスト教の極端(悪人を許す=ハートが3Dを無視すること)と、イスラムの極端(宗教マインドが社会でも金融でも食事でも、徹底的に突き進む=マインドが3Dを無視する)は、共にアンバランスだと思います。一種のマトリックスに近いかも知れません。

●The Pleiadians via Michael Love, June 8th, 2019【当ファイルの発想=201906100559の直前に出たので、このメッセージは予言です
https://sananda.website/the-pleiadians-via-michael-love-june-8th-2019/
"EXPECT POWERFUL MAINSTREAM NEWS COMING OUT BEFORE JULY 4TH, REGARDING THE OLD MATRIX SHUTDOWN THAT IS IN PROGRESS!"
『今起きている古いマトリックスの閉鎖に関する強力なメインストリームニュースが7月4日までに発表されることを期待して下さい。』
"TRANSMUTING LOWER ENERGIES IS A MONUMENTAL TASK THAT ONLY THE STRONGEST BEINGS IN THE UNIVERSE CAN DO, SO WE SALUTE YOU GREAT ONE! THIS GRAND TASK IS ONE OF YOUR MAIN DUTIES ON EARTH AS AN EXTRATERRESTRIAL BEING OF LOVE AND LIGHT!"
『低いエネルギーを変容することは宇宙で最も強い存在だけがすることができる記念碑的な仕事です。よって、我々はあなたに敬礼します、偉大なる者よ! この大いなる仕事は愛と光の地球外生命体なる存在としてのあなたの地球上での主要な義務の一つです!』

 やはり、「無条件の愛で悪人を許す」というのは3D人間(肉体人間)としては無理がありますよね。あなたは敵の事ばかりに注意を払っていますが、一番大切な人を忘れていますよね。自分自身に対してはいかなる時も無条件の愛を集中しましょう。

●Aphrodite, June, 2019
https://sananda.website/aphrodite-june-2019/
"One cannot stand in mastery if one has not mastered the art of unconditional love. I call it an ‘art’ because it is a way of thinking and being that is not congruent with human nature."
『もし人が無条件の愛の作法を習得していなければ、マスターとして立身することはできません。私はそれを「作法」と呼んだ理由は、それが人間の本性と一致しない考え方であり、在り方だからです。』

 我々が3D人類の平均から考えれば、キリスト教のハートとイスラムのマインドの無理を解いて、人間の本性にとって優しいものにすることが必要でしょう。そうすれば、すべての人間に近づくと思います。

●Atmar: Sun and Moon
https://eraoflight.com/2019/06/04/atmar-sun-and-moon/
"This is the lesson that is given to all human beings now that the forces of cold light make the final blow."
『これは、冷光の力が最後の打撃を与えるようになった今、すべての人間に与えられている教訓です。』

 両宗教の無理を3D世界で実行させようとして無理強いされたと感じている人々は、それは精神的な領域なので、一瞬も休まることなく時を過ごした結果、病んだ人も多いのではないでしょうか。

●Kuthumi: Bold In The New Time【当ファイルの発想=201906100559の直前に出たので、このメッセージは予言です
https://eraoflight.com/2019/06/05/kuthumi-bold-in-the-new-time/
"Courageous in the new age is to want to heal everything that is still sick and to accept everything that appears.
It is of the utmost importance that you understand this need today and that you respond with determination.
The true revolution is you!"
『新時代に於いての勇気とは、未だに病んでいる全てを癒したいと思い、現れている全てを受け入れる事です。
この必要を今日あなたが理解し、決定してそれに応じることには最大の重要性があります。
真の革命はあなたです!』

●KaRa, KaEL and OWS via James McConnell, June 2nd, 2019【当ファイルの発想=201906100559の直前に出たので、このメッセージは予言です
https://sananda.website/kara-kael-and-ows-via-james-mcconnell-june-2nd-2019/
"You are evolving. You are moving into a higher state of consciousness. A giant leap, you might say, of evolution is at hand. And those of you, the Lightworkers and, even more importantly now, the Warriors of Light, the ones who are ready to stand forth in their power and spread the light wherever they can, spread the love, share what they know to those who are ready to hear, to those who have the eyes to see and the ears to hear. You are the emissaries here, just as we are the emissaries coming to you."
『あなたは進化しています。あなたはより高い意識状態に移行しつつあります。 あなたがそう言うだろう進化の大きな跳躍は手元にあります。そしてあなた方、ライトワーカー達、今はますます重要になっている光の戦士達は、彼らの力の中で強く立ち、彼らができるところならどこにでも光を広げ、愛を広げ、見る目と聞く耳を持っている人に彼らが知っている事を分かち合う準備ができています。私たちがあなた方のところにやってくる使者であるのと同じように、あなたはここでの使者です。

 『善は善であり、悪は悪である』という私の性格が今回の発見へと導きました。しかし、人間はネガティブなことに集中できないと思います。だからカルマの法則があるのだと思います。しかし、自分がカルマの法則を管理している訳ではないので、自分は自己愛へと集中します。私は光の周波数が上がる事に対して抵抗をしない自分になるように肯定の道に入るだけです。私の「許さない」性格はARIONの1002預言でも示されました。「許さない」という性格は、善は善、悪は悪だという認識から来ています。地球に来た使者の性格は「善は善、悪は悪だ」という性格でした。

●Apollo: As The World Turns
https://eraoflight.com/2019/06/10/apollo-as-the-world-turns/
"We are simply no longer in that reality even though we are physically here. Increasing numbers of humanity are awakening. The U.S. is pivotal in this rising tide of change."
『物理的にここにいるのだとしても、私たちはもはやその現実に単にいません。ますます多くの人類が目覚めています。アメリカはこの変化の潮流に於いて極めて重要です。』

・次のメッセージの"NEX POST"は当ファイルだと思いました。

●Quan Yin and Gaia: The Upcoming Wave of Releasing【当ファイルの発想=201906100559の直前に出たので、このメッセージは予言です
https://eraoflight.com/2019/06/06/quan-yin-and-gaia-the-upcoming-wave-of-releasing/
"I have asked the Divine to make sure all of these light workers get to their location quickly. That is needed. Gaia needs the support from these light workers at their exact locations, and Gaia’s next move is coming. So, do what you can dear heart, and get to your next post. Know you are needed. Gaia needs you to be in the next post. Gaia’s next release is going to be intense."
『私はこれらのライトワーカー全員が確実に彼らの居場所に早くたどり着くことを神に頼みました。それは必要です。ガイアは、これらのライトワーカーの正確な場所でのサポートを必要としており、それでガイアの次の動きがやってきます。だから、あなたができることをして下さい、親愛なるハート【註:単数】よ、そしてあなたのNEX POSTを得てください。あなたが必要とされていることを知ってください。ガイアはNEX POSTのためにあなたを必要とします。ガイアの次のリリースは激しいものになるでしょう。

●The Arcturian Council via Daniel Scranton, June 13th, 2019
https://sananda.website/the-arcturian-council-via-daniel-scranton-june-13th-2019/
"We would say make sure you’re doing all of those things for the entire week after because we can feel how big the effects are going to be on all of you."
『私たちは、その効果があなた方全員にどれほど大きな影響を与えるのかを感じることができるので、私たちはあなたがそれらのことの全てを一週間の間ずっとやっていることを見届けると言います。』

●Message from Ra of the Arcturian Council via Camilla Nilsson, June 17, 2019
https://sananda.website/message-from-ra-of-the-arcturian-council-via-camilla-nilsson-june-17-2019/
"New exciting energy times are waiting. We rejoice and cheer you all on."
『新しいエキサイティングなエネルギー時代が待っています。私たちは皆さんすべてへの喜びと歓声を上げます。』

・このファイルを作成中の2019年6月16日(日)には、私自身がclairvoyanceのような状況を体験しました。眠って夢を見ている時のようにイメージが次々と見えるのです。急に何か動物のイメージが出てきたりします。特定の対象に私が注意を向けると展開が変化したりしました。今はこのファイルを作っていて、忙しいですが、もうすぐ完成します。マインドによって自己愛を理解し、それを実行して自分を脳内回路から自由にすると、実現します。

●Lady Portia via Natalie Glasson, June 21st, 2019
https://sananda.website/lady-portia-via-natalie-glasson-june-21st-2019/
"Realisation is the key to all aspects of spiritual development, it is something that beloved Saint Germain and I have discovered; it is akin to a magic wand that grants all your wishes."
『理解⇒実践⇒実現は霊的な発達(全ての側面において)への鍵です、それは最愛のサンジェルマンと私が発見したものです。それはあなたの願いをすべて与えてくれる魔法の杖に似ています。』

●Brenda’s Blog via Brenda Hoffman, August 31st, 2018
http://sananda.website/brendas-blog-via-brenda-hoffman-august-31st-2018/
"For even though your recent or soon-to-be creations are perhaps wondrous, they are merely the first building blocks of your heaven on earth."
『あなたの最近の、あるいはまもなく創造される作品は、おそらく驚くべきものですが、地球上の天国の最初の構成要素に過ぎません。』

●Brenda’s Blog via Brenda Hoffman, June 14th, 2019
https://sananda.website/brendas-blog-via-brenda-hoffman-june-14th-2019/
"The difference is you are not creating one item, you are creating a new society."
『その違いは、あなたが一つのアイテムを創造しているのではなく、あなたは新しい社会を創造しているということです。』
"Yet, you are allowed to function with few, if any restrictions. Such is your indicator that you are rebuilding earth’s humanity - one self-loving action after another.
Allow yourself to know that you are different than most others.
Because you are different, you are reinventing earth one love bomb at a time. Those love bombs start with the self-love readily displayed to others. Giving all humans a view of the possibilities."
『何か制限があるとしても、あなたはほんの少人数で機能することを許されています。それはあなたが地球の人類を再建しているというあなたの指標です - 自己愛の行動を次々と。
あなたがほとんどの人とは違うことを認めて下さい。
何故ならあなたは違うので、あなたは地球の一の愛の爆弾を一度に再発明しています。それらの愛の爆弾は他人に直に表示される自己愛から始まります。すべての人間に可能性の一つの視点を与えています。』

●Mother Divine via Karen Vivenzio, June 19th, 2019
https://sananda.website/mother-divine-via-karen-vivenzio-june-19th-2019/
"Soon we shall see your dear heads appearing up out of the mist, above the clouds of deception, and into freedom at last. It all begins with one simple step."
『すぐに私達はあなたの親愛なる頭が霧の外に、詐欺の雲の上に、そしてついに自由の中に現れるのを見るでしょう。それはすべて1つの簡単なステップから始まります。』

・マトリックスによる強い洗脳状態が溶けると、恐怖の発想から遠ざかるでしょう。人類全体がそうなればコンタクトも現実化して行くでしょう。

●The Arcturian Council via Daniel Scranton, June 14th, 2019
https://sananda.website/the-arcturian-council-via-daniel-scranton-june-14th-2019/
"So, when you have that desire for full and open contact, please know that it’s going to happen when everyone is ready for it, including those who live in abject fear of an attack from an e.t. race."
『それで、あなた方が完全で開かれたコンタクトを望んでいるとき、ET人種から攻撃されるのではないかという恐怖を放棄した者を含んだ皆の準備ができたときに起こるだろうということを知っておいてください。』

●KaRa and OWS via James McConnell, June 16th, 2019
https://sananda.website/kara-and-ows-via-james-mcconnell-june-16th-2019/
"You have raised your vibrations enough so that we can safely meet with you, not only for our own vibration, but to not overwhelm yours.
You have to understand that higher vibrations coming into a vicinity of low vibration can short out the central nervous system. This is why we, those of us that have been watching over this planet for so long, this is why we have not yet made contact, full contact. Yes, with some here and there. But there are many things that are looked at, that are considered, before these contacts can occur.
This group, and many other groups across the planet, are being prepared in this way so that you will be able to have contact with us, so that your vibrations will be high enough to meet with our vibration."
『あなたは、私達があなたと安全に会うことができるようにあなた自身の振動を十分に上げました。それは我々自身の振動のためだけではなく、あなたの振動を圧倒しないためにもそうなのです。
あなたは低い振動の近くに入って来る、より高い振動が中枢神経系をショートさせることができることを理解しなければなりません。これこそ、この惑星をずっと長い間見守ってきた私たちが、まだコンタクトを、完全なコンタクトをしていない理由です。はい、幾人かはあちらこちらにいます。しかし、これらのコンタクトが発生する前に、検討され、考慮されていることがたくさんあります。
このグループ、そして地球上の他の多くのグループは、私たちの振動と出会うのに十分に高いものとなってコンタクトすることができるように、このように準備されています。』


 このファイルを公開したタイミングは、日本の皇年号が平成から令和(Reiwa:2019年05月01日(水)から)に変わってから52日後の2019年06月22日(土)でした。東京オリンピックは2020年07月24日からの予定なので、まだ開かれていないというタイミングです。(201906220549)


[生まれる想い(目次)]に戻る
free counters