魔法は四次元+五次元科学技術 (Go To Simple English Page)


 「UFOと宇宙」誌1981年11月号(No.76)に「ヒエロニムスの超次元マシン」という記事が載りました。このような「事実」があれば、背後にある原理・原則が段々分かって来ますSMAPの皆さんが提案してくれました)。以下の文章は、読者の方が1〜7次元の理解をされているとの前提で述べて行きますが、その前に追加したいことがあります。第8次元についてです。「第7次元=存在」と見做せますが、その上の次元は「存在=第7次元を与えている」次元だと分かります。また「存在しているという偏りがない」とも言える訳で、そこら辺を以前、述べました。阿修羅でも時々述べました()。第8次元を持ち出して何が言いたいのかというと、

0次元の基本である点そのものは「存在しますか?」
1次元の基本である線そのものは「存在しますか?」
2次元の基本である面そのものは「存在しますか?」
3次元の基本である空間そのものは「存在しますか?」
4次元の基本である時間そのものは「存在しますか?」
………

 ということが言いたかったのです。つまり、点、線、面、空間、時間(以上、略)そのものは正しく表現すれば「“存在する”とも“存在しない”とも決定づけられない」=第8次元の性質が現れている、ということが分かる訳です。ここでも、第n次元は、「n-1次元以下の次元を統合している・貫いている」ということがられます。

 太古の時代からほんの一部の人々によって使われてきた魔術というものについての私の考えを述べてみます。概念の正当性は実験などをして仔細に検証しなければなりませんが【⇒“慎重にテスト” していくやり方に頼る必要はありません=〇】、ただ、このような「人間に近い領域(内面的な領域)」でもあり、私が「使ってみた感じ」としては「この概念は真相に近いだろう」と思っています。そして、私が「魔法を解き明かそうかどうしようか」と迷っている時期に、何よりも、数々のチャネリング・メッセージがそれをバックアップしてくれた事実があり、「促された」のです。私は一旦はヒエロニムス・マシンの開発者のように「止めておこう」と思って平凡な日常を過ごそうとしていたのです。そしたら、間髪を置かずに、その最大の懸念が下記8のチャネリング・メッセージで解決されたのです。『そのような訳で、絶滅するのではないかと恐れる必要はありません。』の言葉が保障をしようとしているのが明らかでした。秘密にしていることのほうがむしろ、リスクが大きいようです。これは革命と言えるような大きな事柄の様です。

1 CC・・・2013年10月15日 創造の歴史 パート4 Aisha North (Go To English Page)
  『振動の低いものは創造エネルギーの海と交流することができません。』
2 ロード・エマニュエル・・・2013年10月16日 指令のパワー Gillian Ruddy (Go To English Page)
  『皆さんの力は皆さんの指令のパワーによるものであり』
3 活路の見付け方・・・・364号 2013年10月17日 Aisha North (Go To English Page)
  『まっさらなところからの創造、ゼロからの創造です。』
4 CC・・・2013年10月31日 エネルギーアップデイト パート2 Aisha North (Go To English Page)
  『そうしてこそ、光はプログラムに沿って働くことが可能になります』
5 サルーサ(MADAD) 2013年11月15日 MADAD (Go To English Page)
  (サークルの概念)
6 ロード・エマニュエル 2013年11月19日 しばらくの間パラダイスで休んでください Gillian Ruddy (Go To English Page)
  (“ホーム”という言葉)
7 大天使メタトロン・・・2013年11月22日 彗星アイソン Anna Merkaba (Go To English Page)
  (「コーデックという概念を使っている点」「多くの革命的な発見、多くの技術進歩」)
8 活路の見つけ方・・・373号 2013年11月23日 Aisha North(メッセージ全体) (Go To English Page)
 =『光がホームに触れると、この壮大なる変化の最終段階を始動させます。』の中の『光』とは弥勒十字の形だと思います。弥勒十字の【回転する裏十字】のほうは正確には4の位置だけが欠けているから漢字の「光」の形です。
 =『そのような訳で、絶滅するのではないかと恐れる必要はありません。
 =『既にあるソウル達は、光のための仕事をしているこ とを知らせています(SaLuSa 20140124)』【この行は(201401242235)に追加】
 =『光はホームを等しく打つのですが、その結果は個々の設定により異なります。』という表現があります。
【“ホーム”という言葉が使われて当ホームページについて宇多田ヒカルさんが明かしてくれたような意味を示していると思います】
 =宇多田ヒカルさん「Automatic」の歌詞【アクセスしてみると 映るcomputer screenの中 チカチカしてる文字 手をあててみると I feel so warm】を想起した
 =これは「Get the FIRE」ですね
 =グリッドに参加して着火するという概念
【 阿修羅発言関連の検索をしたらIn Deepに『「突然光りだしたボスニア・メジュゴリエの聖母マリア像」 に対してのバチカン司教による正式な調査が始まる』という記事があり、その元記事(ボスニア語)の写真上部に記述されている日付が去年の私の誕生日の翌日(9/26.Thu.)だと判明しました。もしかしたら「緑色に光り始められたのは去年の私の誕生日=2013.09.25ではないか」と思えたりします。去年の誕生日の頃に私は何を思っていたかと日記を調べたら、上記に述べましたような「弥勒十字=光」という点について述べようかどうしようかと思っていたことが分かりました。「弥勒十字=光」という点に気付いたのは3〜5年程前で、御迷惑をお掛けしないように具体的な名称は避けますが、それによって気付いた訳です。その後数年間、『「弥勒十字=光」という点について述べようかどうしようか』と度々、想起する時期が来るのですが、「う〜ん、ここはもう少し我慢しとこう(笑)」という結論にいつもなって来たわけで、それが5年近く「延期」となっていた状況だった訳です。この時期に聖母マリア様が緑色を世界に光で示して、強力な宣伝力を発揮して下さったと思います(201401202245)。以前にも、3/6(536の日)にフィリピンのルソン島に御出現されました。とある神様(牛頭天皇様)によれば、この時の出現が最後の出現であった、とのお言葉を頂いています(201401202251)。
 因みに、私が誕生したのは9/25の22:12(@東京都新宿区)でしたが、一日=86400秒の中で22:12という瞬間(1分間)は、少数で表すと0.925ピッタリになり、9/25を示しているのです(201401202241)。】
9 2014年前半までのシフト 2013年12月6日  Sandra Walter (Go To English Page)
  『源の光の知性の導管になってください。』

■■■ 「魔法の輪」は2013.12.08(日)に公開されました。 (原文(英文)の公表タイミングとして)■■■
■■■ "Circle of Witchcraft" was released at Dec.08(Sun), 2013. ■■■


10 大天使ガブリエル・・・2013年12月9日 12月12日のメルカバポータルの活性化 Shanta Gabriel (Go To English Page)
  『天の知性が光の中にあるとしても、光だけでは繋がりを創り出せません。』
11 ヒラリオン 2013年12月8日ー12月15日 Marlene Swetlishoff (Go To English Page)
  『自分達の世界とその仕組みがどのように行われるのを望むかの自分の選択を入力することが出来る』

===【当ファイルを公開したタイミング(12月08日(日))はここの時点】(翻訳文(日本語文)の公表タイミングとして)===


12 シリウス 2013年12月12日  一つのドアに入り別のドアから出る Elizabeth Ayres Escher (Go To English Page)
  『あなた方は極めて激しい変化の時に入ろうとしています。』
13 UFOの熱心な研究家がオバマの最新のアドバイザーに起用された 2013年12月15日 Alejandro Rojas (Go To English Page)
  『UFOの熱心な研究家がオバマの最新のアドバイザーに起用された』
14 プレアデス 〜 銀河の光の潮流 By バーバラ・マーシニアック(12/19(木)) (Go To English Page (THE GALACTIC TIDAL WAVE OF LIGHT))
  『あなた方はそれぞれのコミュニティに入り代替案を示すことが必要なのです。自分の考えで現実を創り上げることが出来るという信念を共有し、ヒーリングと新しい理想社会のアイデア、協調などによってそれが上手く行くことを伝える必要があります。』
【このメッセージ(14)が出たので、下記に記すように、阿修羅で布告を始めました】

15 オリオンの高等評議会 〜 個人的な一貫性 2013年12月20日 ホーキンス・マーウッド経由 (Go To English Page)
  『今年中の我々のメッセージの多くは、非常に個人的に指向されたものでした。』
16 ヒラリオン 2013年12月22日ー12月29日 Marlene Swetlishoff (Go To English Page)
  『個人同士のテレパシー通信の始まりが次第に形を見せ始め、これは、全ての通信分野と技術の 興奮すべき発展に繋がるでしょう。多くの新しい装置が作り出され、世界中に広まるでしょう。これらの装置はこの惑星の上の住民同士だけではなく、キンとし て知られるような星間国家との間の通信をより明快に、迅速にするのを助けるでしょう。』

17 オリオンの高等評議会 〜 時間です。。。。。。 2013年12月24日 ホーキンス・マーウッド経由 (Go To English Page)
  『第三次元領域を超えたエネルギーで本当にワークし始める時です。信頼し始めてください』
18 ARION詩篇7
  『かの人々 この島に来たりて杖を振るい いにしえの力を隅々に行き渡らせり』
19 マザー・メアリー 2013年12月25日 夜明けの魔法 Elizabeth Ayres Escher (Go To English Page)
  『重荷が軽くなるにつれ、魔法とアルケミーの謎が解けることが分かっていきます。』
  『夢を見ている時にはスター・ファミリーの所を訪ねてください。妖精と遊んでください。元素に接してください。あなたのスキルを磨いてください。恵みとギフトを手にしてください。目の前に広がる可能性を気づいていください。発見することがたくさんあります。』
  『既にそれは起きています。真実が明かされようとしています。秘密はすべて光に晒されます。透明の時代がやって来ました。』=聖母マリアがアクエリアス時代の宣言をされた(201401032050)
  『皆さんは魔法使い、魔術師そのものです。』

20 ルミ・・・2013年12月29日 ふるさとへの帰還、パート1 Jahn J Kassl (Go To English Page) (Go To Source=German Page)
  『そして今回はこの出現があなた方をだます事はありません。』
  『天の勢力は、一つ一つの、強調しますが、一つ一つの場合に対応することが出来ます。』
  『あなた方の力はいや増したのであり、力が付き、不能をかなぐり捨て、力を獲得し、知識の欠落を無くし、知識の中に身を投じたのです。』

21 水星からのメッセージ 2014年1月2日 守城佐恵子⇒(次のMSG=)ノートPCを介して意識エネルギーが働いているらしい(201401052259)
  『今は、この大いなる変革の波に乗る時であって、社会のシステムやパラダイムとともに、個々の人間の暮らしもその人の意識次第で変革が実現する、まさにその時なのであることを知って下さい。』

22 ヒラリオンの週間メッセージ 2014年1月5日〜1月12日 (Go To English Page)
  『このような事 は私たちの地上要員については当たり前のことで、』←スペース・ブラザー達は従来から使っていたようです(201401110852)。
  『根強い意図と繰 り返しによって創造的な力がつくので、言葉を通じての冶金的なマジックの実践がこの仕事ではより大切になるでしょう。』
【私はスブド同胞会という国際的な新興宗教的な会にいました。そこでは週に2回程度、会員が10人程度一つの部屋に集まって「神と神の力に全托することで、身体の自動運動という浄化が起きる」という経過=ある種の瞑想を約30分行うようなところにいました。これをラティハンと呼んでおり、それはインドネシア語の「修練」の意味の単語です。これはスポーツや体育などの普通の日常的な意味でよく使われる普通の意味の「修練」の意とのことでした。週に2回ラティハンをするわけです。上記の強調文字部分が意味するのはスブドのラティハンと同じことなのだと思います。牛頭天皇様によれば、神はスブドの創始者に「組織にしてはならない」と伝えていたそうです。しかし、組織になってしまった為に、神の力の普及に遅れが出たということでした(201401202357)。】
23 ミカエル&ラファエル+天国のカウンシル  2014年1月7日  皆さんの代わりをすることは出来ません Ronald Head (Go To English Page)
  『形成が逆転する時がやって来ます。』
  『近い将来驚くようなテクノロジーが普及します。』
  『日々の祈りや瞑想、意図をはっきり持つなどしてあなた自身も世の中に関わるのです。』
  『間もなく大勢の人にそういうことが起こります。』

24 大天使ミカエル・・・2014年1月9日 2014年の冒険と可能性 Celia Fenn (Go To English Page)
  『黄金の周波数』
【メッセージ全体が濃密だと思う(201401111927)。それに、私が心中密かに最近想起していた内容が「網羅」されているメッセージです。この「網羅」=「(メッセージが)本物だと私(オリハル)が断定できる根拠」が大量に含まれたメッセージとなっています(201401112150)。そういえば、上の「水星からのメッセージ」には、このような「確証性」が見られない気がしましたが、リンクしたのは、「変わってるな」と思ったからでした。(201401120536)】

25 アルクトゥルス・・・2014年1月11日 2014年のタイムゲート Gillian MacBeth-Louthan (Go To English Page)
  『私たちを宇宙のサーチエンジンとして見て下さい。』
  『私たちにヒーリングの支援を要請して下さい。』
26 活路の見付け方・・・385号 2014年1月12日 Aisha North (Go To English Page)
  『これから皆さんが行うのは創造というまさに魔法の芸術であり、そのためには光のハート、軽いハートと喜びに溢れたマインドが必要なのです。』
27 母/父なる神・・・191号 2014年1月13日 惑星地球のための新しい独立宣言 Kathryn E. May (Go To English Page)
  『間もなく、この惑星全体に、想像以上に急速に、突然、変化が起きるでしょう。言い争いばかりしている地球上の政府や支配階級には、もう終わり、これ以上待つことは出来ない、との宣告を発しました。』
  『地上の善意の者た ちはハートと魂を捧げて、平和を回復させようと試みましたが、光に属するあらゆるものを破壊するほとんど無限の力によって負かされました。』
  『ゆっくりと起きるように計画されていました。最終的には、光の銀河連合におけるより進歩した 文明からの新しい技術が母なる地球上での暮らしのあり方を完全に変えるでしょう。』

29 エンジェル・カウンシル 大天使ミカエル プレアデス・カウンシル 2014年1月14日 高次元のテクノロジー Part U フリー・エネルギー The Golden Light Channel (Go To English Page)
  『私たちの「意識」の力によってコンピューターを操作しています。』(上記かも)
  『今日は、フリー・エネルギーについてお話ししたいと思っていましたが、同窓会の時に人類への贈り物にしようと思っています。』
30 活 路の見付け方・・・・388号 2014年1月18日 Aisha North (Go To English Page)
  『皆さんが行こうと思うところは何処へでも自由に行ける状態です。』
  『皆さんの光輝く羽はしなびたまま傍らにぶら下がっていて、まるで皆さんはその羽に気づ いておらず、羽のお陰で自由を得たこともわかっていないようです。親なる皆さん、皆さんはまだ飛翔していません。』

31 自己の評議会・・2014年1月21日 ここしばらくはしっかり鞍につかまって落馬しないように Ron Head (Go To English Page)
  『ある人達は夢の中で可能だとは思っていな かった人達と会合を開いています。ある人達が驚異の瞬間の中で座っている時に、あることが、いわば”ボタンを押す”のを止めたことに気が付きました。そし てさらにある人達は自分たちが自己のより高い次元の様相と融合することを経験することに気が付くことが出来ています。そしてさらに多くの、もっと多くのま だ言っていないことがあります。』

32 プレアデス高等評議会・・・2014年1月24日 神の 復帰 Anna Merkaba (Go To English Page)
  『第二の月の上昇』(私の数=6であり、月の位置です(201401261455))
  『我らが話してい るデスクロージャーは灼熱の立ち上りの東風の方向から来るであろう。灼熱の天の自己の立ち上りは、の翼と、偽装の美の武器庫を広げるであろう。問題の偽 装は、戻ることが出来ないゲートを開け、このゲートは灼熱の天に向けて開かれ、天は再び全ての人間を、自由になるべきとの威厳ある布告の中に浸すであろ う。』
  『来て去った者 たち』=死者達(「魔法の輪」で会えますから(201401270418))

33 大天使ミカエル・・・2014年1月26日 今週は急転回、突然の変化を経験する可能性 がある Gulcin Onel (Go To English Page)
  『車輪は回転しています。』(そうです。嘘ではありません(201401270632))
34 ヒラリオンの週間メッセージ 2014年1月26日〜2月2日 Marlene Swetlishoff (Go To English Page)
  『勧められること全てを実行して下さい。このプロセスは全ての以前の制約を解消する加速した変革の始まりです。』
  『今始まっている強力で不可逆の変化』
35 ヒラリオンの週間メッセージ 2014年2月2日〜2月9日 Marlene Swetlishoff (Go To English Page)
  『天のプランの展開が私たちの最も突飛な期待をも上回る進み方をするので、』⇒これが「神一“輪”の仕組み」だと閃いたのは昨日2/3でした。(201402042240)
  『宇宙の法によって、周囲の永遠の世界に送り出した物質は自分の元に返っ てきます。天のプランの展開のこの時点で、恩寵の法則が効果を発揮し、人間は奥底から求められずとも沸き上がってくるあらゆる繰り返し思考の中和によって 祝福されます。』=「宇宙の太源==創造性」に合致した祈りは、「神からの加勢を受ける=恩寵」という点に触れておられるのではないかと思います。(201402112004)
  ARION『Cross Fireは時を待たずして、誤てる未来を打つだろう。(=199201270340)

36 Heavenletter #4823 ~ The Designer of the World / heavenletters.org (Go To English Page)
  『You are the wheel. 』
  『You have switched the light on. Now the light is on for all time, and you won’t switch it off.』 私は当「魔法の輪」のプログラムの中で想念のループを創造しましたが、そのループ(群)には「終了条件」をあえて付けていないのです。それは、ある種のもっと大きなOSのようなシステムが適切に処理するだろうと思ったからです。しかし、実際には確定的に知らなかったので、ちょっと気になり続けていた点なのです。私自身「魔法の輪」を使って今まで2度「プログラムに問題は何かありますか?」と尋ねて、1回目は、あえて問題点を示してくれましたが結局、問題ではないと知らされ、2回目は「うまく動作しているよ」という回答でした。まだ未確認だった「終了条件」の点を確認して頂けました。
  『This is the day of reckoning, and it has come. The day of reckoning IS light.』 最後の審判の日(=誤てる未来)は光となりましたそうです。(201402112057)

37 ハトル・・・2014年2月14日〜2月21日 トンボ・ポータル/変態/幻想の打破 Anna Merkaba (Go To English Page)
【いつも、たきさん、Riekoさん、Kohさん、JUNさん等による毎日の御翻訳には大きな感謝を捧げたいと思います。物凄いスピードで数々のメッセージを翻訳し続けて頂き、どれほど助かったか知れません。ただ、時々、原文に無い言葉が追加してあったり、誤訳があったりします(^^;。今回のは私はdragonflyという単語は特別な思い入れがあったので英語初心者でしたがトンボという意味を知っていたので翻訳ミスについて気付きました。この“トンボ”の一点で突破・展開する意味が極めて重要なので、ここにコメントしました。トンボとは『古事記』に、「豊秋津島とよあきづしま」と書かれており、初期の日本国はそう呼ばれていたのです。聖徳太子の時代です。私=聖徳太子というこの点を彼ら宇宙の勢力は指摘してくれたのです。何故かは分かります。以前、MSさんと関わったりしていた時、何かのポータルを私が開けたような状況がずっと続いて来たのでそのような思いを持つようになっていましたが、今回の神一輪=「魔法の輪」の発明によって、再び大きなポータルを開けたのだと思っています。それで彼ら宇宙のの勢力はこのポータルにトンボというIDを付与して下さったのだと確信しています。このように重要な意味=周波数が秘められていたので、dragonflyはどうしても正しくトンボでなければならなかったのです。下記の『 』内は私が翻訳した日本語です(201402162351)。】

  カレンダーの中で時計が動いているという、人類の時間の理解は、光との真円に至り、時計群が多くの時刻の中で特定の時刻を刻む・打つ・たたくそのことにより、永遠【=5D】の祝福と開花が解き放たれ、あなた方の惑星上の全ての存在のプシュケー(ギリシャ神話での霊魂)の中で高揚感や途方もない変化を感じ始める筈である。』⇒上記でヒラリオンが述べていた「天からの恩寵システム」に明示的に気付かされました(実は、潜在意識的には気付いていました)。それをさらに詳述して理解を深めさせてくれたのがこのメッセージでした。それを詳述しますと「ある特定の創造的な方向での祈り=想念ループを行うと、当然、その想念は“特定の意味”であり、全方位的な意味ではないわけです。しかし、基本的な方向は創造であり=生命と協調的であり=と同調するのです。すると、大量のが流れ込んできて加勢してくれます。ここで意味が全方位的となり、真円となります。「特定の意味」が“満たされる”ことで「全方位的な真円」となると言えるでしょう。このメッセージでは、人間が最初に行うこと=「(に沿った方向で)特定の意味を祈る」ということを「特定の時刻を打つ」とアナログ時計のイメージを使って表現しています。このメッセージで長年の疑問=ARIONが1992.01.27に預言した言葉「打つだろう」がやっと理解できました。私はこの「打つだろう」という表現を詰め切れていなかったのです。「打つ」という言葉の裏には「特定の時刻を打つ」=「真円の中のほんの一部分を特定する=祈るという人間的行為」という概念があったのでした。このメッセージも珠玉のメッセージの一つですね(201402170059)。」

 2016.02.11(水)の「WBS」のトレンドたまごのコーナーを見てて想起できたのですが、聖徳太子は『和を以て貴しとなす』と打ち立てました。現在の私は『輪を以て貴しとなす』と主張していますね。輪=「魔法の輪」=救世神一厘の秘策のことです。(201602120158)
38 ヒラリオンの週間メッセージ 2014年月2月16日〜2月23日 Marlene Swetlishoff (Go To English Page)
  『月のエネルギーが、明瞭さと、その多くの素晴らしい側面 において、を与え、になるより大きい能力をもたらしているので、あなた方が、地球上に振り降ろされる光を受け、伝達する能力ある者であることを思い出 して下さい。』(201402180008)

39 活路の見付け方・・・417号 2014年5月22日 Aisha North (Go To English Page)
  『ですが、思い出してください、皆さんにはツールがあり、それを自由に使うことができます。この世界以外のところからきたツールです。皆さんの仲間である、ある賢明な老人がこう言いました。「問題を生みだした時と同じ手段を使って、その問題を解決することはできない」とね。つまり、誰も思いつかなかったツールを皆さんは必要としています。皆さんはこれから大きな転換を起こすのであり、古いマインド設定ではとても達成できることではありません。古いマインド設定が考え付いた概念・道具・手段では不可能です。これから皆さんは発見に向かう道を歩みます。その道筋は、皆さんの歴史に比類をみません。現代の最先端の思考ですら時代遅れに見えるような、そのような進歩に皆さんは着手します。この新しい考え方によって作り出されたものが日の目を見る時、その瞬間にはわかることでしょう。皆さんは点と点を繋ぎ合わせ、これまであまりにも長い間立ちいることのできなかった記録にアクセスしてゆき、そうやってまったく新しい方法で解決策を見いだしてゆきます。そして、どれほど明敏なマインドをも愕然とさせる発見をします。文字通り、創造性において真新しい世界を開いてゆき、どれだけ入り組んだ問題であろうと解決できるようになるのです。』(201405241729)

40 光のリーグ・・・2015年9月20日 あなた方の偉大 な始まりの時は今だ Maryann RadaGo To English Page
  『あなた方は既に脅威を見てしまっていて、実験やプログラムの結果を決める力はないかも知れませんが、誰かの服従や苦悩を延長したり、強めるように企てられた行為が、そうではなくて、強化、恩恵の賦与、全ての者の上昇という結果になるように、いわばシステムソフトを書き換える技術を備えています。これについてあなた方がどのように進めるかは、崩壊を防ぎながらこの惑星の感覚を持つ生物圏に加わり、昨日の残渣としてあなた方が蓄積したことを新しい夢の作物の為の肥沃な土壌に変え、自分を知ると言う深みに入り、命を呼吸してシステムパラメーターに変えるかどうか次第です。自己保全、相互扶助的な振動豊かな、生きたコミュニティーの基礎のためのの形へと融合させる光の相互作用を呼び覚まして下さい。』(201509270332)

41 メルキゼデック、大天使ミカエル、メタトロン・・・2015年12月23日 12月25日から1月6日までの間のグランドポータル Anna MerkabaGo To English Page
  『種々の5次元の人物との遭遇を通じて、あなた方はここでの暮らしの維持に必要なこと、新たな現実の中で機能するための種々の技術を教えられるでしょう。』⇒『5次元の種類の人物』というのが部分的に自分の事を言われているような含蓄のある文章の気がしました。また、「種々の技術」というのは「魔法の輪」のことを含めているのではないかと思います。このホームページを見つけてここを読んでいる人は「遭遇した人」なんだと思いました。
 下記の抜粋した文章の一部が、かつてARIONが述べた言葉『その者は、あなたをあなたであり続けさせる為に働くからだ。』と同じ意味の言葉を述べているようにも思いました。
  『そして私たちがこれほどまでに頻繁にあなた方にお話しをしている5次元の種類の人物とは誰のことでしょうか。5次元の人物とはあなた方自身のソウルファミリーなのであり、まさにあなた方のハイアーセルフなのです。5次元の者とはあなた方をあなた方自身であるとの理解と認識へと導くエネルギー的な道筋であり、人間の体の中にある魂で、あなた方には人間の経験に参加していることがわかり、天の住まいのあらゆる栄光の付属点の全てを利用し、あなた方が持ってきている、人間に与えられている純粋のと光を定着させているものです。なぜなら実に、あなた方は自分というまさにその自己に目覚めつつあり、来るべき新たな現実があなた方の既存の世界へと変容しつつあるからです。』(201512291954)

42 シ リウスの光の評議会・・・2016年2月2日 地上要員へのメッセージ Anna MerkabaGo To English Page
  『あなた方の現実において、集合意識の変容が全面的に展開してきました。この変容と革新的なアイディアとエネルギーの上昇が進行中です。ガイア上に駐在する被保護者による新技術の革新的な概念の利用と理解を通じてです。人間のの原理の中に封じ込められている新技術と、あなた方の惑星全体で急速に展開する苦難の理解を通じて、あなた方はこの苦難を切り抜けられるでしょう。なぜならあなた方の惑星が今経験しているもはや地球のものではないこれらの苦難は、物事の浄化と純化以上の何ものでもないからです。なぜなら到来しているこれらの新しい周波数を吸収している多くの人達のハートの中には新たな認識が生まれつつあり、それが、あなた方の細胞と地磁気構造を通じて、あなた方という創造の媒体と、選択の媒体の中に流れ込み続け、あなた方の正にハートによって翻訳され、正にあなた方のエネルギー場の中で神聖に保たれているからです。』

43 5、6次元の集合体・・・2016年4月21日 ライトワーカーへのメッセージ Caroline Oceana RyanGo To English Page
 『第三の目を厚いベールで覆われている3次元の地球を経験しに来ている人間には極度に限定された理解しか許されていないのに、二つの非常に強力で複雑な行動が取られました。』
  私は大きな時間のポータル(入口)を、2回開けたと感じております。2013.12.08に公開した「魔法の輪」は2回目です。実際の話、チャネリング・メッセージでは次のように出ました。
『あなた方の現実において、集合意識の変容が全面的に展開してきました。この変容と革新的なアイディアとエネルギーの上昇が進行中です。ガイア上に駐在する被保護者【註:これは私の事だと思われます】による新技術の革新的な概念の利用と理解を通じてです。』

 では、1回目のポータル・オープンは何だったかと言おうとすると、事実を淡々と伝えるだけでも気を使います。「魔法の輪」だって、実際に使ってくれたから、それが「事実・真実である」と疑いようもなく確認できる「現実の装置」だから人々に承認されるようになりました。1回目のポータル・オープンについても、それに関する概念は、必ずしも人類の理解を越え切っている訳ではありません。よく仏像には後光を炎が燃えているように表現します。人類の進化がそのように進むものだということが一つ分かります。そのような(オーラの)状況に至った御先祖様がいたのです。
 そして、私も「死の壁を越えた」時に過去世の記憶が蘇りました。それは平成3年5月6日でした。(356の日)その3日後の「359(孫悟空・数学)の日」に炎のような状況に「なった」のです。全く不思議としか言いようがありません。つまり、圧倒的な力が心の中に生まれたのです。
谷村有美 - 信じるものに救われる (1995.02.22発売)
・『圧倒的な力が心の中に生まれてる』(3m46s)

  高見沢俊彦 - Fire (1991.08.21発売)

   高見沢俊彦さんが『Get the fire!』と美しい歌で歌って下さいました(1991年)。それを引き継いだかのように、Stevie Wonderが「To Feel The FIRE」という歌を出しました(1999年らしい)。缶コーヒーの「Fire」というのも出ましたね。そのCMでは『Get the fire!』と言ってたと思いましたが。そして、ONE OK ROCKもカバーしていますね。
ONE OK ROCK - To feel the fire (2011.02.16発売)

  そして、世界に伝わって行きました。
The Mary Onettes - Puzzles (2009.09.30発売)

   興味深いのは、私(菅谷=358)に火(= 1)が付いて359(孫悟空)となったのは「359の日(平成3年5月9日)」だったことです。首尾一貫して数学(359)で解釈するようになっています。
 ただ、この力は私一人がどうこうしているものではありません。人はハートの奥深く、「全体」に通じるポータルがあります。ポータルが大きく開いた人は、他の(求める)人にもその力()が伝達されます。人間がどうこうできるような領域ではありません。ただ起きるだけです。
 T.M.Revolutionが「Inherit the Force」で多分、言おうとしているのは、『「魔法の輪」を使って炎の力を引き継げ!』ということではないかと思います。意味としては、Inherit the Force! = Get the fire! ですね。(201604232152)







 さて、「意味」とは何でしょうか。我々が「意味が分かる」というのは、例えば、ビールのふただけを見せても意味はイマイチ分かりません。そこにビールのビンを見せると、「ああ、これを栓にして中に液体を封じるのだな」と分かります。鉄の線路を2本見せられてもイマイチ分かりません。しかしその2本のレールと同じ幅で丁度上に乗せられる車両を見た時に「そのような乗り物なのだな」と意味が分かります。これは物理的な「意味」の理解です。これは「意味」の一番単純な例です。我々が「分かった・理解した」と言う時、我々は3Dを動きの中で=4次元で捉えることで3Dを理解する=意味が分かる訳です。

What is "meaning". 3D things is exist as parts. We can understand "MEANING" to adding element "time" to static existing 3D.

 一方、「ただやればいいと思ったら大間違い。情熱が無かったら、意味など全くない!」という言い方がされることがあります。このような「意味」とは何でしょうか。これは、宇宙を動かすの力こそが基本であり全てであると言っています。上記の「4Dの立場から俯瞰する事で3Dを理解する」という時の「意味」は3Dを4Dの立場から統合するだけです。後者の「意味」は、自分自身が部品となっており「より大きな自分(神の領域)」に統合して行くという、とても大きな「意味」となります。
 以上のことから分かりますように、「意味ある事」というのは「次元を上昇し統合して行く事」だと分かります。

 上記4のチャネリング・メッセージにあるように、「光の情報的側面【英知】」を使うのが魔術だと考えて良さそうです。光の物質的側面【パワー】は太陽電池として既に私たちは使っていますね。光の情報・英知的側面は人類によってほとんど全く使われてこなかった訳です。「意味」に万能性を持たせる(=最強)ためには、神=0=∞の立場から使えるようにすること。つまり内容的にもループを形成する事です。

We all know to use power of light as solar battery. But we all forgot to use intelligence of light(=Pray). Perhaps witchcraft is the technology of using intelligence of light(perhaps these are Angel).

ループの例:
・「誰かから自分に怨念が向けられている時(そのままでは辛くてたまらないので)、呪っている本人にそのまま戻りますように。」本人から本人へ戻るというループになるので、効力が出て来るでしょう。「破壊は宇宙の法に反する」という説明を時々読む事がありますが、とても簡単な説明で終わっています。上記1のメッセージでもその理由を説明されています。しかし、ARIONが述べたように「創造の為の破壊(する事も起こり得る事)」という側面も創造の一部としてあり、有効です。この例では(本人にしてみれば)ゆえ無しに怨念を向けられているような状況なのだから、その人=を守る為に有効性が発揮されるでしょう。私が「魔術を解き明かそう」と思ったそもそもの切欠は、日本の小学校や中学校でのイジメというものが大変に酷いものだと思って、そこにターゲットを絞って「使える魔法を提供しよう」と思ったからなのです。勿論、一般社会でも自殺率が日本は高いそうですから、当然そういう側面にも是非、生かして・使ってもらいたいと思ったからです。

・「お金持ちにさせて下さい。そうすればそのお金で社会を豊かにします。」社会から社会へ戻るループの例。もしこの場合「お金持ちにさせて下さい」だけでは意味が閉じてなくて、端子が出てしまっています。両極の端子と端子を繋いでループにして下さい。上記5のチャネリング・メッセージにあるように、リングであることには有効性があると思われます。内容をこのようにループにすれば、上記3のメッセージにあるように、神=ゼロ=∞の立場から使えるでしょう、と言いますか、使えます(既に個人的に実証済み)。

 上記2上記3のメッセージにありますように「ありとあらゆる膨大な(創造の)可能性がある」訳です。私が今思いつくものとしては、魔術による「民主的統治」が可能だと思われます。最早、パワー(権力)による「ごり押し」の統治では民衆は納得しません。光の情報・英知による、しかも、末端の一人一人の国民が使う魔術による「協調的な統治」が「実行出来ます」。すなわち、当テクノロジー(魔術)が社会そのものを直接扱って・変えて行くのです。

 他に皆さんなら、どんな創造をしようと思いますか?


・例えば、今日、県の大会があり、是非、優勝したいのでうまく行きますように、とか。これは端子が出てしまっていますが、やってみる価値はありますよね。なぜなら、これは破壊というより創造の方向なので、宇宙からバックアップされればうまく行く可能性を高められそうじゃありませんか? 他にどんな創造が考えられますか?

・次のクラス変えで自分の好きな子と同じクラスになれますように
・世界中の原発が全廃されますように
・TPPに日本が参加しなくなりますように
・宇宙人の宇宙船が大量着陸しますように
・自分のテレパシー能力が宇宙人並みに高まりますように
・世界のミステリー・サークルの意味が全部自ずと理解できるようになりますように
4D+5Dテクノロジー専用の最適な言語を作る事ができますように
・『自分達の世界とその仕組みがどのように行われるのを望むかの自分の選択を入力することが出来る
 『自分の考えで現実を創り上げることが出来る
・『ヒーリング』にも使う事が出来るようです。
・『夢を見ている時にはスター・ファミリーの所を訪ねてください。妖精と遊んでください。元素に接してください。あなたのスキルを磨いてください。恵みとギフトを手にしてください。目の前に広がる可能性を気づいていください。発見することがたくさんあります。
・大抵、誰でも超常現象に関わったり体験したりしていると思います。それを認識できた人は記憶していると思います。そういう迷宮入りした出来事の真の理由や意味や目的などを知る事が出来ると思います(201401031906)。
・「自分が生まれて来た目的は何ですか?」とか、今までは知るのを諦めるしかなかったような事を知ることができると思います(201401042119)。
・警察の捜査で迷宮入りしそうな事件について担当の警察官全員で眠る前に知りたい(多分同じ)内容をセットして眠る事で皆が同様の解答を得て翌朝、その内容を突き合わせるとか、そういう使い方もできそうですね(201401042132)。
・自分の会社の今後の3つの方針の内、どの道を進んだら最もうまく行くか、ということを従来、経営の神様や超能力者、透視能力者などに尋ねていましたが、当「魔法の輪」で尋ねる事で光の知性が夢であなたに直接教えてくれるでしょうから、会議等の人的エラー・不安からもかなり遠ざかれますね(201401070816)。
・横田 滋さん、早紀江さんが使えば、横田めぐみさんに関する情報を得られると思います(201401070819)。
・「富士山が噴火したら新幹線はどうなりますか?」と尋ねて、災害のシミュレーション・予知をして、予め対策を立てておく、という使い方も可能だと思います(201401070855)。
・何かの社会的運動を始めた人、何かに立候補した人等々の「(数々の動きの)裏に、特定の国や宗教や組織や権力者の画策に発する案件がありますか?」と尋ねて個々の事例に関して答えを得られると思います。きちんと夢の記録を残して行けば、そのデータ群を共有する事もできるようになる訳ですね。人類総「透視能力者」となりますね(201401070939)。
・20140108に経験できましたが、必ずしも眠っている間に解答を受け取るだけではなく、精神状態の良い(時期にある)人は日常意識の中で解答を受け取る事が起きると思います。多分、瞑想している時にも「イメージ(ゐめ・夢)が展開し」て解答を受け取れると思います。(201401080357)



 このような「意味」の骨組みを考案したら、これを「ループ化」しましょう。でも、ループ化しなくても、その意味が創造目的なら現実化する可能性は高いと思います。

 宇宙の根源はただ一つ=です。故に、破壊的な目的に使うと宇宙から排除されます。上の例にあるように、人に破壊的影響を及ぼそうとすれば、それが自分に還って来ます。もし、それ(破壊)が本当に必要な破壊ならば、創造目的の破壊にしか使う事は出来ません。例えば、上の例のように、自身を守るという「創造性=ある生活」の維持を目的として怨念の発信者本人に怨念を返却するということが「可能です」。端子が見えないようにしてちゃんとループにして意味=文章を「設計」して下さい。

 では、恋についてはどうでしょうか? 「人間領域は自由意志の領域である」と、よく言われます。不思議ですよね。そのような「取り決め」が存在するなんて。人には一人一人に自由意志があり、それは侵される事がないというのが宇宙の法則です。なので、「A子さんが僕を好きになりますように」と魔法をかけても当然、その通りにはならない場合が多いでしょう。もし相思相になるとしたら、元々好かれていたか、または、候補の(例えば)2人の内の一人が自分だったのだと思われます。

 3次元的な発想に慣れている私たちは理解するのが難しいと思うので、ちょっと説明いたします。そのエネルギーの源についてです。簡単に考えていいと思いますが、宇宙全体は時間軸の方向に向かって過去から未来へと「移動」しています。「宇宙全体」ですよ。凄いエネルギーですよね。さあ、これで「理解」できたと思います。時間軸の立場から俯瞰ふかんする(統合的に見る)事を「理解」と呼びます。これを「意味」と言います。3Dの意味は「花が存在する」「猫がいる」これだけでも「意味」ですが、私は3Dの意味を「意味」とは(ここでは)呼んでいません。4D以上の意味を「意味」と呼んでいます。3D意味「これはハンドルです」「これは車輪です」「これはドアです」「これはブレーキです」「これはアクセルです」「これは座席です」こんなことを言っても「理解」は3Dに留まってしまいます。これを「理解とは呼べない」ので、「意味」とは呼んでいない訳です。4Dの統合的視野を含めた説明をするとどうなるでしょうか。「時間経過=動き」の概念が追加になります。「ハンドルを回すと車輪を動かせます」「アクセルを踏むとエンジンが高速回転し、それが車輪を同時に高速回転させます」「ドアノブに手をかけて引くとドアを開けて中に入れます」等々の「理解」が出来るようになります。

 我々人間はこれらに限らず、色々な「意味」を文章化したりしていますね。これらの「意味の全て」が宇宙というコンピューターが扱っているものだと思うのです。意味そのものは、当然、人類の想像した事もないような概念のほうが宇宙全体の中では多いでしょう。「意味を使ってプログラムする」というのは、とても簡単なものです(「とても簡単なものだ」と述べているチャネリング・メッセージを読んだ記憶があります)。この宇宙のシステムに乗っかっているだけだからです。我々の使っている人工のコンピューターはクロック周波数によってCPUが動かされます。面白いですね。宇宙も似ています。「時間(第4次元)」の経過と共に宇宙全体が動かされます。すでに動いているシステムに乗るだけです。人類はこれを本能的に行ってきました。「祈り」や「呪い」です。一部・一時、「魔法」を使う天才も出ましたが。宇宙の基本はなので創造する方向に反するものは無効となります。しかし、限定的な狭き道・趣旨・論理の上に立って「創造==保護の為の破壊」はあり得ます。それは狭き論理の道筋を辿っていなければ現実化しません。人類は本能的に「特定の意味を頭の中で繰り返す事で現実化しようと」するのです。人類は色々な道具=レバレッジ(てこ)を作りました。足で走る代わりに自転車や自動車、電車、飛行機などを。頭の中で計算するよりも電卓やパソコンを作りました。時間というエネルギーは宇宙というシステムにデフォルトで与えられているエネルギーです。私たちが「理解」したり扱ったりする「意味」を光の英知の側面(多分、天使のこと)が理解できるように明確に記述し、ループさせることで、祈りを我々の頭の中で繰り返さなくて良くなります。ちなみに、光のパワーとしての側面は御存じ太陽電池として広く知られています。しかし、光の英知・情報の側面は人類にはほぼ全く知られていません。本能的には知っており、使おうとしますが、それが我々の使うコンピューターのようにプログラムしたりループさせたり明確な制御や効果を生み出せる厳密なものであるとは思いも寄らなかった時代がずっと続いて来た訳でした。

十戒は4D+5Dテクノロジー (The Ten Commandments is 4D+5D Technology to manage the Humankind)


 このような根源的、基本的な事柄というものは、自明的に理解する事が可能だと私は思います。まず、進んだ人類(神々)が地球という豊かな惑星に彼ら自身のDNAを分け与えて人類を誕生させました。当然、不安が出て来ます。「核を使うような時代を乗り越えられるだろうか?」「宇宙の他の領域の兄弟姉妹たちに脅威を与えるようなことにならないだろうか?」と。だからこそ、地球人を「導く」必然性・責任が発生しました。宇宙の根源エネルギー「」の道から外れないように導く必要があります。つまり、時間軸の方向性のコントロールです。そのために4D+5Dテクノロジー「魔術」を使ったのです。もし地球人類がの道を外れてしまったならば、その時は崩壊・自滅するように時間軸が制御されていたと思われるのです。ルドルフ・シュタイナーも述べています。「もし、あのまま人類が進んでいたら、人類は滅亡していた。それを食い止めるためにイエス・キリストが出現した」旨のことを述べていました。私は翻訳者の林陽さんから聞いて知っていましたが、ロン・ワイアットという人がアークの実物を発見しています。このビデオは阿修羅で知りましたが、このYouTUBEビデオも大変なものですよ、詳細を見てみて下さい。林陽さんから聞いた他の話では「カルワリオ(頭蓋骨)の丘」というのは「人類の始祖アダムの頭蓋骨」が埋められている場所という意味なのだそうです。4D+5Dテクノロジーと思われる十戒は「単なる原始人の掟」とは違うものだと思われます。(201312051035)

『アバターとしてのジーザスは全て の人間の罪、又はカルマの除去と、エネルギーの光への転換の能力を持っていたので、ジーザスの転生はこのプロセスの大きな転換点だったのです。』

 私は「電気工学」を大学で勉強しましたが、もし今の私が電気工学を使う現場に入ったとしたら毎日が知らないことだらけの現実に直面するでしょう。4D+5Dテクノロジーだってそうですよ。知らないことのほうが遥かに多い。これは厳密な科学技術の一分野として発展を遂げて行くべき領域です。3Dテクノロジーで私たちは現在、電磁気を使って色々な機械を動かしています。3D電子というものは「スピンが1/2」です。これは、「2回転すればやっと1回転したことになる」という不思議な性質です。私は、ここから「電子はメビウスの輪」だと考えています。2回転してやっと元の位置に戻るからです。このような性質はもはや、普通のトポロジーじゃありません。つまり3Dを超えた領域と繋がっている証拠が電子の性質に表れていると思うのです。私の空想では「過去と未来の接合面=電子」ではないかと思ったりします。電子は光が集積したものですから、根源的には光というものが3Dのトポロジーを超えているのかも知れません。(201312062155)
 最近は「量子コンピューター」というものが作られようとしており、「量子もつれ合い」という現象が使われます。同じ場所で発生した複数の光子は、それぞれが遠い空間に飛び去った状態下にあっても、片方の光子の量子的な状態を変化させると、もう一方の光子も瞬時にして同様の変化を引き起こすという共時的な繋がり=もつれ合い状態が観察されるのです(⇒テレポーテーション)。このような「距離を超えた性質」も、3Dトポロジーを超えている証拠の一つだと思われます。(201312072243)

 以上のような内容のファイルを登録してから新たなチャネリング・メッセージを読んでいたら、また興味深いメッセージが出ていました。『私たちの場合には、技術はスピリチュアルな事と結びついています。』とありました。実は、私は当ファイルの文章の中に「瞑想の時に魔法の輪が使えると思う」という側面を述べていたのですが、まだ時期尚早だと思って、その種のことは述べないことにして削除したのです。その理由は、以前、私が「戦争終結への道」の中で「…頭の中にインストールして使っていただく必要が…」と述べた時、石川智晶さんが抵抗を示した(⇒YouTUBE)事があったためです。でも、(このテクノロジーを現に使っている)彼らがその点について述べたという点に注意喚起したいと思いました。ルパート・シェルドレイク「形態形成場」という概念もチャネリング・メッセージの中に出て来ましたね。(201312080058)

 我々は従来の3D技術を構築して来ました。我々が扱う「物質」というものはそれほどの知性がない、いや、ハッキリ言ってしまえば可らしいアホなので、ある特定の反応しかしません。だから、その分、人間の側でフォローする必要がありました。人間の側は長大なプログラムを組んだり、ナノレベルの細かいICチップを作ったりして対応して来ました。
 しかし、4D+5Dテクノロジーとなると、我々が使う/使わせてもらう光の英知のほうが圧倒的に優れた知性です。我々人間や動物や植物や物質の知性は、光の知性がボヤッと鈍ったような具現化だと思います。我々人間が天使に「魔法の輪」などで「依頼・要求」をするという簡単な装置でそれが伝わります。情報を伝える手順とか、願いを物質化する手順とかそういう細かい所は人間が引き受ける必要がないのは明らかです。(201312120408)

 でも、例えば「地面にある、この石を地上1mまで持ち上げて下さい」と祈念しても、それは(なかなか)起こらないだろうとお分かりだと思います。ただ、何万年だか分かりませんが、「魔法の輪」を起動しっ放しにしたら地殻変動が起きてその石が丁度従来の場所から1mの高さに持ちあがる可能性を想像できますが、そんなことなら自分の手で持ち上げれば済む話で、それ以前に光の知性は「そんな必要性が本人にとってさらさらない」という想念レベルの事実を分かっている筈ですよ。
 あるいは、「赤信号でも車を走らせて下さい」と依頼しても、そこには「法律・規則」という「物体」があるので、そんな簡単には実現しないこともお分かりでしょう。それに、この祈念の内容は破壊的な方向にありますので、やはり実現しないでしょう。
 「でも、本当に効果があるのかどうか分かんない」という方の為に、効果を確認してみたいのであれば、私のような使い方をしてみてはどうでしょう? 私は眠る前に「魔法の輪」に知りたい事を尋ねる内容をセットして眠ると「そういう内容の夢を見る事ができる」ことを発見しました。皆さんはどんなことを夢で知れるなら知りたいと思いますか?(201312120544)

「魔法の輪」の具体的な使い方 (How to use the Circle of Witchcraft)



 プレアデス〜銀河の光の潮流という記事が2013.12.19(木)に出ました。当ファイル公開後、いじめ関連BBS等に発言して(1234567891011121314151617181920212223)様子を見ているところでしたが、上記のような表現があったので即、阿修羅で布告(1234567891011121314151617181920)しようと思います。

「魔法の輪」について意見交換、体験談、情報交換、等々のためにBBSを開設しました。あなたがどんな創造を行い、何を体験されたか、シェアして頂ける方にはシェアして頂ければと思っています。特に、こちらからお願いしたいのは「こんな使い方は誰も気がつかないだろう」という使い方があったことを気付かせてほしいのです。(201212220145)

関連すると思えた動画集(201411241723追加)

















目次に戻る

free counters