運動力場を作り出すための方法と装置


United States Patent OffIce 3,626,606 Patented Dec. 14, 1971


3,626,606
運動力場を作り出すための方法と装置
Henry W. Wallace, Ardmore, Pa.
(803 Cherry Lade, Laurel, Miss. 39440)
Filed Nov. 4, 1968, Ser. No. 773,116
Int. Cl. G09b 23/06
U.S. Cl. 35 - 19                                          10 の主張

公開の要約
【以下は全文、機械翻訳です】

非電磁力を作り出すための装置と方法は重力結合と、変形するための比較的動体の動的相互作用のためそのような力場を実質的な仕事を果たすためのエネルギーとしてさばく。

そのような非電磁の力を作り出す方法はフィールド・シリーズ関係で静止したメンバを並置するステップを含んでいる。半分の不可欠の回転値、および前述の静止したメンバに関して相対的運動を仮定することができるメンバによってさらに特徴付けられて、また、半分の不可欠の回転価値の回転核の素材によって特徴付けられた回転核の素材を包括する; そして、順番にダイナミックに静止したメンバの回転核の素材と対話することができる双極子モーメントの形態でそれ自体を示す角運動量のネットのコンポーネントをもたらして、慣性のスペースがある回転核の角運動量性質の相互作用がそれの回転核の分裂に作用するもう片方に関して前述の1つのメンバの相対的運動を開始すること; その結果、さらに前述の静止したメンバにおける回転核の素材を分極して、使用可能な非電磁力をもたらすこと;


この発明はエネルギーの生じることを作り出すことにおける動体の相対的運動による使用とそのような発電々力量を実質的な仕事に変えるための装置と方法に関連する。 現在の発明の実施では、ある素材で構成される物体がお互いに関して相対的運動に置かれるとき、それはこれまでそこに観測されなかったエネルギーフィールドに作り出されるのがわかった。 このフィールドは現実にelectronagneticでない; 理論予測によってあるのは動体の重力結合に関連した。

初期の証拠は、このnonelectromagneticフィールドに核が半分の不可欠の「回転」値によって特徴付けられる素子群について構成される物体の相対的運動の結果,作り出されるのを示す; それについて核子の角運動量と同義の核の回転。 核子は順番に核の素粒子を含む; すなわち、中性子と陽子。 現在の発明の目的のために、半分の不可欠の回転値によって特徴付けられる素材の相対的運動によって作り出されるフィールドは「運動質量【kinemassic:発明者の造語】」場と呼ばれる。

相対的運動が様々なレベルに起こるのが感謝されて、すなわち、原子より小さいレベルにそれについて核の核子を含む離散的な物体と成分の相対的運動があるかもしれない。 考慮の下の運動質量力場はそのような相対的運動の結果である。比較的2つの動体の動的相互作用がそれの素粒子を含む機能である。 相対的運動を経験する物体の動的相互作用の理由によって作成された運動質量力場の値は両方の素粒子と離散的な物体の動的相互作用の理由によって作成されたフィールドの代数和である。

固定物体だけを包括する閉システムに関しては、それぞれの粒子の回転オリエンテーションのランダム分布のためにそこに粒子のダイナミックな相互作用による運動質量力はゼロである。 分裂、それの中の好みの方向が確立する大部分を素粒子のスピン軸にaフィールド勾配正常な状態で並べるためにコンポーネントを回転させる。 現在の発明はそのような選択配向を確立して、その結果様々な役に立つ形態で表すことができる真の力成分を作り出すための装置に関係がある。

一致、現在の発明の第一の目的は比較的動体の動的相互作用のため運動質量フィールドを作り出すための手段の規定に関係がある。

現在の発明の一層の目的は手段がその結果、好みの方向でそれの基本の原子炉機器の回転の新しい方向を与えるために検出可能な力場を作り出しながら装置の物質的な部分を分極しながら備えられる装置を作り出す力場に関係がある。

一般化された相対性理論によって実体化されて、運動質量力場は物理学の法則で理論的支持を見つける。 一般相対性理論によると、静的な重力区域だけではなく、ダイナミックなコンポーネントも比較的動体の重力結合のためそれについて存在している。 2個の回転している物体が出す目的が互いを押しつけるというこの理論。 しかしながら、これまで、理論予測は実験的に一度も実体化されたことがない。1896年と同じくらい早く実験が大きくて、急速に回転する大衆の近くに置かれた固定物体の上に予測された遠心力を検出する努力で行われた。 これらの初期実験の結果は行われて、このタイプの作業の本質が決定的でなく、ほとんど知られないほかのコネであった。

したがって、それは比較的動体の重力結合のため可測力場を作り出すために作用しているテクニックについて詳しく説明する現在の発明の別の目的である。

現在の発明の別の、より特定の目的はヒートポンプのデザインにおける、比較的動体の動的相互作用とかなりの温度減少、例えばこれらの役に立つ原則を確立しながらその結果、結晶構造の中に格子振動の制御へのそのような力の特定用途を含む温度調整目的ような力を利用するための非電磁力フィールドを作り出す方法に関係がある。

発明の他の目的と同様に現在の発明を特徴付ける新型製品の以上のオブジェクトと特徴はクレームで現在のspectionの一部を付加されて、形成する特殊性で、指摘される。 その使用が同盟される発明、その利点、および特定オブジェクトの、より良い理解において、から参照は発明の好みの具体化が例証されて、説明される添付図面と描写的である事柄にされるべきである。

図では:

図 1は現在の発明に従って構成された設備の総合的な透視図である。存在が特に運動質量力場の役に立つアプリケーションをデモンストレーションするように設計したこの設備;

図 2は図の装置の運動質量界磁回路を包括する装置の部品に関する分離シェーマである。 1ジェネレータと探知器ユニットのフィールド・シリーズ関係を示して、

着物。 3、4、および5は図のジェネレータを示す。 よりすばらしい詳細に1と2;

図 6は図の装置の探知器の動作している空隙部の拡大図である。 1と2;

図 7は図の断面図である。 6の目立っている関連制御と監視装置; そして

図 8は図の装置で作り出される運動質量力場を条件として水晶の物標の動作特性における測定変化を表す。 1と2。

装置の詳細な論議に興味を持って、ステップがそれに現在の発明の実施にかかわる前に考慮が最初にそれの多くが電磁場理論との類似の関係に堪えるある定義化の特性に与えられるならば、sholuldに現在の発明の理解に役立っている。 最初の特徴は運動質量フィールドが現実にvectorialであるということである。 フィールド・ベクトルの方向による機能が質量粒子の間の相対的運動が行われる結合構造をotするということである。

運動質量フィールドの2番目の重要な性質はフィールドで素材の本質に電界強度に関連する。 この性質は運動質量透磁率として磁場理論における透磁率の概念への類推で考えられるかもしれない。 電界強度は明らかに回転核の素材の密度が界磁回路メンバを包括する機能である。 磁場理論における透磁率は不対電子の密度の機能であるが、運動質量透磁率は、回転核の密度の機能とそれらの半分の不可欠の回転値の大きさの測定である。 この後者の性質の結果として、フィールドは、それに必要な構成の、より濃い部分を挿入することによって、指示されて、閉じ込められるかもしれない。 例えば、フィールドはどの点で大衆の間の相対的運動が存在であるシステムに隣接して始まって、終わる濃い素材の閉ループに閉じ込められる大規模測定であるかもしれない。

運動質量力場の一層の性質はお互いに関して相対的運動で2人の大衆の間の相対的な間隔保持に電界強度に関連する。 したがって、結果のフィールドの強さは、2の間に起こるのがひと固まりになるという(密接に隣接している)相対的な動きが同じ比較的2つの動体がより遠くに離れて区切られるとき作成されたそれより強いフィールドの世代をもたらすための比較的動体の近接の機能である。

以上のように、運動質量力場を作り出すことにおける物質的な考慮は回転核の素材の使用に関係がある。 回転核で、素材は自然で核外部の角運動量成分を示す意味している素材である。 これはこれらの核子の軌道運動のため「非-対に」核子のイントリンシック回転とその両方を含んでいる。

次に、重力結合で生じる動的相互作用フィールドが固まりと比較的2つの動体の近接の両方の機能であるときに、合力のフィールドは核子の比較的高密度のため原子の核の中で予想どおりに最大にされる。大規模で相対的な間隔保持、および核子がイントリンシックと角運動量の軌道のコンポーネントの両方を所有しているという事実に関して。 事実上、そのような力場は自然のすべてで見つけられる核拘束力の重要な部分を説明するかもしれない。

すなわち、ある素材、半分の不可欠の回転値で特徴付けられるそれらに関してそれの角運動量の外部のコンポーネントが核子の動的相互作用による力によって伴われるのがわかった。 これはフィールド双極子モーメントが外部の角運動量ベクトルに並んだのでsubmacroscopicベースにそれ自体を示すいわゆる運動質量力である。 これらの瞬間はそれらが回転かほぼ核が双極子モーメントをさばく隣接している回転で対話する原子を近所付き合いさせる十分な大きさのものである。

この後者の特徴はフィールド双極子瞬間が十分な回転核の素材を含む事柄の中で核ドメインのような構造への上昇を与える隣接している回転核の相互作用をそれの電磁場理論への一層の類推への上昇に与える。

ある類推は運動質量力場と電磁場理論の間に存在しているが、運動質量力が本質的には非敏感であり、電磁力現象によって影響されたのが覚えていられるべきである。 この後者の条件はさらに外側でそれぞれの回転核を囲む原子構造における動く電子によって設置される周囲電磁場を超えて貫いて、拡張する運動質量フィールドの能力を実体化する。

電磁場理論、「非-分極」サンプルのように、運動質量力場にかけられるべきである核の角運動量の外部のコンポーネントが元々手当たりしだいに指向しているので、素材はそれ自身のどんな残りの運動質量フィールドも示さない。 しかしながら、必要な基準をそのような力場に確立すると、その結果、好みの方向での隣接している核の回転コンポーネントの分裂は、回転の方向に正常な運動質量フィールド素地面で表されるかもしれない力場をもたらしながら、作用する。

回転核の材料が外部の運動質量力を示すという事実はこれらの力が巨視的ベースで自分たちを示して、その結果、検出可能であるべきであることを示します。電磁現象を扱うときバーネット効果を示すのにそれと同様の方法でアレンジされると。

バーネット効果では、その縦軸の周りで高速で回転すると、長い鉄のシリンダはそれの値が角張っているスピードに比例しているのがわかった磁化の可測コンポーネントを開発するのがわかった。 エフェクトは不対電子の質量特性のため原子の中で回転の電子回路システムへの感動している回転の影響のせいにされた。

回転するメンバが回転核で構成されるのがわかったという以上の原則によると、組み立てられる装置では、素材は運動質量力場を示す。 慣性のスペースがある回転核の角運動量の相互作用は傾向があるように回転した有形物のそれぞれの核の回転核の軸に回転するメンバの軸で並列に新しい方向を与えさせる。 これは回転核の素材の核分裂をもたらす。 十分な分裂で、まとめられた双極子モーメントのかなりのフィールドは、回転核の双極子モーメントがすぐ回転するメンバに隣接して置かれる固定物体の面している表面の中に含まれている状態で二次動的相互作用を形成するためにホイールリム・フランジの表面から発する。

適当な回転核の素材で構成される固定物体が空間的なシリーズで回転するメンバに接続されるとき、運動質量フィールドのまわりくどいことの形態は作成される; それのフラックスは主として界磁回路に制限される。

現在さらに現在の発明で作用している運動質量力をもたらす実体化理論を定義したので、から参照は今、一般に、上で概説された定義化の特性を具体化する装置について表現する前述のドローイングにされる。

以上のディスカッションから、運動質量フィールドを検出して、利用する両方の目的に、いくつかの基本的な装置要素が必要であることは感謝されるだろう。 まず最初に、装置が、大衆がお互いに相対的運動に置かれるのを可能にするのに必要である。 電界強度を最大にするために装置は相対的運動で粒子の間の高速度を作り出すことができるべきであること。 その上、装置が構成されるべきであるので、相対的運動にはある粒子の近接は最大にされる。 界磁回路に半分の不可欠の回転核を包括する比較的濃い素材を使用するという必要性は既に強調された。 発明のインプリメンテーションについて表現するドローイングに関する説明で以下で詳細によりすばらしいこれらと他の特徴について議論する。主として運動質量フィールドの検出のために。

ドローイングを考慮する際に、から参照は最初に、図で特に示されるようにコンポーネントの一般配置図にされるだろう。 1と2。 図で見られるように。 1、設備は現場打ちコンクリート11か他の適当な構造的に堅い素材の永久的なくい打ちに寄りかかる水平構造要素10を含む静止したベースでマウントされる。 最初に、その現在形における批判的な要素でないが、それにもかかわらず、静止したベースが対象の発明における重要な機能を果たすのが明らかにされるべきである。 したがって、設備と恐らくよりかなり水平な部分をマウントするための安定したサポート・メンバがそれについて装置を作り出す運動質量力場への適切な運動質量力場を局所化する傾向があるくらいの素材のものであって、静止したベースは作用する。 以下のその他の詳細でこの後者の特徴について議論する。 また、水平な構造要素10の表面均質性は設備の部品の境界合せを容易にする。 現在の発明の実施具体化への減少では、ショック吸収材料(目立たない)のレイヤは静止したベースと床の下で挿入された。

水平な構造要素10の据付けたが示されているのは、一般に、装置がそれの下側の部分が下側の大規模メンバ12と呼ばれる20として示した運動質量力場の作り出すことである。 上側の大規模メンバ13は、メンバ12に関して映された関係で置かれて、2空気ギャップtherebetweenを提供するためにいくらか切り離される。 ジェネレータ14と探知器15との関係における界磁回路メンバが前述のふたりのそれぞれのひとりの中にギャップを置きながら、下側の、そして、上側の大規模メンバ12と13は機能する。 ジェネレータ、探知器、および大規模メンバの空間関係は運動質量力場シリーズ・サーキットを形成するようにものである。

界磁回路の物質的な部材のすべてが半分の不可欠の回転素材から成る。 %がスズとニッケルの図形と同様に89%の銅を含む特定の真鍮合金、両方の同位元素が提供するそれに関する3半分の陽子回転、10%の亜鉛、および1を導く例えば、ジェネレータ14の主要な部分、および上下の大規模メンバ13と12はそれぞれ形成される。 亜鉛原子はふんだんな4.11%である1個の回転核の同位元素を所有している、そして、また、同様にリードはふんだんな22.6%である1個の回転核の同位元素を含んでいる。 装置サイズの見積りを獲得するために、上側のサーキット・メンバには56センチメートルの全長と43キログラムの固まりがある。

不可欠な状態で半分の基準を満たすようなメンバが固まりの成分がそれらの部品のための非回転核の素材のフィールドと使用で関連しているそれらの装置の部品のために核の素材をフィールドを禁止するのが必要であるところに回転させるのが見られるだろう。 従って、水平な構造要素10などのすべてのサポートか構造部材が鉄鋼から成る。 これらの構造部材の鉄と炭素核は、回転がない核として分類されて、その結果、高い相対的なリラクタンス形を運動質量フィールドに表す。 サポート16は、上側の大規模メンバ13のサスペンションを収容するために提供される。 サポート16は水平なサポート要素10として鉄鋼で同じようにできている。 運動質量フィールドへの鉄鋼の高い相対的なリラクタンス形は大規模メンバ12と13、ジェネレータ14、および探知器15のフィールド・シリーズ・サーキットの創成済みのフィールド・フラックスの損失を最小にする。 電界強度の損失は、下側の、そして、上側の大規模メンバ12と13と、構造的なサポート・メンバ10と16の間の連絡先で高リラクタンス形分離ブリッジを使うことによって、さらに最小にされる。

一般に、装置の中の分流器の損失は最小質量接触のテクニックを使うことによって、最小にされた; 分離ブリッジか構造的な接続における低いフィールド透磁率素材の使用; そして、バルクを避けて、近接を一かたまりにする。

多くの技術が、カーボロイ【超硬合金】円錐と球体のスペーサを含む分離ブリッジ・ユニットを最適化するために見いだされた。 明確に図の表現された以上のように。 3と4と5、結局利用された構造的な接続ユニットは止めねじの中にマウントされて、硬化鋼圧盤に位置を保つ硬式60o鉄鋼円錐から成った。 圧盤に対する円錐の接触直径は、およそ0.007インチを測定して、弾性限度の中でロードされた。 調整は噛み合わせていて、糸を通されたホールの中で止めねじを回すことによってされる。

図 2はかなり図の形態で提示される; しかしながら、図の構成は、それが図のジェネレータ14に対応する回転可能なメンバから成ると強調する。 1 一般に1組の図の下側の、そして、上側の大規模メンバ12と13に対応するU字形状メンバの間で「サンドイッチにされる」。 1. ジェネレータ14のホイールは回転のためにドローイングの面にはある軸の周りでマウントされる。 メンバ14がU字形状メンバ12と13に関して急速に回転するとき、回転するメンバによって定義される面とドローイングの面の中で正常な運動質量フィールドは作り出される。

そういうものとして、それは図のドローイングで表されるかもしれない。 2 フィールド・シリーズ・サーキット・メンバに関して一般に反時計回りの方向を取るとして。

もう一度、図について言及すること。 1、ジェネレータ・ユニット14のサポートがサポート・アセンブリ17を通して提供されて、また、鉄鋼成分について作られるのがわかる。 サポート・アセンブリ17は大かっこアセンブリ18を通して順番に水平な構造要素10に固定される。

図で表現される現在の発明の具体化で。 探知器15の領域で円錐の磁極面の12aと13aで終わる円錐曲線は1と2、下側の、そして、上側の大規模メンバ12と13から作られる。 この構成は、この領域で磁束密度を最大にする傾向がある。

分離目的において、透明なプラスチックの物質的な19のカーテンは、それのジェネレータ部分から界磁回路の探知器部分を幾何学上2等分割するために置かれる。 透けて見えるカーテンの機能は1段階の熱分離をジェネレータと探知器ユニットの間に提供することである。 実際に図に示されないが。 2 透けて見えるカーテンは、H構成があって、ドローイングの面に正常でそれに加えて対称的に敬意をもって置かれた鉛直面を形成する。

ドローイングで示されていないのは、温度条件をさらに安定させるために探知器15、関連装置、およびその結果サーブを囲む透明材料のトンネルと軟質のプラスチック素材のフィルムである。その結果、熱勾配による悪影響を減少させる。

図で明らかにされる装置の操作に関する説明を続ける前に。 2、1構造のある部分の、より詳細な説明文は与えられるだろう。

着物。 3、4、および5は図のfheジェネレータ・アセンブリ14を寄贈する。 よりすばらしい詳細に1と2。 特に、これらの数字は自由に回転可能なホイール21と、ベアリング・フレーム22と、1組の磁極片23との関係を明らかにする。 ベアリング・フレーム22は、発生しているフィールドの可能性を転じさせないで3つの発電機部分を空間的に適応させるためには構造用鋼、および機能のものである。

磁極片23の協力的な表面に関するジェネレータ・ホイール21の位置決めはジェネレータ・ホイールがマウントされるベアリング・フレームを通して作用する。 この点で図に関して言及された高リラクタンス形分離ブリッジ。 1と2は止めねじ24としてどれが硬化鋼圧盤25で協力するためにadjustablyに置かれるかこの場所に示される。 止めねじ24は、磁極片23のインタフェースの表面23aに関してジェネレータ・ホイール21のセンタリングを容易にするために磁極片23でマウントされて、ベアリング・フレーム22にセメント付けされた鉄鋼圧盤25に関してadjustablyに置かれる。

現在の発明のインプリメンテーションでは、ホイールがゆっくり回転したとき、ジェネレータ・ホイールリム・フランジと固定磁極片23の間で形成された空隙は軽い摩擦関係に調整された; そういうものとして、この分離は、結果として起こるフープ張力による2万8000毎分回転数のホイールきりもみ速度のための0.001センチメートルになるように計算された。 図のドローイングで。 3 磁極片23とジェネレータ・ホイールリム・フランジの間の間隔保持は、事実上、そのような間隔保持が存在するのを示すために大いに誇張された。

現在の発明のインプリメンテーションで利用されるジェネレータ・ホイール21は8.60センチメートルの直径と1.88センチメートルの軸の縁の次元を持っている。 密接に磁極片23の表面23aに隣接したそれらのフィールドの発散地域である縁のフランジの表面21aは各29.6平方センチメートルである。 ホイールの縁の部分には、無視している縁のタービン・スロット21bが55.7立方センチメートルのボリュームにある。

ジェネレータ・ホイール21と関連取付台シャフト26は取り組んでいる高速ベアリング27の同封の二重セットによってベアリング・フレーム22でマウントされる。

圧縮空気か窒素がタービン・バケツ21bカットに対するガス衝突によってホイールリムにジェネレータ・ホイールを動かすのにおいて使用されている。 圧縮ガスは、補給路28を通して供給されて、エアジェット・チューブ29から発する。 回転の速度は縁から反映される光線によって感じられる。 この目的のために、縁の表面の他のあらゆる四分円弧が塗装された黒であった。 従って、ホイールの縁が向けられる光は「非-塗装」四分円弧によって従来のデザインのレートを測定しているサーキットで関連している光-センシング・セルの中に反射するだろう。 レートを検出している手段が現在の発明のどんな一部も形成しないので、実際のドローイングでは、それらは表現されていない。

シャフト・メンバ30は、副軸に関して回転可能にasemblyにジェネレータをマウントするために適当なベアリング・メンバ31を運ぶ。 図のサポート・アセンブリ17。 1は図に部分的に表される。 4、上で述べたようにそれは下側の、そして、上側の大規模メンバ12と13に関してジェネレータ・アセンブリ14を位置決めするための取付台手段を提供する。

図の装置に関してジェネレータ・アセンブリの操作に関する説明を続ける前に。 1、から参照は図にされる。 探知器15の拡大図を明らかにする6と7。 円錐の構成は、探知器が置かれる動作している空隙の領域で運動質量 fieid密度を最大にするために下側の、そして、上側の大規模メンバ12と13に与えられている。 図 7は動作している空隙の向こう側に取られる断面図を表す。下側の大規模メンバの円錐曲線の上側の大規模メンバの円錐曲線の投射を示す。 形で対称であるが、下側の大規模メンバの対応する表面への上側の大規模メンバの円錐状表面の投射は挿絵の目的のためにわずかに減少した。 対象の装置では、2つの円錐の真鍮磁極面の12aと13aは直径0.114センチメートルの動作している空隙測定を形成する。 領域でのそれぞれのディスク形状磁極面措置0.71平方センチメートル。

探知器か探査機15が、ひ化インジウムでできていて、0.02センチメートルのどちらの磁極面からも探知器空隙に間隔保持で挿入される。物標の厚さが0.07センチメートルを測定して。 インジウムと砒素の両方が半分の不可欠の回転核の100%の同位元素豊富を処理する; ヒ素の核は陽子が回転させる3つの半分の1個の同位元素から成る。インジウム核が2個の同位元素のものであるが。ともに、9半分の陽子回転がある。

同様の半導体素材15aの2番目の探査機は図で見せられる。 6 厳密な近接で第一検波器に置かれるとして。 探査機15と15aの両方が示されない手段によって高まったショックである急上昇する15bの示された据付けたである。 コンポーネントをマウントするショックは探査機と円錐の磁極面の間の比較的近い間隔保持のために重要である。 動作している空隙の近隣からの2番目の探査機の横方向変位は25センチメートルとして測定した。

批判的でないが、探査機15と関連探査機15aの位置決めを通して円錐の磁極面の間の動作している空隙に関して信号が2台の探査機で測定した方法が関連されているのと同じくらいよく実現される現在の発明の総合的な理論、これまで説明された自然の半導体探査機の選択、および有効な結果はかかわった力の理解に重要である。 この点で、1番目と2番目の半導体探査機が電気的出力に関して特異的に接続されて、極性磁場測定に敏感であるとわかるのは重要である。 2台の探査機がFWベルGaussmeterのために特異な磁気プローブを一緒に、構成する。 慣習上使用されるように、そのような探査機は両方の交直流ソースから磁界強度の基準を提供する。ホール効果を通して。 ホール効果は導体が磁場に置かれるとき電位の傾きが導体の中に方向トランスバースに現在の流れの方向に発生するよく知られている現象である。 しかしながら、どんな磁場現象も現在の発明で関連しないのが明確に理解されるべきである。 したがって、現在の整理で測定される側部の電圧はHall電圧でない。 この声明は続く説明によって実体化される。明確に、磁場のどんなHall電圧直説法の欠如も確立する。 この点で、磁場測定が周囲磁界変化による制御偏差を排除するように、2台の探査機が特異的に接続されるが、彼らは結晶格子の熱振動における変化を感じるためにadditivelyに接続される。 極性磁場に敏感であるが、特異な磁気プローブは極性結晶格子の熱振動における変化に敏感でない。

探査機が磁場に関して極性敏感であるが、結晶格子振動の方向に関して敏感でないという事実は、探査機が極性に関して逆にされるとき、出力読書のどんな認識できる違いも回転ホイールによってシステムに引き起こされる磁場のせいにされるかもしれないのを意味する。 装置の伝導の部分がフィールドであることが常磁性体である真鍮でpredominatelyで包括されて、どんなかなりの磁場も検出されるべきでない限り。 事実上、これは磁束のどんな可測差も記録されなかったのでいつ、探査機の極性があったかが変化したという実際の結果に対応している。 その結果、運転結果に影響を及ぼすとして現実的に磁場を割り引くのは可能である。

図で見られるように。 7、探知器15はそのほかに2組の接触32と33を関連させた。その1番目は順番に従来のデザインの一定電流34の源に関連づけられる現在の接触を表す。 接触について設定されて、33が電圧である秒に、接触は、探知器の中にどんな電位の傾きトランスバースも現在の流れの方向に検出するために接続した。 メータ36は、そのような電位差を検出するために手段を表して、非常に敏感な検流計の形態にはあるかもしれない。

熱電対35は、それの温度をモニターするために厳密な近接で探知器15に置かれる。 熱電対35によって記録される温度差はテスト結果に修正数字を明らかにする目的に使用される。 同様の熱電対は第二検波器15aと関連した特にジェネレータ・ホイールの領域の上側の大規模メンバと共に使用される。 彼らが温度変化を感じる自分達の伝導する電子のエネルギー変化が運動質量フィールドによってある程度まで影響されないので、熱電対は温度監視に使用される。

現在対象の発明の操作に関する説明に続いて、ジェネレータ・ホイールはレート10以上か20 1,000毎分回転数で回転させられるとき、現在の装置の動作理論によると、ホイール構造の中の回転核の有効な分裂が徐々に起こるのが感謝されるだろう。 この分裂は徐々に磁極片23と縁21を切り離しながらインタフェースの向こう側にそれらのフィールド双極子モーメントを拡張するために成長し続けるドメインのような構造をもたらす。 それぞれの双極子の間の重力結合の二次動的相互作用は装置界磁回路の周りのフィールド素地面を増加させる。その結果、半分の不可欠の回転核の総核分裂を増加させながら、かつてとなる。

どれがあるかの中に動作している空隙への対象の装置が指示されているために中で作り出した非電磁力は半導体探査機15を置いた。 そこに、運動質量力は、その導電率性質の変化をもたらしながら、半導体の結晶格子構造の自由の振動的な度合いが調べる減少に建設的に慣れている。 動作している空隙で、より明確に、運動質量フィールドは、そのほかに即座の近接における、磁極片の静止した部分と関連したホイールの大規模部品の重力結合の動的相互作用のため下側の、そして、上側の大規模メンバを包括する比較的高い透磁率素材に制限されて、円錐の磁極片によって集結される。 空隙に挿入されているのは、半導体回転核の素材の探査機である。

半導体探査機15の上の4つの接触のうち2に関連づけられる制御サーキットリーは、これらの接触の向こう側に一定電流流動を維持するように設計される。 同時に、設備を囲む領域の周囲温度が増加するのが許可される。 事実上、周囲温度の増加は非電磁の運動質量力場をもたらすジェネレータ・ホイールの回転の開始のよく前に起こされる。 温度の一定の増加は測定の減少しているSN比をもたらすそうでなければ、積極的で否定的な温度変動を覆い隠すことになっている。

設備を囲む設備と周囲条件の両方の温度のゆるやかで一定の増加の見地から、半導体探査機の結晶格子の熱振動が同様に増加すると予想されるかもしれない。 現実では、結晶格子振動の可測減少は半導体探査機の中に探知される。 記録される実際測定は、メータ運動のナノボルトに関してあって、半導体探査機の向こう側に測定される側部の電圧の減少に対応している。 分極による構造が作用する適用された運動質量力場の格子の回転核の有効な分裂によってこれらの値を説明することができるだけである。 分裂は導電率可測の増加として検流計で順番にそれ自体を反映する水晶素材の比熱性質における変化をもたらす。

から参照は今、図にされる。 グラフィカルな関係で半導体の様々なテスト整理によって獲得される結果を明らかにする8が対象の装置に関して調べられる。

図のグラフィカルな関係の解釈で。 8 温度変動のための修正が既に適用されたのが理解されるべきである。 これらの温度補正はシステムに適用される熱の原因になる。それが摩擦加熱のため装置の中に作り出した。それらの相対的による主に真鍮メンバが膨らませる装置の比熱性質における変化によるそれと同様に。 運動質量力場にかけられると、後者のコンポーネントは回転核の素材の結晶格子構造の自由の度合いの減少のため周囲温度への積極的な貢献を表す。 上記の熱の要素は装置の真鍮メンバの上昇温度をもたらす; 近接で運動質量に置かれる熱電対を通してモニターされるこれらの増加は作り出す装置をさばく。図のメンバ35。 7 それの例である。

図のカーブ1 8は150分のピリオドの上に行われる静的試験を表す。値が全体のテスト・シリーズのための標準手続きであった3分の間隔を置いて記録されて。 周囲温度のための要素を代償するのが変化するのを決定する際にカーブ1に関して集められた情報は役に立った。 カーブ1とそれぞれ図の他の曲線群について。 縦座標値は熱振動のレベルを測定する。メータ運動のナノボルトで。8、2台の探査機の周囲温度変化が量的に代償されている時間に対するInAs格子構造について。

カーブ2は標準試験実行の部分を表す。カーブ(すなわち、可測結果がジェネレータ・ホイールの紡績のため記録されたカーブのその部分)の有効な部分であることが示される部分。 カーブ2で含まれていないのは、78分間行われるそれぞれのテストランの初期の部分の典型の熱キャリブレーション・ピリオドを「前-通電」しながら取られる測定値である。 プレ通電の熱キャリブレーション・ピリオドは、探査機、そのようなものがカーブ1の静的試験のものと同様であるときに周囲温度補償を例証するために作用している。

カーブ2の150分の示されたテスト授業時間の最初の45個の議事録がホイールは2万8000r.p.m.のレートで回転させられた時間を表す; そして、否定的に坂になることの連続が曲がる、、ホイール返納の時間間隔に続く、それはスピン状態でなく、説明が上で比較的動体の動的相互作用のため作り出される力場に関して高度な状態でいくらか次に(回転回転モーメントの熱平衡状態百分率分布に向かったリターンのしるし)は一貫している; カーブ2に関しておよそ6週間離れて行われる別々のテストランは、独立しているテスト結果を確証する傾向があるのに注意されるべきである。 2つの別々のテストの結果はカーブ2で重ねられる。 存在に加えた2つのテストが区切られた多くがテストランであったならば時間内に離れて区切ったこれら。 2つのテスト結果がさらに操作のrepeatibilityを設立する。

カーブ2のテストランのためのInAs結晶格子の熱振動における変化は探査機温度の11oの摂氏低下にほとんど同等である。 この図形はコンピュータ研究で実体化された。 また、コンピュータも記録される情報に関して統計的にテストデータを分析して、エラー確率を設立するのにおいて使用されている。 この点で、計算機化された研究の結果は10億における、1のエラー確率を示す。 どんな20において1以上の比率も偶然の出現の確率を排除するので、現在のインスタンスで得られる結果は非難を超えているべきである。

比較的動体の動的相互作用による重力結合力の距離依存関係を実体化するために、ジェネレータ縁のフランジ21aと磁極片の協力の表面の間の分離を増加させる場合23aが得られる結果をある程度まで減少させるべきであると予測された。 この分離が0.006まで増加したとき、得られて、センチメートルがカーブ3に現れるという結果。 カーブ2のものとのこれらの結果の比較は外観上、ギャップを広くするとき糸車と固定磁極片の間の重力結合による動的相互作用の少なくなることが実際に起こるという結論を実体化する。

磁極片へのホイールの空隙分離が0.001センチメートルで確立されている状態で、カーブ4に関するデータはカーブ2の整理のように取られた; しかしながら、ホイール回転の持続時間は45分から30分まで減少した。 重畳回線はカーブ4の実線にカーブ2結果に示される。 そのようにそれらのそれぞれのホイール回転ピリオドに対して対照されると、カーブ2と4の相対的な大きさは1段階の半分の不可欠の回転核の分裂飽和を示すように見えるだろう。

カーブ5は2リード・バールが最大界磁の可能性のゾーンでフィールドを転じさせるエフェクトを測定するためにジェネレータ・アセンブリの固定真鍮物体に安全にされた転換テストを通して獲得される結果について表現する。 カーブ2の結果、重畳回線その上と比べて、目視により統計的同じくらい重要なよさ違いは現実的に分路エフェクトのせいにされるかもしれない実験結果で関連する。 研究が上に言及して、データ・グループの結果になることの区別可能な自然を実体化する統計的は2と5を曲がらせる。

カーブ6はフィールド透磁率が上側の大規模メンバと2つの探知器の円錐の磁極面のテスト装置からの取り外しによって排除されたテストランの結果について表現する。 また、下側の大規模メンバは、水平な構造要素10で休息するように下向きに調整された。 同時に、ジェネレータ・アセンブリと2台の特異的に接続された探査機の間の空間関係は変更されなかった。 カーブ6から観測されるかもしれないように、InAs結晶格子の熱振動におけるどんな変化も起こらなかった。 45miutesホイール回転の期間、観察可能なプロット散布は様々な界磁回路メンバ熱量がないとき探査機とそれぞれの熱電対の間に発生した増加する温度勾配に起因している。

さらに、実験成果は手があいている。主題装置の動作特性に関してこれまで述べられた結論を実体化するために。 この点で、から参照は現在の同時係属出願に作られていて、発明者がSecondary Gravitational ForceフィールドにMethodとApparatus For Generatingに権利を与えた。1968年11月4日にファイルされて、へび座に堪えるということである。 いいえ 77万3051。それの主題は時間の変種運動質量力場を確立するための装置に関する。

以上の説明文から、比較的動体の重力結合で生じる動的相互作用フィールドによる運動質量力を作り出して、変えるための装置が提供されたのは、明らかであるだろう。 運動質量力はその原出願で水晶の格子構造における熱振動の減少に適用されたが、これらの力の他の、より重要な用途が熟考されるのは、容易に明らかであるべきである。 この点で、現在の発明がたぶんどの物体でどんなシステムにも適用されるだろうかという原則otはnonresponsiveか単に電磁力フィールドなどの通常戦力に部分的に敏感である。 したがって、現在の発明は事柄の中に被制御の熱核融合、温度と熱エネルギをまたは治めることにおける、プラズマ粒子の安定化に特定の適用範囲を持つべきである。

法令に関する条項に従って、知られている発明の最も良い作法が例証されて、説明された間、変更が追加されたクレームで詳しく説明されるように発明のスピリットから出発しないで説明される装置で行われるかもしれなくて、いくつかの場合、発明のある機能が他の機能の対応する使用なしで利点に使用されるのは当業者に明らかになるだろう。

現在発明について説明したので、Letters Patentを固定する同じくらい新しい状態で要求された、それがどれであるかに、必要なことは以下の通りである。

1. エネルギーが最初のメンバを包括する装置を作り出して、変えて、回転核の素材からさらに成って、軸に関して自由に回転可能になるようにマウントされた前述の最初のメンバは前述の最初のメンバの中で場所を見つけられた。少なくとも1つの静止したメンバ; 回転核の素材から成って、すぐに隣接していた状態で置かれる前述の静止したメンバは、最初のメンバを言って、前述の最初のメンバの回転をetfectingするようにそれがどうして前述の静止したメンバに非電磁力の感銘を与えるのにおいて有効であるかを意味する;

2. 非電磁力フィールドとそのような力場を好みの素材から方法で成る最初のメンバをマウントするステップを包括する実質的な仕事に変換するためにどのエネーブルを作り出すかための方法は、また、2番目のメンバに関する1段階の相対的運動も好みの素材から成ると仮定するために最初のメンバを言った; 1段階の相対的を確立して、メンバと、前述の最初の検出と2番目の前述の検出の間で比較的感動的なメンバの動的相互作用による結果のエネルギーを身ぶりで合図する;

3. どの点で検出がさらに前述の非電磁力フィールドの中に好みの素材のメンバを置いて、それの物理的特性で変化を測定するステップを包括するクレーム2の方法。

4. 二重ギャップによって物質的で、非回転している核の素材がお互いとの映された関係における前述のU字形状メンバを置くために意味する回転核の2つのU字形状器官を包括して、切り離される装置、回転核の素材の自由に回転可能なメンバを含む手段が前述の二重ギャップの1つでマウントされた; 探知器を含む手段は、前述の二重ギャップのもう片方でマウントして、前述の自由に回転可能なメンバの回転に作用するように非電磁力がどうして前述の探知器で印象づけられるかを意味する;

5. どの点で前述の二重ギャップの2番目の中に置かれた探知器が回転核の素材の結晶構造を包括するので前述の結晶構造で印象づけられる非電磁力が分極で有効であるクレーム4の装置は回転核の素材をそれの温度の実質的増加に作用するように結晶構造の比熱性質を減少させることができるくらい示した。

6. 前述の最初のメンバと非電磁力が作り出される2番目のメンバの間の最初のメンバを包括する装置を作り出すエネルギー、2番目のメンバ、および相対的運動を確立するための手段は前述の比較的感動的なメンバの動的相互作用のため中で1番目と2番目のメンバを言った。

7. 1組の磁極片は前述のフレームでマウントされた。前述の磁極片が前述の回転可能なメンバの反対側、中に一般に円形の表面を提示すると近接が閉じる各磁極片で前述のフレームに配列されるが、前述の回転可能なメンバの表面から区切られるのを除いて; より遠くにある前述の磁極片は前述の大規模サーキットに実質的に不足をいっぱいにするのを構成された。高速度で前述のフィールド・ジェネレータ手段の回転可能なメンバを回転させるための手段、および手段はsaiにフィールドを検出するために前述の大規模サーキットのもう片方のギャップでマウントした;dサーキット。

8. エネルギーを生成し変形する装置を含むこと:濃厚な資料の多量回路、そして前述の多量回路のための手段をマウントして、2つのギャップをそこにしておくこと、装備が前述の多量回路(前述の多量回路ギャップのうちの1つの中で回転によりマウントされたフィールド・ジェネレーター手段)を備えた接触エリアを制限したことを意味すると言った;ジェネレーター手段はさらに言った、構造(回転(前述の構造のすべての関係詞位置の至る所での前述の多量回路の平面にある前述の回転可能なメンバーの回転の軸)のための前述の構造上でマウントされた回転可能なメンバー)を含んで、装備により前述の構造上でマウントされた1ペアの柱部分は、各柱部分間の制限された接触エリアを設立することを意味し、構造と言いました、前述の回転可能なメンバーの反対の横の前述の構造に配置されている柱部分は言った、隣接中の一般に循環的な顔を示す各柱部分、に、しかし前述の回転可能なメンバーの顔から一定間隔で配置された、柱部分は言った、さらにあることは形成しました、本質的に前述の多量回路、高い速度で前述のジェネレーター手段の回転可能なメンバーを回転させるための手段、および前述の多量回路内に生成されたフィールドにより前述のギャップ地域内の物理的な特性の変化を実証するために前述の多量回路の別のギャップの中でマウントされた手段中のギャップを満たすために。

9. どの点で前述の大規模サーキットのもう片方のギャップに取り付けられた前述の手段が原子構造がそれが前述の大規模サーキットの中に発生した前述の分野によって影響されるようにものであるメンバーを包括する請求8の装置。

10. 以下のステップを含んでいて、非elcctromagneticへのかけるのによる水晶の構造がそれの比熱の特性を変更することができるのに強制する水晶の構造で温度を制御するための方法 分野シリーズ関係で半分の不可欠の回転価値の濃い回転核の材料について構成された大規模サーキットをつなげて、分野ジェネレータは、本質的には半分の不可欠の回転値を持っている回転核の材料を作って、前述の大規模サーキットギャップの1つを回転可能に上がりました、そして、半分の不可欠の回転値を持っている回転核の材料についても水晶の構造は前述の大規模サーキットのもう片方でギャップを置きました; 回転核の材料の外部の角運動量が中で回転磁界ジェネレータを示した前述の分野ジェネレータの回転を開始するのはそれの回転核の分裂に作用するように慣性のスペースと対話します。順番に、そこに材料の核を分極しながら、より遠くにその結果、ダイナミックに大規模サーキットの回転核の材料と対話する角運動量のネットのコンポーネントをもたらします; そして、結果のフィールドを集結すると、中で、分野シリーズサーキットは前述の水晶の構造の回転核の材料がその結果、前述の水晶の構造の格子振動の自由の度合いの減少のためそれの物体のかなりの温度増加に作用しながら水晶の構造の比熱の特性を減少させるほど分極される前述の大規模サーキットギャップの2番目の中の前述の水晶の構造に示されました。

引用文献がない。

HARLAND S. SKOGQUIST, Primary Examiner


                                                フリエネ目次に戻る
?jhenry2
free counters