このずば抜けた資料は最近 トム・ベアデンによって提出されました、そして、不規則な力に接続するために、どのように位相結合を活用できるかに関する彼の最も良い説明の1つであると私は思います…ジェリー


ニュートン、ファラデー、およびマクスウェルの研究と反重力に関して

T.E.Bearden--08/08/97

研究とは不気味なものです! 複数の要素がそこにはあります。 私は簡潔に1つか2つのことについて議論しようと思う。

まず最初に、ファラデーは彼の【磁】力線が物理的に厳格な紐として存在する(当時ファラデーを含めて皆がエーテル物質を信じた)と熱烈に信じていた。したがって、彼は、電磁擾乱とは単にこれらの厳格な紐の擾乱であると思いました。 そして、それは紐の横波でした。

したがって、ファラデーにとっては、エーテルの中の「電磁擾乱」は、ただこれら物理的な【磁】力線の振動(横向きのビーンと鳴っている紐の波のような)でした。 彼はその紐への張力を供給するために離れた所から力線を保持する為の物体があると、ただ仮定した事に注意! 要するに、それを理解しないままに、彼の言う物質的な紐からニュートンの第3法則の反作用の力を捨てたのだ。

マクスウェルは、徹底的にファラデーの研究を勉強するまで他のどんな電磁気理論も読んでいないだろう空白がある点に言及した。 また、彼はそれらの物理的な【磁】力線に関する一つの論文を書きました。 彼は力管の概念でそれらを数学化しました。

しかし、紐を保持する物体について神秘的な欠落を仮定し、そして、その結果、彼の電気力学の理論から、ニュートンの第3法則の反応が捨てられた。今日でもなお、第3法則はその理論から欠落している!

そして、電気力学者が実験するとき、夢中になるようにか何か、いくつかの電磁エネルギーを導入することによって第3法則が反動し、エネルギーが現れて来る。それは彼らの実験で発生したのであるが、彼らのモデルには現れないのだ! したがって、彼らは、敬虔に彼らの目を天国へ向けて、「おお、はい、我々はそれが起こるのを知っています。それはニュートンの第3法則に相当します」と言うだろう。

さて、ニュートンの第3法則は起こることに関する説明である。それは何の原因でもなく、原因の代わりにはならず、結果である。

要するに、真空エーテルの中にどんな紐の振動も決して無く、そして、ファラデーの【磁】力線は力の線でさえなかった! どんな力も真空中にはない。

第一に、力は物体を加速する第一の原因ではない! 力は物体から分離されない。厳密に、力の定義Fは、d/dt(mv)に等しい。ここで見ることができるように、質量は力の成分である。真空では、存在するすべてが真空の可能性の中で変化する。言い換えれば、あなたは我々がベクトル・ポテンシャルまたはポテンシャル流と同一視する渦とスカラー・ポテンシャルの勾配を得る。

現在使われているような感覚では、例えば、どんな電界も真空中には無い。

電気力学では、真空のあらゆるポイントで、存在すると仮定します。電気力学理論では、このようにして、どのようにこれらの仮定された点実体が動き、相互作用するかを説明します。それが、方程式が実際に説明していることで、それらの3つの実体の動きである。彼らは真空に何が存在するかを既定していないもの、そこに現に存在するその観察可能な物体を既定することなく

古典的な電気力学はまだ完全に誤ってエーテル実質を仮定しています。あなたは、1888年のマイケルソン&モーレイの実験でエーテル実質が否定されたので彼らが正しいと思うだろう。起こった全ては、ある日その電気力学者が「オーケー、したがって、エーテルは存在しません! オーケー、我々はそれを使用しません!」と言っただけです。そして、彼らは非難された方程式を絶対に変えませんでした!

例えば、あるポイントでスカラー・ポテンシャルと共に本当に起こっていることは、それが増加するか、または減少するということです。注目したそのポイントの周囲や付近を見てください。

もし、そのポテンシャルがその注目点で増加するならば、その点から極小距離にある周囲のポイントではまだ増加していません。したがって、それは、真空中の隣のポテンシャル点に関して、全方向への放射状勾配の1セットを持つ。

さて、それらの放射状勾配の各々は古典的な電磁気学では(誤って)力と呼ばれます。しかし、半径のそれぞれには、反対向きで大きさの等しい半径があります。そのポテンシャルをその位置点で、あなたが思うどのような方法ででも増加または減少させてみてください。あなたは未だに1セットの等しくて反対方向(双方向)の電磁「力」を生産しています。

そのポイントで、その波は常に大きさが等しくて反対向きの波のとして発生されます。それは他の何よりも「リズミカルな圧搾」波に似ています。現実の世界では、「反対向きの波」の部分が実際には一つの相結合であり、そして、それぞれの半波のペアによって空間的に重畳されている。

それはホイテッカーがどのようにして、どんなスカラー・ポテンシャルも1セットの半波のペアであることを示すようになったかということです。そして、各ペアで、波とその「反-波」があります(真の相結合)。しかし、それは、これがどんな総計力も発生させない事を意味します!

ほら!その点には、余分かまたはマイナス値のエネルギーがあるが、それは何にも変換されなかった。ローカルな真空時空のエネルギー密度のその増加は、普通の感覚において、ローカルな真空時空の無慈悲な一つの曲率である。

したがって、真空で何が生産されるかというと、全く電磁波などではなく、重力波である!これは現代のゲージ理論と一貫して一致している。人が十分長い間それについて考えるならば、どのような種類の力が形成されても単に「対称性の回復」があるために、ゲージ理論が重力自体を扱っていると分かる。

言い換えれば、サハロフの仮説は正しい; 重力は、マクスウェルの意味における別個の場ではなく、しかし、それはいつも他の場から作られる。事実、それは特に電気力学の中でそれ自体を明らかにしている、まさしくニュートンの第3法則だ!

今、もう少し深く見つめよう。我々がこのハーモニックな波/反波の組(これはスカラー・ポテンシャル)のセットを持ち、物質の原子にそれが到達したと仮定して下さい。

さて、先に到達した波半分は全部はぎ取られて、時間的に前方の原子(すなわち、電子殻)の部分と相互作用します。

原子を1セットのダイナミックな双極子と見なすことができます。そこでは、核の正電荷と電子殻の負電荷がダイナミックな1つの双極子を含みます。

双極子は重力波が入力する「分離器(splitter)」です。それはそのものを一瞬、2つの電磁波に分けます。

先に到達した波半分は電子殻の中の電子と相互作用します、そして、逆転した波の半分は核で双極子の正電荷と相互作用します。

それは認められているのだが、電気力学では通常無視されている、ニュートンの第3法則の反動を発生させる。

ポイントは、電子殻の中で進行中のエネルギー相互作用すべての為に、原子核で進行中の等しくて反対の電磁エネルギー相互作用があるということです。我々は後者を無視します。

、内部の研究に移る。あなたが見ることができるように、あなたが原子に対する電磁放射によるいくらかの研究をすると、あなたは同時に、核での等しくて反対向きの内部の研究をします。(誰かは反重力、フリーエネルギー、およびいろいろなうまいものを手に入れるのにこれを使用することができる)

今、非線形光学では、4波の混入などによる非線形の電磁波の相互作用によって重力波(すなわち、その電磁半波のペアである)が入りつつあるときの、1つの相互作用がある。逆転した波の後半は、核に達することがない;その代わりに、それはそれが来た方向に向かってはじき返されます。そして、それに伴い、原子に対するどんな追加ポンプ波も、その全てのエネルギーが上昇する。

したがって、一つの相結合ミラーは、それがどんなに強く押されても問題ではないが、もしそれが強力に増幅された相結合したコピー波を放射するのであれば、反動を起こさない!【こうして重力を中和できるということでしょう】

その理由はニュートンの第3法則による原子核からの反動を発生させるメカニズムが、核に達する前に【反動の】原因(入って来る波の「前半が欠けている」逆転された波の後半)が反射されたので、 起こらなかった

今、それは【原子】内部の「原因」を妨害し、反射し、そして使用するような面白い方法であり、それが入ってくる前に、内部の仕事を発生させるその因子的な相互作用に入るということです。

今、もしあなたが半分(Sweetの装置では、その仕事が負荷をかけて行われた)のの仕事に関して続けるならば、同時的に余分な負の半分を拒絶しつつ、半分の正の仕事を事実上増加させるならば、あなたは欠けている「ニュートンの第3法則」反応を、超過した正の仕事によって、負荷をかけながら可能にします。それは、あなたが過剰の正のパワーによる対称性の欠落による回復力を手にしており、負荷をかけながら得られる事を意味します。

それは、あなたがちょうどそれだけの反重力を形成できるのを意味します。それは、もし重力として表現された力が対称性回復力である時、対称性回復力の否定とは、表現しない(否定)とはどんな力であるかということであり、とても多くの兆候が重力ということである。

したがって、負荷をかけて余分なパワーを得るために対称性の回復を否定することによって、あなたはまさしくその量のパワーで反重力を作成します。

一緒に推論しましょう。重力のエネルギーは(面くらわせるように)負のエネルギーであることが既に知られています。さて、俗に「負エネルギー」とは何ですか?それはただ、そこに決してなかったエネルギーであるが、あなたに仕事をします。再度、変装で隠れていた、それはまさしく我々の旧友ニュートンの第3法則です。

したがって、電磁波の逆転された後半部分に原子核と相互作用させるとき、我々は重力を得ます。

その波が入るとき、我々が重力の欠如を得るが、その反対波は核に達しないで、核と相互作用しません。

それをもう一度読んで下さい、それは純粋な魔法である!

したがって、反重力を手に入れるためには、あなたは何らかの超過した相結合(時間反転)の電磁エネルギーを持って来ます。何らかの過剰エネルギー(あなたがそれらを持ち込んだので、他の半周期はそれに伴っている)をペアの中に。あなたは前半周期を外部回路と負荷に向け、そして超過した仕事を負荷にさせる。

しかし、あなたは入って来た後半周期のエネルギーの余分を核に達させません。代わりに、核に達する前にあなたは複数波で相互作用をさせます。あなたはそれがやって来た方向に返送します。そのようにして、それは何をしますか?

さて、もしあなたが、余分な重力エネルギー(原因)をもたらし、そして反発させれば、前半周期が入って来つつある時、突き合わせたエネルギーは負荷にそらされ、負荷の中で仕事をすることになり、それは創造された反重力エネルギーと正確に一致する。

要するに、それはあなたがどう反重力を生産するかということです。または、あなたが願うならば、それはあなたがどう一方向の力を得るかということです。

正確な方向への反重力推進、および一方向への反重力推進が起こるでしょう。

推進力のために、あなたはヘリコプターのようにそれを飛ばします。力が上向きな状態で、あなたは、そっとまっすぐ上がったり、舞ったり、または下に下ります。また、前進のコンポーネントを持つために舵を傾けることによって、あなたは舞っていて、登り下りしている間、前方へ動きます。

それは私がSparky Sweetに真空三極真空管アンプでテストさせた私の重力理論の要点でした。私は、それがおよそ1500ワットで空中浮揚するだろうと見積もりました。

しかし、1つがそのバリウム・フェライト磁石に磁気(単極)チャージしたらしく、通常運転500ワットの設計を超えてパワーを増加させた。したがって、磁石が爆発して、彼を殺すかもしれないので私は、1,000ワットを超えないように彼に警告しました。(崩壊のポイントに達するとき、それらは手榴弾のようになり、Sparkyはいくつかの磁石をこの方法で何度か爆発させました!)

とにかく、彼は100ワットの増分で負荷を1,000ワットまで増加させた。そして、それがその重さを90パーセントもうまくスムーズに減少させました。実験が失敗したならば、私は最初からやり直さなければならなかっただろう。しかし、それは美しく作動した。

あなたが直接携わる内部的な研究の要点

マクスウェルは、彼の理論が彼がエーテルにおけるこの圧力を仮定したので終わらなかったが、それを説明することができないと実際に慎重に指摘しました、それで、一層の研究をしなければならなかった。

また、Heavisideが警告するのは、現在の電磁理論がまさしく最初の出現時のもので、初期の頃の効果【の説明】に適していたが、最後まで考えつくされなかった点です。

彼の意見では、初めに技術者はその最初の理論を学んで、それを適用する時に十分な苦労をするだろう。したがって、理論の格上げは後のことだろう。

これで少し明確になることを望む。 - トム・ベアデン
英文

フリエネ目次に戻る

free counters