02361/02395 PAG03134  はな             ---ARION,O∴O---の意味
( 8)   98/05/18 03:46                     コメント数:3

 ARIONが発言する際、文末には、次のマークがついてくる。

 「−−−ARION,O∴O−−−」 

 この「O∴O」は数字のゼロでもあり、アルファベットのOを意味
もつと、みれさんが会議室で発言されていた。アルファベットのOは、
また、星のスペクトルも意味するという。

 夜空に輝く星には、注意深く見られた方はご存じだと思うが、さま
ざまな色がある。青白い色をした星から、赤みがかった星までさまざ
まある。青白い星から赤みがかった星になるにしたがい、天文学上は
星のスペクトルとして、「O」から「M」まで、アルファベットで分
類されている。具体的には、次のように設定されている。

「星のスペクトル」

 O,  B,  A,  F,  G,  K,  M
(青白い色−−白色−淡黄色−−−黄色−−橙色−−−赤色)

    《上段がスペクトルの記号、下段が対応する色を示す》

 「O∴O」のOは、スペクトルでみれば、一番青白い色を示す。

 ここでヘンなのが、ARIONのコードカラーとの相違だ。ARI
ONは自らの霊的傾向を「炎」と言い、コードカラーを「赤」と言う。

 ARIONのコードカラーとスペクトルを対応させるなら、「O∴
O」ではなく、「M∴M」とならなければおかしい。

「−−−ARION,M∴M−−−」 とはなっていない。

なぜ「青白」を示す「O∴O」が用いられているのだろうか?


                     はな


02362/02395 KFQ02761  しまうま         RE:---ARION,O∴O---の意味
( 8)   98/05/18 10:41  02361へのコメント

#02361 はなさん
 こんにちは(^^)。

|「星のスペクトル」
|
| O,  B,  A,  F,  G,  K,  M
|(青白い色−−白色−淡黄色−−−黄色−−橙色−−−赤色)
|
|    《上段がスペクトルの記号、下段が対応する色を示す》
|
| 「O∴O」のOは、スペクトルでみれば、一番青白い色を示す。

 なるほど、「O」は「最上段のスペクトル」を表すのですね。
 だとすれば「O∴O」は、ARIONの使う『最上の帯としての光』という
言葉と対応するのではないでしょうか。                しまうま(KFQ02761)

02364/02395 SDI00635  みれ             RE:---ARION,O∴O---の意味
( 8)   98/05/18 13:38  02361へのコメント  コメント数:1

#02361 はなさん

 はーい、どうもでぇ〜す(軽い出現の仕方を試している私(^_^;))

|なぜ「青白」を示す「O∴O」が用いられているのだろうか?

 それはですね、ARIONの出自が「シリウス」だからですよ(^_^)


                         ☆みれ・:・。,☆

02373/02395 QVF00676  苗(miao)         RE:---ARION,O∴O---の意味
( 8)   98/05/19 19:53  02364へのコメント  コメント数:1

あ、だから青白い馬なんだぁ。わはは。
(オン書き失礼)


02366/02395 CQW00576  ルキア         RE:---ARION,O∴O---の意味
( 8)   98/05/18 15:17  02361へのコメント  コメント数:1

はなさん、こんにちわ。
 
  「−−−ARION,O∴O−−−」

  ∴←このマークの意味はオリオンの三つ星でしたね?

そうか、だから「0」は青白いんだ。
ARIONは宇宙の卵ディジタリアから生まれた双子の男性的霊魂でしょう。

「シリウスコネクション」に『宇宙の卵ディジタリア』の物語が出ていますね。
ディジタリアは見えない星「シリウスB」にあります。
面白いことに(p133)の星の図がARIONのマークの「オリオン」を包む形に   
 なっているんですね。(興味のある方は本を見て下さい。)

ディジタリアは双子のノンモ伝道者を生み出す双子の胎だったが、片方の男が
先に生まれてしまった。これが地球となった。
しかし、彼の身勝手な行為が天地創造の秩序を大きく乱し、罰として男は
「青白い狼ユルガ」に変えられてしまった。

その為に彼の不純さが地球に伝えられてしまい、地球は乾燥した不毛の地となった  
 そうだ。
彼が救われるには、片方の双子の妹を天に対し生け贄として捧げること、妹を
清めの雨と共に地球に下すことが必要だった。
「青白い狼ユルガ」の宿命は、双子の片割れ、すなわち男の女性的霊魂(妹)を世の 
 終わりまで求めつづけることだという。

| ここでヘンなのが、ARIONのコードカラーとの相違だ。ARI
|ONは自らの霊的傾向を「炎」と言い、コードカラーを「赤」と言う。

そりゃあ、そうでしょう、はなさんが変だと思うのも無理もない。
ARIONが「青白い狼ユルガ」だから、「0」で今の姿をあらわすわけです。

『彼が救われるには、片方の双子の妹を天に対し生け贄として捧げること、妹を
 清めの雨と共に地球に下すことが必要だった。』

この話も預言にありましたね。(#1581 赤い月の物語)              
       
   「 子供の柔らかい肌に、悲しみの黒い雨。
     その染みは、大人になっても残るだろう。」

 悲しみの黒い雨は、双子の妹を生け贄として捧げ、清めの雨と共に地球に下し   
  たと読めます。
 永遠に捕まえることの出来ない妹を追いかける宿命の為に、妹は多くの犠牲を
 受けている。大本でいう「月を汚す」に似ています。              
  北欧神話のハールヴタン、そしてモーセ。各々共通する所が多いですね。

                             ルキア       



02377/02395 CQW00576  ルキア         ARIONの詩的メッセージ
( 8)   98/05/21 15:33  02366へのコメント

<28>

 星々の彼方より 来たりて伝える
 我が名は アリオン
 又の名を ミカエル

 光の中の光 最上の帯

 我が言葉は空しくされ
 我が願い 其方達の耳に届かぬ

 時空の掟を破って、伝えし言の葉
 我々の望み

 過去の過ちを 再び繰り返す事を
 其方達は望んでいるのか

 三度の裏切り 三度の絶滅
 この度は 思い留どめよ

 其方達の荒廃は 全宇宙の進化を妨げる
 何故に この事に気付かぬのか

 これまでにも、数々の人の口を借りて
 伝えて来たが

 時空の掟に逆らい続ける事は
 易い事では 決して無い

 其方達の汚れは、其方達の星の持てる
 限界点を超えようとしている。

 気付き 集まれ
 志を同じくする 我が従僕達よ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

せっかくの機会だから、知らない人の為にも出しておきました。
ARIONは地球を救おうとして、3回も失敗している。
今度も失敗したら地球はもう存在できなくなります。(冗談ではない)


『97/01/14 「だが私は今一度、人間達の行いを見ていようと思う」と天使
 97/01/15 「天使長、未だ人間に期待を繋ぐという事ですか?」と小天使
 97/01/16 「そうだ、未だ期待を繋ぐのだよ」と天使は小天使に言った…

 97/03/21 天使長は一通りの報告を聞いた後、小さな溜め息をついた。  』
                     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
                                                    ↑
                                   そりゃそうだよねえ、溜め息つきたくなるわけ。

『97/03/22 「海には海の理があり、空には空のそれがある…そして人は?」
 97/03/23 「人には人の理があった…しかし失われようとしている」と天使長
 97/03/24 「最も悲しいのは、それが失われても平気な人がいる事だ」
 97/03/25 「自分と呼ぶ個体を優遇出来れば、その他はどうでもいいと…」
 97/03/26 「そう思える心が悲しい…」と天使長は伏し目がちに言った
 97/03/27 「だが私の目には、人の理を取り戻そうとする人達が見える」
 97/03/28 「その人達は人数は少ないが確実に心に灯りを点けて生きている」 』

わずかな望みをARIONは人間に賭けていることがわかります。

                              ルキア


02370/02395 GBG02043  維/YUI       RE:「わだつみの歌」「砂嵐(サラン)の歌」
( 8)   98/05/19 09:14  02365へのコメント

☆ −−−−−−−−−−−−−−−−
☆
☆ わだつみの歌、聞こえる日。
☆ 砂嵐(サラン)の歌は止まる。
☆ 見よ、青白い馬に跨る者をと声がする。
☆
☆ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こんにちは、ルキアさん。

☆ 8年ほど前からいつも左耳のうしろで「音」がしています。
☆ キトラ古墳の直後に、すごい音が体中をウワアーンとかけめぐり、一時は私が
☆ おかしくなったかとマジに心配しました。幸いなことに3日ほどでおさまりました

☆ その音はあまり気持ちのよくない音だったので、「幻聴」で片付けていた…。(^^;)
☆ かん高い雑音のような音で、体調によってはうっとおしいだけ。

☆ 私は普通に生活していますから、普段はあまり霊的なものに縁がない。 

結構たいへんなんだなぁ〜とルキアさんとか(別室だけど)たくみさんの書き込
みを読んで、時々思っています。普段はあまり霊的なものに縁がないって、私な
どからすれば充分縁がありますよぉ。。。

さて。
わだつみというのは、海を統治する神のことだそうです。
海を統治する神、といえば素戔嗚尊。
ポセイドンなどもそうでしたよね。

素戔嗚尊は、青海原を治めよと高天原から任命されたと古事記などでは書かれて
います。宇宙(天)から見た地球は、まさに「青海原」です。

☆ 青い星、地球の音。
☆ そして。
☆ 宇宙の音。

わだつみの歌は、私達の故郷の主の歌。宇宙と繋がっている魂の歌。
そういったところでしょうか。

砂嵐は、サランと読むことにポイントを置いてみますと、
差乱…差を乱す。本来の個々の差を無視し、通り一遍「皆同じ」を良しとする
   世の中の形成。

左乱…左は「東」を指すそうです。(ってことは右は、「西」。)
   東方、東国、東洋の荒廃、乱れ。

鎖欄…鎖につながれ、檻に閉じこめられている状態。

サランの歌が止むとは、上記のようなことが止む。
いままで世の中の裏側から進められていた「画一化」のボロがではじめたとか、
日本の堕落が「できない」ようになり、東洋がアジアの龍としての力を持たなけ
ればならない、惰眠をむさぼれない状況になるとか、
歴史の狭間に閉じこめられていた、本当のスメラミコトが、鎖を解き囲いから出
てくる時が来た、カゴメの鳥が放たれるときの到来とか…。

と、読んでみました。

☆ ますます理解に苦しむこの「現実」に途方に暮れるこのごろ。

途方に暮れず、元気にいきましょう!!!ね。

                                 98/05/19(火) 00:43 維/YUI(GBG02043)

02389/02395 CQW00576  ルキア         銀色の舟
( 8)   98/05/26 16:39  01581へのコメント


【占星術関連2】は聖書、北欧神話がベースになっていました。

 その後、「シリウスコネクション」で新たに解読できることがわかり、
 ARIONがシリウスの出自であることが証明されました。

 預言の中に、「銀色の舟」が出ます。
 この「銀色の舟」は、「眠りの王」と関係があります。             
  「シリウスコネクション」によれば、                    
   眠りの神ネフティスのイメージシンボルの色が「銀」です。(シリウスC)

 ネフティスの舟を銀色であらわした所に、シリウスの知恵を感じました。

                             ルキア


[神一厘の仕組及び、自分で思う自分の立場]に戻る

free counters