正誤表

=推薦@たま出版
韮沢潤一郎コラム85




バシャールのキャッチした近未来の予言が出ました。
時期起きる確率内容
2016年の秋98%地球外生命体の発見。この確率は以前と変わりませんが、時期が少し早まった。
2016年の秋90%ギリシャと中国の経済崩壊
2016年の秋78%大規模な米国の経済崩壊(「ギリシャと中国の経済崩壊」が起きた場合のみ)
2016年の秋57%世界中からレスキュー隊の総動員を余儀なくされる大規模な自然災害が起こる。
2016年の秋100%ヤイエル文明による大規模なUFO目撃。2017年(ひょっとすると2018年にずれ込む可能性有)の終わりまでに、意外な場所から地球外生命体の存在を認める”ディスクロージャー”が発足します。その意外な存在の一人がローマ法王。
(201512271800)



 たま出版BBSの発言『2012/01/13(Fri) 13:25 [17090]』で知ったのですが、井口和基さんのブログに、「30年前に911、オバマ、2012を予言していたフランス人予知能力者」の2012年に関する予言内容がありました。凄いことだと思うので、リンクしました。(201201140219)

【他にも→阿修羅発言 ←『ジョセフ・ティテルの予言 東日本大震災、放射能漏れ事故、マイケル・ジャクソンの死、エリザベス・テーラーの死を的中』(201201160206)】


http://www.youtube.com/watch?v=Ac8m7CPB5oc←動画もあります。(201305122321)


 2011.12.19(月)に北朝鮮の金正日の死去報道が始まりました。【→阿修羅発言 ←『金正日の死に寄せて』(201112220000)】
亡くなったのは17日(土)だったそうです。これでハッとしたのは、アンソニー・カー氏の次の予言です。

2011.12.19(月)の予言内容として『人々は、今日から始まる事に気づかず、準備も出来ない』

氏の予言文言はパターン化していますが、やはり未来のことを具体的に突き詰めるのは至難の業なのでしょう。事後に「このような予言があった」と述べると一部から反発を受けますので、まだ実現していない近未来予言がありますから、それを生かす意味でも予めここに公開して参考にしてもらおうと思います。

2012.01.11(水)の予言『この日から、否定的なエネルギーが意図的に大きな変化を与えようとしている』(201112220006)



 下記の発言内にもリンクしましたが、阿修羅に貴重な予言内容発言が出たので、当ページにも載せさせて頂きます。

東日本大震災を予知した預言者達! 日本に危機再び……!?(リアルライブ)

http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/473.html
投稿者 なんじゃこりゃー 日時 2011 年 4 月 07 日 19:55:47: 0zLT2gtfzmeo.

http://news.nifty.com/cs/item/detail/rl-20110407-6603/1.htm

東日本大震災を予知した預言者達! 日本に危機再び……!?
2011年4月7日(木)14時45分配信 リアルライブ 

東日本大震災を予知した預言者の情報が、続々と上がってきている。

 まずは日本の霊能者・松原照子女史。『幸福の近道』というブログに、1月6日と2月16日に今回の震災を危惧した内容の文章が書かれてある。それによると、日本に55ある原子炉やチェルノブイリの事故のことにも触れ、原発事故を危惧し、強く関心を呼ぶように書かれてある。  震災が起こるであろう日付は特定されてないものの、松原女史は、太平洋側に動く気配を感じ取り、広範囲に揺れると指摘。さらに「陸前高田」という地名までも限定して書いている。
 彼女の場合は予言ではなく「世見」と言い、見えない世界の存在から未来を教えられ、自身も感じ取っているとのこと。ただいま『幸福の近道』はアクセスが集中し、繋がりにくい状態が続いている。

 アメリカの予言者・Joseph Tittel 氏。マイケル・ジャクソンの死を予言したとして有名。今年の1月1日のラジオで原発事故と津波を予言していた。
 それによれば、原発で爆発が起こり放射性物質等が漏れる大事故になる。最初は健康に被害がないと発表されるが、それが後に間違いであると発覚し、多くの人々が病院に運ばれる事態になるという。
 さらに津波が日本、中国、チリを襲う可能性があるとも指摘している。3月15日にアップされた彼のコメントによると、日本はこれからもっと最悪な事態に陥るという。日本の国土の半分は住むことが出来なくなり、ある地域は海に沈み、そしてまた大きな地震と津波によって被害がもたらされるという。

 そして現在、注目されはじめているのが小林朝夫氏。彼は子供のころから不思議な能力があり、今から6年前に地震で東京が壊滅する夢を見た。その後、都会を離れ地震研究をしている。
 小林氏のブログには、なんと震災前日の3月10日に、M8前後の非常に大きな地震が来ると警告。三陸沖で地震が続いていることから、ほぼ間違いなく関東から東海にかけて大地震が来るであろうと予見していたのだ。
 ブログ『大地震前兆・緊急アラート』によれば、4月7日前後が危険で、4月6日〜10日の間に何が起きても不思議ではないという。その間に、原発に再び大事故が起きて爆発する可能性がある。それが福島第一原発に問題が起こるのか、大地震によるものなのかはわからない。しかし、3月11日で今回の事態は終わりではないので、防災の準備をしっかり整えて心構えをして欲しいとのことである。

 予知・予言には賛否両論あるが、あくまでも貴重な情報のひとつとして捉え、慎重に様子を見るべきだろう。

(呪淋陀(じゅりんだ) 山口敏太郎事務所)





 前回はARIONの過去の発言内容から「2011.05.15(日)に何かあるかも」旨の発言を行いました。

 今回はまた別の情報があるのでご紹介します。アンソニー・カー氏の予言です。以前も、「アンソニー・カー氏の2010年に関する予言」というのを載せました。氏の予言は大抵はヴィジョンとして見るそうです。ある時は他のない日常のひとコマ。ある時は時計の文字盤が特定の時刻を指している映像等、一見、意味がないように思われる個々のヴィジョンを見せられるうちに、それらの間に共通のテーマが見えるようになるそうです。そのような分析はアンソニー・カー氏の人間的努力です。また、なかなか全体像や真意が明確にならないような時はタロット・カードを使って占ったり、あるいは占星術を取り入れて時期的なものを推し量ったりするそうです。ここらへんも氏の人間的努力ですね。

 以前、アンソニー・カー氏は2010.06.12(土)に「ある劇的な出来事が多くの人々の未来を変える」と述べていましたので、阿修羅に発言して予告しておきましたら、それはキルギス民族衝突でした。これは的中した場合です。

 アンソニー・カー氏の予言は、言及している相手の個人情報の保護のためらしく、内容表現が漠然としている場合が多くても、日付がハッキリしているので、その日になれば内容もハッキリします。予言は大体の感じとして、1/7程度、外れます(私の個人的経験として)。ただ、的中した6/7についても、その内容が当たっていても、規模の大小が食い違っていたり、下記の事故も実際にはNASAではありませんでしたが、しかし、映像だけ見せられたら私もNASAだと思われるだろうと思います。等、多少のズレはありますが、大体は的中しているという感じです。

 そんなアンソニー・カー氏は2011.04.03(日)について、前のキルギス事変の予言の時と似た表現で予言しておられます。

・2011.04.03(日)⇒「ある劇的な出来事が多くの人々の人生を変える」とのことです。これを今回ご紹介いたしました。(201103292112)

【→阿修羅発言 ←『アンソニー・カー氏の2011.04.03(日)についての予言』(201103302235)】



 日本が最終的には沈没することはジュセリーノも述べていました。ただ、激動の時期が過ぎれば、現在の「生命に反する世界」が消えて天国のような世界になるそうですから、長期的展望としては問題ないのだろうと思います。インディアンの大予言にもそのような記述がありますし。ちなみに、公開しています歌の一覧は、日本が沈没などで住めない状況になるまで公開しています。(201103272322)


 これはもう触れるしかありません。[根拠A]に基づき、これから起こる近未来についての具体的な予言内容を次にご紹介します。[根拠A]に関しては申し訳ありませんが、言及ができません。

・原発を全廃しなければ、東海地方〜西日本が海の底に沈むそうです。

【→阿修羅発言 ←『東日本大震災を予知した預言者達! 日本に危機再び……!?(リアルライブ)』(201104072120)】

太古の昔から決まっていたという「近未来の(西日本の)日本沈没」に対処するには、

1.東日本に引っ越す
2.西日本在住の人はボートを買い、自宅内に置き、「いつでも出航できるように」用意しておく。(但し、地方が丸ごと沈没するほどの水流に耐えられなければ、どうしようもないのですが…)


ことでしょうね。でも、電力会社が「消滅」した後は、原発の放射能汚染は広がるばかりになる可能性が高いと思います。逃げる場所はどこにもないそうです。

ここで私はARIONの預言を思い出します。主として、4つの大陸、すなわち北海道+本州+四国+九州から成る日本大陸を『4分化された「巨岩」』と述べたであろう預言です。

ここでさらに思い出すのは、1993.10.20朝日新聞本社社長室内でピストル自決を決行した野村秋介氏についての1年前のARIONの預言です。10/20という日付は美智子皇后のお誕生日です。丁度一年前にARIONが預言していたと言えるでしょう。

では、ARIONの『4分化された「巨岩」』預言の出された日付は何時でしょうか。1993.05.15です。ということは、西日本が海の底になるのは丁度18年後の2011年、5/15だろうか?(201103270130)

【追加⇒放射性物質はアルファ線(ヘリウム原子核)、ベーター線(電子線)、ガンマー線(極端短波長の電磁波)エネルギーを原子核から放射して正常な物質元素に戻ろうとします。この過程を加速することで放射性物質を無害化する方法があるのに…(201103292127)】


 下記のAnthony Carr氏の「2010年に関する予言」について、「掲載する意味がある」と思われるものが多少ありますので、ここで追加公開してあらかじめ明確に言及することで予言が的中しない方向に逸れて行く事を基本的に期待して、少し予言を追加しました。ポジティブな予言を載せる分量が少ないかも知れません。また、特定個人に関する予言も極力載せていません。Anthony Carr氏も第三次世界大戦について「2010年に関する予言」の中で述べていました。

 また、本日、発祥道のほうに「予言検証体験板」を追加しました。近未来の日付の予言が、おそらく、ほぼ適中して行くでしょう。疑う人や興味ある人など、なるべく多くの人が「予言が実現して行くリアリティ」を身をもって経験してもらえば、後になってこの経験は、「過去の絶対事実」となっているでしょう。(201006160323)



 2010.06.05(土)16:39現在、阿修羅にアクセスすると「Forbidden You don't have permission to access /index.html on this server.」とのメッセージが出てきます。これは、誰かによって当oriharu.net(の固定グローバルIPか何かが)が阿修羅サーバーのアクセス拒否リストに追加されたのだと思われます。第三次大戦に関する私の発言が削除される可能性を考えて、一応、ここに同内容を記録しておきます。⇒2010.06.05(土)19:07現在、アクセスできるようになりました。⇒2010.06.19から20になっても「Forbidden」のままになってしまいました(201006200232)。⇒201006202120現在、アクセスできました(201006202121)。

§「予言という確からしさ」に立って、戦争という重大犯罪が始まる事を予告せんとす。

http://www.asyura2.com/10/warb4/msg/695.html
投稿者 オリハル 日時 2010 年 6 月 01 日 15:34:32: 3eVpHzO3Pti46

具体的に予告することに因って果報を得んとす。

 皆さん、ついに今月15日(火)に「ドルの崩壊」と呼ばれる事態が迫ってきました。

 ブラジルで未来の夢を見るJucelino Nobrega da Luz氏によれば、2010.06.15に、ニューヨーク株式取引所が崩壊し世界中に影響を及ぼすため、世界経済が危機に陥るそうです。
http://oriharu.net/jstand.htm#NY

 このようにして資本主義が「失敗」すると、共産主義が世界に進出<侵攻する「口実」として使われるようです。予言者達の言葉によると、共産主義が資本主義を攻撃し始める様子です。スウェーデンの予言者Anton Johansson氏が「ロシア軍がヨーロッパに侵攻する」という予言を出しているそうです。中国はインドを侵略するそうです。イタリアでは大規模な破壊が横行し、フランスも完全に支配されてしまうそうです。ドイツでは内乱が起きるそうです。
http://oriharu.net/jstand.htm#Anton_Johansson

 そして、カナダの予言者、Anthony Carr氏が2010年の予言として「パリのエッフェル塔が横倒しになる」という予言を出しております。彼は映像として未来の出来事を知る能力者です。彼は「フランスにロシアが侵攻して何を行うか」という映像を見たのだろうと思われます。
http://oriharu.net/jstand.htm#Anthony_Carr

ドルの崩壊と呼ばれる事態が今月6月15日に迫っております。

・各(種)企業の社長さんに進言いたします。中国やロシアやヨーロッパに進出するのは15日(火)まで(or ドル崩壊が現実のものになるかどうか見極めるまで)お控え下さい。

・国民の皆様には今しばらく海外旅行を控えるか、取り消して下さい。

 まさか、ドル崩壊の当日から共産主義の武力が打って出るとは思えませんが、しかし、当日に共産主義は「(ある種の人々にとって)理念上の大義名分を得る」のも明らかです(これは頭の中だけで起こるから速いわけです)。故に、それほど時間を置かずにロシアが行動としてヨーロッパ侵攻を始める(と言える)事を、多くの人々が事前に知っておいたほうがいいでしょう。

・未来予知が出来る人々へ

 皆さんならアンテナを研ぎ澄まして情報が得られるのでしょうから、是非、詳しい近未来情勢を集められたほうがよろしいと思いますよ。今こそ、個人情報から世界情勢にアンテナを向けるべきでしょう。でないと、宝の持ち腐れですよ。そして、得られた情報を無料で多くの人々と分け合ってください。(201006011529)

============================

第三次世界大戦の詳細な預言
http://www.asyura2.com/10/warb4/msg/748.html
投稿者 オリハル 日時 2010 年 6 月 04 日 19:55:02: 3eVpHzO3Pti46

(回答先: §「予言という確からしさ」に立って、戦争という重大犯罪が始まる事を予告せんとす。 投稿者 オリハル 日時 2010 年 6 月 01 日 15:34:32)

http://oriharu.net/jProphecy_WW3.htm

 ポーランド人農夫ウラジスロウ・ビエルナッキがイエズス・キリストと聖母マリアの出現を受け、メッセージを受けた体験を元に著した「Prophecies」の中から、第三次世界大戦の詳細な描写の箇所を訳しました。

 ブラジルのジュセリーノ氏は2010.06.15(火)にドルの崩壊が起きると伝えてますが、カナダのアンソニー・カー氏は2010.06.12(土)に「ある劇的な出来事が多くの人々の未来を変える」と述べています。ドルの崩壊が早まったという意味なのだろうか? あるいはドル崩壊とは無関係なのだろうか?

(201006051645)

 アンソニー・カー氏の2010.06.12(土)に起きると言っている「ある劇的な出来事」として有り得るのかなと思った阿修羅発言としては今のところ、下のものがあります。
【→阿修羅発言 ←『キルギス南部で民族間の衝突、45人死亡 首都でデモ (AFP)』(201006122047)】
【→阿修羅発言 ←『キルギス暫定政府内務省:ジャララバードの内務省部隊基地が暴徒に襲撃され、装甲車が奪われた【】』(201006132123)】
【→阿修羅発言 ←『キルギス民族衝突、死者100人超 数万人がウズベキスタンへ避難 (AFP)』(201006141929)】



 [第三次世界大戦の具体的な内容]というファイルを追加登録しました。英文はこちらです。下記のアントン・ヨハネセンの言葉の第三次大戦は7月に勃発し、8月に開始される。私はそれが何年になるのかは分らない。」という箇所が、ドルの崩壊(2010.06.15 by ジュセリーノ予言)直後に、共産主義者達が活気付くと予想すると、不気味に時期的な符合を見せているような気がしてなりません。もちろん、杞憂であれば良いのですが、しかし、いずれにせよ、そう遠くない未来として迫ってきていると言える趨勢でしょう。(201006032109)

 でも、アンソニー・カー氏が2010.06.12(土)を「ある劇的な出来事が多くの人々の未来を変える」と述べているのは、ドルの崩壊としてジュセリーノ氏が伝えている日付(2010.06.15(火))が早まったという意味なのだろうか?(201006041946)



 スウェーデンの予言者「アントン・ヨハネセン(Anton Johansson)」の第3次大戦の予言というのがあるそうなので、日本語ブログ「ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ」にリンクしました。下記のアンソニー・カー(Anthony Carr)の予言でパリのエッフェル塔が横倒しになる理由はロシアからヨーロッパへの侵攻のようだと分ります。イタリアの破壊が最も大きいらしいです。ドイツでは内乱が起き、フランス、バルカン半島、イラン、トルコはロシア軍によって、そして、インドは中国軍によって完全に占領されてしまうそうです。アメリカも「ヨーロッパを助ける事ができないように破壊されてしまう」そうです。ウイルス兵器で2,500万人が死亡するそうです。(201005301729)

【→阿修羅発言 ←『§「予言という確からしさ」に立って、戦争という重大犯罪が始まる事を予告せんとす。』ドル崩壊が共産主義に口実を与える(201006011557)】⇒Anton Johansson(1858-1909)は「第三次大戦は7月に勃発し、8月に開始される。私はそれが何年になるのかは分らない。」と述べています(No.42)。(201006012111)



 カナダにアンソニー・カー(Anthony Carr)という予知能力を持った人がいます。この人の予言は、外れる事もありますが、大抵は適中していると言えます。この人がスター・ゲーザー誌2002,3,4,5年版に載せた内容は、『フランスのパリが襲撃に遭い、エッフェルタワーが倒れて役目を果たさなくなります。』や『私にはエッフェルタワーが完全に崩れるのが見えます。横倒れになるのです。これは酷く恐ろしい戦争の始まりとなるのです。』と述べています。この予言は映画「2012」と「G.I.ジョー」の中で起きましたが、Anthony Carr氏は、この点に関して「しかし忘れないで下さい。現在の映画は、実際におこりうる出来事の前兆なのです」と述べております。
While the DGSI was successful in stopping the attack upon the Eiffel Tower, this report continues, they were not able to stop the simultaneous terror attack occurring 933 kilometers (580 miles) away from Paris in the Mediterranean coastal city of Nice. (201607210137)

 また、スター・ゲーザー誌2009年版には『南カリフォルニアは口を開き、有罪判決を受けることになるでしょう。今までにない震度の大きな地震が、大きな裂け目を作り、この物を作り出す街を飲み込むでしょう』と述べています【→阿修羅発言 ←『アメリカの巨大火山「スーパー・ボルケーノ」がいよいよ大噴火の兆し、』(201101310119)】。アンソニー・カー氏は2010年に関する予言をされていますので、少し御紹介いたします。

アンソニー・カー氏の2010年に関する予言


世界の出来事

★『NASAは再び災難に巻き込まれそうです。シャトルが打ち上げられた後(昼食後)に爆発を起こし、乗組員が全員亡くなってしまうでしょう。』
・【オリハル註:2010.06.10(木)の「報道ステーション」でやってましたが、韓国初の国産衛星搭載のロケット「羅老号」の打ち上げが失敗してしまったそうです。氏が「見た光景」は、このことでは?(201006111925)】

『これは私が50年間もの間、予見し続けている事です。「エジプトのスフィンクスは、人間の歴史を塗り替えるような、古代の驚くべき記録を発見する場所となり、また地球と呼ばれる小さな惑星の存在の理由を知ることになるでしょう。これは宇宙の創始者である、宇宙旅行者との繋がりでもあります。」』

『イエローストーン国立公園で、ある範囲内の全ての人や物を沸騰させる、恐ろしい地震性の熱湯の噴出をし、数十年に渡り、環境に影響を及ぼすでしょう。』(201006160151)
・【→阿修羅発言 ←『アメリカの巨大火山「スーパー・ボルケーノ」がいよいよ大噴火の兆し、』(201101310121)】

スターバックスは倒産するでしょう。(そして苦い味を経験し、お腹を痛めることになるでしょう。)』(201006160154)

『アメリカ合衆国は、ハワイの近くに打ち込まれるミサイルが原因で、イラクと戦争勃発に危険なほど近づきそうです。それは平穏に過ごすには、近づき過ぎていたと思われます。』

『アメリカ合衆国の郵便局は、週4日しか郵便を配達しなくなるでしょう。』(201006160156)

『しばらく話を聞かなかったバミューダトライアングルが、再度新聞を賑わせそうです。何百人の人の命が、不運な飛行によって失われそうです。その飛行機のロゴは、青い下地に、大きな白い字が書かれています。』

『英語圏での表現で、「2つの月が空に見えたら、何々をする」というのがありますが、月の様に明るい円形のものが地球からの見える大空に現れるようになります。これはまるで2つ目の月の様に見えますが、実は他の惑星からのスパイ衛星が、侵略に備えて情報を集めているのです。それは個人のDNAを運ぶ音の周波数で、声や心臓の音、脳の神経細胞の音などが上げられます。』

『スズメバチがアメリカ合衆国のホワイトハウスを襲撃し、政治家は逃れるために我先にと逃げ回りますが、最後にはハチに刺されてしまいます。』(201006160159)

『今までにない経済の下降は、インターネット上で詐欺を働かせることに繋がりそうです。注意をしてください。これは世界金融システムと呼ばれ、市民はクレジットの申請をするときに「獣の刺繍(666)」をしなければならなくなります。「そしてその刺繍のない人は死んでしまうでしょう」新約聖書』(201006160202)

★『警告も無く、突然幾つかの船が同時に海に飲み込まれます。100隻もしくは何1000隻に及ぶ船が沈んでしまいます。』
・【オリハル註:日月神示「1日に10万死にだしたら、神の世がいよいよ近づいたのざから、よく世界のことを見て皆に知らして呉れよ」(201005141325)】
・【→阿修羅発言 ←『三六九 新年早々出雲大社のお膝元松江に於いて今後の日本の型が示された』(201101041415)】

『沢山の隕石がカナダ国にある小さな街に落ちることによって、世界の話題を呼ぶことになるでしょう。』(201006160204)

『人々は宇宙のサタナイル(天使)と戦うために団結し、サタナイルは戦いに敗れることとなるでしょう。』
【オリハル註:これを載せました意図は、サタナイル(?)に勝たせようとしたからではありません。宇宙からの勢力には悪い勢力も良い勢力もあることを示したかったからあえて載せました。】

『バルカン地区でサラエボで再び何か起こりそうです。セルビア人の国主義者が、オストリア国皇子の乗っている乗り物に爆弾を投げ入れ、その地域の世界を揺るがすでしょう。』(201006160206)

マンデラ(南アフリカ共和国の大統領)がひどい病気にかかりそうです。デスモンド・ツツ大司教は亡くなるでしょう。』(201006160208)

『ニューヨークとボストンで地震が起こりそうです。』(201006160209)

『私には大統領【オリハル註:2010年の予言なのでオバマ大統領か?】の葬儀のお棺が見えます。』(201006160210)
【→阿修羅発言 ←『米国:大統領選挙の情報・・脅されているオバマ!』(201211042140)】

『素晴らしいサスペンション・ブリッジ(吊橋)で火災が起こり、ねじれ曲がり、そして崩れ落ちるでしょう。』(201006160212)

『私達を創造した宇宙旅行者の帰還を示す神々しい合図が見られ、その後、地球上に平和がもたらせられるでしょう。』
【オリハル註:この「宇宙旅行者」はプレアデス系の人々なのかも】
【→阿修羅発言 ←『惑星Xは、まう一つの太陽となる、否、するのだ』(201005141246)】

『東海岸の大都市、多分トロントで恐ろしい飛行機の事故が起こりそうです。』(201006160213)

『突然変異をしたインフルエンザが世界的に大流行しそうです。住民は家に閉じこもるように指示を受け、追い出さなければなりません。100,000人もの人が死に追いやられるかもしれません。多くの地域が出入り禁止となるでしょう。』(201006160218)

『寿司の好家の人は気をつけてください。貴方の好きな魚が貴方を死に追いやるかもしれません。海は汚染されています。』(201006160221)
【→阿修羅発言 ←『「福島原発では、汚染された水を太平洋に捨てている」(RFIの記事より)』(201103312307)】

『ニューオーリンズは、この前の時より酷い嵐に巻き込まれそうです。街は長い間、閉ざされます。そして新たなニューオーリンズが浸水した灰の中から生まれ出します。』(201006160223)

『原子力発電からの漏れは、以前のソビエト連邦で何千人もの人が亡くなる事になるでしょう。』

『奇妙な皮膚の突然変異が、オゾン層の破壊による影響が原因で起こるようになりそうです。』(201006160224)

『何千人もの人が、腐敗したボトルに入った水によって、病気にかかるでしょう。一般に名の知れたブランドは投棄されます。』(201006160225)

★『北米の皆さん、今までで最悪の人種暴動に備えて下さい。』
【→阿修羅発言 ←『さぁさぁデモクラシーの本場でも大規模デモ発生!』(201102172109)】
【→阿修羅発言 ←『少なくとも13000人がウィスコンシン州の労働者のために立ち上がった!』(201102181516)】

『ギャングのメンバーはトラックを移動手段として使用し、経済が下降するに伴い、人を攻撃するようになります。連邦による法律が宣言され、陸軍が動員されます。しかし、彼らも正しい事をするとは限りません。大混乱、無秩序状態となりそうです。』(201006160227)

医療科学

『突然変異をしたインフルエンザのウイルスが、想像を上回るほど命取りのものとなり、1918年に何千人もの命を奪ったメキシコ豚インフルエンザを超えるものとなりそうです。聖書に書かれている疫病です。』(201006160232)

『科学者は、死者と連絡を取る方法を見つけますが、する人達と話をしたいという何百万人という人達が殺到するでしょう。』

『科学者は、古代の文明から異星人を証明する合図を受け取り、平和的な連絡を取ることを試みるでしょう。』

『創造の神の声が別世界から聞こえ、それは神(それは宇宙旅行者です)による侵略の前兆となります。』
【オリハル註:この「宇宙旅行者」は非プレアデス系の人々なのかも】

『M&M(お菓子や歌手の名前ではありません)と呼ばれる医療目的でのマリファナが、カナダと同じように、もうすぐアメリカでも合法となり、処方箋がある人は手に入れることが出来るようになります。これによる税金が、政府に多くの利益をもたらせる事になるでしょう。』(201006160237)

『女中や執事のロボットが高級なホテルで雇われ、お客様を楽しませ、ベッドを直したりする様になるでしょう。』
【オリハル註:ロボット産業の産業セールス対象は、これで一つ決まりましたね】(201006160239)

『一般によく食べ物に含まれている添加剤や防腐剤は、癌をも含む数え切れないほどの障害の原因となるでしょう。』(201006160241)

『今思い切った行動をとらなければ、オルカ(鯨)は絶滅してしまうでしょう。』
【→阿修羅発言 ←『ニュージーランドでクジラの大量座礁、61頭死亡』(201111172040)】
【→阿修羅発言 ←『クジラ迷走にソナー説、高速船事故原因か…米報告書(Yomiuri)』(201310062005)】

『喫煙者は新たな禁煙する方法を見つけます。それは喫煙に関する記憶を消す薬です。』(201006160243)

『動物好きの方は気をつけてください。ブルドッグやペキニーズ(犬の一種)のような平らな顔を持っている動物が、人間に感染する細菌の隠れ家となり、私たちに病気をうつす原因となります。これらの動物の顔を常にきれいに保ってください。また口にキスをする事は避けてください。』(201006160245)

『豚の肝臓の移植の必要性が切羽詰まるため、増加するでしょう。』(201006160247)

芸能界

マイケル・ジャクソンのテーマパークが、エルビス・プレスリーのグレースランドとお客を取り合うことになるでしょう。』(201006160250)

『マイケルの娘であるパリス・ジャクソンによって暴露本が出版され,ジャクソン一家に住む一員としての難解な考え方や奇怪な行動を書き綴ります。家族は衝撃を受けるでしょう。そして彼らは「悪夢だ」と言うでしょう。』(201006160252)

『Madonnaがコンサートの途中で倒れ、心臓の問題があると診断され病院へ急いで運び込まれます。これが彼女の「歌手」としての経歴を終わらせることとなりますが、新たな裏方としての才能を発揮し始めます。彼女の子供たちも上手くやって行きます。』

『ヒルトン系列は破滅させられます。パリス・ヒルトンが趣味の悪い下品なポルノのサイトをインターネット上で経営するからです。』(201006160259)
【→阿修羅発言 ←『パリス・ヒルトン、コカイン所持の容疑で逮捕〔ロイター〕』(201008291910)】

Britney Spearsが彼女の昔の習慣に戻ります。それは良いことでは無く、ドラッグの習慣です。これには致命的な結果が待ち受けています。』

ビートルズのメンバーだった中の一人が残ります。リンゴ・スターが最も普通ではない形で、世界の新聞の見出しを飾るでしょう。』(201006160303)

カナダの芸能界

ゴースト・バスターズに出演していたらしいダン・エイクロイドは、本物のゴーストと対決する事になり、彼と彼の妻を家から追い出す寸前まで追いやられます。』(201006160307)

『カナダのスティーブン・ハーパー首相が、4期目を勤めることになります。しかし世界の狂ったような状況が、4期目を半分しか努めない事になりそうです。(これは彼が第1期目を勤めたときに予見しました。そして私は別に保守的ではありません)』(201006160310)

『カナダの次の首相は女性となるでしょう。』(201006160310)

『ケベックが、再度カナダから脱退しようとし、市民闘争の真っ只中に入るでしょう。多忙の【多数の?】死傷者を出すこの州での戦いは、オンタリオにも影響を及ぼします。流血が見えます。』(201006160312)

『経済的に見て、カナダとアメリカは忘れ去られ、最後には30年代の大不況のような状態になるでしょう。多くの人々、自然災害の不足【?】、そして第一次世界大戦、第二次世界大戦のように、私達を殺す戦争が起こりそうです。』(201006160314)

スポーツ

ニューヨーク・ヤンキースロサンゼルスの間でワールドシリーズの戦いが繰り広げられる中、トロント・ブルージェイズは、去年と全く同じ事を成し遂げます。』(201006160316)

(201005041003)←少し載せるのを躊躇していましたが、本日載せる事にしました。(201005131541)



 ここ最近、ある種の想いが湧きます。それで自分の立場について述べようと思いました。

 私が数々の「個人的な」シンクロニシティに囲まれているのは、これは、「現実対策」です。もっと言えば、「悪意による攻撃対策」としてシンクロニシティがあるのだと今ならハッキリ分ります。人々にもたらす事ができる真実を心の中に持っている人間が、嘘つきや偽者や詐欺師等々にされたりすることが不可能な程の濃度・密度で私に集中しているのです()。これによって、私自身の立場を彼(ら)は「崩す事ができず()」、存続する事となり、よって人々自身(=世間・世界)が無知という莫大な被害を被る事を防いだのです。
【→阿修羅発言 ←『眞實を隱蔽する尤も効果的な方法は隱したい眞實を公にする事』(201005021114)】

 これらシンクロニシティは「普通の人々(大勢の人々)」に個人的な敗北感を与える意図ではないことは明確です。でも、普通の人は、一人の人間のシンクロニシティ等を見ていきなり敗北感に繋がるような発想はしないような気がする。そのように発想しがちな人(々)というのは、普段、普通に周囲から持ち上げられたり等の立場にいるからだと思います。そういうところからの想念が私に来たのかも知れません。(201004212058)



 たま出版BBSの発言(2009/07/04(Sat) 13:38 [13446])で知りましたが、ジュセリーノ氏に関する疑義を呈する動画がありました。海外のテレビで特集が組まれたとのことです。これを見てみて、また「いつものこと」だと思いました。「いつものこと」と言っても複数あります。今回は、「なぜ人々は徹底して論理的に捉えようとしないのだろう」という点と「なぜ霊的な事柄と物質的な事柄を一緒に混同して考える(捉える)のだろう」という点です。

 私が1980年代にスブドで体験的に学んだ事は「霊的なことと物質的な事を混同しないこと」でした。(関連発言)これは政教分離の根拠をなす人間の性質ですし、私が某フォーラム内で「神霊とチャネラーの区分・識別」に拘った原則ですし、今回のジュセリーノ氏に関する動きを正確に認識する為の原則となります。某神霊とチャネラー関連で言えば、我々にとって大切なのはひとえに神霊からの人類宛のメッセージが必要であり大事なのです。だから、チャネラーの感情がどのようにメッセージに混ざりこむのかの説明を必要とするわけです。ところが、チャネラーは一切、具体的な説明を避けました。これは過去のことで、主要な問題は結論が出ています。今回のは現在進行形の出来事です。我々にとって必要で大切なことは神からのメッセージです。ところがその媒体となる人(某チャネラーやジュセリーノ)がそれを「自分の能力」だと思ってしまう瞬間・側面があり、そこから誤謬が発生します。自分の組織・会を囲ってみたりし始めたり、逆に周辺の人々が「“あなた”の言葉は神の言葉です!」とか混同してみたりして誤謬が拡大して行きます。今回のジュセリーノ告発動画(YouTUBE)、または、downloadを見ると彼は夢で見た内容(メッセージ)以外に、自身で霊的コンサルタントをしたりしている事が分りました。これは彼の普通の顕在意識による勝手な推測のようなものであることは確かでしょう。そこには「神からの情報(カタストロフィー夢)」と「彼自身の顕在意識」の混同・未識別状態すなわち無知なままに放置されている周囲の人々<人類という図式があることが分ります。ジュセリーノは単にお金を必要としており、その為に霊的に見えるコンサルタント業を始めたという「だけのこと」です。そのような、なぁなぁで商売を始められるようなアバウトなブラジル社会の一般的な集合意識のような背景があって成り立つものでしょうか。我々が注目すべきは無意識下で彼が見た夢そのものです。分りやすさの為にここでは極端な事を言えば、彼の夢情報以外は要りません。勿論、本来ならジュセリーノ氏という媒体に感謝すべきです。

 このテレビ番組の中で「アメリカ大統領選の預言も間違っていた」と簡単に述べてますが、これは下記の預言であると特定できます。ここには「もし」がついているのです。この点でテレビ番組は正確ではありません。また、サンパウロ市長宛に地下鉄事故について詳細に述べた手紙を送ったものが事故の10日後に発送の証明がなされているとのことですが、これは「実際に」事故の(3年)前に見たのは「事実である」上で、その地下鉄事故が起きたのをニュースで知ったジュセリーノ氏が「こういう夢をみていたんですよ」と事故後に送ったとか色々な場合が考えられます。他にも、航空会社に宛てた手紙には後から書き加えられた跡があるとか二つの住所がサインされているとか言いますが、その書き加えられた手紙の全体が特定の日付で発送証明となっているみたいに見えます。そういう点はどうなんでしょうか。このように一般視聴者には(いつもながら)細かい具体的な情報は一切分らないのです。公的立場にある人々が彼の手紙を受け取ったと公言しないのは、彼らは色々なパワーバランスの上で嘘をつく職業なので普通の事なのです。ジュセリーノ氏は普通の人間であり、一個人にターゲットを絞って番組を作ること自体が「神の側を無視している」ことになります。本当ならば、彼が見た「夢の内容=神からのメッセージ」だけに着目して、「ジュセリーノ」という名前すら使わず「媒体」とでも述べて番組を作るべきです。つまり「対象がそもそも違っている」テレビ番組を作ってしまったのですね。彼の預言が主として日本人の集合意識の願いが聞き届けられて変更されるまでは的中していた下記の事実は「絶対確実」な過去の事実であり、どのような権力者もメディアも変更することはできませんよね【なお、預言一覧表のなかの黒星★は預言(予知夢)が的中してしまった=負けた=黒星という意味であり、白星☆は未だ的中とまでは行かない情況であるという意味です(200907071428)】。(当ホームページの言葉の信憑性について)(200907061921)



 最近、政治(家)の質の低下が著しいと思います。その背後に「どうせ日本大陸が沈没するなら、今の内、好き勝手やっちまおう」という発想が権力者達の中に存在する可能性を思うようになってまいりました。

 神から人類に定められた「悔い改めの期限」は過ぎました。その後、ジュセリーノ氏自身もある時点で「なぜ、夢で見たことが実現しなくなったのか分らない」と述べていますように、我々は破壊的な未来を回避したと思えます。それを確約するかのように2008.12のアーキエンジェル・マイケルのメッセージでも、『既に出されている預言はもう(ほとんど)的中しないでしょう』旨のメッセージが出されました。そして、ポール・ソロモンさえ預言していた2008年の関東大震災も、ジュセリーノ預言の「2009.01.25の大阪でのM8を超える大地震」も起きなくなりました。
未来予知のブログ (200908021452)

 こういうことを今まで私が述べないでいましたのは、壊滅的な未来からなるべく離れよう離れようと思っていたからです。しかし、言わない事が原因して政治の質が低下していたとしたら、それも看過できないところまで来ていると思われるような気がしてまいりましたので、「既に(大方)過ぎ去った」事実をここに提示・明示する事にいたしました。すなわち、政治家の無為無策は今後も歴史に記録されて子孫に受け継がれて行くと思われます。(200903252331)



ARIONの正体

 今回は、表題のような刺激的な題名によって目立たせようと思います。海外の音楽PromotionVideoを見ていると、バール神のような姿の像が赤ん坊を抱えているようなイメージでARIONを表意している様子です。確かにARIONは複数の意味で「胎児()」と述べております。図像としても表現しておられます。ここの特徴的傾向に共振させる形を使い、最も肝心・中心なる神の部分だけをバール神?アヌンナキ?…要するに悪神にして表現しています。確かに、その種の疑念・不安を持つ人々がいることも容易に推察・理解できるのも事実です。というのは、某フォーラム(FARION)内においてチャネラーの感情が潜入していたようで(これはチャネラーに私がしつこく質問した結果、「感情が混ざる場合がある」との言質げんちを得たことがあるので、このように考えています)、脅迫的なメッセージを出してくる場合がよくあったからです。しかも、その振る舞いは、某フォーラム内の個人的な動静に関して異常に反応している内容でした。大天使の拘る部分ではないような気がしたのも事実です。一方、某チャネラーが、神霊のメッセージである筈のメッセージを「某チャネラー個人のメッセージ」であるかのように周囲の小集団に受け取られ易いような素振りをしたり、メッセージ内容を小集団=個人的利益維持の集団であるかのようにメンバーに割り当てて理解したり等の「縄張り意識」が目立っていたように思います。私も「縄張り意識」によって「あなた(=オリハル)はFARIONに参加し、メッセージの内容を自身に引き付けることで利益を得ようと宣伝行為をしている事は分ってんだよ!よくも私(達)を利用したな!!」(←分りやすく端的な表現してます)という疑問を呈されたこともありました。だから私は当ホームページを1996年に立ち上げた時に「FARION開始(1992.05.01)以前にFMISTYの会議室の一つとして1991年に始まった時点(1991.03.31)の“以前”に私はMSさんにレターしていた事実」を示したというのも理由の一つとしてあります。
 また、私の性格傾向としての「重要な発見を伝えよう・広めよう」とするのは、以前にも言いましたが、自費出版本の「世紀末研究」を1987年に発行したことでも証明されると思います。つまり、自分の立場が私の性格基盤を作ったのでは「ない」という指摘です。
 一方、預言メッセージが重層的に(某フォーラム内⇒日本国内で⇒世界で)的中したのも事実です。ですから、神霊のメッセージと人間の感情が混ざっていると推定できました。故に、私としては、出来るだけ純粋な神霊からのメッセージだけを抽出しようとして某フォーラム内で質問していました。返答は、ほぼ皆無でしたが。

 このような激情型の感情が混ざっているメッセージのソース(源)を「悪神だ」と捉える人が世界にいたとしても不思議ではありません。今回の文章は、ARIONが自ら述べているように、本体は大天使聖ミカエルであることを人間の側から例証しようとする試みです。いくつかデータを挙げておきます。

・ARIONの出自がシリウスであるとの論議が出たこともありました。

・また、ARIONの数=8であることについて、特殊な言い方をしたためか、自らの言葉として述べている箇所がなかなか検索ヒットしませんが、それは会議室で時々触れられていましたので、どこかで述べていたことは事実です。

・また、純粋に数学的に「光は8である」という発言がありました。これが意味するのは、神が創られたこの宇宙の数学的構造とARIONの数=8との結びつきであり、バール神とかそんなネガティブ文化みたいなローカルなものじゃないという指摘ができます。ちなみに、光の形は詩篇21詩篇24の星印()で示されており、これは弥勒十字と等しい形です。また、教会の採光用のステンド・グラスのことを薔薇窓と言います。薔薇は聖母マリア様の出現時に、幻視者が「薔薇の芳しい匂いがした」と報告していますように、聖母を象徴する花です。

・某チャネラーが発行した大陸書房「光の黙示録」のP0には、彼女が幻視させられた聖ミカエルの絵が描かれています。そこにある日付は「86.9.25」で、私の誕生日です。

・私=359でしたが、536の日(平成5年3月6日)にはフィリピンのルソン島で聖母マリア様が御出現になりました。聖母マリア出現についてまで懐疑するような人には何を言えばいいのだろう。

・1979年に世界遺産に登録された「モン・サン・ミシェル()」があります。ミカエルが修道士に「建築せよ」と命じて教会が建てられました。修道士の頭蓋骨にはミカエルの指で穴が空けられた事実が残っています。地球の大宗教の一つのキリスト教の中心的な流れなのです。


・アイルランドのスケリグ・マイケル(聖ミカエルの岩山)もモン・サン・ミシェルと同時代の建築物だと2009.01.18(日)のTBSの「世界遺産」で放送していました。'(200901182302)


・デル・モンテ城もその形からミカエル起源であることが推定できると思ったので、ちなみにリンクしておきます。


ラムサもミカエルについて述べています。「人」として表現されていますが(^^;。(でも、確かに人間にとっては、一つの対象存在='You'の一つとして捉えることになるので、その意味ではラムサのように「人として扱う」というのは人間の側に寄り添った描写をしてくれていることになりますね。ラムサはかつて人間だったからね。ARIONもチャネリングを受ける側の人間=チャネラーにとって、「他者存在からの通信を受け取る行為はある程度の自分の個人的な傾向を抑えなくてはならない時間が発生する事になり、苦痛を伴う場合が有り得る(←記憶や認識で詳細にタイプ)」みたいな事=「他者」という側面をどこかで言ってましたし。(200802252029))

・地球上の重要な真の歴史として、「古代エジプト時代に地球に封印された光を解き放つ儀式」が光(ミカエル)の導きによってイギリスで達成されました(中央アート出版社「聖杯の守護者」\2,310=当ページヘッダー部)。この実話は林陽さんが原書("The Green Stone: A True Story of Paranormal Adventure" by Graham Phillips & Martin Keatman Granada, 1987)で読んで感動した旨おっしゃっているように濃厚な内容です。最後に“八角形”を使います。
【エジプトのファラオがアテン神による政治を行おうとしたので、旧勢力に追われて現在のイギリスに逃げ延びたという記述があったと思いましたが、この阿修羅記事は、それを傍証していると思います(201108052001)】

 以上のように、非常に長い期間に亘って共通のテーマが流れております(私がここで挙げられなかったもっと多くの事柄が当然あると思います)。大天使聖ミカエルは地球の進化や精神性の中心的存在であり、光=8であり、日本では弥勒十字として顕されました。(200802222100)

勿論、ロナ・ハーマン(Ronna Herman)が媒介して下さってるアーキエンジェル・マイケルも、その名の通り、8ですよね。(200803151859)

阿修羅発言で知りましたが、「岩に突き刺さった剣」はイタリアに実在するとのことで、上記モン・サン・ミシェルの例のように、大天使・聖ミカエルが直接顕現せしめた実例です。(200912220804)





 下記のジュセリーノ氏の預言表とは別に、ゲリー・ボーネルも日本の地震に関して予言をしておりますそうなので、一応、下表にまとめておきます。

・お米は北海道だけしか産出しなくなるようです。⇒たまBBS LOG
・今後50年以上は環太平洋火山帯では、火山の大噴火が起き、日本沿岸にも大きな影響があるそうです。⇒たまBBS LOG
・90%以上の確率の未来予知をしていると言われる米国のダニオン・ブリンクリー[]という方もいるそうです。(200704131927)⇒たまBBS LOG

一応、複数の予言情報をまとめてみました

情報源日時◆=ゲリー・ボーネル、■=ジョー・マクモニーグル、◇=ジョン・タイター、A=ARION、PS=ポール・ソロモン、他=その他

(※=参考情報、☆=予告ニュース、★=的中[情報認識できたものだけ]、♪=外れ)
2007.05.18
(金)10:00頃
震度8の地震 (200704131927)
〜2007末? 2007年末までには台湾を中国の直接支配下に置くための本格交渉が始まる。(「ムー」2007.07号P111)(200706101711)
〜2009 2009年までに日本国内でのテロリストの活動が大幅に増加する。資金援助をするのは北朝鮮とインドネシア。(「ムー」2007.07号P112)(200706101727)
〜20092009年までに台湾は中国に統合される。(「ムー」2007.07号P111)(200706101711)
〜20102010年までに東京の繁華街でイスラム過激派による大規模な爆弾テロが少なくとも1回は起きる。大手デパート前で12:00〜13:00の時刻。(「ムー」2007.07号P109)(200706101704)
〜20102010年までに海外旅行の衰退が始まる。エコノミークラスは現在=2007年の4倍の料金になる。(「ムー」2007.07号P112)(200706101704)
〜20102010年までにインドネシアは5つ以上の国に分裂する。(「ムー」2007.07号P111)(200706101715)
〜20122012年までにアジアの国々が水源の使用権をめぐって対立し、国境付近では戦闘が起きる。(「ムー」2007.07号P110)(200706101709)
〜20152015年までに東京にある外国の大使館は、テログループによる襲撃を少なくとも3回は受ける。(「ムー」2007.07号P109)(200706101704)
〜20202020年までに日本では自動車保険料が高騰する。(「ムー」2007.07号P112)(200706101717)
〜20202020年までにUFOが知的生命体の乗り物であることを示す十分な確証が得られるが、具体的な素性を突き止めるまでさらに40年=2060年までの歳月が必要。(「ムー」2007.07号P112)(200706101735)
〜20252025年までに日本の漁業は幕を閉じる。(「ムー」2007.07号P111)(200706101717)
〜20402040年までにアメリカの50州全てで一夫多妻と一妻多夫が認められる。(「ムー」2007.07号P112)(200706101717)
 2007.06〜09? 波動がわかる人たちの話では、今年の6月から9月くらいにかけて大きな変化があるそうです。=たまBBS発言(200706152136)
2007.09下旬(9/20) 震度6の地震、東京以外(北で内陸部方向)(200704131927)
2007.10上旬(10/01) 結構大きい地震 (200704131927)
2007晩秋? 大阪府高槻市の北25キロ、震度6弱の地震 (200704150123)
2007.12.19
(水)
♪(?) 大きいわけではないが、何度も揺れて不安を煽る地震 (200704131927)
2008アメリカ国内で内戦が全面化する。(200706090146)
【→阿修羅発言 ←『アメリカの内戦状況は激化しています(ベンジャミン・フルフォードのBlog)-田中氏とベンジャミン氏の見解は異なっている』(200712140021)】
2008 2008年からのオリンピックは開催されず、2040年から再開される。(200706090153)
【→阿修羅発言 ←『チベット暴動:五輪開会式ボイコットの可能性も 仏大統領(毎日新聞)』(200803291102)】
【→阿修羅発言 ←『北京五輪開会式を独首相が「欠席」へ、EUも対応協議(読売新聞)』(200803291100)】
【→阿修羅発言 ←『北京五輪「日中共同開催」案浮上(日刊ゲンダイ)』(200806021423)】
2008.08月
〜12月
人まちがいにより、大阪にある寺の階段付近で仏教関係の指導者が殺害される。(「ムー」2007.07号P110)(200706101706)
PS2008関東大震災が2008年に起きる。(200709280857)
2008夏伊勢崎市の南西20キロ、震度6弱の地震 (200704150123)
2008夏伊勢崎市の南西20キロ、震度6弱の地震 (200704150123)
2008夏波高11.2mの津波 (200704150123)
 2009地球上の人類は2009年と2013年に水に関係がある大災難に見舞われる可能性があるという。 (200707010227)
2010初夏長野市の北東35キロ、震度7の地震 (200704150123)
2010晩夏波高13mの津波 (200704150123)
2012〜2015海面上昇や暴風雨により、沿岸部近くに住む多くの日本人が転居を余儀なくされる。温暖化で食糧生産地が北海道に移動するので、北海道に行く人が多くなり、2015年までには北海道の地価の上昇で、貧乏人は移住が鈍る。(「ムー」2007.07号P111)(200706101721)
2012珍しい出来事がある。(200706090138)
2012〜2014ギリシャのピレウス港の南のエーゲ海の底からアトランティスの都市遺跡が見つかる。(「ムー」2007.07号P109)(200706101700)
2012夏伊丹市東北東5キロ、震度6弱の地震 (200704150123)
 2013地球上の人類は2009年と2013年に水に関係がある大災難に見舞われる可能性があるという。 (200707010230)
2015.03.12 03:45ロシアがアメリカに核を落す。(200706090134)
2014日本は地球周回軌道に宇宙飛行士を打ち上げる。(「ムー」2007.07号P112)(200706101729)
2018中国崩壊 (200804162145)
2018晩夏東京都西40キロ、震度6弱の地震 (200704150123)
2018秋波高10.5mの津波 (200704150123)
2020夏市川市の北東10キロ、震度6弱の地震 (200704150123)
2023日本に女性天皇が現れる。(「ムー」2007.07号P112)(200706101724)
2025夏波高16.8mの津波 (200704150123)
2034タイムマシン第1号機が完成する。(200706090138)
2037初秋三重県鈴鹿市の南西8キロ、震度7の地震 (200704150123)
2038初夏波高14.5mの津波 (200704150123)
2067夏波高20.5mの津波 (200704150123)
2845人類滅亡が確定する年(200706090141)




ある男性が臨終間際に見た2006年6月の大災害のビジョン (200706152218)


 阿修羅の不動明王さんのまとめがあったので、一覧表に不足している分を追加してみました。(200702071230)

 下記のジュセリーノ予言年表に2ch発言、
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/china/1167741112/のNo.56発言で2007年1〜6月分、及び、
http://science5.2ch.net/test/read.cgi/disaster/1167704856/のNo.58発言で2007年1〜6月分、及び、
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1169034987/のNo.2〜3発言で2007年1〜12月分として、
「ジュセリーノ氏のホームページの画像部分をテキスト化して翻訳したもの」が載りました(同じもの)ので、とにかく一覧表に加えました。(200701262227)


 ニラサワさんの発言(2007/01/06(Sat) 16:27)によると、あまり正確ではない予言も出回ったりしているようです。

ニラサワさんの発言(2007/01/13(Sat) 00:49)によると、ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース(Jucelino Nobrega da Luz)氏()(ポルトガル語の翻訳ができるサイト[マルチ翻訳]→【日本語ミラーサイト】)の日本に関する予言として、殺人ウイルスに変化したものが感染拡大し、その流行が5年間続くそうです。(200701130531)
(→阿修羅発言 (200701150129))
(→阿修羅発言 (200701150131))


 阿修羅発言()で知りました。2006.12.30(土)に放映されたジュセリーノ氏の予言の詳細な年表(勿論、ごく一部でしょう→たまBBS LOG)がありましたので、追加しておきます。

【たま出版「未来からの警告U」からの未来預言の抜粋の許可を2008.04.09(水)にメールでお願いしたのですが、まだお返事がありませんので、却下されたのでしょう(^^;。まあ、未来の預言部分を全部抜粋するとなると、ほとんどの部分を抜粋することになるので、さすがにニラサワさんもビックリ!ということでしょう。故に、当一覧表には「未来からの警告U」からの未来預言は載っていません。しかし、重要だと思った箇所があれば「数行の範囲内」で抜粋することがないとは限らないかも知れません。と、そんな風に思っています。(200804232224)⇒と思っていたら、2008.04.24(木)の17:00頃に、たまBBSを読んでいたら10777発言で「ジュセリーノ公式サイト」に詳細な預言が一覧表になっていることを知りましたので、当一覧表にもリンクしました。(200804241713)】

正誤表   要視聴:download


ブラジルのジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース氏(再来のエリヤ!?)が的中率95%の夢で見た未来の出来事

本家発言日時(※=参考情報、☆=予告ニュース、★=的中[情報認識できたものだけ]、♪=外れ、?=不明)
2006.10.10
〜12.06
4、5つの台風がアメリカを直撃、前回のリータやカトリーヌと同じ破壊力。(=MASUろぐ表現)
2007.01.01私は夢の中で2007年(一月が抜けている)一日の月曜日にアダム航空のボーイング737−400型旅客機が102人の乗員乗客を乗せて消息を絶つのを見ました。それはジャワ島とマナドの間で、スラウェシ島のトラジャ市です。しかし、山林の中なので、かすかな生還の可能性があります。(200702152021)
2007.01(1/22) D)Revolta no Iraque devido a condenaçáo e o enforcamento marcado para SaDan Hussein, e atentados levarão cazenas de mortes pelo país
 サダム・フセインの有罪判決(絞首刑)により、イラクでは暴動が起こるでしょう。
G)Revolta na Síria causa muita morte e atentados
=============
 シリアではテロ(襲撃)が原因で大騒動が起こるでしょう。(=上記2ch表現)

■ 1月 ■(200704120319追加)[過去の検証はしていません]
2007.02(4/1) アフリカのチャドで大虐殺が発生。
(2/26) イラク問題で新しい展開が生まれる。(⇒不動明王氏の表現

■ 2月 ■(200704120319追加)[過去の検証はしていません]
2007.03(3/1) 世界金融恐慌が発生。 *NESARA発表/ブッシュ政権崩壊/国連緊急声明/国家負債の免除/難民救済。
(3/5) 日本で強風の被害 (⇒たまBBS LOG
(3/13) カリフォルニアで大地震と津波が発生し、西海岸のいくつかの都市が壊滅。
(3/25) C)Terremoto no Japãno en Toquio,prevocará panico
 日本の東京で地震があり、パニックを引き起こすでしょう。(=上記2ch表現)

=============
イギリスは高温や水不足が深刻な問題となる。そしてフランス、ポルトガル、スペインも影響を受ける(水の消費制限が起きる)。
パレスチナとイスラエルの対立が激しくなり、多くの死者が出る。イスラエルの首相を殺害する計画がある。
アマゾンの木材売買はその地域を守るべき当局者たちが関与して行われている。
アルゼンチンで宣言が発表されて、新たな危機が起きる。
地球温暖化のためグリンーランドで新たに氷のブロックがはがれる
(⇒たま出版韮沢潤一郎コラム85 (200704172057))
2007.01
〜03月
サントス(北東部に到着することまでのリオPreto)のためにリオデジャネイロDispersingで最初に見えている几帳面hemorr gicaにより強い新しい几帳面の出現。(200701240931)
2007初頭デング熱HEMORR GICAの突然変異として。それは、関係の用意されたimunol gicamenteでないとその2007年の初めから始まることある我々の子供たちが病気の無数の登録された症例のように見えるという彼(女)のものすごい懸念に言及しました。 我々が最大限に蚊の激増を含む止められた水と衛生状況に関しては、彼/彼女は全てが再び監視を折ることを頼みました。(200701241010)
2007.04(3月) トルネードがアメリカの多くの都市を直撃、国全体に混乱や破壊を及ぼす。
(4/3) 大嵐がサンパウロ州やリオ・デ・ジャネイロを直撃、そこで出血性デング病問題が起きる。また北部でも多くの問題を抱える。
(4/16〜17) リオ・デ・ジャネイロで麻薬取引集団の攻撃があり、多くのパニックが引き起こされる。
=============
インドネシア、中国、そしてマレーシアで新たな鳥インフルエンザ問題が起きる。
 (日本、ヨーロッパもインフルエンザ流行[書籍1のP314より](200704120516))
ボリビアやチリで大きな抗議行動が起る。
? 22日以降、ブラジルの北東、北、南東、そして南部が大雨に見舞われ、大洪水や大嵐になる。
(⇒たま出版韮沢潤一郎コラム85 (200704120321))

早まる
2007.05(4/20以前) ブラジルで健康や労働問題に関する大スキャンダル(判決の売買)が起きる、等々。
(4/28) パキスタンで暴力事件やテロ攻撃で多くの死者が出る。
(5/6) 地震がコロンビアを直撃し、住宅が破壊されて多くの死者が出る。
(5/21) ブラジルで多くの諸問題が自動車工場に影響し、ストライキが予定される。また非土地所有者による反政府暴動が南部、南東、そして北部に広がる。
(5/20⇔26) ドイツ、モルダビアなどヨーロッパで大洪水が起きて多くの死者が出る。
=============
(※2007/02/14の記事) 南アフリカで数十人もの誘拐事件がある、このような暴力が驚くべき数字に達している。
ブラジルで雨のため洪水が多発する。(→世界の洪水マップ
(⇒たま出版韮沢潤一郎コラム85 (200704120327))
2007.06 (6/28) インドネシアで地震が起き、津波の恐れもある。
=============
アメリカで臨時大統領選挙があり、暫定政府が誕生。(⇒不動明王氏の表現
? ブラジルのパラナ州やマトグロッソ州の農業に口蹄疫(こうていえき)の影響が出だす。
? アメリカやフィリピンをハリケーンやトルネードが襲う。
ブラジルの至る場所で拘置所の暴動など反乱が起きる。
? 汚染によってサンパウロ州で子供たちに呼吸問題が増える。
? アメリカから来る渡り鳥によってブラジルでの鳥インフルエンザが広まる。
(⇒たま出版韮沢潤一郎コラム85 (200704120328))
2007.07(6/29) イギリスで大きな熱波被害が発生する。また新たなテロ攻撃が計画される。
(7/10〜) 中国は洪水によって数千人が死亡し、大きな問題となる。
(7/20) コンゴで火山噴火が起き、危険地域の人々が避難する。
=============
北朝鮮がアメリカに対し挑発に出る。一方、北朝鮮国内で多くの反乱が起きる。
? スペインでは皇室を誘拐しようとする組織が動く。
(⇒たま出版韮沢潤一郎コラム85 (200704120328))
2007?07.13(7/16) 日本で地震の可能性。(200704010801)[書籍1のP314より(200704120518)]
書籍1
P315
2007(7/22=ドイツ・ニュルブルクの予選) セナの事故が再燃する(200704120526)。⇒F1の2007年の予定
2007.08♪ トルコで数千人が地震によって死亡する。(期限=2007年10月まで未定である(200709151836)⇒♪に決定(200711011301))
8/259/29(18:54:06)9/29(19:16:57)→10月には目立つ地震なし(参照:下記)](200709040102)

♪ パキスタンで地震によって数千人が死亡する。(期限=2007年12月まで未定である(200709151836))
8/68/129/99/2910/510/610/1910/3111/1211/2512/0512/1412/18](200709040101)

? エジプトで政府関係に対するテロ攻撃がある。
? アメリカで爆弾騒ぎが発生し、旅行客や観光事業に混乱が出る。
? ブラジルのアクレ州とマトグロッソ州の洪水で家屋の流出があり多くの死者が出る。
ブラジルのサンタカタリナ州、パラナ州、リオグランデ・ド・スール州で激しい強風が吹き荒れ混乱をもたらす。
? インドネシアのバリで爆弾テロの計画がある。
レバノンでテロ攻撃があり、内戦や対立が始まる。
(⇒たま出版韮沢潤一郎コラム85 (200704120329))
2007.09(9/11) ボリビアでガス危機が増加、国へ新たな問題。
=============
? イスラエルで対立によって多くの民間人が死亡する。

♪ メキシコで地震によって数千人が死亡する可能性。(期限=2007年12月まで未定である(200709151836))
9/29/3(03:05:39)9/3(04:26:13)9/69/7(07:07:28)9/7(08:59:06)9/8(11:45:18)9/119/159/17(00:11:12)9/17(05:16:18)9/17(22:29:31)10/1(02:42:50)10/1(14:41:53)10/310/1510/1610/2010/2410/25(16:19:14)10/25(17:30:48)10/25(17:39:17)10/2610/27(17:12:23)10/27(20:25:42)10/27(20:31:05)10/30(09:09:11)10/30(09:45:01)10/30(23:46:07)11/0311/0611/1311/20(01:06:43)11/20(13:08:52)11/2111/2411/26(17:41:41)11/26(21:56:11)12/0712/08(05:34:35)12/08(06:34:55)12/1112/13(02:36:40)12/13(17:08:55)12/20(16:35:23)12/20(16:46:53)

ブラジルでエネルギー危機の可能性、そしてこの先3年、数多くの大停電が起きる。

♪ アルジェリアで地震によって数千人が死亡する可能性。(期限=2007年12月まで未定である(200709151836))
12/05

テロリストたちがローマ(イタリア)を攻撃する計画を準備している。
(⇒たま出版韮沢潤一郎コラム85 (200704120329))
2007.10(10/14) インドで爆弾事件が起き、多くの人々が死亡する。【註:死者は6人に“減った”のかも知れない(200710170108)】
(10/--) ブラジルのパラ州、アクレ州、アマゾン、北東の地域で干ばつによって水不足が深刻な問題になる。
(10/28) ソマリアで多くの反乱があり、観光客への攻撃も始まる。
=============
ブラジルのフォルタレーザ州からサンパウロのグアルリョス空港へ向っている旅客機が墜落して二百人以上が死亡する。⇒この預言のことなのだろう(つまり、♪)

♪ トルコで地震によって数千人が死亡する。(期限=2007年10月まで未定である(200709151836)⇒♪に決定(200711011301))
8/259/29(18:54:06)9/29(19:16:57)→10月には目立つ地震なし(参照:上記)]
(⇒たま出版韮沢潤一郎コラム85 (200704120330))

「2007年の10月と11月の間に、大阪で地震が起こりますが、それほど強くはありません…」(ニラサワ氏:M6程度か)
(⇒たま出版の韮沢潤一郎コラム86 (200709231734))
(多くの犠牲者の箇所が)未定 日本で地震が起き、多くの犠牲者をもたらす。
2007.10中旬(10/12) ノーベル平和賞の発表 (200705170414)
2007.10.19? ブラジルの南部で強風被害がある。(⇒たま出版韮沢潤一郎コラム85 (200704120420))
? 竜巻は2007年10月19日にデュケデカシアス、New Igua uとRezende(RJ)の都市に到着します。(200701242246)
? 2007年10月19日のリオデジャネイロのトルネードは、達します。(200701242354)
伝聞2007.10.29 ブラジルのタム航空会社の旅客機事故。
2007.11(11/06) 「2007年の10月と11月の間に、大阪で地震が起こりますが、それほど強くはありません…」(ニラサワ氏:M6程度か)(⇒たま出版の韮沢潤一郎コラム86 (200709231734))
(11/3) 鳥インフルエンザによってインドネシアやタイで新たな犠牲者が出る。
(11/29) ベネズエラで暴動が激しくなり(←)、ウゴ・チャベスに対してテロ攻撃が起きる(←)。
 【→阿修羅発言 ←『ベネズエラで不穏な動き(パワーポリティックス非公式情報)』(200712051929)】
=============
サウジアラビアで暴動が発生し、サウド王家が危機に。(⇒不動明王氏の表現

? イラクで紛争やテロ攻撃で64人以上の人が亡くなる。
? ブラジルで新たな国家予算の脱税スキャンダルが起きる。
? 病院や外国機関で人間の臓器売買に関するスキャンダルが告発される。
? ペルーで内戦が発生し、多くの死者が出る。
(⇒たま出版韮沢潤一郎コラム85 (200704120330))
 2007.11.25♪ 「2007年11月25日に、海の近くの船橋(千葉県)で、マグニチュード7・3の地震が起き、125人ほどの死者が出るでしょう・・・」

(⇒たま出版の韮沢潤一郎コラム87 (200709280834))

『■ジュセリーノがテレビ東京で2007年11月25日、千葉県市川市に大地震が襲う
ただし、インドネシアにM5,3以上の地震が起きれば、日本には地震は起きないと予言。
<予言どおりとなったインドネシア大地震>
2007年11月26日午前0時(現地時間、日本時間同1時)ごろ、インドネシア東部のスンバワ島付近でマグニチュード(Mw)6.5の地震が発生しました。』【たま出版BBS 発言:2011/06/27(Mon) 20:50 [16033]】
2007.12(12/5) 台湾で地震があり、多くの死者が出る。
=============
・ 人類が過ちに気付いて、意識を変化させる最後の期限。(地球を汚染するのを止めて終末の苦しみを和らげる最後のチャンス)
♪ フィリピンで大雨によって家が失われ、数千人が死亡する。
♪ サンパウロやリオ・デ・ジャネイロの空港で騒動が起き、大混乱となる。
♪ インドネシアで地震が起き、数千人の死者と負傷者が出る。
? ハリケーンがカリブ、メキシコ、そしてアメリカを直撃し、破壊をもたらす。
(⇒たま出版韮沢潤一郎コラム85 (200704120331))
書籍1
P314
2007.12.17 アメリカでテロ事件が発生。[書籍1のP314より(200704120522)]
2007.12.23♪「インドネシアのスマトラで、ふたたび大きい地震と津波が発生するという警告が、今夏、インドネシア政府あてに出ています。」(200711131632)
2007.12.31人類が過ちに気づく最後のタイムリミット。(=MASUろぐ表現)
⇒…人々が姿勢を変えて、創造主へ祈りをささげ、

正誤表 =推薦@たま出版韮沢潤一郎コラム85
2008.01.012008年1月1日から祈る気候的な問題を始めることが、述べた ― そして、我々がまた多くのためにすでに深刻でこわがらせるとわかって、彼らは元に戻らない成長で続けます。【2007.12.31までに人類が悔い改め「全てのことに努力する」ようにならなかった場合に滅亡へと突き進んで行くようだそのプロセス 何故なら、個人の行いが人類全体に影響するらしいから→】(200701250036)
公式サイト2008.04以降2008年04月以降に関する予言集(200804241700)
2008 2008から始まって、それは飲料水が不足します。(200701240938)
アフリカが深刻な水不足になり、国家間の対立が起き、数千人が死亡する。[書籍1のP315より(200704122055)]
ついにエイズワクチンが誕生、マットグローソ州にあるルアナーと言う薬草から開発されます。(=MASUろぐ表現)

・エイズとデング病に有効なワクチンが開発される。[書籍1のP315より(200704122058)]
 参考:フェムト秒レーザーによるエイズウイルス破壊
 【→阿修羅発言 ←小さなイチゴのような実の成分に、革命的な医学的効果のある物質が含まれているのが発見されるそうです。(200801101628)】
・ブラジル南部で大旱魃かんばつ。[書籍1のP315より(200704122111)]
2008?07.13日本で地震の可能性。(200704010801)[書籍1のP314より(200704120518)]
2008年夏日本で地震の可能性。(200707280047)
書籍1
P315
2008.07.18フィリピンでマグニチュード8.1の地震が起き、数千人が死亡。(200704122101)
2008.08.06東京でマグニチュード(M)6・5の地震が起きる。(200805181336)
書籍1
P315
2008.09エンバイア・ステートビルでテロ事件発生。(200704122108)
2008.09.13 中国でマグニチュード9.1、犠牲者100万人以上の大地震が起きて、30m以上の津波が発生する。(住民への保護政策がないと、深刻な被害をもたらす)([書籍1のP315を含め]200704122102表現変更)
【死者5万人、被災者一千万人の四川大地震。早まったのか?→阿修羅発言 (200805171733)】

その後、変更:
『2008年9月13日に起きる中国の地震(『未来からの警告』P145参照)は、日本の東海地震となる可能性があります。
日本で起きれば、中国では起きないし、もし中国で起きれば、日本の東海地震は2018年(この場合、M10.6)になります』
震源地は「名古屋あたりです」(200709280847)

『東海地方の知県岡崎市でM8・6の地震が発生し、3万人が被災し600人以上の死者が出る。この地震は日本でなく中国で起きる可能性もある。』(200805181338)

たま出版韮沢潤一郎コラム87 より
(予定日:2008.12.15)もし、立候補するならば、アル・ゴア氏が第44代アメリカ合衆国大統領になる。(200804021713)
【→阿修羅発言 ←『ロックフェラー、ロスチャイルド陰謀会議w』(200805271951)】
公式サイト20092009年に関する予言集(200804241702)
2009リオデジャネイロの暴力の頂点。(200701242357)
書籍1
P315
2009・世界的に暴力事件が拡大し、新しい疫病が出現する。
・ブラジルの経済危機で保険や年金が出なくなり、都市や刑務所で暴動が頻発。(200704122125)
2009日本人の記憶に刻み込まれるような悲劇的な航空事故が2009年と16年に起きる。(200805181347)
2008〜2016(2008年から)8年以内に富士山が噴火する。(200805181703)
2009.01.25大阪や神戸でマグニチュード8.2、犠牲者50万人の大地震がある。[書籍1のP315を含め](200704122119表現変更)

『大阪・神戸でM8・9、死者数十万人。』(200805181341)
2009.04.16地下鉄サリン事件が再び起こる。(200803281723)⇒起こらなかった。(200907050955)
書籍2
P26
2009.05.15新法王がイスラム教徒を間違った言葉で糾弾したのを機に反乱が起き、カトリック信者は減っていく。ローマの出来事を発端に、キリスト教会への迫害と信者の減少は六年も続くだろう。
 宗教的体制は深刻な危機に見舞われ、対立が根づいてしまう。そして2009年5月15日、ベネディクト十六世の健康が悪化して信者を動揺させる。(200806201228)
2008.10.09(木)のテレビ東京の特番2009.07東アジアの某国でマグニチュード7.5の地震 (200810111710)
書籍1
P315
2009.08.24トルコのイスタンブールでマグニチュード8.9の地震が起き、街が崩壊する。(200704122123)
2008.10.09(木)のテレビ東京の特番2009.09下旬東アジアの某国でマグニチュード8.0の地震 (200810111711)
2009.09.27リオでは、そして、スペインでのより多くの攻撃による刑務所危機の頂点。(200701242357)
2009.11再び日本で大きな地震があり、数千人が死亡。(200703310235)[書籍1のP315にもあり(200704122121)]
書籍1
P315
2009.12.16インドネシアの小スンダ列島の東でマグニチュード7.8の地震が起き、数千人が死亡する。(200704122125)
公式サイト20102010年に関する予言集(200804241703)
2008〜2016(2008年から)8年以内に富士山が噴火する。(200805181703)

書籍1
P316
2010アフリカの数カ国では気温が58度まで達して水不足がピークに。(=MASUろぐ表現)[書籍1のP316より表現追加(200704122131)]
・アメリカをトルネードが襲い、大停電で死者が多数出る。[書籍1のP316より(200704122134)]
・全米に鳥インフルエンザが拡大する。[書籍1のP316より(200704122135)]
【→阿修羅発言 ←『パキスタン:鳥インフルエンザ、ヒトからヒトへの感染が確認(大紀元)』(200804071543)】
書籍1
P316
2010.01コロンビアで大地震。(200704122129)
『★2010/01/14(Thu) 12:19 [14260] 返信者:ニラサワ
言われて調べてみると、「続・未来からの警告」巻末の年表には、「2010年1月20日にコロンビアでM7.1の地震が起きる」とあります。これは2006年に出された文書24に書かれてあり、日付と場所は近似でちょっと気になります。
ハイチがあるドミニカ共和国は、コロンビア共和国の対岸にあり、海洋領海線は接しており、極めて近いと言えます。
ちなみに「未来からの警告」の年表では「2010年1月にコロンビアで地震」とあります。
今回の地震の規模は最初M7.3と報道され、その後M7.0に訂正されましたから、予知のM7.1は的中といえるでしょう。』
2010.06.15 ニューヨーク株式取引所が崩壊(=MASUろぐ表現)し世界中に影響を及ぼすため、世界経済が危機に陥る。[書籍1のP316より表現追加。(200704122133)]
※「USDとJPYの金利差<3%」になるとドルが暴落する(200703310112)】
参考:(→阿修羅発言 ←「湾岸共通通貨」の登場。(2010年予定)(200704242220))
参考:(→阿修羅発言 ←ターゲット・イヤーとしての「2010年」(200705102210))
【→オルタナティブ通信2007年03月12日 ←「金融パニック後の通貨」(200707041840)】⇒再登録ページへ (200811230300)
【→阿修羅発言 ←『Re: ドルが崩壊したら、日銀の所有している米国国債はどうなるの?  【あっしらさん 2003年 投稿】』(200803191814)】
たま出版BBS (LOG) (200811090116)
田中宇の国際ニュース解説 2008年11月7日 (200811211750)
BenjaminFulford (2009.03.31)『アメリカを崩壊させる以外手段がなくなりつつある』

【→阿修羅発言 ←『原田武夫 「計画破産国家アメリカの罠――そして世界の救世主となる日本」(講談社)』(200905011551)】
【→阿修羅発言 ←『バーナンキが国際準備通貨について肯定発言---【新たな国際準備通貨、ドル安につながるが短期的リスクでない=米FRB議長】』(200910022327)】
【→阿修羅発言 ←『ユーロからドルに戻る危機(田中宇の国際ニュース解説)』(201003031559)】
2010.09.15東京と横浜でM8・4の地震が発生し、死者は7万人以上となる。(200805181342)
【→阿修羅発言 ←『Re: 松本清張と肩を並べる藤原肇博士の推理力の秘めている謎と驚異』(201006170008)】
書籍1
P316
2010.11アルジェリアのエルアズナムで大地震(200704122130)
公式サイト2011〜20152011年-15年に関する予言集(200804241704)
2008〜2016(2008年から)8年以内に富士山が噴火する。(200805181703)

書籍1
P316
2011鳥インフルエンザ(H5N1型)が人間へ感染し出して2013年までに7300万人が死亡、ジュセリーノ先生は前兆が普通の風邪に似ていると言いました。[書籍1のP316より表現追加(200704122139)]
癌の治療法が発見されるが、新しい病気が発生する。(200704122137)
・新たな戦争が始まる。(200704122140)
・致命的な新ウイルスが出現し、エルスと名付けられ、免疫がなくなり、動けなくなって肺に感染し、四時間で死亡する。(200704122141)
書籍2
P27
20112011年には新たなローマ法王が誕生するだろう。(200806201229)
2011.02.17アフガニスタンで地震。[書籍1のP316(200704122136)]
diHITT2011.06.25 or 26『2011年の6月25日か26日に、日本の東京近郊で震度6.0に値する地震が起きてしまうようです。これは、東京のダウンタウンから約10キロメートル離れた震源地で(内陸)深さ18KMのものです。』(201106221603)
2008.10.09(木)のテレビ東京の特番2011.07東アジアの某国でマグニチュード6.8の地震。死傷者500人。 (200810111712)
2011.09.02スケールリヒターの7.6の地震は、コスタリカに到着します。(200701250000)
2012インドネシアでクラカトアー火山が噴火する(=MASUろぐ表現)
書籍1
P316
2012・アマゾンの森林が焼き払われて出来た黒い穴のような大地が拡大し、地域全体の完全な砂漠化が始まる。そして2015から2020の間にアマゾンの樹林は消える。(200704122144)
・インドネシアのクラカタウ火山が噴火を始め、2015年に大爆発。(200704122150)
2008〜2016(2008年から)8年以内に富士山が噴火する。(200805181703)
2012.12.06
から
気温や疫病が増大、人類の滅亡が始まる。黒い煙【=破壊雲?】の時代(=MASUろぐ表現)といわれる気象的な混沌(カオス)が始まる。疫病がまん延し人類の滅亡が始まる。[書籍1のP316より表現追加(200704122148)]
黒い雲の参考リンク (200801231903)
2013
までに
二〇一三年までに七千三百万人が鳥インフルエンザ(H5N1)で死ぬ。(200803281727)
【この過程で日本が沈没などで住めない状態になり、「再び伯国【ブラジル】に大量移住してくることもある」とする。(200803281735)】
2013
までに
サントス市は、S oパウロの海岸で、流れの上昇【海面上昇?】で、非常に損害を受けます。 多分、2013年(レシフェ(FOOT)と同様に)まで消えるようになるだろうでください。(200701242333)

書籍1
P317
2013・彼らが海岸に居住を定める、そして、津波の出現で植物が放射能のために生き残る人々で病気を強める、リオデジャネイロのAngra持参金ライスの植物はRiskを代表します。(200701250002)
脳腫瘍以外の癌の治療法完成
・リオデジャネイロのアングラ・ドス・レイス原子力発電所が事故を起こし、津波から生き延びた人々に放射線障害を起こす。[書籍1のP317より(200704142325)]
2008〜2016(2008年から)8年以内に富士山が噴火する。(200805181703)
2013〜
2017.11.23
Ilhas Canaries(カナリー諸島?)の火山が噴火して100mを超える津波が沿岸都市を壊滅させるらしい(200701240923)。
2013.11.01
〜11.25
アメリカのイエローストーン火山が噴火、灰がカンサス、ネブラスカ、リビンストンその他。150メートルの津波。最後に噴火したのは7万年前、もしまた噴火すれば新しい氷河の時代が誕生する。
地球で安全な場所は14ヵ所しか残らない、その内1ヶ所がカナダ、1ヶ所がアジア、12ヶ所がブラジル。(=MASUろぐ表現)
=============
・カナリア諸島、ラ・パルマ島で火山が噴火して地震が発生する。その直後に150mの巨大津波が発生する。この津波は大西洋のすべての海岸へ7時間以上かかって到達し、カリブ、ヨーロッパ、アメリカ、ブラジルには80mの津波が15km〜20kmほど内陸まで侵入する。到達するまで時間があるので、パニックになる必要はなく、落ち着いて避難できる。つまり津波が来る前に海は6mほど低下し、鳥は大量に移動し始める。なお、犬や猫が24時間ほど前に異常な行動をし、その場を離れようとするので、目安にできる。
書籍1のP317より表現追加(200704122156)]
書籍2
P25
20232014〜2025年には、地球に衝突する可能性のある小惑星が近づいてくる。(200806201118)
書籍1
P317
2014・アフリカの水不足でブラジルに難民が押し寄せる。(200704142328)
・地球に近づいて衝突の可能性がある小惑星の存在が問題になる。この件はNASAへジュセリーノ氏が予知警告しており、その直後の2002.06.31にNASAは確認の発表をした(ブラジル雑誌 Isto E Dinheiro に掲載)。(200704142332)
2008〜2016(2008年から)8年以内に富士山が噴火する。(200805181703)
書籍1
P317
2014.03エクアドルで地震と洪水が起き、全国で暴動が発生 (200704142327)
diHITT2014.01.26日本(震源地は千葉)に地震の可能性(201106221607)
diHITT2014.07.152011年の6月25日か26日、または、2014.01.26に、日本の東京近郊で震度6.0に値する地震が起きなかった時『2014年7月15日に震度8.0の大きな地震が起きてしまう』(201106221605)
2014.11.26ブラジルのサンパウロで、飛行機が墜落し、パウリスタ通りのビルを直撃 [書籍1のP318により表現変更(200704142333)]
2008〜2016(2008年から)8年以内に富士山が噴火する。(200805181703)
書籍1
P316
2015〜2020アマゾンの樹林は消える。(200704122144)=上記参照
書籍1
P318
2015.01〜
2015.04
ポルトガルやイギリスで過去最大の旱ばつが始まり、4月までにフランスやスペインに広がる。(200704142339)
書籍1
P318
2015.03ブラジルのサンパウロ州で大地震 (200704142335)
2015.04.22★?(4月22日に最も激しくなる)インドネシアでクラカトアー火山が噴火する。ポルトガルやイギリスで干ばつ、フランスやスペインに急増する。(=MASUろぐ表現)
書籍1
P318
2015.11・イタリアのナポリで大地震が起き、死者数千人 (200704142341)
・地球の平均気温が59度まで達し、多くの死者が出て世界中にパニックが広がる。(200704142342)
2016日本人の記憶に刻み込まれるような悲劇的な航空事故が2009年と16年に起きる。(200805181347)
2008〜2016(2008年から)8年以内に富士山が噴火する。(200805181703)
公式サイト2016〜20252016年-25年に関する予言集(200804241706)
書籍1
P318
2016現アメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュが緊急入院し、命の危機に直面する。(200704142343)
書籍1
P318
2016.04中国を台風が襲い大都市が被害を受け、一千人の死者が出る。(200704142344)
書籍1
P318
2017・アフリカで気温が60度になり、世界中で旱ばつによる激しい国家対立が起きる。
・ヨーロッパとフィリピンで大雨による洪水が発生し、数千人の死者と難民が出る。(200704142346)
書籍1
P319
2018・世界中の政府が集まり、地球へ向かっている小惑星について対策会議が開かれる。この観測で捉えられた小惑星の名は2002-NT7で、ジュセリーノ氏は2000年に予知しており、その後メキシコシティにあるアメリカの宇宙観測所で2002年に発見されている。この小惑星の衝突の可能性は60%。 (200704142350)
・地球全体の大気汚染のため、数千人の死亡が出る。(200704142353)
書籍1
P319
2018.05イランで四千人の死者を出す大地震 (200704142351)
2018.06日本の東海でスマトラ地震を上回る巨大地震発生。(200703310236)
書籍1
P319
2018.10エルサルバドルで数千人の死者が出る大地震 (200704142352)
diHITT2018.11.28『最初は2018年11月28日に福井県の中居湾』(201106221609)
書籍1
P319
2019小惑星の接近に関して科学の力で解決する可能性が出てくるが、もし地球に衝突すれば世界人口の1/3が滅びる。(200704142354)
書籍1
P319
2019.05ロシアで死者数千人が出る大地震 (200704142355)
書籍1
P319
2020カリフォルニアのボリナスで数千人の死者が出る地震があり、これがサンアンドレアス断層大変動の前兆となる。(200704142356)
書籍1
P319
2020.05アフガニスタンで数千人の死者と難民を出す大地震 (200704142357)
2021
までに
二〇二一年までに地球温暖化で七メートル水位が上がり、オランダ、ブラジルのリオなどが沈む。(200803281731)
【この過程で日本が沈没などで住めない状態になり、「再び伯国【ブラジル】に大量移住してくることもある」とする。(200803281735)】
書籍1
P320
2021.06コロンビアで巨大地震 (200704142359)
書籍1
P320
2021.10メキシコで死者二万人を超す巨大地震 (200704142359)
書籍1
P320
2022ペルーで巨大地震が起き、海岸線が破壊される。 (200704150000)
2022東京はテロ攻撃を受け、多くの人命が奪われる。(200805181345)
diHITT2022.07.18『もうひとつは2022年7月18日にかなり大きなものが関東地方で起きてしまう』(201106221610)
書籍2
P24
2023ブラジル・サンパウロとニューヨークの空に、それぞれ直径13Kmと200Kmの、大きな破壊力を持つ黒い雲が現れる。(200806201114)
2023.02.09震度8,9度の地震がアメリカのサンフランシスコで起きる。(=MASUろぐ表現)この影響は他の地域まで広がり、数千人の死者が出る。[書籍1のP320より(200704150002)]
書籍1
P320
2023.03東サモアにサイクロンが直撃 (200704140003)
2023.07.27フィリピンとバリで爆弾テロ [書籍1のP320により表現変更(200704150005)]
書籍1
P320
2024.07バングラディッシュをサイクロンが襲い、数千人が死亡 (200704150006)
書籍1
P320
2024.10インド南部で地震があり、数千人が死亡 (200704150007)
書籍1
P320
2024.12ロシアで大地震 (200704150007)
書籍2
P26
2002〜2024民族衝突、紛争、テロが起き、多くの民族が血を流す。(200806201124)
書籍1
P320
2025.08ギリシャ南東部で地震災害のため大混乱となる。(200704150008)
公式サイト2026〜2026年以後に関する予言集(200804241707)
2026.07.17ザ・ビッグ・ワンと言う名の超巨大地震がサンフランシスコで起きてサンアンドレアス断層が破壊されて、カリフォルニアが崩壊する。震度10.8度の過去最大の地震。多くの火口が新たに開き、発生する津波の高さは150mにもなる。(=MASUろぐ表現)[書籍1のP321より表現追加(200704150012)]





(201505240121)
書籍1
P321
2027アメリカのイエロー・ストーンで噴火が始まる。大噴火の直前にガス状の雲が噴出し、100km四方に拡散する。その後に大噴火が起き、1600kmまで広がる降灰でカンサス州、ネブラスカ州、モンタナ州のリビングストンなどで大被害が出る。この場所で火山が最後に噴火したのは七万年前で、今回の爆発によって、新しい氷河時代が来る。(200704150016)
書籍1
P321
2027.12ブラジルで、海岸線の侵食による避難民に関して環境会議が開かれる。(200704150017)
書籍1
P321
2028・世界各地の海岸線が、海岸上昇と砂丘の侵入で人が住めなくなる。
・イタリアのベニスは水の下に消える。(200704150018)





(201505240127)

書籍1
P322
2029
・日本列島で火山噴火と地殻変動が頻発する。(200703310237)
・世界の島国や半島の国家は海面上昇のために存続が危ぶまれる。(200704150020)





(201505240128)
2029.04.13 アポフィス小惑星が地球の近くを通る(=MASUろぐ表現)
2029.04.152029年4月15日、ブラジル時間午前3時(日本時間午後3時)、新幹線の事故が発生し500人以上の死者が出る。(200805181349)
書籍1
P322
2029.06アポフィスという二つ目の新しい小惑星が地球への衝突軌道に入る。これが人類に重大な危機となる。(200704150022)
2035ジュセリーノ氏:『2035年にはヒマラヤの氷河が50万平方キロメートルから三万平方キロメートルに減少する』
国連環境計画:『2035年にはヒマラヤの氷河が消失する』(200804011644)

書籍1
P322
2036.11.11再び同じアポフィス小惑星が地球に接近、80%衝突の可能性、地球破壊のピーク。(=MASUろぐ表現)
書籍1
P322
2038〜2040カリフォルニアと日本からオーストラリアまでの太平洋の島々は、地震と火山噴火のために海中に沈む。(200704150024)
2039

日本沈没

この情報は非常に重要です・・・なぜなら地球温暖化がオランダ
 日本・ニュージーランド スリランカ・インドネシア「ツバル」などの国を
  あっという間に消滅、2039年には気温63度に達する所もあるでしょう・・・・。

   ────国連環境計画団体へのジュセリーノの手紙より

【→阿修羅発言 ←『■ヒトラーの予言──2039年の未来図について』(201104030419)】
【→阿修羅発言 ←『投票結果:「日本を脱出したい」が62%(ウオール ストリート ジャーナル日本版)』(201208021811)】
書籍2
P27
2039.03.19また、ベニスは暗黒の末路に達する。押し寄せる水によって破壊しつくされ、2039年3月19日に消滅する。。(200806201232)
2043大気候変動により、二〇四三年に人類に大きな転機が訪れる…。(200803281735)
【この過程で日本が沈没などで住めない状態になり、「再び伯国【ブラジル】に大量移住してくることもある」とする。(200803281735)】
【→阿修羅発言 ←『日本列島の下の岩盤に裂け目か』(201010262108)】
2043人類滅亡=MASUろぐ表現)
・世界の人口が減少し、人類の八割が消える。(200704150025)[書籍1のP322より表現追加(200704150025)]
たま発言生き残る二割のその後 (200705191305)
(200701010254)

 下記の預言年表の中の「2080年」に何が起こるのか皆目見当が付かずに残念だと言っていましたが、日本文芸社発行の「PSY 人智を超える超能力の世界」(\780、2006.01.15発行、にちぶんMOOK)という学研「ムー」誌のような雑誌(67555-01)を見つけたので買って読んでいたら、P89に「をのこ草子」の発祥年代(1730年頃)を基点にして、その「〜年後」の記述内容から「2080年」の箇所が明示されていたので、oriharu.netにもミラー保存していた「をのこ草子」のページを覗いてみたら、ありました。÷) それで下記の預言年表に「をのこ草子」の一列を追加し、「をのこ草子」のミラーページに加筆しました。(200605242304)

 最近、ジョン・タイターの捏造予言記事が出てきている事が判明しました(200604032049)。(→阿修羅発言 (200604020719))

 ジョン・タイターのサイトの下のと同じページにありましたタイターの言葉をポジティブな意味でクローズアップします。

質問:Are the Olympics still being played in the future?
  【未来でもまだオリンピックは開催されていますか?】
答え:As a result of the many conflicts, no, there were no official Olympics after 2004.
  【いいえ、多くの闘争(アメリカ国内の内乱も意味しているのでしょう)の結果、2004年を過ぎてからはどんな公式のオリンピックもありませんでした。】
【2007.05.16(水)のニュースで、2008年の北京オリンピック開催が危ぶまれると言ってました。(→動画一覧へ)(200705170555)】
【→阿修羅発言 ←『鳥インフルエンザで北京オリンピックは中止されるだろう!中国の南京市で人から人への感染する鳥インフルエンザが発生!』(200801190701)】

 つい先日、イタリアのトリノ・オリンピックが閉幕した2006年現在は、既に別の世界線の上に来ていると考えることが出来ますね。
 もしかしたら、この前(2006.02.08頃)、トリノにUFOが出現したのは、そのような世界線の変更に関して情報を集めていたのかも? でも、アテネ・オリンピックの際も、オリンポス山上空にUFOが出現したそうですので、ちょっと違うかも? まあ、とにかくジョン・タイターの世界線とはズレて来ている様です。(200603040128)


 ジョン・タイターのサイトを機械翻訳して細かく読んでいたら、極めて興味深い記述がありましたので、以下に記しておきます。

問:
Does anything happen in the year 2012? I've heard stories about the world ending.
【2012年に何が起こるのですか? 私は世界終末の話を聞きましたが。】

答:
(前略)…Yes, there are unusual events in 2012 but they do not cause the world to end. Unfortunately, I have decided not to discuss events that you or I can do anything about. It is important that they be a surprise. Perhaps you are familiar with the story of the Red Sea and the Egyptians?
【はい、2012年には珍しい出来事がありますが、しかし、それが世界を終わらせる事はありません。あいにく、私は、あなたや私がそれに関して何かをすることが出来るような出来事に関して話をしないと決めているのです。それが驚きである点が重要です。もしかして、あなたは紅海とエジプト人の話について詳しいですか?】

 ジョン・タイターが暗示するこの「紅海とエジプト人の話」について調べていたら、難破した水夫の物語という神話がありました。この中で、『空から落ちてきた星に焼かれて死んでしまった』という気になるくだりがありました。そうだと断定はできませんが、しかし、出口王仁三郎は『本当に天から火が降ってくる』と断言していた情報と、マリア・クレオファへの聖母マリアの幻視メッセージの情報と3重に強めあい、相補強する有力情報の一つであろうと私は思います。

11. No, Jesus did not come back. At least not that I'm aware of. If or when Jesus returns, do you think he'll be a lamb or a lion?
【いいえ、キリストは戻ってきませんでした。少なくとも私の認識の範囲内では。もし、またはキリストが戻ってきたとしたら、あなたは彼が子羊になると思いますか?ライオンになると思いますか?】

問:
You have said you will not participate in helping anyone avoid 'death by probability'. Yet many things you have said could have caused an individual to do or not do something that will now result dying, or escaping death.
【あなたは「確率に従う死」を避ける為に誰かを助けるつもりはないと言いました。にも関わらず、あなたが述べた事は既に、個々人が何をするかしないかの原因となり得るのだから、それは、もはや死ぬことや、死を避けることをもたらす事に繋がることになっています】

答:
It would help if you could give an example. If you are referring to the conflict and war in your future, I'm not sure I'm specific enough to help any individuals avoid anything. Suggesting there is a war coming is a bit different than saying avoid Washington DC at 3:45 AM on March 12, 2015.
【もしあなたに一つの例を出せれば助けとなるでしょう。もしあなたが、あなたの未来の戦争や闘争について言っているのであれば、私は個々人が何かを避ける為になるほどに充分特定的であるとは思えません。それで、2015年03月12日の午前03:45のワシントンDCを避けるように、と言う事によって、戦争の開始は僅かに違ってくるでしょう。】(200602232350)⇒その後、未来は変更されたようで、ニューヨークでの偶発的な事故から第三次大戦が始まるそうです。(200806201216)

 最近の発言の続きなので当ファイルに記述します。ARIONが「招かれざる未来への橋渡しは、2013」と述べた意味合いが分かった気がしています。それは、

現在のロシアのプーチン大統領が「ルツコイ」に政権を「橋渡し」し、引き継ぐのが2013年で、その時点で大惨事世界大戦が決定付けられてしまう
と考えられると思われます。「人は未来が分からない」のが理由で第三次大戦が起きてしまうのならば、この「限りなく高い可能性」についてプーチン大統領には知っていてほしい!!! ルツコイを避けよ! ルツコイを政権に入れるな!! ましてやルツコイにロシアを明け渡す事があってはならない!!!
 他の可能性として、「ルツコイは本名を偽装している」かも知れないので、ロシア政権内の人間に「本名を偽装している人」がいたら、政権から追い出す位の判断・行動が必要です!(200601092152)

 ネットで検索したら、アレクサンドル・ルツコイという人は以前、エリツィン大統領の元で副大統領だった人で、エリツィンに反発して軍事クーデターを起こしたが、政府軍に負けて逮捕された人だったのですね。現在は分かりませんが、2000年にはクルスク州知事だったそうですね。「ルツコイ」とは「軍人」を象徴しているのではないか?という可能性を思います。基本的に、軍人が政治を行わないほうが良いと思います【→阿修羅発言 ←(200708201744)】。全てのルツコイ的な人を遠ざけてほしい!!!(200601101958)

 アダムスキーは土星まで母船に乗って旅行させてもらいましたが、金星に行ったサルバドール・ビジャヌエバ・メディナというメキシコ人がいます。彼は未来も見せられています。メキシコは核爆弾で(と明確に述べられてはおりませんが)陸地に住みにくくなった人類は、海上(海洋都市)を主な生活の拠点とするそうです。未来のメキシコは太平洋と大西洋を結ぶ運河が何本も通り抜ける地域となっていて、人類は発想を転換をして「全部海の上で」生活するようになっているようです。たま出版「惑星からの帰還」\1,100のP205に、ビジャヌエバ氏の記憶にあった予言の内容がありました。

『火が大陸という大陸を破壊し、石の上にひとつの石も残ることもないだろうという。』

 同ページにはビジャヌエバ氏が火山の噴火などを想定している記述がありますが、どうも第三次世界大戦による「火」ではないかと思えてきます。出口王仁三郎師も「本当に天から火が降ってくる」と仰っていましたし。それに、ビジャヌエバ氏も述べてますが、「なぜ、メキシコの大地がこんなに運河だらけの土地になってしまうのか」ということですよ。まるで人類の発想が「大陸は居住に適さないので、海上をメインにする発想になった」ような気がするんですが。上から降ってくる火については、クラスペドンとコンタクトした機長によれば、
だれでも電離層の最上層における20発の水爆の効果を計算し得れば、この愚行を終止さすべく、山の頂上から叫びたくなるであろう。

 とのこと。この機長はどうも地球の未来を知っているのかも知れない。(200511282329)
米空港へ着陸前の20機に円盤からレーザー攻撃←いいぞ、いいぞー、やれやれー!(^^; (200607042145)

 注目すべきコンタクティーのラルフ・チャーコン(アメリカ人だった人で、今は近未来の核戦争から難を逃れる為に故郷の星に帰還している)は宇宙人と一緒に地球の未来を見てきた人ですが、アメリカが複数の水爆によって壊滅的な打撃を受ける情景を見ており、それを報告しております(「UFOと宇宙」1981年02月号のP96)。ラルフ・チャーコンはそれが1987年頃であるとしていますが、一方、年数自体は前後する可能性があると彼らに言われたと記憶しています。下記の、ジョン・タイターの報告と繋がります。米ソの対立は未だに残っているのか、あるいは、新しくアメリカはロシアに対して憎しみを植えつけるような行動を取ってしまう未来が待っているのか?
 驚いたことに、ラルフ・チャーコンは、ドットマンたちによって、未来の地球に壊滅的打撃を与えることになるアメリカとロシアとキューバ(!)の当の軍事施設に連れて行かれ、基地の中に入ったりしているのです!(「UFOと宇宙」1981年03月号のP67)ドットマン達は既に当時の時点で数百万人の地球人を彼らの惑星へ避難民として運んでいるそうです。
「UFOと宇宙」1980年11月号 表紙が表示されたらクリックして本文へ移動して下さい。
「UFOと宇宙」1981年01月号 表紙が表示されたらクリックして本文へ移動して下さい。
「UFOと宇宙」1981年02月号 表紙が表示されたらクリックして本文へ移動して下さい。
「UFOと宇宙」1981年03月号 表紙が表示されたらクリックして本文へ移動して下さい。
「UFOと宇宙」1981年04月号 表紙が表示されたらクリックして本文へ移動して下さい。
(200511202222)

 学研「ムー」誌の2005年12月号を読んで驚いた! 出口王仁三郎聖師についての記事もありましたが、驚いたのは、「謎の時間旅行者 ジョン・タイター」の記事です。ジョン・タイターはネット上のBBSで2000.11.02〜2001.03.24の期間、具体的な未来情報やタイムマシン情報を提供した2036年の未来から来たアメリカ軍人です(きっと2036年の時点では極秘扱いなのでしょうね)。タイターによれば、近未来に「世界規模の核戦争」が迫っているそうで、その経緯は次の通り。

・2004〜2005年頃から、(多分、イラク戦争やハリケーン対策の[意図的な?]遅れによって)アメリカ国内が二分され、なんと(タイターの時間線上では)政府が市民の公民権を無視するようになり(→阿修羅発言 (200601))、その結果、地方の反乱軍が都市の政府軍と南北戦争以来の戦闘を始める。
【オリハル註:我々の時間線上ではアメリカでは10万人の反戦デモはありましたが、内乱には至っていません。タイターによると、内戦は2008年にはアメリカ国内で全面化するそうですから、まだ予断は出来ないような様子ですかね】

・2015年に何故かロシア(→阿修羅発言 阿修羅発言(200511160110))がアメリカ主要都市と、オーストラリア、中国に核爆弾を落す! そこでアメリカが反撃を始め、報復合戦が始まり、ヨーロッパとアフリカが巻き込まれる。

・世界が破滅に瀕する(死者約30億人)事で第3次世界大戦は短期間(1年以内)で終息する。アメリカの都市部が破壊された為に、反乱市民軍は勝利する。

 某神霊が示した歴史上(?)重要な年数だけ(2013年、2033年、2080年)は公表されておりました。私が驚いたのは、ロシアが最初に核を使うのが2015年であり、タイムマシン第1号機が完成したのが2034年だというタイターの話す点と符合することです! 神霊は多分、「後戻りできない時期=実質的に決定・実現される年」を示したと解釈すれば成立しそうです。タイターは2036年から来たので、2080年の情報が分からないところがちょっと、いや、大いに残念ですね。
【2010年か2011年頃に、別の某神霊にジョン・タイターの真偽について質問したら、でっちあげであるという旨の回答をもらいましたので、表のジョン・タイターの発言部分に横線をしました。(201307061952)】
重要な未来の出来事ARIONの言葉JOHN TITOR の言葉ジュセリーノをのこ草子チベットの遠隔透視僧
第三次世界大戦招かれざる未来への橋渡しは、2013ロシアがアメリカに核を落すのは2015書籍2のP26
『環境破壊は黙示録の始まりを意味する。はじめに、世界の大国が損害を受けるだろう。第三次世界大戦は災害によって引き起こされるということである。「新しい街(ニューヨーク)」は自然災害の直撃を受ける。また、イエローストーン国立公園の地下から炎が噴き出して大地が大きく揺れ、周辺地域が影響を受ける。いずれもじつは人間が引き起こしたものだ。災害の規模を目の当たりにして、胸が張り裂けるような思いだった。被害を最小限に食い止めるため、アメリカ政府に警告の手紙を送った。』(年月日等の時間的な記述なし(200806201218))

阿修羅発言(201105060101)
不明地球外の知的生命体が2012年に世界を破滅から救う。
タイムマシン実現西暦2033年のみ示された第1号機が完成したのが2034不明不明不明
人心統治・平定西暦2080年のみ示された言及なし不明1980年から100年間は人心が乱れ続け、そして(2080年頃に)「神の如き大君」が世の中に出て来る故に、2036から来たジョン・タイターが「キリストの再臨は無かった。少なくとも、自分は認識がない」と述べた事は正確だと思う。(200605280104)不明
人類滅亡が確定する年西暦2845「宇宙での繁殖に失敗する」が、地球にも戻れない言及なし不明不明不明

参考:噂のX+“未来予測” (200609220650)

 タイムマシンの原理としてはトーラス型(ドーナッツ型)のブラックホールを作ると、ドーナツの中心には「特異点」が開き、この穴に入ってブラックホールの回転方向に進むと未来へ行き、回転方向と逆に進むと過去に戻るそうです。個人的な事で恐縮ですが、2005.10.16(日)に見た夢では、マクモニーグルが「トーラス通路」を開いて(この場合、トーラスの中に入ったのではありますが)去って行ったのと何か似ている気がします。それが本当にマクモニーグルであったかどうかは保証できません。なぜなら、夢の中で「誰」という点に関しては化ける場合があったことを確認した事がありましたので。

 ジョン・タイターは、コンピューターの西暦2000年問題が我々のこの現代で「何事も無く過ぎ去ったのを見て」驚いていたそうです。彼の経過してきた時間線(ムー誌上では「世界線」と表現してます)上では大きな問題が起きていたらしい。ここからも、我々の時間軸は彼のとは別の未来へ向かっているらしき、ですね! アメリカ国内で内乱も内戦も起こっていない点からすると、もしかすると、本当に私を中心として某フォーラム内で発祥した仕組みは、第三次世界大戦を回避したのかも知れませんね! 今になって、ムー誌を読んで始めて確認が出来たような気持ちです。やはり、あの神仕組みは「本当に」神一厘の仕組みであったのだと思えます! 感謝いたします。こうなって来ると、あまり不平不満を心に持っちゃイケマセンね(^^;。(200511110232)

戦争を描写した某神霊預言の一つへ
アメリカに落とされる核についての聖母マリア預言(200511120345)
アメリカに落とされる核から始まる第三次世界大戦の少し踏み込んだ経緯いきさつについての聖母マリア預言 (200601080107)
  ★ロシアがアメリカに核を落し、その後ヨーロッパに進攻する 「忙しい」ロシアの代わりに中国が「日本に」進攻する経緯についての聖母マリア預言 (200601080115)
(200511120345)
・アメリカ(の顔をしたユダヤ?)よ、2013年にロシアの恨みを決定的にするような事をするな!(200511192156)
とうやかずきのブログ (200511200042)
(→阿修羅発言 (200511232137))汎モンゴル主義
(→阿修羅発言 (200511280117))
(→阿修羅発言 (200511280117))
(→阿修羅発言 ノーベル平和賞授賞式、IAEA事務局長が核廃絶呼びかけ(nikkei) 「核兵器の存在は意味がない」(200512272203))
(→阿修羅発言 米機関:国民監視体制を強化? 主要メディアの報道相次ぐ (毎日新聞)(200512272218))
(→阿修羅発言 戦術核250発が行方不明に=兵器の違法売却報告−ウクライナ(時事通信)(200512272224))
(→阿修羅発言 太田龍の時事寸評:二十一世紀はレオ・シュトラウスの時代だとのご託宣[週刊日本新聞]
【オリハル註:ネオコン[暗黒結社かな!?]は、予定の次の世界大戦を三回目の正直にしたくないようです:ファティマ第3の預言第3次世界大戦の預言だろう】(200601012014))
(→アメリカの戦略を誤解している日本人(by 2005年11月29日 田中 さかい氏) )ただ、アメリカは現在は、[ネオコンの権力戦争指向派]<[アメリカ弱体化による世界の多極化派]という状況です。もしかしたら、このようにしてネオコンが追い詰められて行った先に2013年の第3次大戦の決定があるのか!? しかし、ネオコンであっても、組織・横の繋がりを切って個人へと解体してやれば無力にさせられるとも思う。(200601012038)
2006.01.01の韋駄天掲示板 イスラエル政府首相、アリエル・シャロンは、彼の軍隊に対して、二〇〇六年三月までに、イラン攻撃の準備をするように命令したと。(200601021741)→しかし(→阿修羅発言 (200601062218))
(→阿修羅発言 CIA長官、トルコにイラン攻撃準備に入るよう促す-ホンマ、懲りない戦争中毒者のようで-(200601031657))
(→阿修羅発言 イラン、核研究の9日再開をIAEAに通知(ロイター)(200601052333))
(→阿修羅発言 [核先制攻撃戦略がきわめて危険な新段階へと踏み込みつつある](200601071644))
(→阿修羅発言 【「ハルマゲドン」の引き金か?】アル・アクサ・モスクの地下にシナゴーグ建設!(200601200706))
(→阿修羅発言 テロ攻撃には核報復も フランス大統領演説(共同通信)(200601200711))
(→阿修羅発言 【国際金融動物の自作自演ペスト劇場】ビン・ラディン名乗る男、米軍撤退に絡み「停戦」を申し出−録音テープ (ブルームバーグ(200601200714))
(→阿修羅発言 アメリカの対テロ戦争-核兵器が使用される危険 by Michel Chossudovsky(抜粋全訳) (200602031414))
(→阿修羅発言 関連資料:何をすることが真の反戦・平和の運動なのか、確認することが最も重要だ(200602031420))
たま出版BBSの発言で「コネティカット大学のRonald Mallett 教授が21世紀中にタイムマシンが出来るだろうと予想している記事」がリンクされました。(200604082114)
(→阿修羅発言 ロシアの右翼系政治家ジリノフスキーが、ロシアの不倶戴天の敵は米国ではなく英国だと主張 -プラウダ,4/28-(200605142205))
(→阿修羅発言 対テロ戦は「第3次大戦」=米大統領が異例の言明 [AFP=時事](200605142225))
(→阿修羅発言 米露新たな冷戦の始まり「狼は次に誰を食べるのかを知っている!」プーチン大統領発言(200605142251))
(→阿修羅発言 “軽い読み物” 2012年、未知なる力が滅亡寸前の人類を救う? − チベットの遠隔透視僧の予言(200605162325))
謎のタイム・トラベラー@
謎のタイム・トラベラーA
謎のタイム・トラベラーB(200706102236)



 なんとなく、最近、私個人の「利益」ばかりに焦点が集まる傾向がある点に気づきました。その観点の偏りに関して指摘したいと思いました。

・個人的な視点
 「自己利益」の視点が総てであるはずがありません。私は情報を「公開」しています。私はどの程度の「自己利益」を得たと言うのでしょうか? 私のサイトの情報を元に、「隠れて」自己利益を得てきた、得続けている人々は糾弾されないのですか? 私は不正な事はしていませんよ。

・社会的な視点
 19世紀後半から急速に文明開化が世界中で起こりました。その直前にヨーロッパのあるシスターにイエス・キリストが御出現になり、「悪魔が解き放たれたのでこれから物質文明が発達して行く」旨のメッセージが確かあったと思いました(鬼塚氏の本だと思いました)。その唯物論に対抗し得る、誰も否定できないシンクロニシティーを世に示す事の意味は大きいと思います。

 つまり、私の利益ばかりに目を向けられても、実際には私個人はむしりとられて来ているのが実態です。もし私が中学生の時から非個人的になろうと修行をしていなかったら、個人的な事柄に敏感すぎて「役に立たなかった」でしょう。私のシンクロニシティー?いやいや、神のシンクロニシティーが示されたのは、何のためでしょうか? 私の為?確かに、一二三神示にもありますから、神によって「御魂選び」が為されたのも真実であろうと思います。ただ、そのこと自体、何故でしょうか? それは、一二三神示にあるように「このままでは世界中、泥の海にせなならん」からでしょ? 確かに人の霊的パワーというのは、地球に対して効力があるようだと思います。(200302090047)

 某神霊の述べた「これが世界のひな型になるだろう」という型示しが日本化していたことが分かった2001.11.18以降から、これが神一厘の仕組みではないかと思うようになっています。(200208130130)[というか、8/13の頃になってやっと気づいたものと思いました(200209032223)]

 私の関係では、周囲のシンクロニシティーに示された通りに、これが神一厘の仕組の結実の一つでありました事は、戦争終結への道によって証されたことになりましたが、これによって今まで私自身も疑問を持っていた、「一体、何が神一厘の仕組と呼べる意義が存するというのだろうか」に対して解答が出た訳です。
 最近、日本テレビの電波少年とかで「地球防衛軍」という名前で何かやってます。また、Kirariという女性歌手が「Toy Soldier」という歌を歌ったりしており、CMでも似たようなものがありました。これら一連のものは私とは関係のない他の誰かが言ったりやったりしている事です。最近よく出てくる「勇気」を云々するのも私が言っている訳ではない点を明確にしておきます。非難とか攻撃ではなくて、事実として。(200005220503)

 4/26(水)のニュース23でヨハネス・パウロ2世がユダヤ教とイスラムとの和解の試みを行われ、それを報道してました(敬意を表します)。キリスト教の歴では今年は2000年=5760年(ユダヤ歴)=1420年(ヒジュラ歴)になってるそうで、この数字を見て一つ気付いたので、ここにも記録しておこうと思いました。弥勒十字(表)は6を中心とし、3,5,7,9の十字でした。弥勒十字(裏)は6を中心とした1,2,4,8が十字になってましたが、ユダヤ歴=表の弥勒十字の横軸(似ている)で、ヒジュラ歴が裏=裏の弥勒十字に似ているように思いました。もしかしたら、そのような各宗教の統合の象徴のような意味合いがあり得るようにも思いました。
 同番組では戦争の主な原因が宗教とのことですが、「宗教」を「価値観」と置き換えてみるとよく理解できると思われます。「宗教」というものを「特定の文化・価値観」と置き換えて考えれば、より上位の視点に立ちますので、その考え方を身に着ければ、「一つの価値観(自分の宗教)を絶対化しなくなる」事に気付かれると思います。宗教戦争とは、価値観戦争であり、「真の宗教的スタンス」に立つ異なる別々の宗教者がいたとしても互いの「価値観」を認め合う事は出来ます。しかし、そこに「覇権侵略主義(縄張り主義:動物性)」を持つ込むと戦争になると思われます。互いの宗教(価値観)を自身の立っている価値観(宗教)から批判・攻撃するからいけないのではないでしょうか。つまり、戦争が起こる原因が、真に宗教である事は有り得ないと私は思うのです。
 また、過去の歴史的経緯というのもあるかと思いますが、それは多分、近未来のテクノロジーの発達によって解消されると思います。すなわち、「タイムテレビ」の発明です。実際、フィラデルフィア実験(第2次大戦下、敵艦から味方の船を不可視にする研究実験)によって軍艦が消滅したり次元移動したりした事は有名ですが、その成果を引き継いで継続されたモントーク・プロジェクトというのがあったそうですが、これは「タイムトンネル(次元トンネル)」を特別の装置によって目の前に出現させ、そこにアメリカで行方不明になった大勢の少年達が送り込まれていたという不気味な話があります。何人かはタイムトンネルから戻ってきて、過去や未来の話をしたそうです。場合によっては火星の地下にある基地と繋がっていたという場合もあったそうです。1960年か70年代に、アメリカのドラマで「タイム・トンネル」というのがありましたが、あれは一体、何だったのだろう。時間・次元を越えられるようになった時、物質という3次元を超えてしまい、(物が)消えたり現れたり等のテクノロジーが実現すると予想します。というのは、UFO話と話が共通してますし。タイムテレビが実現すれば、「歴史の事実認識」は完全に統一されるでしょう。その意味では、宗教はそのような時代に、今よりも一層の一致が期待できるのではないでしょうか。
 でも、パウロ2世の宗教統合への行為はソロビヨフ預言の中にあるような将来の動きの先駆としての跡をつけたという点では、ある程度、将来の666の獣の動きを霊的に封じた可能性も考えられますね。(200004270432)

 下記で「枷が外れたのだろう」という結論を出したのは、「コミュニケーション不全」という現実に基づいて出した結論です。芸能人との結婚の道を示されていたけれど、「実際に結婚するという縁ではなかった」という結論になりました。それは現実に基づいた判断でした。その責任は私には無く、勝手に離れた相手の責任です。私は善意の中で出来る事は全てやったと思う。枷は外れた。

 しかし、飽くまでも判断は、現実に基づくのです。その現実がひっくり返って(仮に)相手から何らかの返事があったとしたならば、上記の判断は消滅します。なぜなら、「実際に結婚する可能性」が生じた事になるからです。その時、私は数字や文字の一致する相手を拒む事は難しい。枷はチャンスと見做すべし。

 しかし、そのようにしてコミュニケーションを図ったとしても、再び相手が逆転してコミュニケーション不全に陥った場合は、その事実に基づき、「実際に結婚する縁ではなかったのだろう」と判断し、枷から自由になったという判断になります。

 判断の基準は「事実」なのです。現実に応じて判断や行動が変化するのです。

 サザンの新曲の「ゼロ・ワン・メッセンジャー」の歌詞の一部から、また一つ気付きました。「世界をサカナにしている」という箇所ですが、これで気付かせられたので、こちらの立場を述べてみようと思います。(以下の文章は、発売前に聞こえてきた歌詞の一部に反応したものです)歌詞の内容を分析しているような人にとっては、公開の場で皆で騒ぐという事のメリットは、第三者が気付くことの出来る情報が流通するという点にありますよね。(199709200412)

 なかなか自分からは言い難いものですが、話の繋がり上、述べてみます。昔から、神一厘の仕組とは、救世神一厘の仕組と言われます。それは私が勝手に決めたものではありません。神示や出口王仁三郎などの言葉では、「このままでは世は持ちては行かんなり。このままでは泥の海にせなならんが、なお、一厘の手立てはあるのぢゃ」ということをしきりに繰り返されてます。ここで述べてもいいくらい、いわゆる広く知られた言葉です。

一二三神示、上つ巻、第二帖より

『[中略]早く(モト)の神の申す通りにせねば、世界を泥の海にせねばならぬから、早うもと心になりて呉れよ、神頼むぞよ。[後略]』
とかありますし、神人・出口王仁三郎も神示と同様の事を述べておられました。

私の周囲のシンクロニシティーが神一厘の秘策(少なくとも、その型の一つ)であると断定している根拠は[目次]>[MSさんへの第28通目]>[神一厘の秘策の根拠]に述べております。さて、「泥の海にする」という言葉が示しているのは、次のエドガー・ケイシーのリーディング「日本は、かなりの部分が海没するに違いない。これらは1958〜1998までの期間に始まる」の部分に相当する事に気付かされましたので、今、そう思います(感謝)。「私個人」が世界をサカナにして甘い汁を吸っているのではありません。そういう、事の重大性があり、自分に示された道は、進もうと思うのです。逆に言えば、逆らう事など私には極めて困難であるという事です。

 以下に、例えが悪いかも知れませんが、自分を大統領に例えてみます。大統領は核ミサイルの発射ボタンがどこにあるのか知らず、宇宙人が知っていたとします。その時、宇宙人からの通信が入り、「あなたが我々の影響下に無い時、我々は全てを無に帰す」と言われたら、大統領はどう思うでしょうか。冷や汗流して神経ブチ切れますよね。それなのに、周囲の人はズレまくったコメントをします。「他者の言う事にそんなに過敏な反応をしなくてもいいのです」とか「もっと自分に自信を持つべきです」とか「執着が強すぎる」とか。いったい、世界の平和を願うことが、「執着が強い」で片付けるような事なのでしょうか。また、大統領は宇宙人を精神的に崇拝してるのではなく、実利的に連係を図っているだけなのです。何の為でしょうか。そのような立場に生まれついている故の責任を思うからです。なぜなら、とりあえずそうしたほうがそうしないよりは良いと思うからです。実際のところは神様しかご存知でないのですが。にもかかわらず、私には逆らえない。というより、進んで示された道に従います。

 偉大な先人たちの人生を捧げた努力の数々。そして、出口王仁三郎聖師や一二三神示の預言通りの時に顕われた30重を越えるシンクロニシティーを自分が尊重しないでいるほうが難しい。神一厘の仕組だと私個人が断定している根拠は[目次]>[MSさんへの第28通目]>[神一厘の秘策の根拠]に既に述べた通りです。神一厘の仕組と言っても、一二三神示にあるように、「神界では戦は済んでいる」のであり、現界でも、重要な部分は完成していると思うのです。でなければ、一般人の上に突然、型を示すなどという暴挙はしないでしょう。既に出来上がっている型を、ただ受け取るという立場でなければ、危なっかしいとは思いませんか? 自分が何をするのか、したいのか知らない人なんて。少なくとも、私はそれを尊重するから、示される通りに結婚相手を探して来ました。その時その時で、私は全ての相手に情を持ち、本気で結婚しようとしてたのです。しかし、全てはコミュニケーション不全に終わりました。今でも理由は特定できてません。しかし、最近(1997080722頃)、分った事があります。それは、シンクロニシティーで示されて来た結婚相手との縁を追求する「理由」です。もしそのような縁が、例えばインド人との縁ばかり示されて来たとしたら、自分がインド人の女性と「実際に」結婚する必要性が濃いだろうという判断になります。しかし、私に示されて来た縁は芸能人ばかりです。「芸能人」という種類の人間と結婚するという「実質的な」要素は何かと考えた時に、分ったのです。示されていたのは確かに「神の御意志」だけど、結婚相手としての「実質的な要素」が比較的薄いのではないかという事です。私個人としては「神の御意志だから」と、そこばかり見てましたが、特にその示された意図のようなものについて考えることがほとんど無かったので、上記の区別「(結婚の縁という)神の御意志/←だけれども→/結婚の内的意味が薄い」の可能性に気づかないでいました。「芸能人と結婚するという“実質的な要素”」は何か。それは先ず、社会的な認知を得るためであるという分別がついたのです。勿論、その縁なりの実質的なものが何かあることを期待したのですが、現在、「縁が尽きかけている現実」及び「コミュニケーション不全の現実」という神の御意志が見えるし、丁度今、このことに気づいた訳でもあるので、私はほぼこの点について役目を完了したと判断出来るのではないかと受け取っています。その点についての役目とは、すなわち、枷(かせ)です。これで枷が外れたのだろうと受け取りました。しかし、枷と言っても、その神の心を知るにつれ、とてもありがたく、また、やりがいのある事でした。

 では、何故そのような枷を持っていたのか。これは想像ですが、私は多分いずれかの過去世で、神のような立場から、「結婚させてやるから、先ず、このことをしなさい」みたいに物申していた時があったのかも知れません。想像ですけど。でも、そのように命じられた人は、多分、ありがたく思ってくれたのでしょう、と想像します。




































目次(生まれる想い)に戻る
free counters